社会人になると、学生のころとは違った勉強をする必要があります。それは、仕事に直結する資格取得のための勉強や、仕事に役立つ知識を身につけるための勉強です。学生の頃の勉強も大変でしたが、社会人になると仕事をしながら勉強をしなければならないという大変さがありますよね。

そんな時間のない社会人が効率よく勉強するためにおすすめなのが、スマホのアプリです。
なぜ、スマホアプリが良いのか、アンドロイド、IOS別にどんなアプリがあるのかなど、アプリを使った勉強について詳しくご説明しましょう。

アプリで資格を勉強するのがおすすめな理由

スマホのアプリが社会人の勉強ツールとしておすすめなのはなぜなのかを、考えてみたいと思います。

通勤時間などを利用していつでもどこでも勉強できる

社会人と学生の勉強で一番違うのが、勉強時間だと思います。学生は勉強が本分ですから、基本的にいつでも勉強をすることができます。しかし、社会人は、昼間はほとんど仕事で、それ以外の時間は休んだりリフレッシュしたりという時間で埋まっています。ですから、勉強時間を取ろうと思ったら、休みやリフレッシュの時間を勉強にあてなければなりません。

そんな忙しい社会人にぜひ勉強に利用してほしいのが、通勤時間です。たいていの人は1時間、多い人は2時間近く電車に揺られて通勤している人もいます。そんな通勤時間をスマホアプリでの勉強にあてれば、家に帰った後のリラックスタイムを確保することができるでしょう。

また、朝早く家を出て空いている電車で通勤し、会社近くの喫茶店やマックなどで勉強するのもおすすめです。最近は「朝活」などと言われて、朝早くから勉強をする人が増えています。朝活のメリットととして、朝頭が冴えている時間を勉強にあてられることがありますね。最近はモーニングサービスをする喫茶店なども増えていますから、それを利用して朝食を一緒に取ってしまうのも良いかもしれません。

本などの荷物が減らせる

何も、社会人はスマホアプリで勉強しなければならない、ということではありません。
別に本でもパソコンでも良いのです。ただ、スマホアプリを使うと「本や筆記用具などの重い荷物を持つ必要がない」というメリットがあります。

本を使って勉強するためには、テキストや問題集など、分厚い本を何冊も持っていかなければなりません。パソコンなら多少荷物は減りますが、ノートパソコンを持ち歩く必要はあるでしょう。

仕事で普段からノートパソコンを持ち歩くという人なら、スマホでなくても良いかもしれませんが、混みあっている電車の中でパソコンは出しづらいですね。
このように、スマホはコンパクトで余計な荷物を持ち歩く必要がないため、出先で時間が空いた時などにいつでも勉強することができるというメリットがあるのです。

価格が安い

スマホアプリとテキストを購入する方法の決定的な違いが、価格の違いです。
スマホアプリは高いもので1200円と価格が安く、無料のアプリも少なくありません。スマホアプリは広告収入によって利益を得ているため、価格が安いのです。

スマホアプリによる勉強方法のデメリットもある

このようにスマホを使って勉強する方法は良いことづくめのようにも思えますが、デメリットもあります。それは、体系的にしっかりとした知識が身につけることが難しいという点です。

スマホアプリにはポイントごとの知識や単語だけ、または、過去問題だけなど、視覚的に操作しやすいように情報量が抑えられています。そのため、その分野の知識が体系的にしっかりと身につくわけではないのです。

その点、英語などの単語力を身につける、過去問題をひたすら解く、などと言う使い方には向いていますが、その分野の知識を基礎からしっかり身につけるということにはあまり向きません。その場合は、スマホは補助として利用し、一冊くらいはテキストを買ってじっくりと勉強した方が良いかもしれません。

おすすめアプリ~語学編

 

では、具体的にどんなアプリがあるのかをご紹介しましょう。
まずは、英語などの語学編です。

【アンドロイド対応】

学び、遊びます。米国英語(アメリカン) free

英語力を上達させるために必要なのは、やはり単語力です。無理なく英単語の語彙を増やすためにおすすめなのが、このアプリです。このアプリは、単語の綴りと実物の写真、そして発音をセットで覚えることができるように工夫されています。写真を使うことで頭にイメージが残りやすく、無理なく単語力をつけることができるのです。

また、写真が示す単語を選んだり、単語の綴りを入力したりするトレーニングモードもありますから、いいですね。
価格:無料

【iPhone・iPad対応】

毎日英語

自分の英会話能力や発音をアプリが評価してくれるというものです。英会話は実際に人を相手に話してみたり発音を聞いてもらったりしないと、なかなか正しい発音や会話の仕方が身につかないものです。

しかし、このアプリを使えば、一人でも英会話力を上達させることができるのです。
アプリには1,000以上の日常会話のフレーズが収録されており、普段の日常会話で使われるフレーズを覚えることができます。
価格:1200円

