転職におすすめの業界一覧!業界選びの条件と転職成功のチェックポイント

転職におすすめの業界・職種や転職先を選ぶ

「今いる業界から転職したいと考えているけど、どんな業界に転職するべきかわからない。」
「業界選びのポイントを教えてほしい!」

このように考えている方に向けて、今回は転職におすすめの業界を紹介します。また、業界選びのポイントや転職成功のポイントも一緒に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

転職すべき業界の条件とは

転職したいと思っていても、どの業界に転職するかはっきり決まっていないという方もたくさんいることでしょう。

「これまで働いていきた業界内で転職する」「全く経験のない業界に挑戦する」どちらの場合であっても大切なことがあります。

それは、「転職すべき業界の条件を知っておく」ということです。

転職すべき業界の条件…?どういうことですか?
極端に言えば、あまり日の当たらない業界やニーズが少ない業界は、転職後のキャリアアップや収入アップが見込めない可能性があるからです。

では、どのような業界なら転職におすすめすることができるのでしょうか?

今後もニーズが見込まれる業界

まず、最初に考えておくべきなのが、今後もその業界にニーズがあるのかどうかということです。

これから近い将来、誰がどう見ても需要が減っていくと思われる業界には、転職しないほうがいいでしょう。

需要が低いということは、転職後の昇給やボーナス、キャリアアップなどを見込みにくくなってしまいます。

転職というのは、あなたの生活にかなり大きな影響を与えますので、このような業界への転職は避けるべきでしょう。

ニーズが見込まれる業界かぁ。いくつか思い当たるな。
今後も求められることが多い業界なら、安定して仕事がしやすく、キャリアップを目指すことも可能になるので、おすすめですよ。

規模が大きく成長している業界

転職先として選択肢に入れておくべき業界は、規模が大きく現在も大きく成長している業界です。

現在の日本においては、IT業界などがそれに当てはまるでしょう。

転職後の安定を求めるのであれば、会社の規模が大きい方がいいですし、中途入社でもしっかり教育してくれるような会社を選択することをおすすめします。

運輸業界や商社なども、規模が大きいイメージがあります。
そうですね。腰を据えて働きたい方にはおすすめできます。また、さらに転職する場合もやりやすくなるかもしれませんね。

また、スタートアップのベンチャー企業は、若いうちに短期間で大きく成長したいと考える方には向いているでしょう。

ただし、ベンチャー企業の中途採用では、即戦力のゼネラリストとして期待されている部分がありますので、転職できたとしても苦労してしまうことがあるかもしれません。

さらに、慢性的に労働時間が長かったり、給与面や待遇面が整っていなかったりすることもありますので、転職する企業は慎重に選択することが大切です。

労働条件が良い業界

労働条件が良い業界も、転職するにはおすすめできます。

転職を考えている方の多くは、今の仕事にツラさや体力的な厳しさを感じていると思います。

その点を改善するための転職なのに、転職先で同じように労働条件が厳しいと、転職する意味がなくなってしまいます。

このような事態を避けるためには、転職する業界の労働環境がホワイトかどうか、つまるところ働きやすいのかを基準にするべきといえるでしょう。

世の中にはさまざまな仕事がありますが、業界によってはブラックな働き方をせざるを得ないことがありますので注意してください。

やっぱり労働環境がいい業界で働きたいですよね。
転職後のミスマッチを防ぐためにも、事前に業界についての情報収集をしっかり行うようにしましょう。

未経験者を広く受け入れている業界

もし、異業種への転職を考えているなら、未経験者を歓迎してくれる業界かどうかを確認するべきです。

なぜなら、業界によっては未経験での転職が難しい場合があるからです。

厚生労働省による「一般職業紹介状況(平成30年9月分)について」では、建設躯体工事の職業・保安職業の有効求人倍率が高い傾向にあります。

それだけ、多くの求人があり、それは転職しやすいことを意味しています。

このように、有効求人倍率が高い業界や、業界全体として未経験者を受け入れている業界を選ぶことで、採用される可能性が高くなるといえます。

確かに、未経験者を歓迎する求人情報をよく目にすることがあります。
さまざまな理由から、未経験者をイチから育てたいと考える企業がたくさんあります。キャリアチェンジを考えるなら、このような業界がおすすめになりますね。

