転職におすすめの業界・職種や転職先を選ぶポイントについて解説

転職におすすめの業界・職種や転職先を選ぶ

これまでとは全く違う業界に転職したいと考えている人のなかには、転職におすすめの業界や職種が知りたいという人や、転職先を選ぶためのポイントが知りたいという人もいることでしょう。

今回は、転職するのにおすすめしたい業界や職種、転職先を選択するポイントなどについて解説していきたいと思います。

転職におすすめの業界を選択する条件やポイント

まずは、転職する業界を選択する条件やポイントについて解説していきたいと思います。

転職を考える際は、イメージだけではなく選択する業界についてしっかり研究することが大切です。

なぜなら、業界によっては未経験者を受け入れてくれないケースや、あまり需要がない可能性があるためです。

そのため、未経験者でも受け入れてくれる業界なのか、未経験者の自分を求めてくれるのかをある程度確認しておくようにしましょう。

未経験者を企業が採用したい理由

転職する業界や企業によって、未経験者への需要は異なります。また、未経験者を積極的に受け入れている業界や企業には、それなりの理由があるものです。

業界や企業が未経験者を採用したがる理由について見ていきましょう。

慢性的に人手が足りていない

未経験者を積極的に採用する理由の一つが、業界が慢性的な人手不足に陥っているということが挙げられます。

そもそも、少子化による労働人口の減少が発生している日本において、働いてくれる人材を確保することも難しくなっています。

また、求職者に人気があるかどうかによって、業界自体に人が集まらないケースも存在します。

それに加えて、経験者のみを募集することで、人材を集めることがさらに難しくなってしまうこともあるため、できるだけ門戸を広げ、人を集めるために未経験者を採用しているというわけです。

さまざまな業界での経験やスキルが欲しい

未経験者を積極的に採用するもう一つの理由が、企業がさまざまな業界でも経験やスキルを求めているからです。

営業職や企画職などでは、その業界の経験がなかったとしても、他の業界で培ってきた経験やスキルによって、新しい見識や方向性を見出せる可能性があると考えています。

そのため、業界未経験者でも積極的に採用を行っています。

イチからしっかり教育したい

未経験者を採用したがる理由には、人材をイチからしっかり教育したいと考えているケースもあります。

というのも、研修制度や教育制度がしっかりしている企業の場合、未経験である方が自社理念や方針に合った人材を育てやすい可能性があります。

また、同じ業界を経験している人材の場合、前職での仕事のやり方や文化を引きずってしまい、うまく戦力にならないこともあります。

そのため、未経験者を採用したほうが、都合がいいというわけです。

転職先の業界を選ぶときのポイント

次に、転職先の業界を選択する場合のポイントについて紹介していきたいと思います。

未経験から経験のない業界に飛び込む場合は、あなたの希望する条件に照らし合わせるためにどのような業界なのかをある程度知ったうえで、転職先に選ばなければなりません。

以下に解説するポイントを押さえておけば、転職先にどのような業界を選択するべきか見当がつけやすくなりますので、ぜひ理解しておいてください。

業界規模が大きくこれから成長が見込める業界

あなたが転職先に安定を求めている場合は、業界の規模が大きく今後も成長が見込める業界を選択するようにしましょう。

このような業界の場合、未経験者への研修や教育制度が整っているケースが多く、比較的働きやすい労働環境が整っているケースが多いからです。

ただし、成長が見込めるからといって、即戦力として求められるベンチャー企業などには採用されないかもしれませんし、仮に採用されたとしてもその後の仕事に苦労してしまうかもしれません。

