転職に興味はあるけど1度失敗してるから、次も失敗するんじゃないか…と注意深く情報を集めている最中でしょうか?

職場環境や就業条件・人間関係が嫌で嫌で仕方ないと、状況に関係なく「いますぐにでも転職をしたい!」と思いますよね。でもそのまま辞めると、明日のごはんが食べられなくなってしまう。

辞めたいのに辞められない。むしろすでに1度転職して失敗したのが今だから、そもそも転職していい環境になるのかどうかも疑心暗鬼。

転職して成功した事例とかって本当にあるの?デマじゃない?と疑いたくなる気持ちもあるでしょう。まず転職の成功と失敗って何?と定義さえもあいまいです。

定義がハッキリすれば、何を重視して転職活動をすればいいのかも大体分かりますよね。

女性

そこで当サイトが代行で転職における成功体験談と失敗体験談をかき集めて、何が転職の命運を分けているのかを徹底的に考察・分析・比較してみました。

1度失敗して2度目の転職が怖い

転職の成功事例や失敗事例を知りたい人の半分くらいは、すでに1度転職を経験したことがある人ではないでしょうか。

1度転職をしたけど結果が満足できる環境じゃなかったから、2度目の転職が怖くなっている。転職は労働環境を変えるには、もっとも手っ取り早い方法です。

しかし転職を行ったからといって、必ずしも状況が好転するとは限らないのがリスクを感じるポイントでもあります。

どうなれば転職は成功でどうなれば失敗なのか。よく分からないという人も多いでしょう。

転職の成功例や失敗談は、本人のなかでの感覚なので誰しもに該当する条件はありません。給与や年収が下がったとしても、仕事内容に満足できれば転職成功と考えるケースもあるでしょう。

大切なのは「転職をしてどんなメリット・環境を手に入れたいか」です。実際に転職の成功で得られるメリットや環境とはどのようなものかについて、より具体的に紹介していきましょう。

転職が失敗・成功するとどうなる?

結論から言って、転職が失敗すると前職よりも居心地や労働環境が悪くなります。会社自体の労働環境が悪い場合もありますが、あなたと仕事の相性がミスマッチという可能性も0ではありません。

逆に転職が成功すると働くことによる苦痛が大幅に軽減され、仕事に対してやりがいや目標を持って働くことができるようになります。

単純にブラック企業であれば早期に退職して次を探すのもアリですが、ミスマッチの場合は同じ結果にならないようにしっかりと自己分析などの対策を行っておくべきでしょう。

転職の成功事例と得られるメリット

働く本人がやりたいことと仕事の内容がミスマッチだと、どう頑張っても不満は解消できません。いくつかの転職成功事例の1つを取り上げると、以下のようなケースがあります。

 

Aさん 20代前半 男性 OA機器の新規開拓営業→

OA機器の新規開拓営業は、製品の属性的に1度契約を結んでしまえば定期的なサポートや打ち合わせなどは必要ありません。

しかし、Aさんはクライアントに寄り添った提案を行い、長期的に信頼関係を生む付き合いをしていけるような仕事をしたかったそうです。そこで転職エージェントに転職相談を持ち掛け、結果的に環境設備や産業機械に特化した商社の提案営業職に転職できました。

転職先ではクライアントに対してさまざまな側面から中長期的な提案・企画をできるという点から、Aさんは転職して正解だったと感じています。

年収額は僅かにアップした程度でしたが、自分のやりたいことができる仕事であれば、同じ年収額でもモチベーションに大きな違いが生まれるのです。

 

Aさんの転職成功事例を見れば、転職の成功・失敗を決めるのは年収や休日などの福利厚生だけではないのが分かると思います。

転職を成功させるためには「自分が会社で働く上で最重要なことはなにか」を明確にすることも大切です。

転職に失敗してしまう理由

逆に言えば、先ほどの「自分が会社で働く上で最重要なことはなにか」が不明確なまま転職先を決めてしまうと、結局やりがいを見出せず「転職に失敗した」と感じる可能性が高くなります。

今の仕事が嫌だと思うと「他の職場は素晴らしいはずだ!」と錯覚してしまうので注意しましょう。隣の芝は青く見えるだけです。転職活動が上手くいかないと悩んでいる人は、専門のコンサルタントが在籍する「転職エージェント」などに相談しながら動いたほうがいいかもしれません。

コンサルタントは求職者の要望に沿った求人を斡旋するだけでなく、その人が本当はどのような部分を重視した転職を望んでいるかのヒアリングも行っています。

また転職エージェントによっても運営の方針が全く異なってくるので、以前転職エージェントを使って転職して失敗したと感じている人は、別会社のエージェントに相談してみるのも1つの方法です。