長い歴史がある業界

転職先の業界としては、長い歴史がある業界もおすすめできます。

このような業界は、業務内容がしっかりマニュアル化されていたり、研修体制が整っていたりするケースが多いといえます。

また、さまざまなノウハウが蓄積されているので、何かトラブルが発生した場合でも対処の方法が確立されています。

そのため、業界未経験者でもイチからキャリアを積んでいきやすいといえるのです。

一方、ここ数年で登場してきたような新しいサービスを提供している業界や企業があります。興味を持ちやすいかもしれませんが、歴史の浅さ故、教育体制や業績が安定していないこともあります。

場合によっては、中途入社しても放置されてしまったり、自分で仕事を探してくるよう指示されたりすることがあるかもしれません。

特に、初めての転職の場合は、ハードルの高さを感じることになるでしょう。

歴史が長い業界には、転職におすすめできる理由があるものなんですね。
そうなんです。歴史が長いということは、それだけ安定しているということになるんですよ。

ホワイト企業が多い業界

転職するのであれば、ブラック企業ではなくホワイト企業を誰しも選びたいものです。

ホワイト企業かどうかをどうやって判別すればいいのでしょうか?
それは意外に簡単。「離職率の低さ」を調べればいいんです。

特に、新卒入社した社員が3年後も定着しているかどうかという点が、ホワイト企業かどうかを見極めるポイントといえます。

ちなみに、転職したい企業の離職率を調べる場合は、東洋経済新報社が発売している「就職四季報」で確認することが可能です。

離職率を調べることで、ホワイト企業が多い業界の見当をつけることもできます。せっかくの転職ですから、しっかり情報を集めてください。

業務がハードではない業界

継続して働けるかどうかというのも、転職先選びの1つのポイントとなります。

というのも、業界によっては休日出勤が当たり前の慣習になっていたり、仕事自体が誰かに非難されたりすることがあるからです。

転職の条件ばかりに気を取られると、辛い転職になってしまうこともあるんですね。
その通り。働き続けるイメージが付かないなら、転職先の候補から外したほうが賢明なのかもしれません。

興味がありやりがいを感じられる業界

転職先の業界を選ぶ際は、自分が興味を持っている業界ややりがいを感じられそうな業界を選ぶことも大切です。

転職は今後のあなたの人生に大きく関わるものです。仕事は仕事と完全に割り切れる場合を除いて、全く興味がなかったり、自分のやりたいことからかけ離れていたりすると、その仕事自体が辛くなってしまうことも考えられます。

先述したように、業界の将来を考えることも大切ですが、そのなかでも自分にとってやりがいや満足度が高い業界について、しっかり考えるようにしましょう。

やっぱり、やりがいって大切ですよね。
仕事をしていて、自分がどのようなときに喜びを感じるのかを考えれば、おのずと転職したい業界も見えてくるものです。

人手不足の業界

未経験の業界に転職したいのであれば、人手不足の業界を選択するのも1つの手段です。

このような業界では、経験者のみを募集すると人材が集まらない可能性があるため、未経験者を歓迎して、その門戸を広げているからです。

また、新卒採用ではなかなか採用ができないような中小企業では、あえて中途採用で未経験者を募集し、人材を確保する傾向にあります。

未経験からでもしっかり研修を行なってくれる企業もたくさんあります。また、転職するために特別なスキルを必要としない仕事もあるでしょう。

キャリアチェンジを考えているのであれば、人手が足りていない業界を選択肢に入れてみるといいでしょう。

人材の確保が難しいということは、こちらとしては転職しやすいということか。
キャリアをイチからやり直したい人でも、十分チャンスがあるということですね。

年収アップが期待できる業界

待遇面を改善するためには転職したいのであれば、年収アップが期待できる業界を選択するのもいいでしょう。

これまで培ってきたスキルや経歴・実績に自信がある場合は、思い切ってハイクラス転職へのチャレンジもおすすめです。

即戦力としてあなたを欲しいと思ってくれる企業があれば、高待遇で迎えてくれる可能性があります。

すぐに活躍できるなら、年収アップに対する期待大ですね。
ただし、未経験の業界に飛び込んで年収アップを望むのであれば、相当の覚悟が必要。しばらく努力を継続して、その後から年収が付いてくると考えておかなくてはなりません。

