転職活動の際に、履歴書と一緒に提出を求められることが多い職務経歴書。履歴書と違ってパソコンで作るのが一般的な職務経歴書ですが、みんなどのようなフォーマットやアプリを使っているのでしょうか。
同じ経歴でも、使うツールによって採用担当者に与える印象は大きく異なります。最大限の好印象を与えられるよう、職務経歴書の作成方法を見直してみましょう!

知りたい!人事担当者の印象に残る職務経歴書とは?

職務経歴書を書く前に、人事担当者に好印象を残せる職務経歴書の書き方をマスターしておきましょう。

自己PRが簡潔かつわかりやすい職務経歴書

職務経歴書に必ずある自己PR欄。自分をよく見せたいがあまりにたくさん書く人がいますが、冗長な文章は「長ったらしい」とかえって悪印象につながります。特に競争率の高い会社ではたくさんの職務経歴書に目を通しているので、
自己PRがわかりにくい、というだけで不採用になってしまうことも。最初の文章でインパクトを与えることが成功の秘訣です。

職務経歴欄は一工夫しよう

職務経歴書のなかでも人事が最も注目する部分が、職務経歴欄。どんなスキルやキャリアを持っているのかアピールできる欄です。例え人に自慢できるスキルやキャリアがないとしても、書き方次第でプラスに働くことも。
例えば、転職回数が多いことを気にしている人でもキャリアごとにまとめて経歴をまとめると「経験豊富な人」と思ってもらえるでしょう。反対に一箇所で長く働いてきた人は、逆年代順式で書くとキャリアの長さをアピールできます。
ただ経歴を書き連ねるだけでは人事担当者の心を動かすことができません。前職でどのようなスキルやキャリアを積んだのかアピールする一文を添えましょう。

レイアウトにも十分に注意しよう

誤字脱字のチェックはできていても、レイアウトの確認は行き届かないという人多数。文字の大きさがちぐはぐだったり、書式が違ったり、句読点が列の最初に来ていたりするレイアウトはいずれもNGです。
経歴や資格などは箇条書きでまとめるとすっきりと見えて読みやすいですよ。一度完成したら、遠めに見て読みやすいかどうかチェックしてみましょう。

志望動機で最大限の説得力を

志望動機は人によって異なるため、人事担当者がよく読んでいます。理路整然としていて、説得力のある志望動機は人事の心をつかみます。未経験者や無資格者でも志望動機欄でやる気をアピールすると、書類選考を突破できるのかもしれません。
自己PR同様に、長すぎず短すぎない文章(200~300文字程度)を目標に書きましょう。

上記以外にも、正しい敬語を使う、枚数は2~3枚にとどめる、スキルはアピール力の強いもの順に書くなどさまざまなルールやコツがあります。何度か書いてみて、キャリアアドバイザーや信頼できる知人にチェックしてもらうといいですね。

アルバイトと正社員の職務経歴書の違い

アルバイトをしていたときに、職務経歴書の提出を求められたことがある人もいるのかもしれませんが、正社員応募時の職務経歴書はアルバイトのものとは異なります。
例えば、アルバイトの職務経歴書では過去のアルバイト歴を書くことができますが、正社員応募時には基本的にアルバイト経験を職務経歴として書くことができません。
ただし、アルバイト経験しかなかったり、応募先の企業で活かせるアルバイト経験があったりする場合は書いてしまっても問題はありません
面接の際には「アルバイト経験が必ずしも役に立つとは思いませんが…」と謙虚な姿勢を見せると好印象です。

職務経歴書の種類と選び方

手書きで提出する人もいますが、基本的に職務経歴書はパソコンで作成したものをプリントして提出する人が多い様子。実際のところパソコンの方が読みやすいと考え、好意的に捉える人事担当者も多い様子です。
ただし、いかにも「フォーマットをそのまま使いました!」という職務経歴書は投げやりの印象を与え、かえって逆効果。
実際、選ぶフォーマットやアプリによって、職務経歴書の印象は大きく変わります。どんなタイプがどんな印象を与えるのかまとめてみました。

職務経歴書の種類

ダウンロードできる職務経歴書の多くがWordまたはExcelタイプのもので、ダウンロードした後で自分で書き込み、完成させます。自分で作成したように見える一方でフォーマットが定まっているのでレイアウトに悩む必要はありません。足りないと感じた部分を付け足すこともできるでしょう。
アプリタイプの職務経歴書はもっと簡単で、ダウンロード後に必要事項を入力していけば、自動的に職務経歴書に書き込まれます。ただし、ものによってはレイアウトがバラバラだったり、誤変換が生じたりするので、印刷する前に確認するようにしましょう。
多少なりとも自分でカスタマイズすることもおすすめです。

コピー用紙?上質紙?どちらがおすすめ?

多くの応募者は職務経歴書にコピー用紙を使用していますが、人事担当者への心象を考慮して上質紙を選ぶ人も少なからず存在します。
手触りの良い上質紙の方が好印象を与えられる可能性が高いですが、大切なのはやはり紙質よりも経歴書の内容。紙質にとらわれすぎるがあまり、内容がおろそかになってしまうことがないようにしましょう。

応募先企業で使い分けたい職務経歴書

パソコンで作成する職務経歴書が一般的な中で、手書きの職務経歴書を好む業界も存在します。応募先企業で両者を上手に使い分けたいものですね。

手書きの職務経歴書がおすすめの業種・職場

教育業界

古き良き制度が残る教育業界では字の美しさが求められることもあるので、手書きの職務経歴書がおすすめ。書字に自信のない人も、できる限り丁寧に書きましょう。

文具メーカー

かなりピンポイントですが、筆記用具を取り扱う文具メーカーや文房具品店を志望するときには、書字の大切さを伝えられるよう手書きの職務経歴書がおすすめです。

 

パソコンで作成した職務経歴書がおすすめの業種・職場

IT企業

IT企業も老舗から新興ベンチャーまでさまざまですが、高度なパソコンスキルが求められるIT企業ではやはりパソコンで作成した職務経歴書がおすすめです。

外資系企業

職務経歴書のみならず履歴書もパソコンで作成するのが当たり前という考えの外資系企業。手書きの履歴書・職務経歴書は読んでもらえないということもあるのだそう。外資系企業を受ける際には、必ずパソコンで作成するようにしたいものです。

事務・経理職

パソコンを使用することが多い事務職や経理職では、パソコンスキルを駆使して職務経歴書を作成し、採用担当者にアピールすることができるでしょう。反対に手書きで作成すると「パソコンスキルは大丈夫かな…?」と不安に思われてしまうのかもしれません。

 

まとめ

まだまだ手書きで作成することが多い履歴書と比較すると、パソコンか手書きかで悩むことが多い職務経歴書。現段階ではパソコンで作成したほうが、採用担当者に好印象を与えられそうですね。
しかし、選ぶアプリやフォーマットによっては悪印象になってしまうこともあります。ネット上にはさまざまなフォーマット・アプリがあるので比較して、使いやすいものを選びましょう。