IT・モノづくり関連企業を産業の根幹と考え、両業界で活躍するエンジニアの方に特化した転職支援サービスを提供している転職エージェントがいます。
それが今回ご紹介する「テクノプロ・キャリア」です。

男性

エンジニアって聞くと、ITやWEB業界しか思い浮かばないんだけど…
機械や自動車、建築系など「ものづくり」の技術者も、エンジニアなんだね!

ポイント 女性

もともとエンジニアとは機械や電気系統を扱う技師のことを指し、工学者や技術者もエンジニアに分類されます。
近年ではコンピュータやインターネット技術の発達に伴い、ITやWEBエンジニアの需要が高まったため
「エンジニア」といえば「システムエンジニア」と考える方が多くなったんですよ。

この記事を読めば、たった3分で各業界のエンジニアの方々から支持されている転職支援サービス「テクノプロ・キャリア」についてわかります。

⇒テクノプロ・キャリアの公式サイト

テクノプロ・キャリアの特徴について

東証一部上場・1万人以上の技術者、研究者を要する大手グループ企業が運営


テクノプロ・キャリア社は2010年に設立されました。社歴も浅く、転職エージェントとしての知名度も高い方ではありません。

疑問 男性

え?設立からまだ10年も経ってないの?
運営企業として、いろいろ相談するにはちょっと不安だなぁ…

ポイント 女性

大丈夫、心配には及びませんよ。
テクノプロ・キャリアは東証一部上場企業であるテクノプロ・ホールディングスのグループ企業なのです。

しかも同グループ企業の中核的事業は技術者、研究者専門の人材派遣事業であり、グループ全体で抱えている技術者、研究者の数は1万1千名以上。
技術者、研究者の人材派遣において日本最大規模を誇っています。

男性

つまりテクノプロ・キャリアは、テクノプログループが満を持して提供した、技術者特化の転職エージェントサービスなんだね!

IT・モノづくり・エンジニアに特化した転職サービス

テクノプロキャリアの特徴を一言で言うなら、この見出しのとおり「IT・モノづくり・エンジニアに特化した転職支援サービス」につきます。

ITやものづくりが日本の産業基盤を支えているという同社ならではの考えにもとづき、求人企業ではITやモノづくり関連業界に対象を特化し、また転職支援を行なう対象者についてはエンジニアの方々に特化している点が同社の特徴です。

勿論、東証一部上場のグループ企業がエンジニアの派遣や業務委託で長年培ってきた人材紹介ノウハウやIT、モノづくり分野の企業との人脈、信頼関係が同社のバックボーンとなっていることは申し上げるまでもありません。

エンジニアと各業界に精通したコンサルタントによる親身な転職サポート

テクノプロ・キャリアの最大の強みといって良いのが、エンジンニアという職種に精通したコンサルタントの存在です。

ポイント 女性

しかもテクノプロ・キャリアのコンサルタントはエンジニア職に詳しいというだけでなく、例えば半導体、機械、インターネット等、業界ごとに担当が分かれています

男性

つまりエンジニア職というものについて知り尽くした業界ごとのコンサルタントが転職成功に向け、マンツーマンで強力にサポートしてくれるんだね!

テクノプロキャリアはどんな企業へ転職を果たしているか

IT・モノづくり関連業界には数多くの業界が含まれることになります。

ではテクノプロキャリアを利用した場合、エンジニアの方々は具体的にどのような業界企業へ転職することになるか、テクノプロキャリアの登録企業業種の割合からその点を探ってみましょう。

(テクノプロキャリアの求人登録業種とその割合)

  • コンピュータ・インターネット・通信:25%
  • ソフトウェア・情報処理 :17.4%
  • 電気・電子・半導体:10.6%
  • 人材ビジネス :8.8%
  • 自動車:2.9%
  • 人材ビジネス:8.9%
  • コンサルタント・シンクタンク:4.9%
  • 機械:14.1%
  • 自動車:2.6%
  • 商社 :2.2%
  • 化学・素材・食料品・薬品・建築・土木:1.6%
  • その他:12.6%
男性