転職を考える人におすすめの業界を個別に解説

ここからは、転職を考える人におすすめの具体的な業界を解説していきたいと思います。

IT業界

急成長を遂げているIT業界。インターネットとスマートフォンが急速に普及したことによって、私たちの生活は10年前から大きく変化しました。

今後は5Gの導入など、IT業界はさらなる成長が期待されています。

それに加えて、急速な成長に人材の確保・育成が伴っていないのが、IT業界の課題となっています。今後はプログラミング学習が義務化されるなど、国を挙げて対策が講じられているほどです。

そのため、IT業界の企業は、業界経験がなくても将来性や伸びしろに期待した採用を行なっているケースが非常に多いのです。

最近プログラミングスクールの広告をよく見かけるようになりました。
これから勉強してIT技術を身につけたい!という意欲があれば採用される可能性が高いので、転職する業界の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

製造業界

製造業界も転職先の業界としてはおすすめできます。

日本では製造業がまだまだ強く、大手企業の生産を担うライン業務へのニーズが高いといえます。

ライン業務は、特別なスキルを必要としないケースが多いため、経験がなくても比較的採用されやすいでしょう。

また、大手企業なら給与も期待できますし、福利厚生や労働環境が整っている場合が多いといえます。

どんな人が製造業界への転職に向いているんですか?
福利厚生が整っていて、残業が少ないケースが多いので、プライベートを充実させたいと考えている方にはピッタリの業界といえますね。

運輸業界

今後もニーズの高まりを見せると思われているのが、運輸業界です。

先述したインターネットなどの普及により、ECサイト(通販サイト)で買い物をする人が爆発的に増加しているためです。

こちらも、人材が足りておらず、未経験を積極的に採用する傾向にあります。

また、基本的には荷物を運ぶことが仕事になりますので、運転免許さえ持っていれば転職できる場合が多いのも特長です。

長距離の運転だとつらそうに感じるな。
ですが、勤務時間の多くを一人で過ごせる仕事でもあります。設定された時間内に荷物を運搬する必要はありますが、自分のペースで働きたい人には向いているでしょう。

建築業界

建築業界も人手不足が課題となっており、未経験からでも転職しやすい業界です。

特に、2020年の東京オリンピックを目前にした建設ラッシュを迎えており、人手がいくらあっても足りない状態となっています。

さらに、建築の仕事を担う職人が高齢化していることもあり、今後さらに人手不足が深刻になるともいわれています。

そのため、建築業界の後継を担う人材を採用するべく、現在も数多くの求人が出ています。

よく利用する駅の近くに、新しいホテルができてました。どんどん新しい建物ができていますね。
オリンピックが終了したら需要が落ち着くともいわれています。体力に自信がある人や、手に職を付けて働きたい求職者は適性を満たしているでしょう。

接客業

未経験からチャレンジしやすい業界としては、接客業が挙げられます。

接客業の仕事を始めるにあたっては、特別なスキルは必要ありません。また、多くの企業で研修制度やマニュアルが整備されているので、未経験からでもすぐに業務経験を積むことができます。

また、接客業界の課題も深刻な人手不足。そのため、現在でも多くの求人情報が出ています。

ショップの店員さんとか憧れますよね。
人と接することが好きな人や苦手ではない人、人をもてなすのが得意な人なら、働きやすい業界といえますね。

大手産業メーカー

大手産業メーカーも転職先の業界としては狙い目でしょう。

特に、自動車へのIT技術の導入や自動運転など、自動車産業では新たなビジネスチャンスが生まれています。

それに伴い、IT業界の知識がある人材や、理系大学出身者など、これまで業界として採用してこなかった経歴を持った人材を確保する流れになっているのです。

自分には無理だ、と思っているメーカーに転職できる可能性もあります。業界未経験者でも採用されることがあるようですので、求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。
憧れの大手企業に入社できるチャンスですね。

