いつもおしゃれに可愛く着飾って働いているアパレルショップの店員さんはイキイキして見えますよね。キラキラした空間で、おしゃれを楽しみつつ洋服を販売したいと考えている人もいるのではないのでしょうか。しかしその一方でノルマを突き付けられるなどの噂もあり、応募をためらう人も少なくはありません。そこで今回はアパレルショップ店員のリアルな情報を紹介します。
アパレルショップ店員を目指す人はぜひ参考にしてください。

実は重労働?アパレルショップ店員の仕事内容

 

アパレルショップ店員の仕事は、ただお客様の応対をして店頭の洋服を販売するだけではありません。お客様が店内で快適に洋服を選べるように、乱れた洋服をたたみ直したり、店内清掃をしたりと整理整頓に追われることが非常に多いのです。また仕入れた商品のタグ付けや検品作業、在庫管理を任されることもあります。
これらの作業では重いものを運ぶことも多々あり、肉体労働だと感じる店員も少なくはありません。ディスプレイでは自分が選んだ洋服を組み合わせ、マネキンに着せるため高いファッションセンスが求められます。
キャリアを積んでマネージャーや店長になると、接客や商品管理だけではなくスタッフの教育を行ったり、毎月の売り上げ目標を立てたりする必要があり、さらに仕事内容は多様化するのです。

アパレルショップ店員で求められるスキルとは?

基本的にアパレルショップ店員は学歴や資格はさほど重視されないことから、アルバイトとして入社する人も目立ちます。しかしコミュニケーションスキルやファッションセンスが求められるのは正規・非正規で違いはありません。

接客スキルはマスト!

アパレルショップ店員に求められるスキルと言えば、何といっても接客能力。洋服を愛する気持ちも大切ですが、仕事である以上お客様に商品を購入してもらうことが最終目標です。
アパレルショップは洋服で夢を見せる場所であるため、常に笑顔で明るく人と接して楽しませなければいけません。またお客様をその気にさせるトーク力やコミュニケーションスキルも必要と言えるでしょう。
ただ楽しく会話をすればいいのではなく、一般常識やマナー、正しい敬語の使い方を身に着けておくことも必要です。

ファッションセンスも大切

アパレルショップ店員はただお客様がレジに持ってくる商品を販売するのではなく、時には自分から商品を勧める必要があります。お客様に合うものを選んだり、適切なアドバイスをしたりするためにはやはりファッションセンスが欠かせません。
ディスプレイを任されたときには自分のセンスがはっきり出るので、色の合わせ方やコーディネートのコツはあらかじめ練習しておきたいものです。カラーコーディネーターの資格を取るショップ店員もいるのですよ。

トレンドには敏感に

アパレル業界で働く以上、トレンドには常に敏感になっておきたいものです。今年はどんな色や形が流行するのか、自分の店だけではなくファッション雑誌や他のアパレルショップを見て
勉強しましょう。
トレンドを察知できるようになり、ファッションセンスも向上します。「流行なんてまるっきりわからない。ここ何年もずっと同じ洋服を着ている。」という人はちょっと向いていないのかもしれません。

美意識が高い人

アパレルショップの店員は常にお客様から注目されています。例え流行のファッションに身を包んでいても、姿勢が悪かったり、態度が悪かったりするとそれだけでブランドのマイナスイメージにつながってしまいます。
もちろん汚れた服や、かかとが擦り切れたヒールを履くなんていうのもNGです。
常に見られていることを意識して、美しい立ち振る舞いができる人こそアパレルショップ店員に向いていると言えるでしょう。

経営者を目指すなら幅広い知識を

ゆくゆくは自分のお店を持ちたい、開業したいと考えている人は、先を見越して経営スキルを養っておきたいものです。また新人教育を行う立場になると指導能力や管理能力も求められます。
資格を取得したり、同業者のセミナーに参加したりするなどすると技術が格段にアップするのでおすすめです。

アパレルショップ店員のメリット・デメリット

どんな仕事にもメリットもあればデメリットも存在します。アパレルショップ店員の場合、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット

社割を使えば自社製品がお値打ちに購入できる

 

 

多くのアパレルショップで働く場合、勤務中には自社製品を着用する必要があります。自前で購入する場合がほとんどですが、多くのアパレルショップでは社割が利くので気に入った洋服を
定価の3~5割引きで購入できます。
勤務先ブランドの大ファンという人にはうれしいメリットですね。

美意識が高まってファッションセンスが磨かれる

おしゃれをするのが当たり前のアパレルショップで働くと、自然と美意識が高まります。また人に見られているという意識も高まって、自然と美しい振る舞いや話し方を身に着けることも
できるでしょう。毎日流行の洋服を目にしていると自然とトレンドにも敏感になります。

憧れの都会で働ける!

商店街の衣料品店からファストファッションまでアパレルショップの種類もさまざまですが、駅ビルに入っているファッションブランドで働くことを考えている人は多いのではないのでしょうか。
駅前のファッションビルは遠方から通う人もアクセス良好です。多くの人が行きかう中で働いていると、自然と表情も生き生きとしてくるでしょう。勤務後はおしゃれなカフェでお茶なんてこともできそうですね。

デメリット

土日休みではなく、帰りが遅くなることも

多くのデパートや百貨店は土日祝日も営業しているため、完全土日休みを取るのは難しいと言えるでしょう。また最近では20時過ぎまで営業している商業施設もあり、
閉店まで働いていると帰宅が深夜ということもあり得ます。

立ち仕事で意外と肉体労働

ショップ店員は立ち仕事で、勤務中は基本的にずっと立ちっぱなしであるため足がむくんだり、体調がすぐれない日は辛いと感じることもあるでしょう。
また入荷されてきた洋服を運んだり、荷物を移動したりと意外と重労働であるため、体力に自信のある人におすすめです。

ノルマを課されることも

これは働くショップによって千差万別ですが、未だにスタッフにノルマを強いるところも少なくはありません。アパレルショップの店員は決して高給とは言えないため、
ノルマ未達で、結局自分で購入なんていう事態は何としても避けたいものです。応募するときには、ノルマの有無を確認するようにしましょう。

まとめ

華やかに見えるアパレルショップ店員ですが、デメリットも少なからず存在するので、自分に合うかどうかをしっかりと見極めた上で応募するようにしたいものですね。
OL向けのブランドから個性的なブランドまでアパレルショップの幅は大変広いですが、好きなものやかわいいものに囲まれて、生き生きと働けるよう理想的な職場を探してみましょう。

アパレルのショップ店員に憧れている方は、この記事でお仕事の辛さ、やり甲斐をそれぞれある程度は理解していただけたかと思います。

おすすめPICK UP! ファッショーネ

では、転職についてはどのように進めていくか決めておられますか?アパレルで働きたいなら、やはりアパレル業界に特化した転職サイトに登録するのが一番の近道です。例えば「ファッショーネ」という転職支援サービスでは専任コンサルタントがご希望にピッタリの求人を紹介してくれます。未経験でも大丈夫。転職に関するアドバイスや、あらゆるサポートを無料で受けることができ、気になったショップには事前に見学することもできます。

頭で考えていても何も始まりません。完全無料のサービスなので登録するだけでも試しにやってみて、憧れのショップ店員への道を一歩踏み出してみませんか?

実際にファッショーネの求人を見てみよう

ファッショーネの評判は?

★あわせて読みたい