Word Scramble

英単語をパズルで覚えることができるアプリです。5×5マスに並べられたアルファベットをつなげて、単語を作っていきます。長い単語を完成させればそれだけポイントが入ります。
パズルには何種類かありますから、気分によって使い分けることもできます。
勉強を遊びの中で覚えることができるアプリです。
価格:無料

【アンドロイド/iPhone・iPadどちらも対応】

デイビッド・セインの2単語英語でGO!~チャット式英会話~

文法や長文読解などはどうでもよく、ネイティブなアメリカ英語を身につけたいと思ったら、このアプリがおすすめです。
セイン先生が独自に編み出したカタカナと英語を組み合わせた発音記号により、よりネイティブに近い英会話を取得できます。
価格:無料

ゲームで英単語学習! 【英語物語】

遊び感覚で英単語を覚えることができる、利用者が多く知名度が高いアプリです。英語物語は、エイーゴ帝国の魔の手を振り切り夢の世界から脱出するというRPG仕立てになっており、ゲームをしながら楽しく英単語を覚えることができます。

ゲームの中で仲間を引き連れて敵を倒していくうちに、いつの間にか英語力が身についてしまうでしょう。
価格:無料

おすすめアプリ~IT系資格取得編

IT系の資格はかなりたくさんあります。IT系の資格は取れば安泰というものではありませんが、職場によっては取らなければ話にならないということもあります。
そのため、IT系企業に勤務している社会人にとって、IT系資格を取るために毎日の勉強はかかせないのです。

【アンドロイド対応】

【H28年秋対応】 基本情報技術者試験 午前問題集

IT系企業で働く人のほとんどが最初に取得すべきなのが、基本情報技術者試験です。その午前の過去問を網羅したのが、このアプリです。基本情報技術者試験なら、まだ過去問題を勉強していけば取得できるレベルですから、このアプリをインストールして黙々と過去問を解きましょう。

分野ごとにカテゴリ分けされているので、苦手分野を集中的に勉強できます。また、選択しは毎回変わるので、場所で答えを覚えてしまうようなこともありません。
価格:無料

応用情報技術者 午前過去問題集

基本情報技術者試験に合格したら、次は応用情報技術者試験です。やはり、この資格も過去問題を解くことが重要になります。このアプリは、カテゴリーごとに問題を探しやすくなっていたり、問題を解いた結果がわかりやすく表示されたりと、使いやすくする工夫がされています。
価格:無料

【iPhone・iPad対応】

基本情報技術者試験 過去問

これも、基本情報技術者試験の過去問題で、平成20年春~平成28年秋までの基本情報技術者試験の問題を収録しています。しかも、問題ごとに丁寧な解説がついていますから、過去問だけでもしっかりと知識を身につけることができます。
価格:無料

応用情報技術者 午前 一問一答問題集

応用情報技術者の過去問が一問一答形式になっているので、通勤時間などに勉強しやすいです。また、オフラインでも動作するので、電波が繋がりにくい地下鉄などでも安定して操作できます。
価格:840円

やみくもに勉強しても仕方ない!勉強をサポートしてくれるアプリ!

ここまででご紹介したのは、語学の勉強やIT系資格の勉強など、「勉強したいコンテンツ」を含んでいるものでした。ここではちょっと目先を変えて、勉強方法を教えてくれたり一緒に勉強している人とつながったりするアプリをご紹介します。

Tandem

語学の勉強をするために一番効率が良い方法は、友達を作ることです。英語が話せるようになりたいなら英語圏の友達と、中国語が話せるようになりたいなら中国人と友達になれば、それぞれの語学を会話の中から身につけることができるでしょう。

Tandemは語学の勉強をしている世界中のユーザーとつながることができるアプリです。ユーザー登録にはしっかりと運営による審査がありますから、安心して使うことができます。
色々な国で利用されていますから、英語だけでなく様々な言語圏の同じ「語学を学びたい」という思いがある人たちと繋がることができます。

このアプリを通して気の合う仲間を見つけたら、きっと語学の勉強がはかどるでしょう。
価格:無料

勉強時間の計測 学習時計

毎日の勉強時間を計測してしまおうという、ちょっと変わったアプリです。
ワンタップで勉強の開始時間と終了時間を知らせるだけで、アプリが勉強時間を計測してくれるというかなり単純なものです。もちろん、目標時間を設定して目標と実際の勉強時間を比較したり、毎日の勉強時間を視覚的に見たりすることもできます。また、勉強時間を設定しておけば、アラーム機能も使えます。

このアプリの良い点は、「自分はこれまでにこれだけ勉強した!」という達成感をえられることではないでしょうか。意外となかったこんなアプリ、勉強のやる気を出すためにかなりおすすめです。
価格:120円

まとめ

社会人の勉強をサポートするためのスマホアプリには様々なものがありましたね。ここにご紹介したアプリ以外にも、様々な資格や語学の勉強に役立つアプリや、便利ツールなどがたくさんあります。いろいろ探してみて、自分に合ったアプリをインストールして使ってみてくださいね。

★あわせて読みたい