陽気な花見シーズンに入社式と研修を終え、いよいよ本格的に業務開始となる大切な時期に新入社員が陥りやすい気持ちの病といえば「五月病」ですよね。

ところが近年では、毎年のように五月病で悩まされる中堅のビジネスマンやOLが急増しており、新入社員に限って起きる特有の病とは言えなくなりつつあります。

そこで、新入社員に限らず、社会人の間で急増傾向にある五月病の原因や対策などを詳しくお伝えして参ります。

五月病とは?


五月病とは何か、まずはその意味や症状から確認しておきましょう。

五月病は「病」という字が伴いますが、実は医学的に認められた正式な病名ではありませんので医学的定義は存在していません。

「五月病」はいわば俗語です。

五月病とは暦の上で主に5月の連休明け頃、4月までは体調やメンタル面で特に問題なかった方が

・やる気や元気が出なくなる

・気分が落ち込んで、暗くなる

・軽い頭痛や胃痛が続くなど、体調不良となる

・朝起きて出勤したり、学校へ行ったりすることが憂鬱になる

といった症状に悩まされることを言います。

これらの症状は「うつ病」や「適応障害」にみられる症状にも似ていますが、明確な線引がある訳ではありません。

一般的には1~2ヶ月程度で症状がおさまる一過性のものであれば五月病、長期に長引くようであればうつ病や適応障害の可能性が疑われることになります。

五月病が発症する主なメカニズムとは?

日本では4月が入学式や入社式シーズンとなっており、特に新入社員などは学生から社会人へと自分が置かれている立場や環境が激変することになります。

そうした大きな環境変化は、人間に過度な緊張感や多大なストレスを与えることになります。

ところが4月は入社式や新人研修、歓迎会といった行事やイベントが慌ただしく行われる時期であり、社会人として初めて経験する新鮮な出来事も多く、それらが刺激となって精神的ストレスに気付きにくい状況になります。

そのため、本人が無自覚なままストレスが蓄積してしまいますが、人間はいつまでもストレスを抱えきれるものではありません。

その結果、4月終わり頃に蓄積したストレスがピークに達すると共に、五月初旬の連休で張りつめていた緊張感が解けることでストレスを封じ込めることができなくなり、一気に意欲減退や倦怠感、あるいは体調不良といった形で現れる・・・

これが五月病の主なメカニズムです。

五月病にかかる人の特徴は?

新入社員はタイプに関係なく大半は五月病になる

五月病は、新入社員の方々のどのくらい割合で発症するものでしょうか。

やや古いデータも含まれますが、新入社員を対象に五月病にかかったかのアンケート調査が複数の大手企業で行なわれました。

それらの結果に基づくと、軽度の症状も含ればどの企業も8割以上の新入社員が五月病にかかったという結果になっていました。

つまり、軽度の症状を含めれば、新入社員の方々の大半は五月病にかかるものと言って良いでしょう。

五月病は30代や40代の方々にも発症

近年(2000年以降)、社会人としての生活に慣れているはずの30代や40代といった中堅社員層の方々まで五月病に悩まされるケースが増加していると言われています。

例えば全研本社株式会社が、同社運営のウェブマガジン読者(20代から40代の男女263名)を対象として2015年5月に行なった五月病に関するアンケート調査(※)によると「五月病にかかっていると感じるか」との問いに対し、71%が五月病にかかったと回答しています。

(※出典:全研本社株式会社

また、「五月病=うつ病」ではありませんので全て関連付けて考えることはできませんが、30代、40代のうつ病は2000年以降の10年間で2.4倍以上に増加しています。

更に自殺者に関する統計データにおいても、同じく2000年以降において「5月」に自殺する30代、40代の方が増加傾向にあることが明らかになっています。

勿論自殺の原因も全て五月病と関連付けることはできません。

しかし5月に自殺者が増加するという事実から、30代、40代の方々にとっても5月は特に思い悩んだり、ストレスに耐えきれなくなったりしやすい時期であるとの見方ができます。

新入社員以外ではどんなタイプの人が五月病に陥りやすいか

ではなぜ新入社員特有の病と思われてきた五月病が、30代や40代にまで広がってきたのでしょうか。

また、どんなタイプの方々特に五月病に陥りやすいのでしょうか。

年功序列・終始雇用の時代から成果主義への転換

五月病が社会人全体、とりわけ30代や40代の方々に広がった大きな理由としてあげられているのが、年功序列・終身雇用から成果主義へと企業の評価システムが転換してきたことです。

年功序列型の人事制度であれば「春=昇進・昇給できる時期」となりますので、思い悩むどころか楽しみな時期でした。

そのため、仮に春先に別の部署へ配属され、環境が変わったとしてもそう思い悩むことはありませんでした。

ところが成果主義の場合、春は今年度の評価が新たにスタートする時期となるため、できるだけ早く成果をあげたい、あげなければならないというプレッシャーが一番かかる時期になります。