いずれの転職エージェントも面談・ヒアリング・斡旋まで全て無料で受けられるので、相談をしても損をすることはまずありません。

>>当サイトオススメの転職エージェント

以下から転職の成功と失敗の命運を分けるポイントについて、1つずつ紹介していきます。

このポイントを徹底して転職活動を行えば、転職後に「失敗した!」と頭を抱える確率は大幅に低くなるでしょう。

転職の成功と失敗を分けるポイント

これから転職をしたいと考えている人は、次の4つのポイントに注意しながら転職活動を行ってみてください。表面的な不満を解消するだけの行動よりも、120%違った動き方ができるはずです。

転職の成功ポイント1:現職の何が不満かを自覚する

基本的に自分の理想そのままを叶えた会社はありません。どんな仕事に就いても嫌なことが起こるときもあるでしょう。

男性

その都度嫌なことが起こらない仕事を探して転職をしても、どんどん不満が大きくなってしまいます。まずは現職において「何が不満なのか」を明確にし、その不満は考え方ひとつで解消できるか否かを考えてみてください。

もし視点や考え方を変えるだけで解決する不満なら、わざわざ転職をする必要はありません。

どう頑張っても解消できない問題や不満があり、なおかつ仕事内容もやりたいこととズレている状況なら、別の環境を求めて転職するのもひとつでしょう。

転職の成功ポイント2:どんな仕事をしたいのか明確にする

職場を変えると環境と並行して仕事内容も大幅に変わります。

それは嫌な部分を払拭できるというメリットがある反面、良好な人間関係もリセットされてしまうというリスクも抱えているのです

女性

転職をするのであれば、どんな仕事をしたいのかを明確にしましょう。

・その仕事は現職ではできないのか

・転職することで実現する仕事なのか

この2つを考慮して、転職をするメリットのほうが大きいようであれば実行してみましょう。転職が確定していなくても、転職活動をすることで社会への見識が広げられます。

転職活動の過程でさまざまな情報を仕入れることにもなるので、何か価値観を変えるきっかけにも出会えるかもしれません。成功例のなかには、転職活動をしていくうちに方向性が決まってきたという人も多々存在します。

転職の成功ポイント3:給与や福利厚生を最優先にはしない

今の給与が低いから転職をしたいという人も少なくありません。たしかに給与は生活をする上で必要なものですし、仕事を選ぶ上でも重要な要素です。

しかし、給与はよくても仕事との相性がミスマッチだと長続きしません。我慢して続ける人も多いですが、結局精神的な負担が大きくなり「給与は低くても前の職場のほうが良かった」と後悔する失敗談も多いのです。

転職後に大幅に年収がダウンするのは問題ですが、生活に影響が出ない範囲であれば仕事内容を重視したほうがいいでしょう。

転職に失敗してしまったときの対処方法

この記事を読んでいる人のなかには「すでに転職したけど失敗した…」と感じている人もいると思います。どんなに注意をして転職活動を行っても、いざ入社してみると事前に聞いていた業務内容や環境からかけ離れていたというケースは少なくありません。

そんなときは再度転職することも含めて、以下のポイントを考えてみましょう。

視点を変えて働き続ける

自分の理想と違った職場に転職してしまうと、すぐにでも再度転職活動をしたくなりますよね。でもちょっと待ってください。

どんな環境でも何かしら得られる経験はあるものです。また短期間に転職を繰り返すのは、ステータス上もマイナスに働いてしまう可能性が高くなります。

まずはその職場でしばらく働き、何か次の転職に活かせる経験や技術を身につけられないかを考えてみましょう。

結果としてどうしてもメリットを見出せないのであれば、再度転職活動をはじめるという選択肢もあります。

在職しながら転職活動を行う

今の仕事から再度転職活動をはじめるとしても、先に退職してしまうのはオススメできません。面接での印象としても「在職しながら転職を検討している」のと「短期退職をして転職活動をしている」のでは、随分違ってきます。

無職という状態は「早く収入源を作らなければいけない状況」という側面から、採用担当者との立場的にも不利になってしまう可能性が非常に高いのです。

また預金が一方的に減っていくと、精神的な余裕もなくなってくるので焦って就職先を決めてしまうケースも多々あります。在職したままでは時間がまったく取れないというなら仕方ありませんが、可能であれば基本は在職したままの転職活動がオススメです。

まとめ

転職の成功体験例や失敗体験例は、あなたが転職活動をはじめるためのよい参考となります。

まずは転職エージェントなどに登録を行い、自分が転職をしたほうがいいのか・しないほうがいいのかをヒアリングしてもらうといいでしょう。

何を成功とするかは人それぞれ異なります。いまは転職する人をサポートする組織やサービスも充実しているので、ぜひ活用して理想的な職場を探し出してください。