人には2種類の人間がいます。なんでもソツなくこなし上手く世の中を渡っていく人と、何をやってもイマイチで残念な結果に終わる人です。

疑問 男性

これを転職に当てはめても同じなんだよね。要領がいい人はサクッと転職を成功させちゃうんだ。

ポイント 女性

成功する人と失敗する人の違いは、学力やスキルとは関係ありません。では、成功する人」失敗する人」の差はどこにあるのでしょうか?

この記事では転職に携わってきたジョブシフトが独自の見解で、転職成功する人がやっていることをまとめてみましたこれを読めば転職失敗しない方法が分かります。

転職の成功と失敗を分ける8つの決め手

これから転職をしたいと考えている人は、次の8つのポイントに注意しながら転職活動を行ってみてください。表面的な不満を解消するだけの行動よりも、120%違った動き方ができるはずです。

転職成功のコツ 1.転職の目的や理由を明確にする

現職の何が不満かを自覚する

基本的に自分の理想そのままを叶えた会社はありません。どんな仕事に就いても嫌なことが起こるときもあるでしょう。だからといって嫌なことがある度に転職をしても、何の解決にもならず同じことをまた繰り返します。
まずは今の仕事の「何が不満なのか」を明確にしてみましょう。
あなたが我慢できない事は何なのでしょうか?

・根本的に仕事の内容が自分に向いていない
・周囲の人間関係
・長時間労働を強いられるなど過酷な職場環境

自分は何に一番我慢出来ないのかをよく考えた上で転職するかどうかを見極め、次の職場選びをしましょう。

「欲しい条件」よりも絶対に嫌な条件ポイント」を避けて職場を決めたほうが失敗は少ないものです。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
もし今の会社に不満があって転職を決めたのなら、面接の時は転職理由を聞かれてもポジティブな言い方に変えて伝えるのが転職成功者。
ネガティブな理由で面接の席でも不満を並べてしまうのが、転職失敗する人の残念なところです。

どんな仕事をしたいのか明確にする

職場を変えると環境と並行して仕事内容も大幅に変わります。それは嫌な部分を払拭できるというメリットがある反面、良好な人間関係もリセットされてしまうというリスクも抱えているのです。

男性

転職をするのであれば、どんな仕事をしたいのかを明確にしよう。

・その仕事は今の職場ではできないのか
・転職することで実現する仕事なのか

この2つを考慮して、転職をするメリットのほうが大きいようであれば実行してみましょう。転職が確定していなくても、転職活動をすることで社会への見識が広げられます。

転職成功のコツ 2.在職しながら転職活動を行う

今の仕事から再度転職活動をはじめるとしても、先に退職してしまうのはオススメできません。面接での印象としても「在職しながら転職を検討している」のと「短期退職をして転職活動をしている」のでは、随分違ってきます。

無職という状態は「早く収入源を作らなければいけない状況」という側面から、採用担当者との立場的にも不利になってしまう可能性が非常に高いのです。

また預金が一方的に減っていくと、精神的な余裕もなくなってくるので焦って就職先を決めてしまうケースも多々あります。在職したままでは時間がまったく取れないというなら仕方ありませんが、可能であれば基本は在職したままの転職活動がオススメです。

転職成功のコツ 3.譲れる条件・譲れない条件を明確に

転職する上でどうしても譲れない条件は何か?

新たに仕事を始める上で、できれば叶えたい希望条件は何でしょうか?

・高い給与が欲しい
・家から近いほうが良い
・土日は絶対休みたい
・転勤はしたくない
・管理職として働きたい
・肉体労働はしたくない
・残業は嫌だ

では、あなたが人生において最も重要視していることは何ですか?

・家族との時間を大切にしたい
・やりがいを持って働きたい
・今はとにかくお金が必要
・病気療養後なので身体が第一
・仕事のスキルアップがしたい

すべての希望を叶えられるに越したことはありませんが、自分が何かを優先させる代わりに何かを捨てるという覚悟が大切です。欲張ってあれもこれもと条件を増やしても、決まるものも決まらないでしょう。
例)
・家族との時間を大切にしたい人
「高い給与」<「家から近い」「土日休み

・借金や負債を抱えている人
「土日休み」「残業なし」<「高い給与」

ポイント 女性

このほか、例えば現職で管理職の地位にいる人が必ずしも管理職として転職できるとは限りません。プライドを捨てて一般職からステップアップ、という道も視野に入れると可能性が広がります。

給与や福利厚生さえよければ満足?

