面接を受ける機会が多い転職活動では、TPOにふさわしい服装が求められます。
男性同様に女性もスーツを着用するのが常識とされていますが、どんなスーツを選べばわからない人も少なくはありません。
今回は面接時に好印象を与えるスーツの選び方を紹介します。特にパンツスーツか、スカートスーツにするのかは女性ならではの悩み。迷っている人は必見です。

パンツとスカートは志望する業界によって選ぼう!

女性の場合、面接にスカートを履いていく人もいれば、パンツで受ける人もいます。一体どちらが好印象を残せるのか迷ってしまいますね。
一般的にパンツは活発で行動的、スカートは女性らしく優しげなイメージがあるので、志望する職種によって使い分けるといいでしょう。
バリバリと働くことが多い営業職や総合職希望の人はパンツを、一般事務や受付など女性に多い職種を目指すときにはスカートを選ぶのがおすすめです。
まだ職種が定まっていないという人は、ジャケットとパンツ、スカートの3点がセットになったスーツを購入してみてはいかがでしょうか。職種や会社のカラーによって使い分けられます。

スーツは着こなし方が一番大切です!

面接試験ではボトムスの種類よりも、スーツの着こなし方が最も重要。スーツにしわやよれがないか、自分の身体に合ったサイズのスーツを着ているかどうかは必ずチェックしましょう。
転職活動中は説明会や面接などで動き回ることが多く、どうしてもしわがつきやすくなりますが、スーツの選び方ひとつでしわを防げます。
例えば天然素材のウールはしわがつきにくく、染め上がりがきれいなのでおすすめ。女性であれば順逆トロピカル素材を選んでも問題はありません。
オーダーメイドのスーツが理想的ですが、予算が足りない人には身体のラインをきれいに出せるギャバジン素材がいいでしょう。
転職活動に出費がかさみ、スーツ代を節約したくなる気持ちはもっともですが、あまりに安価なスーツを選ぶと安っぽさが際立ちます。安物買いの銭失いにならないように、しっかりした生地や縫製のスーツを選びましょう。質のいいスーツは長年使えるので、結果的にはお得です。

パンツとスカートそれぞれの注意点

パンツスーツとスカートスーツでは、注意点もそれぞれ異なります。購入してから失敗に気付くことがないようによく確認して選びたいものです。

パンツスーツの注意点

パンツを選ぶときの注意点

最近は細身のシルエットが流行していますが、あまりにぴったりしたパンツは煽情的で、面接官も目のやり場に困ってしまいます。反対に太すぎるものは、カジュアルでだらしない印象を与えてしまうので身体にほどよくフィットするシルエットを選ぶようにしましょう。
裾の長さはヒールを履いて確認することを忘れないように。ヒールを履いたときに、裾がヒールの付け根より数ミリ下にくるのが理想です。

靴下の選び方

スカートと違って足が見えにくいパンツですが、綿やウール素材の靴下はNG。またくるぶしソックスはカジュアルな印象が強いので、絶対にやめましょう。
ストッキング素材のショートソックスが一般的ですが、冬の転職活動で足が冷えてしまうときには、面接直前まで足用のホッカイロで暖をとることがおすすめです。

ベルトはどちらでもいい

パンツを着用するときにはベルトを使用する人が多いですが、使用していないからといって減点になることはありません。ウエストぴったりであれば、そのまま面接に行ってもいいでしょう。
ベルトを着用する人は、スーツの色に合わせた黒やネイビー、ダークブラウンあたりがおすすめです。バックルの大きいものやブランドロゴが入ったものは、悪目立ちするので避けた方がいいでしょう。

スカートスーツの注意点

スカートを選ぶときの注意点

フレアスカートのスーツもありますが、一般的にはタイトスカートの方がきちんとした印象があります。ただし受付や秘書といった女性らしい柔らかさが求められる職場では、ふんわりしたスカートを選んでもいいでしょう。
歩きやすいようにスリットが入っているスカートが多いですが、ほどほどの深さを選ぶようにしてください。
スカートの長さは椅子に座ったときに膝上5センチ以内にくる程度が理想です。試着するときには立ち姿だけではなく、椅子に座ったときの姿も確認しましょう。

ストッキングの選び方に気をつけよう

スカートスーツはストッキングの存在も大きいので、パンツスーツ以上に気を遣って選びましょう。タイツは野暮ったい印象を与えるのでどんなに寒い日でもNGです。
ラメやワンポイントが入ったものもカジュアルすぎます。地肌より少し濃い色のストッキングを選ぶと、脚がきれいに見えるのでおすすめです。

その他気をつけたい服装の注意点

パンツとスカートの特徴や着こなしは完璧でも、減点対象になりやすいポイントがあります。最後まで気を抜かないでチェックしましょう。

スーツのカラーと柄

最近ではベージュや薄いピンク、またストライプなど若々しいスーツがたくさん出ていますが、就職活動の際には定番の黒、もしくはネイビーがおすすめです。特に官公庁や金融機関などお堅いイメージのある組織の面接で派手なスーツを着ていくと、マイナスイメージにつながります。ダークカラーは顔映りがよくなるというメリットがあるので、まずは一着揃えておくといいでしょう。

インナーの選び方

パンツにはシャキッとした印象のあるシャツやスキッパー、スカートにはピンクやアイボリーなどの女性らしい色のカットソーがよく合います。
シャツでもカットソーでも問題はありませんが、柄物や派手な装飾がついたものは避けた方がいいでしょう。夏は汗じみができやすいので、汗取りパッドを使ってスーツに汗がしみ込むのを防ぎます。上着を脱がないのであれば、半袖のインナーを選んでも問題はありません。

意外と見落としやすいコートの着こなし

「どうせ面接のときには脱ぐから関係がない」と考えがちなコートですが、手にしているものも見られているのできちんとしたものを選びましょう。カジュアルなダウンコートやモッズコートはNG。定番のウールコートやチェスターコートを一着用意しましょう。

まとめ

パンツでもスカートでも、スーツをきちんと着こなしている人は印象が上がります。自分に合ったスーツを探して、転職活動に取り組みたいものですね。購入してから後悔することがないように、何着か試着をして自分にぴったりと思えるものを選ぶといいでしょう。