グラフにすると分かりやすい!
やっぱりコンピュータ・インターネット・通信とソフトウェア・情報処理を合わせると全体の4割を超えるんだね

ポイント 女性

そうですね、そしてIT・WEB以外でもかなり幅広い業種の企業が求人登録を行なっていることがわかります。

つまり、ITやモノづくりに関連した日本の主要業界のほとんどから求人依頼がテクノプロ・キャリアに寄せられていると言っても過言ではありません。
こうした多様な業界からの求人が寄せられていることは、テクノプログループが多方面の業界企業と信頼を積み重ねてきたからこそだとも言えます。
エンジニアの方ならテクノプロキャリアを利用することで、豊富な選択肢から希望する業界へ転職を果たせる可能性を大きく拡げることができます。

テクノプロ・キャリアの使い方

それではテクノプロ・キャリアを利用する場合にはどうすれば良いか、説明致します。

一切無料!エントリー画面より転職支援を申し込む

テクノプロ・キャリアはコンサルタントが個別に転職支援を行ないますので、転職支援申し込み手続きを行うことが利用する際の第一歩となります。

疑問 男性

申し込み手続きをしたら、費用を支払う必要がでてくるんじゃない?

ポイント 女性

いいえ、大丈夫です!テクノプロ・キャリアのサービスは全て無料で利用できます。

また「転職支援を申し込む」からといって必ず転職支援を受けなければならないということもありません。
この点はテクノプロ・キャリアがサイト上でも明示しているとおり、「キャリアに関する相談だけ」で同社を利用しても全く構わないのです。

女性

テクノプロ・キャリアへの転職支援申し込みエントリー画面はこのようになっています。

⇒テクノプロ・キャリアの公式サイト

画面の項目に従って該当する事項を入力し、間違いがないか確認の上送信すればエントリー手続きは完了です。

男性

履歴書や職務経歴書をファイル形式で持っているなら
エントリー手続き時にファイルを添付して送信しておけば、コンサルタントとの面談もよりスムーズだね!

テクノプロ・キャリアでコンサルタントと面談

エントリーの手続きが終わればメールまたは電話でコンサルタントから連絡が入りますので、面談の日程調整を行なった上でテクノプロ・キャリア社を訪問し、コンサルタントと面談を行ないます。

面談では転職理由や目的、あるいは転職に関する希望や条件などをコンサルタントがヒアリングしてくれます。

疑問 男性

せっかくコンサルタントと面談したのに、転職に関する希望や条件で大事なことを伝え忘れてしまった…

ポイント 女性

このように、後で後悔しないよう、
コンサルタントとの面談を有効に活かすためにも面談日前までに転職に関する希望や条件をできるだけ整理しておくといいですよ。

また、エンジニアとして転職する場合に何か不安な点や気掛かりな点があれば、コンサルタントが相談にのってくれますので遠慮なく相談事項をぶつけるようにしてください。

求人企業の紹介

面談が終了したら、コンサルタントが面談でヒアリングした内容をもとに希望や条件にマッチした求人情報を紹介してくれます。

利用される方が自分で求人情報を探す必要はありません

また、先程お伝えしたとおり、紹介を受けた求人企業に必ず応募して転職を果たさなければならないということではありませんので、じっくりと検討するようにしてください。

応募→書類選考→面接

転職の意志が確定し、なおかつ紹介を受けた求人情報の中で応募したい企業が見つかった場合にはコンサルタントを通じて求人企業側へ履歴書や職務経歴書等を提出し、書類選考を受けます。

男性

ここでもテクノプロ・キャリアのコンサルタントは頼りになる!できるだけ書類選考にパスできるよう応募書類の添削指導やアドバイスもしてくれるんだよ。

女性

それに加えてコンサルタントは、求人企業に対し推薦状を書いて提出することで援護射撃までしてくれるんです!。まさに至れり尽くせりですね!