旅行業界

需要の高まりを見せている旅行業界も、転職先としておすすめできます。

現在、世界的に観光旅行をする人が増加しています。国連世界観光機関が発表した「世界観光指標」によれば、2017年に観光旅行をした人は、世界で13億人以上とのこと。

そして、その勢いは今後も継続するというのが、国連世界観光機関の予測。そして、観光地として人気の高い日本を訪れる訪日外客数も年々増加しているのです。

それに伴い、日本政府は「ビジット・ジャパン事業」を展開しており、海外からの観光客を誘致する活動を行っています。

確かに観光客は増えていると感じます。それだけ、業界にも需要があるってことですね。
その通りです。世界的なトレンドが影響してニーズの高まる業界はなかなか少ないもの。転職先の業界として条件はそろっているといえるでしょう。

ホテル業界

観光客増加の恩恵を受けるのは、旅行業界だけではありません。ホテル業界も大きく関係しており、今後の需要は高まりを見せるので、転職先としてはおすすめです。

先述したように、日本政府で観光客を誘致する活動を行っており、2030年には6000万人まで訪日外客を増やそうとしています。

それに伴い、ホテルの建設ラッシュにもなっているのが現状。それでも、大都市圏では客室の稼働率が高いため、周辺の都市に観光客を分散させるためのプロジェクトも実施されています。

今後はさらにホテルが増加すると考えられており、接客を行なう人材の確保が業界の急務となっています。

観光客が増加してホテルが増えるだけ、従業員を確保する必要があるのか…。
ホテル業界では研修制度が整備されている場合が多いので、未経験からでも挑戦しやすい業界です。

飲食業界

飲食業界はシフト制による勤務となりやすく、勤務時間が一定となりづらいことから、特に、家庭を持つ女性にとっては働きにくいと考えられることも。

そのため、飲食業界は働く人材を確保しにくく、人手不足になりやすい業界です。

一方で、未経験者でも挑戦しやすい業界であることも特徴。最も重要視されるのはホスピタリティなので、経験が浅くても高い評価を得ることが可能です。

飲食店の店員さんも憧れちゃいますね。ただ、ブラックがほとんどだろうけど…。
現在では、飲食業界への転職に特化した転職エージェントサービスもあります。労働環境が整った企業への転職も実現しやすいので、利用してみてはいかがでしょうか。

販売業界

販売業界も転職しやすく、おすすめの業界といえます。

販売業界への転職では特別なスキルは必要ありません。取り扱う商材やブランドなどによって販売の方法やノウハウが異なるため、研修でイチからスキルを身につけることができるからです。

人と接することに抵抗がない人なら、未経験からでも十分に活躍できる業界といえるでしょう。

また、販売職では商品そのものの知識はもちろん、商品に関連する幅広い知識が必要になりますので、取り扱う商品が好きかどうかというのが重要になります。

少しでも興味がある商品・ブランドを扱う企業を選びたいなぁ。
それが大事なんです!自分が人に勧めたいと思える商品を取り扱う企業なら、腰を据えて働くことができるでしょう。

半導体業界

半導体業界も、これからの成長を見込まれている業界です。

先述したように、IT技術の進歩により、それに関連する部品や産業の成長にも影響するようになっています。

特に、話題となっているAI(人工知能)、IoT、自動車の自動運転などには、半導体が欠かせないものとなっているのです。

IT業界のみならず、さまざまな分野の仕事にIT技術が広まっていくと考えらえているので、それだけ半導体へのニーズも高まることに。

日本では、生産できる半導体の種類が豊富であり、海外からのニーズも高いため、今後も安定して働くことができるでしょう。

半導体って、何だか難しそうなイメージがあります。
未経験から転職するのは難しいかもしれません。関連する業務経験や知識があれば、採用される可能性も高まります。

外資系コンサル企業

転職をして年収アップを目指したいのなら、外資系のコンサルティング企業がおすすめです。

外資系コンサル企業の20代の平均年収は620万円といわれています。業種や企業の規模なども関係するため、必ず年収がアップするという保証はありませんが、一般的な職種と比較して高収入が期待できます。