今の給与が低いから転職をしたいという人も少なくありません。たしかに給与は生活をする上で必要なものですし、仕事を選ぶ上でも重要な要素です。

しかし、給与はよくても仕事との相性がミスマッチだと長続きしません。我慢して続ける人も多いですが、結局精神的な負担が大きくなり「給与は低くても前の職場のほうが良かった」と後悔する失敗談も多いのです。

転職後に大幅に年収がダウンするのは問題ですが、生活に影響が出ない範囲であれば仕事内容を重視したほうがいいでしょう。

転職成功のコツ 4.自分自身の準備と周囲への根回し

適職診断テストなどでどんな仕事が自分に向いているか自己分析する

今の職場環境に我慢ができなくて仕事を辞めるのではなく、仕事内容が合わない、興味がないといった理由で転職を考えるのであれば、次こそは自分がやりがいを見つけられる仕事に就きたいですよね。

他にこれがやりたい!と明確なことが決まっていないのでしたら、まずは自分に何ができるか、どんな仕事が向いているかを把握してから転職活動を行うことをおすすめします。その仕事をして数年後自分がどうなっているか具体的に思い描けるでしょうか?

ポイント 女性

できるだけ具体的なビジョンを持って次の職場を探すことが転職成功のコツです。

こちらの記事も読まれています

内定が決まるまでの具体的なスケジュールを立てておく

ゴールが見えないまま闇雲に動いてもなかなか成果は出ません。だいたい何ヶ月後には新しい仕事を始めていたいですか?ENDを設定してみると、それに合わせて具体的に行動を起こしやすくなりますよ。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
失敗する人は明確なビジョンを持たないまま転職活動を始めてしまいがち。
自分がどんな仕事をしたいか、いつ頃から始めたいか具体的なビジョンのないままに転職活動をしてもゴールは見えません。完成見本がないままパズルを組み立てていくようなものですよ。

両親・妻など周囲との折り合いをつけておく

あなたが独身で実家住まいだったら両親に、結婚して所帯を持っていたら妻や夫に、それぞれ事前に相談して転職の意思を伝えておくことが大事です。

内緒で転職活動していたと親が激怒…大手企業に新卒で入社した実家暮らしAさん:20代

がっかり度:★☆☆☆☆
新卒で入社した大手企業ですが、どうにも自分には合わないと両親には黙って転職活動を開始。めでたく次の職場が決まったのでそこで初めて両親に報告すると、相談もなく転職活動していたと親は激怒。その上、なぜせっかく入社できた一流企業を辞めるんだと両親から猛反対されてしまい、結局内定は見送りに…

安定を求める妻からの嫁ブロックに…結婚10年目・二児の父のBさん:40代

がっかり度:★☆☆☆☆
営業ノルマがきつくてストレスいっぱいの日々。転職を思い立ったのですが、妻に言うと難色を示されそうなので内緒で転職活動をしていたところ、無事に内定が決まりました。これで妻も認めてくれると安心して報告したのですが、妻は今の職場の安定感を捨てるのは怖いと言って反対。泣く泣く諦めました。結局、その後今の職場で人事の大移動があり、マイホームを地元に残して家族で転勤させられてしまいました。こんなことならあの時、転職しておけば…と今でも後悔しています。

どちらの場合も、それぞれ家族ときちんと向き合い、自分の思いを伝えておけば事態は変わっていたかも知れません。「どうせ反対されるから…」「内定が取れればみとめてくれるだろう」と安易な気持ちで見切り発車してしまっては、うまくいくものもいかなくなってしまいますよ。

転職成功のコツ 5.転職エージェントを複数登録

1.転職サイトを見てリサーチしてみよう

転職を考え始めた程度の温度感なら、まず転職サイトを見るだけで十分。どんな企業が求人を募集しているのか、どの程度の給与がもらえるのかなど、サイトを見てとりあえず研究しましょう。