未経験者を歓迎しているなかでも、器の大きい業界を選択することがポイントです。

歴史が長い業界

転職先に選ぶ業界としては、歴史が長い業界を選択するのも一つの手段といえます。

長い歴史がある業界の場合は、業務内容についてのマニュアル化が進んでいることが多いので、比較して仕事を覚えやすいからです。

また、長年にわたって培ってきたノウハウがありますので、どんなケースにでも対応しやすいという特長があります。

そのため、未経験から入社したとしても、業務の進め方に困ってしまうことが少ないといえます。

労働環境が整っている業界

転職先に未経験の業界を選ぶならば、労働環境が整っている業界を選択することも大切です。

業界によっては労働環境がいいとは言えない場合や、激務すぎて体力的につらい可能性があるからです。

あなたが現職で同じような辛さを感じて転職を考えているなら、なおのこと労働環境については調べたほうがいいでしょう。

離職率がある程度低い業界

転職先の業界を選ぶ場合は、離職率がある程度低い業界を選択することも大切です。

名経験の業界への転職を考えるとき、その業界もしくは企業が持つ風土や働きやすさなどを判断することはなかなか難しいものです。

そこで確認しておきたいのが離職率です。すべての企業が離職率を公開しているというわけではありませんが、四季報などといった雑誌などに離職率が載っていることが多いです。

これらを確認したうえで、離職率が高かった場合は、「入社したとしてもすぐに辞めてしまう人が多いのかもしれない」という判断材料を一つ持つことができます。

もちろん、離職率の高さだけですべてを判断できるわけではありませんが、このような判断基準を持つことで、より適切な転職先を選択しやすくなるでしょう。

未経験者を広く受け入れている業界

未経験の業界への転職を考えている場合は、未経験者を広く受け入れている業界を選択するようにしましょう。

先述したように、業界によっては未経験者では転職することができなかったり、需要が少なかったりする可能性があるからです。

未経験者を受け入れやすい業界を選択する一つの目安として、業界の有効求人倍率を確認するといいでしょう。

有効求人高いということは、それだけ多くの求人情報が流通しているということになり、就職や転職の間口が広いことを表します。つまり、未経験からでも転職しやすいということです。

年収アップが見込める業界

未経験の業界に転職するのであれば、年収アップが見込める業界を選択するのも一つの手段です。

転職を考えている人のなかには、現職での収入に満足できないこと人も多いことでしょう。そのような場合は、キャリアップしたのちにより多くの年収を見込める業界を選択してみてはいかがでしょうか?

ただし、未経験の業界に飛び込んですぐに年収がアップするというわけではありません。最初は苦労があるかもしれませんが、なかでもしっかりとした企業に転職できれば、ゆくゆくは年収アップを実現することができるでしょう。

転職におすすめしたい業界と職種

ここからは、転職におすすめしたい業界と職種について解説していきたいと思います。

これまでに説明したように、転職する業界を選択するにはいくつかのポイントがあります。それらを踏まえたうえで、転職しやすい業界や職種などについて知っておけば、あなたのなかの選択肢が広がるでしょう。