ただし、外資系企業は日系企業と企業文化が全く異なる場合があります。成果主義的な風土となっているため、結果を継続できないと職を追われてしまうことも。

また、ビジネスレベルの英語力が求められるケースが多く、誰もが気軽に転職できたり、成功できたりするわけではありません。

確かに、外資系企業ってハードルが高そうなイメージです。
求められる仕事のレベルが高い分、結果を出せれば収入に直結しやすいといえます。これまでの経歴や実績に自信があれば、果敢に挑戦してみましょう。

ベンチャー企業

将来的に年収アップを目指したいなら、スタートアップして間もないベンチャー企業への転職もおすすめです。

事業を拡大していく段階の企業ですので、中核メンバーとして活躍することができれば、今後の高収入はもちろん、キャリアアップを目指すことも十分可能です。

ただし、現段階では福利厚生など社員に対する待遇や、研修・教育制度などが整っていないケースも散見されます。

また、業績によっては最初の数年間は年収が低くなることもあるでしょう。

ベンチャー企業って、カッコいいイメージがあるな。
ハイリスクでありながら、大きなリターンが期待できるのがベンチャー企業の特徴。自分の可能性に賭けられるチャレンジングな人にはピッタリの転職先ではないでしょうか。

金融業界

給与の高い業界への転職を目指すなら、金融業界もおすすめです。

それなりの経歴やスキルがなければ転職しづらい業界ではありますが、証券アナリストや金融ディーラーといった高収入の業種が多いのも特長。

さらに、支給されるボーナスの金額が高いことでも知られています。

経験がない僕には難しそうだな…。
確かに、未経験者には難しい業界です。ただ、収入の現状から一歩抜け出したいなら、転職を検討する価値はあるといえるでしょう。

専門商社

これまでに営業職での経験がある場合は、専門商社への転職もおすすめです。

専門商社とは、特定の事業範囲に特化した商社。そのため総合商社と比較して転職しやすいといわれています。

入社後の研修が整備されているケースが多く、業界知識を身につけることができれば十分に活躍可能です。

専門商社では営業職での求人が多く、営業経験があれば業界経験がなくても転職しやすいといえます。

営業職を経験しているのは強いってことですね。
営業職は業界が変わっても仕事に対応しやすいですからね。ニーズが高い商材を扱う専門商社なら、長く働くことができるでしょう。

おすすめの業界に転職するためのチェックポイントとは

ここまで、転職におすすめの具体的な業界について解説しました。

しかし、実際に転職を実現させるために大切なのは、しっかりと準備をしたうえで転職活動を行うことです。

ここからは、おすすめの業界に転職するためのチェックポイントについて紹介します。転職を成功させるためには、どれも重要ですのでしっかり押さえておきましょう。

転職活動を始める前に自己分析をする

転職について真剣に考えているなら、転職活動を始める前に行っておかなければならないことがあります。

それは、自己分析です。

自己分析とは、これまでの経歴やスキルなどを洗い出し、客観的な視点を持って自分を分析することをいいます。

自分は何が得意で、何が不得意なのか。また、自分にはどのような実績やスキルがあるのかを理解することで、自分のアピールポイントや適した転職先などを判断することができます。

つまり、転職活動の軸ができるというわけです。

転職活動の軸を作ることは、応募する企業や転職理由について一貫性が生まれるため、とても大切なこと。

自己分析を行わないまま転職活動をスタートしてしまうと、考えや判断にブレが生じやすくなるといえるでしょう。

自己分析は紙やノートに自分のこれまでを書き出したり、ネット上に公開されている専用に自己分析シートを使ったりして行うことができます。

また、転職エージェントに登録すれば、担当のコンサルタントが一緒に自己分析を行なってくれます。

転職を考えたら、すぐに行動するべきだと思っていました。その前にも準備が必要なんですね。
転職活動を始める前に、必ず行っておきたいのが自己分析。まずは自分を知ることが始めることが極めて重要ですよ。