2.転職サイトに登録してみよう

次に、だんだん転職への意欲が湧いてきたら実際に登録することをおすすめします。登録すればあなたに合った仕事のスカウトメールが届いたり、サイト内の適職診断ができるようになります。

3.いよいよ転職エージェントにも登録

そしていよいよ転職について真剣に考え始めたら、転職エージェントに登録するのが確実に転職できる近道。転職サイトと違い、担当のアドバイザーが転職についてのあらゆるノウハウを教えてくれます。

登録者だからこそ紹介してもらえる非公開求人は一般に公開されている求人よりも更に条件の良いものが多いのが特徴です。そして非公開求人の内容は各エージェントによって違います。だからこそ、転職エージェントは複数登録しておくべきなのです。

男性

実際に転職エージェントに登録してみれば、転職サイトだけでは物足りないことが分かるよ。
まず大手の転職エージェントに登録して、専門性の高い転職エージェントにも登録するのがおすすめ。

・専門性の高い転職エージェント…業界に特化した動向やノウハウについて詳しくアドバイス
・大手転職エージェント…絶対的な安定感と、とにかく求人数の多さが魅力

こうして複数登録し、転職できる道筋を幾つも立てておくのが賢い転職活動の進め方と言えます。

ポイント 女性

面接対策年収交渉、入社日の日程調整までエージェントがサポートしてくれますし、費用は一切かかりません。転職エージェントは登録しないと損ですよ。

転職エージェント・サイトの比較

転職成功のコツ 6.一社に絞らず複数の企業に応募

疑問 男性

行きたい会社は決まってるのに、どうしてそれ以外も応募しなくちゃいけないの?

どうしても行きたい会社があればなおさら、複数の企業を受けるべきです。その理由は2つ。

気持ちに余裕を持たせるため

一つしか応募していないと、どうしても気持ちにゆとりが生まれません。ゆとりのなさを企業から見透かされてしまい、思うように自分の良さが発揮できないこともあります。どうしても行きたくない企業を受ける必要はありませんが、本当に転職したいなら自分が最低限ここなら良いと思える会社に複数応募しておくほうが無難でしょう。

本命企業の採用面接の予行演習

複数応募にはまた違ったメリットもあります。
事前に本気度の低いところの採用試験で「慣らし」をしておくことで、自分の問題点を客観的に評価でき、本命企業に活かせるのです。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
失敗する人はがむしゃらに本命の企業だけを追いかける傾向にあります。自分を冷静に見つめ直すためにも複数の企業を受けてみましょう。
一つでも内定が出ると俄然やる気も違ってきますよ。

転職成功のコツ 7.面接はどう見られているか気を配る

面接時間より余裕を持って会社に着いておく

言うまでもありませんが、採用試験の日に遅刻は言語道断。出来るだけ早めに到着しておき、一旦トイレで身だしなみをチェックしてから採用試験会場に向かいましょう。
やはり第一印象というのは大事なもの。遅刻ギリギリで息を切らして慌てて駆け込んだりした場合は必ずどこか見た目に表れます。

髪が乱れていたり、ネクタイが歪んでいたり、靴が汚れていたり…
それらを事前に整えておくためにも、少し前に到着してトイレの鏡などで最終チェックすることは重要です。

求人企業内にいる間はすれ違う人皆が面接官だと心得よ

会社内で会うすべての人があなたの行いを見ていると思っておいてください。
歩き方、立ち居振る舞い、挨拶の仕方、すべて誰に見られても恥ずかしくないように気を配りましょう。面接がいくら上手く行ってもそれ以外の態度が悪ければ、思いもよらないところで足元をすくわれる事になりかねません。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
失敗する人は時間の見積もりが甘く、なんでもギリギリになってしまうのが特徴。時間に余裕を持って行動すると心にもゆとりが生まれます。

