【体験談】退職代行の失敗やトラブル。成功させる方法も解説

【体験談】退職代行の失敗やトラブル。成功させる方法も解説

退職代行を利用したいんですけど、やっぱり失敗やトラブルってあるのでしょうか……?
退職代行の失敗やトラブルは、ゼロとは言えませんね。辞めたい気持ちが強すぎて、何も考えずに退職代行に丸投げしてしまうのは危険です。

この記事では、退職代行を利用した際の失敗やトラブルを紹介しています。

また、退職代行を成功させるコツもまとめているので、退職代行を利用する時はぜひ参考にしてくださいね。

\ 記事の途中に移動します /

この記事を読んで、退職代行の失敗やトラブルに巻き込まれないようにしましょう!

退職代行サービスとの失敗・トラブル3選

退職代行サービスとの失敗・トラブル3選

退職代行の失敗として、まず退職代行サービスとのトラブルがあります。

主な失敗・トラブルは以下の3つです。

  • 退職代行を失敗される
  • 料金を払ったのにやってくれない
  • 退職代行と連絡が取れない

中には対応がずさんな退職代行サービスもあるので、注意が必要です。

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

① 退職代行を失敗される

退職代行サービスとの失敗・トラブル1つ目は、退職代行を失敗されることです。

依頼して入金し、いざ退職代行を行ってくれたものの、勤め先から退職を断られてしまうことがあります。

本来、会社が退職の申し出を拒むことは違法なのですが、中にはそれでも辞めさせない強気な会社が存在します。

そこで、退職代行サービスがうまく対応してくれれば良いのですが、トラブルになれていない退職代行の担当者だと失敗に終わってしまうこともありますね。

お願いする退職代行サービスや担当者によっては、失敗も0ではないと考えておいた方が良いでしょう。

② 料金を払ったのにやってくれない


退職代行サービスとの失敗・トラブル2つ目は、料金を払ったのに退職代行をやってくれないパターンです。

これは、退職代行サービス側の依頼管理ミスなこともあれば、シンプルに詐欺なこともありますね。

退職代行サービスは勢いで適当に選ぶのではなく、実績のあるサービスかどうか、しっかり検討することをおすすめします。

③ 退職代行サービスと連絡が取れない

退職代行サービスとの失敗・トラブル3つ目は、退職代行サービスと連絡が取れなくなってしまうことです。

依頼して入金したのに、退職代行サービスと連絡がつかず、実際に退職代行が遂行されたのかどうかもわからなくなってしまうパターンです。

上記で引用したTwitterの方は、無事に連絡が取れたそうですが、これも、「②料金を払ったのにやってくれない」と同じく、退職代行サービスの管理がずさんか、詐欺の可能性もあります。

退職の旨を伝えるという大事な仕事を任せるわけですから、辞めたい気持ちが先行しすぎて、退職代行サービス選びを妥協しないようにしましょう。

辞めたい会社との失敗・トラブル5選

辞めたい会社との失敗・トラブル5選

退職代行の失敗は、辞めたい会社との失敗・トラブルもあります。

主なトラブルは以下の5つです。

  • 辞めさせてくれない、引き止め
  • 有給休暇を使わせてくれない
  • 離職票が送られてこない
  • 嫌がらせを受けた
  • 退職ではなく解雇にされた

会社とのトラブルが起きてしまう原因は、会社があまりにも悪質なのが前提ですが、退職代行サービスができるのは「退職意思表示の代行」に留まることもありますね。

一つずつ、詳しく説明していきます。

① 辞めさせてくれない、引き止め

辞めたい会社との失敗・トラブル1つ目は、辞めさせてくれなかったり、引き止めにあったりすることです。

先ほども書きましたが、労働者が退職の意思を示した場合、それを会社が拒否するのは違法です。

しかし、中にはなかなか退職を許可してくれない悪質な会社もありますよ。

② 有給休暇を使わせてくれない

辞めたい会社との失敗・トラブル2つ目は、有給休暇を使わせてくれないことです。

会社を辞めるなら、残った有給休暇を消化して、次の職を探す準備に充てたいですよね。

しかし、そんな有給消化を拒否する会社もあります。

本来、退職時に残った有給休暇の消費をしたいと、退職予定者から申し出があった場合、会社が断ることはできません。

ただし、退職代行は、あくまでも退職や有給消化の意思を伝えるまでの仕事しかできないので、交渉は不可能です。

③ 離職票が送られてこない

辞めたい会社との失敗・トラブル3つ目は、離職票が送られてこないことです。

退職代行サービスを利用して退職にこぎつけたものの、辞めた会社から離職票が送られてこないため、雇用保険の失業給付を受け取れなくなってしまうパターン。

このトラブルに関しても、退職代行サービスは「離職票の交付要求を伝える」までしかできませんね

④ 嫌がらせを受けた

辞めたい会社との失敗・トラブル4つ目は、辞めた会社から嫌がらせを受けることです。

無事に退職代行がうまくいったと思ったら、会社の従業員が自宅に押しかけてきたり、会社からたくさん電話がかかってきたりするトラブルに合うケースですね。

かなりレアなケースとはいえ、ないとはいえないトラブルです。

会社の従業員が自宅に押しかけてくることがあれば、警察を呼ぶなどと伝えて対処するしかないですね。

➄ 退職ではなく解雇にされた


辞めたい会社との失敗・トラブル5つ目は、退職を申し出たのに解雇にされてしまうケースです。

退職代行を利用したがために、それに会社側が不満を持ち、退職ではなく解雇にしてしまうこともまれにあります。

このトラブルも、退職代行は解決することができません。

不当解雇と認められるかどうかは、弁護士などを雇って会社側と交渉するしかないですね。

退職代行を成功させるためには?

退職代行を絶対に成功させたいんです……どうすれば?
退職代行を成功させるには、次の2つのポイントに注意してみましょう。
  • 優良な実績のある退職代行を選ぶ
  • 退職代行を弁護士に依頼する

より確実なのは、退職代行を弁護士に依頼すること。

費用はかかりますが、無事に辞めることができ、諸々の交渉もしてもらえますよ。

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

実績のある優良な退職代行を選ぶ

退職代行を成功させるなら、実績のある優良な退職代行を選びましょう。

遂行件数の多いサービスのほうが、トラブルの対処にも慣れていて安心できますよ。

ネットでも手軽に口コミを調べられるので、利用する前に評判をしっかり把握して吟味しましょう。

▼退職代行のパイオニア・EXITについて見てみる
NHKに出た退職代行EXITの良い評判と悪い評判!無料で使う方法を伝授

退職代行を弁護士に依頼する

より確実に退職代行を成功させるなら、弁護士に依頼するのがおすすめです。

退職代行サービスにはできない、退職条件の交渉も行えますよ。

ただし、退職代行サービスよりも費用は高くなるので、利用するべきかどうかはよく考えたほうが良いですね。

▼退職代行を弁護士に依頼する方法について詳しくはこちら!
退職代行サービスで弁護士をおすすめするケースとメリット&デメリット

退職代行の依頼はよく検討してから!

ここまで、退職代行サービスの失敗やトラブルについて見てきました。

退職代行を成功させるなら、以下の2点に注意してみましょう。

退職代行を成功させるコツ

・優良な実績のある退職代行を選ぶ
・退職代行を弁護士に依頼する

とにかく辞めたいからと、退職代行に何も考えず丸投げしてしまう人もいます。

しかしその退職代行自体にもトラブルは0ではないので、しっかり吟味してから利用するのがおすすめですよ。

この記事を参考に、どの退職代行サービスを使うべきか、もう一度考えてみてくださいね!