転職する理由を明確にする

自己分析ができたら、次に行うのは「転職する理由について考えること」です。

どうして転職するのかをハッキリさせることで、転職先選びをより的確に行うことができるようになるでしょう。

また、転職理由は面接で採用担当者から必ず質問されることになります。そのため、どうして転職しようと思ったのかを自分の言葉で説明する必要があります。

ただし、ネガティブすぎる転職理由を述べてしまうと、担当者からの印象が悪くなってしまうことが多いといわれています。

仮に転職を希望する理由がネガティブなものだったとしても、それをそのまま伝えるのではなく、ポジティブな理由に変換して伝えることが大切になります。

例えば、「社内の人間関係の悪さ」が転職を考える理由だとします。それをそのまま伝えると、担当者は「うちの会社に入社しても同じ理由ですぐに辞めるのではないか」と考えてしまうのです。

このような場合は、「周りに人と連携を取りながら仕事を進めたい」「意思疎通を図りながら働きたい」などと言い換えて伝えるようにしましょう。

知らなかったら、そのまま伝えているところでした…。
採用担当者は、そういうところもチェックしているんです。ちょっとしたことが選考に影響しますの注意してくださいね。

転職で何を実現したいのかを考える

転職理由とともに考えたいのが、転職で何を実現したいのかということです。

転職は、職を変えるだけではなく、将来の生活や環境などに影響します。

転職することで、自分がどのようなキャリアを歩んでいきたいのか想定できれば、転職先の企業選びや、面接での逆質問の内容も変わってくるでしょう。

また、こちらも面接で質問されやすいため、しっかり応えることができなければ、転職することに対して考えが浅いと判断されることもあります。

自分の将来に影響することがですから、必ず考えをまとめておきましょう。

現状から抜け出すことばかりを考えていてはダメってことかぁ。
転職は、今後の人生に大きく関わることです。何のために転職したいかをハッキリさせないと、転職後に後悔することも。しっかり考えましょう。

自分の市場分析を行う

自分が希望する転職が実現できるかどうかを考える場合には、自分に対する市場分析を行うことが大切です。

自己分析によって客観視した自分の経歴やスキル、実績などから、自分が転職市場や転職を希望する業界に対して価値があるのかどうかを考えてみましょう。

市場が求めているような人材であるかどうかを判断できれば、転職活動の戦略は大きく変わっていくことになります。

自分が市場に見合うのであれば、積極的に応募していけばいいですし、見合っていないのであれば、勉強したり、スキルを磨いたりする必要があるといえます。

言い換えれば、自分がどれだけ通用するのかを知るってことですね。
そうです。希望する業界に転職できるかどうかの目安となりますので、こちらも併せて行っておいてくださいね。

転職の条件には優先順位を付ける

転職活動をスムーズに行うためには、転職の条件に優先順位を付けることも重要です。

転職する業界や企業には、待遇や福利厚生などさまざまなものを求めがちになります。しかし、すべての条件を見てしてくれる企業というのは、そうそう見つかるものではありません。

条件をすべて満たしている企業ばかりを探していると、いつまで経っても応募することすらできなくなる可能性もあるでしょう。

大切なことは、転職に求める条件に優先順位を付けること。そして、すべてではなく、ある程度の条件を満たしている企業を応募先の候補に加えることです。

そうすれば、転職先の幅を広げることができ、応募しやすくなります。

また、いくら求人情報などを当たっても、その企業の内情や雰囲気というのはなかなかわからないものです。

実際に面接で話をすることで、働きやすそうな雰囲気を感じるなど、企業の新たな魅力に気づくこともあります。

確かに。転職先には多くのことを求めてしまいますもんね。
転職条件の設定を厳しくし過ぎることで、転職活動に掛かる時間が長引いてしまうこともあります。ある程度柔軟に対応することも必要ですね。