転職をおすすめできる業界

まずは、転職をおすすめできる業界から紹介していきましょう。

IT業界

IT業界は、転職におすすめできる業界の一つです。

というのも、ITやインターネットに関する業界においては急成長している企業も多く、年間に数十人単位で採用を行なっている場合があるからです。

また、IT業界といってもすべての職種においてインターネットやプログラミングのスキルが必要になるわけではありません。

営業職や企画職、事務職など関連する業務については、ある程度の知識が必要でも業務に技術面が求められることはほとんどないといっていいでしょう。

現在は需要もかなり高めなので、ぜひおすすめしたい業界といえます。

製造業界

製造業界も転職におすすめの業界の一つです。

工場などのライン作業などは、仕事内容を覚えやすく、特別な知識を必要としないためです。

それに加えて、輸送用機器や繊維系などの製造工場の場合、大手企業に仕事に関わることが多く、給与面や待遇面でも他の仕事と遜色ないケースも多くなります。

さらに、勤務時間もきっちり決まっているため、プライベートを充実させやすいというメリットもあります。

建築業界

建築業界も転職におすすめの業界です。

2020年に迫った東京オリンピックに関する建設ラッシュによって、建築業界内の人手不足が問題となっています。

また、現在職人として働いている人々が高齢化していることで、今後さらなる人手不足になることも問題視されているのです。

このような事情から多くの求人情報が発信されている現状があり、転職しやすい業界となっているわけです。

運送・運輸業界

運送業界や運輸業界も転職にはおすすめの業界です。

現在はスマートフォンの普及に伴い、ECサイト(通販サイト)が整備されたことから、インターネットで買い物をする人が増加しています。

それにより、商品を運ぶ運送業や運輸業に携わる人材が全く足りていないのです。

基本的には、商品などの運送物を運ぶことがメインですので、運転免許さえ持っていれば未経験からでも転職しやすい業界となっています。

専門商社

専門商社も比較的転職しやすく、おすすめの業界です。

専門的なスキルや経験がないと働くことができないようなイメージがありますが、入社後にはしっかりと研修を受けられるので、業界や取り扱う商品などの知識を身につけることができます。

特に営業職での求人募集が多いため、前職で営業をしていた人や、社会人としての最低限のマナーを身につけている人であれば、未経験からでも挑戦するチャンスは大いにあるでしょう。

接客業

接客業も転職にはおすすめの業界となります。

接客業も小売業を中心に慢性的な人手不足が問題となっているため、現在でも多くの求人情報が発信されています。

この業界も研修やマニュアルがしっかり整備されていることが多いため、未経験からでもスキルを身につけやすくなっています。

人と接することが苦手ではなく、コミュニケーションを取ることが得意な人なら、何の問題もなく働くことができるでしょう。

不動産業界

不動産業界も転職におすすめの業界です。

建築業界同様に、2020年の東京オリンピックに向けて国内の重要が高まっており、それに伴って新たな人材を多く募集しているためです。

2020年が過ぎれば需要は少し弱まる可能性はありますが、急激に鈍化するとは考えにくいので、それほど心配する必要はないといえるでしょう。

旅行業界

転職するには旅行業界もおすすめです。

現在、世界的に観光客は増加傾向にあり、国連世界観光機関によると2017年の世界全体の観光客数は13億人以上となっています。

そのなかで、日本を訪れる観光客も年々増加しているのが現状です。同じく2017年には2800万人以上の観光客が日本を訪れたといわれています。

多くの観光客はユネスコの無形文化遺産となった「和食」やアニメ、ゲームなどといった、いわゆるクールJAPANを目当てにしているとのことです。

また、日本政府による「ビジット・ジャパン事業」が開始されており、訪日外国客への船団活動や旅行会社への働きかけ、格安航空会社の座席増加、消費税免税など、さまざまな施策が行われています。

このような流れがあることから、旅行業界は今後も盛り上がりを見せると見込まれています。

ホテル業界

旅行業界と関連して、ホテル業界も同様の盛り上がりを見せており、転職におすすめの業界となっています。

訪日外国客は増加の一途を辿っており、2017年の観光客数である約2869万人という数字は、前年比で19%以上も増加しています。

また、先述したように東京でオリンピックが開催されることから、首都圏や観光地を中心にホテルの建設ラッシュとなっているのが現状です。

日本政府は、2020年には訪日外国客数4000万人を、2030年には6000万人を目指すとしており、今後もさらなる観光客が増加することが見込まれ、ホテルに対する需要は高まりを見せると考えられているのです。

航空業界

同じ流れとしては、航空業界も転職におすすめの業界といえます。

訪日旅行客の増加により、国際線の増便が実施されるといわれており、国土交通省が行った調査によると、羽田空港の機能を拡張することで、年間6500億円の経済効果を生むといわれています。

こうした盛り上がりは今後も継続していくと考えられているので、将来的にも安定しているといえるでしょう。

半導体業界

転職におすすめの業界には、半導体業界も挙げられるでしょう。

IT技術が進歩を遂げているなかで、欠かすことができないのが半導体だからです。今話題となっているAI(人工知能)IoT(Internet of Thing)、自動車の自動運転技術などには、半導体が絶対必要となっています。

5G時代の到来とともに、IT分野は今後さらなる発展が見込まれており、日本が製造する半導体のバランスの良さもあって、持続的に成長していく業界であるといえるでしょう。

