人手不足が進む日本では、結婚や介護など様々な事情による離職が問題になっています。
こういったライフスタイルの変化やライフベントは、誰にでも起こり得るものですよね。
いざという時のために、遠隔地や在宅でも働ける環境を考えるべきなのかもしれません。
つまり、リモートワークや在宅ワークです。
今回紹介する「REWORK」は、リモートワークの求人を取り扱うサイトです。
実際の評判や口コミも含めながら紹介していきます。

REWORKってどんなサイト?使いかたは?

リモートワーク普及を狙う求人サイト「REWORK」

REWORKはフルリモート勤務や時短勤務、週3日出勤といった新しい働き方を推奨している求人サイトです。
運営元は株式会社キャスターで、元々は「キャスタービズ」というオンラインアシスタントサービスを展開していきました。
このキャスタービズで培ったリモートワークのノウハウを元に、REWORKを立ち上げています。

現在の日本では、介護や結婚などにより毎年10万人以上が離職しているといわれています。
毎年小さな市が丸々ひとつ、労働市場から消えているイメージになります。
ライフワークバランスが以前よりも重視されるようになり、「個人の生活」と「会社で働き続けること」のバランスがとれていない証拠といえるでしょう。
これでは企業の人手不足も、労働者の収入・キャリアへの不安も解消されず、デメリットだけが拡大していきます。

REWORKではリモート勤務求人を取り扱うことで、企業の人手不足と離職する人々のキャリア・収入の断絶を防ぎ、双方にメリットがある働き方を広めたいという意図があるようですね。

REWORKの使い方

では実際に、REWORKの使い方を解説します。使い方はかなりシンプルです。
求人サイトにありがちな事前登録は必要なく、Facebookアカウントを持っていれば、すぐに求人への応募が可能です。
また、Facebookアカウントを持っていない場合は、その都度情報を入力するという方法も選択できます。

1.REWORKトップから「案件一覧を見る」をクリック
2.キーワード、地域、カテゴリーなどを選択して検索をクリック
3.求人情報をクリックして詳細画面を表示
4.「Facebookで応募」もしくは「求人に応募」をクリック
5.必要情報を入力して応募完了

REWORKに掲載されている求人の例

REWORKにはフルリモート、副業、時短勤務など様々な就業形態の求人が掲載されています。
その一例を紹介していきますね。

フルリモート求人の例

職種…webアプリ開発エンジニア
勤務時間…09:20~18:00
給与…月額30~40万、賞与年2回
休日・休…完全週休2日、夏期休暇、年末年始休暇等
福利厚生…PC購入代支給、交通費支給、書籍代補助等
試用期間…特になし
勤務地…完全在宅勤務(フルリモートワーク)

職種…Webサイトの制作など
勤務時間…規定なし
給与…時給800円以上、もしくは成果物に応じた報酬
休日・休暇…業務委託契約のため自由
福利厚生…業務委託契約のためなし
試用期間…なし
勤務地…完全在宅勤務(フルリモートワーク)

副業OK、リモート求人の例

職種…webデザイナー
勤務時間…10:00~19:00(ただし基本的に自由)
給与…スキル・経験・能力により相談の上で決定
休日休暇…基本土日に休み、夏季・年末年始休暇あり。ただし自由に設定可能
福利厚生・待遇:交通費一部支給、給与査定年2回、賞与年2回、各種社会保険完備
試用期間:試用期間3ヶ月
勤務地:港区南青山 (ただし在宅・カフェワークなどリモートワークも可)

主にWeb関連のエンジニア職がメインですが、かなり自由な働き方の求人が多いイメージです。
Web業界でエンジニアやデザイナーとして働いていた経験があるのならば、REWORKは使い勝手の良い求人サイトかもしれません。

REWORKのメリットとデメリット

メリット

check-c081正社員待遇のフルリモートワーク求人が掲載されている
check-c081求人が探しやすく、応募までが簡単

デメリット

check-c081求人数が圧倒的に少ない
check-c081求人がIT(特にWeb)に偏っている

REWORKは立ち上がってから間もない求人サイトということもあり、まだまだ発展途上です。
コンセプトや求人の質は期待できるので、今後に期待といったところでしょうか。
特にIT業界以外の求人が出てくれば、注目度は一気に上がるでしょう。
ただし、リモートワークでは就業が難しい職種もありますからね。
一般的にブルーカラー職種は、リモートワークが難しくなります。
こういった課題を今後どう解消していくのかが、REWORKの課題といえそうです。

REWORKの評判・口コミ

REWORKは2017年9月25日にリリースされたばかりの求人サイトということもあり、評判や口コミはまだないようですね。
評判や口コミが広まるのは、まだ少し先のことかもしれません。
ただし、今後は働き方改革の進展に伴って利用者が増えてくると予想されます。

まとめ

リモートワークは日本の将来を支える働き方と言っても過言ではありません。
いつどんな場所でもスキル・能力を活かせる仕組みを、企業も労働者も欲しているのです。
まだまだ規模は小さいもののREWORKのようなリモートワーク専門の求人サイトが、今後増えてくると予想されます。
また、デザイナーやエンジニアであれば今すぐにでも応募できる求人も多いため、REWORKは小まめにチェックしておきたいサイトのひとつといえるでしょう。