業界についてしっかり研究する

異業種への転職を考えている場合は、業界に対する情報収集と研究を綿密に行いましょう。

それぞれの業界に対するイメージというのは、誰しもが持っているものです。そして、転職したい業界に対するイメージは、美化しやすくなるといえます。

しかし、イメージと実際の働き方や労働環境にギャップがあると、ストレスに感じてしまうことがあり、ともすると再度転職を考えるようになってしまいかねません。

戦略的に転職を繰り返す場合を除き、しっかりと情報収集を行わなかったがために、自分にマッチしない業界へ転職してしまうことは避けるべきでしょう。

自分のイメージと違ったから、僕も転職したいと思ったんだっけ…。
業界や企業とのミスマッチは、情報を集めれば回避できるものです。インターネットや説明会などを通じて、転職したい業界についてしっかりと研究をし、納得したうえで転職活動を行うことが大切です。

転職エージェントを活用する

自分が転職したい業界が定まったら、転職エージェントに登録をして力を借りましょう。

転職エージェントとは、あなたの転職活動をサポートしてくれる転職支援サービス。実際、多くの転職希望者が転職エージェントを利用しています。

自己分析から企業の紹介、書類の添削、面接対策、内定後の交渉など、転職に必要なさまざまなサポートを受けることができるので、安心して転職活動を行うことができます。

転職エージェントには、幅広い業界への転職に対応できる総合型転職エージェントや、特定の業界への転職に強い特化型転職エージェントがあります。

どちらを利用する場合も、転職エージェントはほとんどが無料で利用可能。費用をかけずに転職の成功率がアップしますので、利用しない手はありません。

やっぱり、転職エージェントって便利なんですね。僕も登録しておかなきゃ。
転職エージェントはあなたの転職を成功へと導く心強い味方です。しっかり活用し、希望する転職を実現させましょう!

転職したい人におすすめの転職エージェント

最後に、転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の2つのパターンで紹介したいと思います。

転職したいすべての人におすすめできる転職エージェント

まずは、すべての人におすすめできる総合型転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には以下の転職エージェントがおすすめです。

公開求人非公開求人対象年代対応地域
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外
リクナビNEXT1万件非公開全年齢全国+海外
DODA(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国

DODA(デューダ)

始めに紹介するのは「DODA(デューダ)」です。

DODAは転職エージェント、転職サイト、スカウトサービスを兼ね備えた総合型転職支援サービス。4万件以上の求人情報にアクセスできるほか、13万件以上の非公開求人も扱っています。

また、DODA以外の提携転職エージェントを利用することができるので、自分の希望に応じたサポートを受けることが可能。ぜひ登録しておきたいサービスの一つであることは間違いありません。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職エージェントを含めた総合型転職支援サービス!
  • 9万件以上の豊富な非公開求人を取り扱う!
  • 幅広いジャンルの業界、職種、年代に対応可能!

マイナビエージェント

次に紹介するのは「マイナビエージェント」です。

20代に最も支持されている転職エージェントとして定評があり、求職者とコンサルタントとの距離感が近く、手厚いサポートを受けることができます。

人材業界最大手のマイナビが運営していることもあり、各業界との強いつながりを生かした上質な求人情報を取り扱っているのもポイント。理想の転職先に出会える可能性も高いでしょう。

20代の転職での年収アップ率も高いので、現職の給料で不満がある場合は、活用してみてはいかがでしょうか?

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 利用者の6割が20~30代の総合型転職エージェント!
  • コンサルタントとの距離が近く、手厚いサポートが受けられる!
  • 人材業界最大手のマイナビが運営しているから安心して利用可能!

リクルートエージェント

次に紹介するのは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは全国の企業とのパイプを生かした求人数の多さに特長があり、公開求人・非公開求人を合わせて20万件以上の求人情報を取り扱っています。

地方ごとに支社を構えているので、どこに住んでいても利用できるというのも使いやすいポイント。転職サイトでおなじみのリクルートが運営しており、知名度が高く評判も上々です。

上記の2サイトと比べると劣る一面もありますが、合わせて登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大規模の総合型転職エージェント!
  • 求人数の合計が20万件以上!
  • 知名度が高く登録必須の転職エージェント!