インフラ系業界

インフラ業界も転職するにはおすすめの業界となります。

インフラとは、電気やガス、熱供給、水道業などの事業を指します。電気やガスは日本政府による自由化が進んでいますし、再生可能エネルギーにも注目が集まっていることから、業界としては活発な動く気を見せていくと思われます。

生活に欠かせないものであり、勤務している人の給与も高いことから、転職するのであれば選択肢に入れておくべきといえるでしょう。

転職におすすめできる職種

次に、転職におすすめできる職種について紹介していきましょう。

転職におすすめできるのは、業界だけではありません。特定の職種についても、さまざまな理由から転職のおすすめできるものがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

公務員

転職におすすめの職種の一つが公務員です。

安定した職種と言えば、真っ先に思い浮かぶだろう公務員は、終身雇用が原則となっており、定年まで継続して勤務できる体制が整った数少ない職種です。

特に、若年層に対して多くの求人情報を発信しているのが現状で、基本的には真面目で従順な人材が求められています。

一方で、30代以上での公務員との転職となると、何かしらの専門的な能力が必要となり、即戦力として活躍できる存在であることが求められるようです。

できるだけ長く安定した仕事がしたいと考えている人には、ぜひおすすめの職種です。

営業職

営業職も転職におすすめできる職種の一つです。

営業職といえば、ノルマが設定されるなど労働環境としては厳しいイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、営業職にもさまざまな種類があり、ルート営業や法人営業、既存顧客をフォローするものなど、厳しさばかりが目立つものではありません。

また、営業職としてのスキルは一度身につけてしまえば、扱う商品が変わっても活かすことができる万能性があります。

今後のキャリアップを目指すのであれば、営業職は選択肢の一つになりうる職種であるといえるでしょう。

事務職

事務職も転職するにはおすすめの職種といえます。

事務職は、他の仕事と比較して身体的な負担が少ない仕事です。基本的にデスクワークとなり、経理などの繁忙期や処理の多い月末などを除けば、定時に退勤することが可能です。

また、事務職にも一般事務や医療事務などさまざまな種類があり、一度勤務経験を作っておけば、家庭を持ったり、住む地域が変わったりしても転職しやすくなるでしょう。

それぞれの事務職に必要もしくは有利となる資格を持っているのであれば、ぜひおすすめしたい職種の一つといえます。

介護職

転職におすすめの職種としては、介護職も挙げられるでしょう。

というのも、日本では高齢化が加速度的に進行している現状があり、今後さらに老人が増加することが確実であるためです。

また、30代や40代でも転職可能であることから、介護職はかなり有望な職種であることは間違いないでしょう。

全くの未経験を募集しているケースもあり、資格が必要な場合でも比較的簡単に取得できるのが特徴で、実務的なスキルを学んだうえで、働くことができる職種でもあります。

一方で、介護職は24時間編成での勤務となり、体力的に厳しい仕事であるという一面もあるので、転職する場合は一定の覚悟を持っておいた方がいいかもしれません。

ただ、今後間違いなく必要とされる仕事であるため、長く安定して働きたいという場合には視野に入れておきたい職種の一つといえます。

ITエンジニア

転職先に選択する職種としては、ITエンジニアもおすすめです。

IT業界の進歩や成長が進んでいくなかで、慢性的な人手不足が叫ばれているのが現状だからです。

ITエンジニアと聞くと、残業が多い激務としてのイメージが多いかもしれませんが、上流の仕事に携わることができればそのようなことは少なくなっています。

また、業界としてもブラック企業が激減しているともいわれており、実際に勤務してみると実に働きやすかったという声も多く聞かれるようになっています。

さらに、ある程度のスキルと実績を残せるようになれば、前職から給与がかなりアップした事例も多く、スキルを磨いた後にフリーランスに転向したり、独立したりすることも可能なので、未経験からでも挑戦する価値はあるといえるでしょう。