しかし、誰もが好スタートを切れるものではありません。

特に人事異動で職場が変わった方や新プロジェクトがスタートした方々は、不慣れな仕事故に思ったようなパフォーマンスをあげにくい時期なのですが、成果主義のプレッシャーからそうした状況に過度に落ち込んでしまい、五月病を招くことになります。

特に現在の40代は「失われた10年」に企業へ入社した世代です。

リストラが横行し、ちょとしたミスや失敗が自分の立場を脅かすことになることを組織の中で嫌というほど学んできた世代でもあるだけに、新年度におけるスタートダッシュの失敗は特に悲観的に考える傾向が強いと言われています。

五月病になりやすい人の特徴とは

五月病は幅広い年代で増加しているとは言え、新入社員を除けば五月病になりやすいタイプの人、なりにくいタイプの人がそれぞれ存在します。

特に五月病になりやすい人はこのようなタイプの方々です。

・完璧主義である

・自分に厳しい

・マイナス思考が強く、うまくいかないことを思い悩む傾向が強い

・他者の評価や評判をとても気にする

こうしたタイプの方々は、どうしても自己評価が他者より厳しくなり、自分に対して妥協できないことが自分を追い詰めることになり、ちょっとした環境の変化でも高いストレスを招きやすくなります。

もし自分が該当するという方は、特に4月から5月頃は要注意期間と考え、自分をリラックスさせること、気分転換をはかることなどを重点的に行うことが大切です。

五月病対策で有効な方法

では五月病対策として有効な方法を、実施時期を示しながらご紹介して参ります。

(4月)4月にゆっくりと過ごす休日を必ず設ける

五月病はストレス蓄積に加え、企業活動の年初となる4月の特有の忙しさにより体が疲労していることも原因の一つです。

新年度がスタートしたばかりの月ですので、他月以上に忙しくなることは理解できますが、だからこそ体を積極的に休息させる必要があります。

ところが4月は花見シーズンでもあり、休日は行楽地へと出掛けたくなります。

毎年のように五月病に悩まされている方は行楽地へ出掛ける回数を減らし、最低でも週1日は家でゆっくり過ごすか、出掛ける場合でも徒歩でゆける範囲に留める日を意識して設けることです。

(常時)リラックス効果のある食物や飲み物を日常の食事に取り入れる

五月病になりやすい人は、日頃から自分をリラックスさせることが苦手な方が多いです。

しかしそうした方々は意識してリラックスしようとすると、却って上手くゆきません。

そこでオススメなのが、日常の食事の中でリラックス効果が期待できる、次のような食事を取り入れることです。

ココア


ココアにはストレスに有効な成分が2つあります。

一つがカカオポリフェノールでストレスが原因で分泌されるホルモンを抑制してくれます。

もう一つがテオブロミンで、ストレスや興奮で乱れた自律神経を正常に戻してくれる働きがあります。

ストレス緩和には大変優れた飲み物なので、朝食時などに温かいココアを一杯飲むようにすると良いでしょう。

バナナ


バナナに含まれているトリプトファンは、ハッピーホルモンと呼ばれリラックス効果や快眠に役立つセロトニンやメラトニンの分泌を促す働きがあります。

そのためリラックスできる他、疲労回復しやすい上、安眠しやすくもなります。

カツオ


トリプトファンやセロトニンを成分として多く含む魚類の代表選手がカツオです。

カツオのたたきなどは4月から5月にかけて初シーズンを迎えますので、この時期には旬のカツオを積極的に食べることをオススメします。

豆腐


リラックス効果やストレス解消効果が期待できる植物性食品の代表選手が豆腐です。

セロトニンが体内で作られる場合に手助けとなる、ビタミンBやナイアシンという成分を豊富に含んでいるからです。

朝食の味噌汁の具には積極的に豆腐を採用しましょう。

(5月下旬)自分へのご褒美イベントを設定する

五月病を招くきっかけとなりやすいのが、5月初旬に訪れるゴールデンウイークです。

ゴールデンウイークを満喫することはストレス解消に役立ちますが、楽しかったゴールデンウイークが明ければしばらく長期休暇がありませんので、そうした事実もストレスを招く原因になります。

その対策としてオススメしたいのが、五月下旬頃に自分へのご褒美イベントを設定することです。

たまには贅沢をして高級レストランでフルコースを食べる等、頻繁にはできないことを企画し、5月下旬に行うようにすれば、その楽しみ感がゴールデンウイーク明けの虚脱感を和らげるのに役立ちます。