リクナビNEXT

次に紹介するのは「リクナビNEXT」です。

社会人なら知らない人はいないほどの知名度を誇っており、いわば鉄板の転職サイト。正社員の転職希望者の8割が利用しているともいわれています。

自分の情報を登録しておくことで、企業側から転職のオファーを受けることができたり、転職エージェントからオファーが来たりすることもあるなど、幅広く活用できるのが特長です。

また、転職に有益なコンテンツを多数発信しているため、転職活動の参考にすることもできるでしょう。

リクナビNEXT

年代全年代雇用形態正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・業務委託・FCオーナー・その他
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 知名度、ブランド力抜群の転職支援サービス!
  • 企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能も充実!
  • 社会人の8割が利用している登録必須のサイト!

未経験の業界に転職したい人におすすめの転職エージェント

次に、未経験の業界に転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には以下の転職エージェントがおすすめです。

公開求人非公開求人対象年代対応地域
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
リクらく非公開2000件20代・フリーター・既卒・第二新卒東京・神奈川・千葉・埼玉
JAIC(ジェイック)非公開5000件以上20代・フリーター全国
Spring転職エージェント2万2000件8万件全年代全国+海外

先程紹介した総合型転職エージェントと併用することで、転職が成功しやすくなりますので、ぜひ登録してみてください。

ハタラクティブ

最初に紹介するのは「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントで、利用者の9割が20代。未経験歓迎の求人情報を多く取り扱っているのが特長で、初めての転職でも優しくサポートしてくれます。

また、未経験歓迎求人の内容についてもしっかり精査しているのも重要なポイント。そのため、働きやすい環境が整った企業への転職が叶いやすいでしょう。

未経験から異業種への転職を考えている20代には、ぜひおすすめの転職エージェントです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した転職エージェント!
  • 未経験歓迎の求人情報を多数取り扱う!
  • コンサルタントによる優しいサポートも魅力的!

リクらく

次に紹介するのは「リクらく」です。

こちらも20代の転職に特化した転職エージェントとして知られており、取り扱う求人情報のほとんどが、学歴や職歴を問わない未経験歓迎求人となっています。

これまで2万人のカウンセリングを行ってきた実績を持ち、初めての転職でも安心して利用可能。優良な中小企業求人が多く、細かい情報も手に入るので、自分にマッチした企業に出会いやすいといえるでしょう。

リクらく

リクらく
年代20代・フリーター・既卒第二新卒雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した転職エージェント!
  • 未経験からでも正社員として内定を勝ち取れる!
  • スキルの自信がない人にもおすすめのエージェント!

JAIC(ジェイック)

次に紹介するのは「JAIC(ジェイック)」です。

こちらも既卒、第二新卒、大学中退者、フリーターなど20代に特化した転職エージェントとなっています。

社会人としての基礎を学べる独自の研修制度を取り入れているのが特徴で、仕事の厳しさと楽しさを学ぶことが可能です。

また、内定率は80%、定着率は94%と非常に高水準なので、本気で転職したいと考えているなら登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

JAIC(ジェイック)

年代20代・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した転職エージェント!
  • 独自の研修制度で社会人としての基礎を学べる!
  • 内定率80%、定着率94%の高水準!

Spring転職エージェント

最後に紹介するのが「Spring転職エージェント」です。

世界の60を超える国と地域で人材サービスを展開するアデコグループが運営する転職エージェントで、非公開求人数は8万件以上を誇り、求人情報の質も高いと評判です。

また、お客様本位のサービスを理念としており、顧客満足度が高いのも特長。各業界に精通したコンサルタントがしっかりサポートしてくれるので、転職の成功率はグッとアップするでしょう。

Spring転職エージェント

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国+海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 世界中に展開するアデコグループが運営する転職エージェント!
  • 求人数の合計は10万件以上で質も高いと評判!
  • 顧客満足度が高く、利用しやすいのもポイント!

おすすめの業界への転職をしっかり成功させよう!

今回は転職するのにおすすめの業界について解説してきました。

「今後の成長が期待できる」「人手不足のため採用されやすい」など、転職におすすめできる理由はさまざまです。

自分の将来をどうしたいのかをしっかりと考えたうえで、どの道に進むのが最善なのか判断できるようにしてください。