運送ドライバー

転職先として最後におすすめする職種としては、運送ドライバーが挙げられます。

おすすめの業界として運輸業・運送業を挙げましたが、その業界を支える配送ドライバーはかなり需要が高くなっています

インターネット通販によるショッピングがさらに活発になっていくと見込まれているので、それだけ配送ドライバーへの仕事が回ってくることになるからです。

運転する車種によっては特別な免許が必要なケースもありますが、基本的には普通自動車免許があれば始められる仕事で、その他にスキルは必要ありません。

また、お客様に商品を渡すとき以外は、自分のペースで働くことができるというのも特長です。

転職には転職支援サービスの活用がおすすめ

これまで紹介してきたおすすめの業界や職種へ実際に転職したいのであれば、転職支援サービスを活用していきましょう。

主な転職支援サービスには「転職サイト」「転職エージェント」「ハローワーク」などがありますが、今回は転職サイトと転職エージェントの2つについて詳しく解説していきたいとおもいます。

転職支援サービスをうまく活用することが、転職を成功させる鍵となりますので、十分に意識するようにしてください。

転職サイトで求人情報を検索しよう

まずは、転職サイトについて解説していきます。

転職サイトとは、自由に求人情報を検索することができるサービスです。また、気に入った企業が見つけられたら、そのまま求人に応募することも可能です。

転職サイトを活用するメリット

転職サイトを活用するメリットとしては、いつでも好きな時に求人情報を検索できることが挙げられます。

また、自分の判断で応募することができるので、自分のペースで転職活動を行いたい場合には転職サイトがおすすめです。

さらに、転職サイトごとにさまざまなサービスを提供しているのも特長で、なかでもスカウトサービスを利用すれば自分の情報や職歴などを登録しておくことで、企業側から転職のオファーが届くこともあります。

転職サイトを活用するデメリット

一方で、転職サイトを利用する場合のデメリットは、応募から面接の日程調整、内定後の交渉などに至るまで、全て自分1人で行う必要があるということが挙げられます。

転職に際しては、求人情報の検索以外にも提出する履歴書や職務経歴書の内容のブラッシュアップや面接対策など、さまざまな準備を行なう必要があります。

先述したように自分のペースで転職活動をしたい場合はいいのですが、転職活動に十分な時間が取れない場合には、あまりおすすめすることはできません。

転職エージェントで転職活動のサポートを受けよう

もう一つの転職支援サービスが、転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職活動に対するさまざまなサポートを受けることができるサービスのことをいいます。

では、転職エージェントを利用するメリットやデメリットについて見ていきましょう。

転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントを活用するメリットとして、転職の成功率がアップすることが挙げられます。

先述したように、転職エージェントに登録することでさまざまなサポートを受けることができます。

具体的には以下のようなサポートが受けられます。

転職エージェントから受けられるサポート
  • 転職希望者のキャリア相談に乗ってくれる
  • 正確な自己分析を行うための面談を実施してくれる
  • 希望や条件に合った求人情報を紹介してくれる
  • 応募先の企業に対してあなたの長所を紹介してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 給与交渉や入社日の段取りなどを代行してくれる