転職成功のコツ 8.第二新卒はここを注意しよう

就活とは全く別物。しっかり転職向けの対策を

転職活動は就職活動とは全く別物ですので、求人の探し方も自分のPRの仕方も学生時代とは違うやり方で進めていく必要があります。

第二新卒は一般の転職とは違ったニーズがありますので、適切なアドバイスを受けて自分にあった求人を紹介してもらえば、希望の仕事に就ける可能性は大いにあります。第二新卒向けの転職エージェントと大手転職エージェント、両方に登録しておけばチャンスは倍増。しっかり転職サポートしてもらいましょう。

ポイント 女性

就職して3年は我慢というのは過去の話。転職市場では20代の需要が一番多いので、違和感を抱えながら働き続けるくらいなら早めに決断をして、どんどん業界研究や企業のリサーチをしましょう。

新卒にはない第二新卒ならではの良さをアピール

企業が第二新卒に期待しているのはたとえ短期間でも社会人として働いたという実務経験です。

一から教えなければいけない新卒と違い、社会人としてのマナーやビジネススキルを持っているというのは非常に大きなメリット。だからこそ、転職するにあたって再度、社会人として恥ずかしくないマナーをしっかり自分に叩き込んでおきましょう。そしてその良さを存分にアピールすることが転職成功のコツです。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
転職に関してロクに研究やリサーチもせず、就活と同じように進めようとする人は必ず失敗します。プロの手を借りてしっかり対策しましょう。

第二新卒の転職

無事内定!でもまだ転職成功とは言えない

内定後の条件面談では給与など再確認する

内定後のこのタイミングだからこそ、給与、残業代についてしっかり再度確認しましょう。前項で「例えば家族との時間を大切にしたいのだったら高い給与よりも土日休みかに重点を置くように」と申しましたが、求人票と内定後の条件面談で提示される条件が別物だった場合は大問題。必ず当初の話と違ったところはないか、くまなく確認するようにしましょう。

給与の表記の仕方ひとつでも大きく異なります。

基本給+別途残業代支給
基本給(みなし労働制)

この2つは同じように見えてもらえる手取りは全く違う可能性があるのです。

休日についても、

週休二日制
完全週休二日制
土日祝休み

では全く意味が違います。

入社した後で「しまった!」という事のないように、条件は念入りにチェックすることが重要です。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
内定後に提示された条件が言われていた事と違っても、内定の取り消しを恐れて条件面談できちんと意見が言えない人は、企業側の思うツボです。
あとで後悔することのないように、言うべきところはハッキリと主張しましょう。

こちらの記事も読まれています

入社後再び転職を繰り返さないための心得は?

結果を出そうと焦らない

せっかく転職したのだから一刻も早く認めて欲しいし、成果を上げたいと思うのは当然のこと。しかし、気持ちばかりが先走っては失敗を招きます。

・新しい環境に慣れる
・生活リズムを整える
・仕事を確実に覚える
・手順に慣れる

ここまでできるようになって初めて気持ちにゆとりが生まれます。そこからアイデアを出すなり、プロジェクトを進めていくことで自ずと結果もついてくるのです。

疑問に思ったことはその都度解決していく

仕事を進める上で、やり方が分からなかったり、コツがつかめなかったりは誰にでもあること。

しかし新卒の就職と違い、社会人経験があるというプライドが邪魔をして何でも素直に質問できないというのが中途採用で入社することのデメリットです。

見栄をはったり億劫がったりせずに、困ったことがあれば先輩や同僚にどんどん質問や相談をして問題を解決していきましょう。その方が周囲と打ち解け、仕事に慣れる近道です。

仕事仲間とつかず離れず良い関係を保つ努力を

せっかく仕事を覚えて楽しくなってきても、人間関係のいざこざに巻き込まれるとまた転職しなければいけない羽目になる可能性もあります。
例えば前職を辞めた理由が人間関係だったら尚更のこと、人との関わりは「つかず離れず」が一番です。お互いのプライベートに干渉し過ぎず、良好な関係を保つ努力をしましょう。

・ハキハキと受け答えや挨拶をする
・相手の立場に立って考える
・報告・連絡・相談はマメに行う

基本的なことですが、これさえできればお互い気持ちよく仕事ができます。「日々のちょっとした努力の積み重ね」によって仕事を長く続けられ、結果的に「転職成功」に繋がるのです。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
失敗する人は「結果を出そうと焦る」「素直に質問できない」と、見栄を張ってしまいがち。一旦、プライドは捨てて初心に立ち返りましょう。