また、この点は他の転職エージェントがなかなか真似できない、テクノプロ・キャリアならではの強みと言えますが、テクノプログループが長年築いてきた信頼関係から書類選考、更には一次面接が免除される場合もあります

ポイント 女性

書類選考を無事通過したら求人企業との面接になりますが、
ここでもコンサルタントが面接日程の調整を行なってくれます。
もちろん面接対策指導もバッチリですよ。

内定→退職→入社

面接に合格すれば内定となり、エンジニアの方と求人企業側が合意すれば雇用契約締結となります。

雇用契約を結ぶにあたっては、給与や入社日といった雇用条件が重要になってきますが、特に給与面などは求人企業側に自分の希望を伝えにくい面があります。

疑問 男性

給与のことって、ちょっと自分じゃ交渉しにくいんだよね…

ポイント 女性

その点もテクノプロキャリアのコンサルタントが間に入りエンジニアの方に代わって条件の調整や交渉を行ってくれます

また、転職を果たすには現職を退職する必要がありますが、現職の退職にあたっても円満退職となるようコンサルタントがフォローやアドバイスを行ってくれます。

このように入社日を無事迎えることができるまで、コンサルタントを通じた最善のサポートや支援を受けることがテクノプロ・キャリアを利用するメリットと言えます。

テクノプロ・キャリアの口コミ・評判について

テクノプロ・キャリアの口コミその1:40代前半男性の場合

40代の私でもスピーディーに転職を果たせたAさん(年齢:40代前半 性別:男性)

おすすめ度:★★★★★
「テクノプロ・キャリアに相談する前、実は大手の転職エージェントに登録すべく申し込みをしたのですが年齢を理由に登録を断られるという苦い経験をしました。
40代での転職が厳しいことを改めて思い知らされた訳ですが、もしテクノプロ・キャリアでも断られたら転職自体を諦めるつもりでした。

テクノプロ・キャリアの反応は大手転職エージェントは真逆だったといった感じで、「すぐにでも紹介したい企業があるからぜひ面談して欲しい」という回答を得たものですから、本当に驚きました。
ご紹介を受けた企業はエンジニア集団の管理職を探していた企業で、そこそこ大手のエンジニアとして長年経験を積んできたことを高く評価して頂いたからだったようです。
その結果、40代の方が転職を果たすには平気で半年以上かかる場合もあると言われる中、なんと一発で転職することができました。

コンサルタントの方へお尋ねしたのですが、テクノプロキャリアには40代の転職志望者の方も結構在籍しており、また幹部職や中間管理職として40代の方々に対する求人案件も結構あるとお伺いしました。
エンジニアという職種は長い経験がかなりものをいう仕事でもあるので、エンジニアの方なら40代という年齢だけで転職を諦める必要はないと思います。
またそのような年代のエンジニアの方が転職を目指すならテクノプロ・キャリアを利用することをおススメします。」

テクノプロ・キャリアの口コミその2:30代男性の場合

「わかっている!」という安心感がとても高かったBさん(年齢:30代 性別:男性)

おすすめ度:★★★★★
「世間は一括りで私達のことをエンジニアと呼びますが、業種が異なればエンジニアの仕事内容や要求される技術や知識は全く別物になります。

仕事には誇りを持っていたけど反面つぶしが利かないなあと思っていましたら、いくらテクノプロ・キャリアがエンジニア専門の転職エージェントだといっても仕事内容をちゃんと理解してくれた上で転職支援を受けられるかどうかは半信半疑でしたね。

ところがそうした心配は全く無用でした。
私を担当してくれたコンサルタントは、私と同じ業界出身の先輩エンジニアの方だったので、それはもうバッチリ仕事内容を「わかっている!」という方でした。
そのような方が親身になって転職支援を行なってくれるのですから、テクノプロ・キャリアに全幅の信頼を寄せることができました。

そうした信頼関係があったことが良かったのでしょうが、先輩コンサルタントから紹介してもらった企業はわずか3社ですが、3社目にして早々に内定が決まりました。
今回の経験を通じてわかったことですが、転職エージェントを選ぶならその道に強いエージェントを選ぶべきです。
エンジニアの方なら迷わずテクノプロ・キャリアを選んで良いと思いますよ。」

⇒テクノプロ・キャリアの公式サイト

こちらの記事も読まれています↓