など。転職のプロであるコンサルタントがこのようなサポートを行ってくれるので、おのずと転職成功率がアップするというわけです。

また、転職エージェントでは一般には公開されていない「非公開求人」を取り扱っており、理想の転職先に出会える可能性が高くなるというメリットもあります。

さらに、これらのサービスを無料で利用できるというのも転職エージェントを活用する大きなメリットです。

転職エージェントを活用するデメリット

転職エージェントを活用するデメリットとしては、転職先を自分で選びにくいという点が挙げられます。

というのも、担当のコンサルタントがあなたとのマッチング率が高い転職先を紹介してくれるためです。

転職先はどうしても自分で探したいという場合は、転職サイトを利用したほうがいいでしょう。

また、担当のコンサルタントによっては転職が成功しない可能性があります。

これは、コンサルタントの質が転職成功に大きく影響するためです。そのため、コンサルタントについては十分に吟味し、選別する必要があるでしょう。

転職エージェントを活用する際のポイント

転職エージェントを活用する際のポイントとしては、複数の転職エージェントを併用することが大切になります。

これにはいくつかの理由があります。

まず、先述したようにコンサルタントを選別するためには、多くのコンサルタントと接触する必要がるからです。

ですから登録したエージェントごとに面談を受け、その後の対応によって転職活動のメインサポートを任せるコンサルタントを決めていく必要があります。

次に、転職エージェントには総合型と特化型の2種類があり、それぞれに強みが異なるからです。

幅広い業界や職種、年代に対応している総合型エージェントと、特定の業界や年代などに特化した特化型エージェントを活用することで、転職活動を効率よく進めることができます。

最後に、先述したようにエージェントごとに非公開求人を取り扱っているので、併用するだけ多くの情報に触れることができます。

転職エージェントを活用して転職を成功させるためには大切なポイントですので、ぜひ覚えておいてください。

転職エージェントをメインで活用しましょう

このように、転職には転職エージェントを活用することをおすすめします。

1人で転職活動を行うよりも効率的で、失敗する可能性が低くなるからです。また、転職の際に誰かのサポートを受けられるというのは、本当に心強いと感じられるでしょう。

転職したい人におすすめの転職エージェント

最後に、転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の2つのパターンで紹介したいと思います。

転職したいすべての人におすすめできる転職エージェント

まずは、すべての人におすすめできる総合型転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には以下の転職エージェントがおすすめです。

公開求人非公開求人対象年代対応地域
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外
リクナビNEXT1万件非公開全年齢全国+海外
DODA(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国

DODA(デューダ)

始めに紹介するのは「DODA(デューダ)」です。

DODAは転職エージェント、転職サイト、スカウトサービスを兼ね備えた総合型転職支援サービス。4万件以上の求人情報にアクセスできるほか、13万件以上の非公開求人も扱っています。

また、DODA以外の提携転職エージェントを利用することができるので、自分の希望に応じたサポートを受けることが可能。ぜひ登録しておきたいサービスの一つであることは間違いありません。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職エージェントを含めた総合型転職支援サービス!
  • 10万件以上の豊富な非公開求人を取り扱う!
  • 幅広いジャンルの業界、職種、年代に対応可能!

マイナビエージェント

次に紹介するのは「マイナビエージェント」です。

20代に最も支持されている転職エージェントとして定評があり、求職者とコンサルタントとの距離感が近く、手厚いサポートを受けることができます。

人材業界最大手のマイナビが運営していることもあり、各業界との強いつながりを生かした上質な求人情報を取り扱っているのもポイント。理想の転職先に出会える可能性も高いでしょう。

20代の転職での年収アップ率も高いので、現職の給料で不満がある場合は、活用してみてはいかがでしょうか?

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 利用者の6割が20~30代の総合型転職エージェント!
  • コンサルタントとの距離が近く、手厚いサポートが受けられる!
  • 人材業界最大手のマイナビが運営しているから安心して利用可能!

リクルートエージェント

次に紹介するのは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは全国の企業とのパイプを生かした求人数の多さに特長があり、公開求人・非公開求人を合わせて20万件以上の求人情報を取り扱っています。

地方ごとに支社を構えているので、どこに住んでいても利用できるというのも使いやすいポイント。転職サイトでおなじみのリクルートが運営しており、知名度が高く評判も上々です。

上記の2サイトと比べると劣る一面もありますが、合わせて登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大規模の総合型転職エージェント!
  • 求人数の合計が20万件以上!
  • 知名度が高く登録必須の転職エージェント!

リクナビNEXT

次に紹介するのは「リクナビNEXT」です。

社会人なら知らない人はいないほどの知名度を誇っており、いわば鉄板の転職サイト。正社員の転職希望者の8割が利用しているともいわれています。

自分の情報を登録しておくことで、企業側から転職のオファーを受けることができたり、転職エージェントからオファーが来たりすることもあるなど、幅広く活用できるのが特長です。

また、転職に有益なコンテンツを多数発信しているため、転職活動の参考にすることもできるでしょう。

リクナビNEXT

年代全年代雇用形態正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・業務委託・FCオーナー・その他
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 知名度、ブランド力抜群の転職支援サービス!
  • 企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能も充実!
  • 社会人の8割が利用している登録必須のサイト!