転職を成功させるためのプラスα

在職中に少しでもスキルや技術を磨く

先程も、転職を成功させる人は「仕事を続けながら転職活動する人」と申しました。

これは収入を途切れさせないようにするためだけではなく、その間も現職での技術やスキルを磨き続けるチャンスでもあるのです。もし転職先も同じ業界・業種で考えているのなら、その業界の知識を少しでも沢山学んでおくべきです。技術を上げておくべきです。それがあなたにとっての財産になります。

男性

スキルを磨いた結果、転職しなくても給与が上るかも知れないし、周囲から認められて会社が楽しくなる可能性もある。それならそれでいいんだよ。努力した時間はあなたを裏切らないし、何かしら得るものがあるはず。

次の仕事に有利な資格を取得する

もし異業種に転職したいと考えているなら、仕事を続けながら次の仕事に備えての資格取得を考えておくのも良いでしょう。通信教育なら夜間や休日を利用して勉強することも可能です。

家で勉強する環境がないなら、コワーキングスペースを利用するのも一つの方法です。コワーキングスペースはここ数年で各地に続々と増えてきています。自分なりに「学び」の時間と場所を確保して資格取得を目指しましょう。

コワーキングスペースって?

レンタルオフィス・シェアオフィスと似ていますが少し意味合いが違い、オープンスペースになっているのが特徴。
図書館のように机や椅子が並び、各利用者はその空間を共有して自分の都合の良い時間に仕事や勉強をします。イベントやセミナーもできるコワーキングスペースもあります。

こちらの記事も読まれています

様々なセミナーや勉強会などに参加する

様々な団体や個人が講座・セミナー・交流会を開催しています。転職サイトや転職エージェント主催のものもありますし、各分野のスペシャリスト達がそれぞれのテーマに沿って開く講座もあります。

・キャリアアップ
・セルフマネジメント
・マーケティング
・コミュニケーション
・プレゼンテーション

など、様々なテーマの講座が全国で日々開催されていますので、ビジネスに役立ちそうなテーマのセミナーに参加して見聞を広めておくのも良いでしょう。

また、このようなセミナーに参加するメリットは見聞を広めるためだけではなく、人脈作りにも役立ちます。同じようなことに興味のある人と交流ができることで、次の仕事に繋がるチャンスも増えるのです。

ポイント 女性

【ここが残念!失敗する人のパターン】
失敗する人は自分の努力が足りないことを棚に上げる人。成功する人はあらゆる努力をし、自らチャンスを増やしています。

こちらの記事も読まれています

転職を成功させるために:まとめ


転職の成功と失敗を分けるコツは下記の通り。
・転職の目的や理由を明確にする
・在職しながら転職活動を行う
・転職において譲れる条件・譲れない条件を明確にする
・自分自身の準備と周囲への根回しを徹底しておく
・転職エージェントは複数登録する
・一社に絞らず複数の企業に応募して心のゆとりを
・面接はどう見られているか気を配り最後まで気を抜かない
・第二新卒は新卒との違いやメリットをアピールする
・内定後の条件面談では給与など再確認する
・入社後は結果を出そうと焦らない
・疑問に思ったことはその都度解決していく
・仕事仲間とつかず離れず良い関係を保つ努力を
・在職中に少しでもスキルや技術を磨く
・次の仕事に有利な資格を取得する
・様々なセミナーや勉強会などに参加する

転職の成功体験例や失敗体験例は、あなたが転職活動を始めるためのよい参考となります。

まずは転職エージェントなどに登録を行い、自分が転職をしたほうがいいのか・しないほうがいいのかをヒアリングしてもらうといいでしょう。

何を成功とするかは人それぞれ異なります。いまは転職する人をサポートする組織やサービスも充実しているので、ぜひ活用して理想的な職場を探し出してください。

一般転職エージェントランキング
リクルートエージェント 転職の成功実績No.1 公式HP
DODA(デューダ) 日本最大級の求人数&知名度 公式HP
マイナビエージェント 【20代】第二新卒の転職強し! 公式HP