未経験の業界に転職したい人におすすめの転職エージェント

次に、未経験の業界に転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には以下の転職エージェントがおすすめです。

公開求人非公開求人対象年代対応地域
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
リクらく非公開2000件20代・フリーター・既卒・第二新卒東京・神奈川・千葉・埼玉
JAIC(ジェイック)非公開5000件以上20代・フリーター全国
Spring転職エージェント2万2000件8万件全年代全国+海外

先程紹介した総合型転職エージェントと併用することで、転職が成功しやすくなりますので、ぜひ登録してみてください。

ハタラクティブ

最初に紹介するのは「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントで、利用者の9割が20代。未経験歓迎の求人情報を多く取り扱っているのが特長で、初めての転職でも優しくサポートしてくれます。

また、未経験歓迎求人の内容についてもしっかり精査しているのも重要なポイント。そのため、働きやすい環境が整った企業への転職が叶いやすいでしょう。

未経験から異業種への転職を考えている20代には、ぜひおすすめの転職エージェントです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した転職エージェント!
  • 未経験歓迎の求人情報を多数取り扱う!
  • コンサルタントによる優しいサポートも魅力的!

リクらく

次に紹介するのは「リクらく」です。

こちらも20代の転職に特化した転職エージェントとして知られており、取り扱う求人情報のほとんどが、学歴や職歴を問わない未経験歓迎求人となっています。

これまで2万人のカウンセリングを行ってきた実績を持ち、初めての転職でも安心して利用可能。優良な中小企業求人が多く、細かい情報も手に入るので、自分にマッチした企業に出会いやすいといえるでしょう。

リクらく

リクらく
年代20代・フリーター・既卒第二新卒雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した転職エージェント!
  • 未経験からでも正社員として内定を勝ち取れる!
  • スキルの自信がない人にもおすすめのエージェント!

JAIC(ジェイック)

次に紹介するのは「JAIC(ジェイック)」です。

こちらも既卒、第二新卒、大学中退者、フリーターなど20代に特化した転職エージェントとなっています。

社会人としての基礎を学べる独自の研修制度を取り入れているのが特徴で、仕事の厳しさと楽しさを学ぶことが可能です。

また、内定率は80%、定着率は94%と非常に高水準なので、本気で転職したいと考えているなら登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

JAIC(ジェイック)

年代20代・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した転職エージェント!
  • 独自の研修制度で社会人としての基礎を学べる!
  • 内定率80%、定着率94%の高水準!

Spring転職エージェント

最後に紹介するのが「Spring転職エージェント」です。

世界の60を超える国と地域で人材サービスを展開するアデコグループが運営する転職エージェントで、非公開求人数は8万件以上を誇り、求人情報の質も高いと評判です。

また、お客様本位のサービスを理念としており、顧客満足度が高いのも特長。各業界に精通したコンサルタントがしっかりサポートしてくれるので、転職の成功率はグッとアップするでしょう。

Spring転職エージェント

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国+海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 世界中に展開するアデコグループが運営する転職エージェント!
  • 求人数の合計は10万件以上で質も高いと評判!
  • 顧客満足度が高く、利用しやすいのもポイント!

転職におすすめの業界や職種を視野に入れた転職活動を!

今回は、転職におすすめの業界や職種、転職先を選ぶポイントなどについて解説してきました。

転職先として異なる業界や職種を選択する場合には、いくつかのポイントに注意することが大切です。自分が応募できるのか、その業界や職種に未来があるかどうかをしっかりと判断するようにしてください。

また、転職する場合は転職エージェントを活用することが重要です。おすすめの転職エージェントも紹介しましたので、ぜひ登録して活用してください。