ITエンジニア向け求人に特化した転職サイト「Tech Stars(以下、テクスタ)」。
技術をしっかりと理解した転職サイトとして注目されています。
ITエンジニアの中には、技術面で評価されていないことに不満を感じる方も多いのではないでしょうか。
身に着けた技術を活かし、さらに磨き上げていくには、テクスタが最適かもしれません。

ITエンジニアの転職には「マッチング」が大切!

ITエンジニアと一言にいっても、技術的やポジションは非常に幅広いもの。
ポジションをざっくり分類すると、オペレーター、プログラマー、SE、コンサルタントなどが代表的です。
しかし、問題となるのは技術です。
例えば、プログラミング言語にしても、近年非常に勢いのある「スクリプト言語(Ruby、PHP、Pythonなど)」や、次世代言語と呼ばれる「Go」「Swift」などが注目されています。
さらに、もはや伝統とも言えそうな言語「COBOL」や王道の「C系言語」、最強言語との呼び声高い「Java」もまだまだ現役。

一方、ネットワークエンジニアやサーバエンジニアであれば、定番の「LAMP」環境の構築スキルや、各種OSSへの理解も求められるでしょう。
エンジニアとして活躍するためには、基礎となる技術のほかにも、幾多の情報が必要になります。

このように、ITエンジニアとして活躍し続けるためには、複数の技術を身に着けていくことになります。
しかし、せっかく身に着けた技術が、正当に評価されているかはまた別のお話。

技術がしっかり評価されるためには、自分のスキルとマッチした企業との出会いが大切なのです。

テクスタ(Tech Stars)の特徴は?2つの大きな悩みを解決!

ITエンジニアが、年収やスキルアップを目指すためには、自分の技術にマッチした企業との出会いが必須です。
テクスタでは、ITエンジニアの転職に特化した転職サイトとして、企業と技術のマッチングに力を入れています。

筆者もIT業界の出身ですが、この技術と企業のマッチングは、予想以上に苦労するものです。
自分の技術(スキルセット)が、そのまま活かせる優良企業を探すと、本当に大変でした。
これはSIerでもソフトハウスでも同様です。

なぜなら、従来の日本企業では、技術よりも「企業独特の仕事の進め方」に馴染めるかどうかが大切だったからです。
グローバル化が進んでも、この流れはなかなか変わらず、技術よりもコミュニケーション能力や柔軟性が評価される傾向にありました。
これらが大切なのは当然としても、せっかく身に着けた技術を評価されないことには、年収もモチベーションもあがりませんよね。

さらに、ITエンジニアの悩みはもうひとつあります。
それは、偽装請負や派遣求人の多さです。
日本のIT業界の悪しき慣習のひとつに、「大手が請負って、中小に丸投げ」を繰り返す階層構造があります。
そのため、せっかく自分の技術に合った企業を見つけても、実際のところは偽装請負や派遣求人だったというケースは多いもの。

筆者も実際に、そのような企業に所属したことがあります。
確かに技術面のマッチングでは恵まれていたのですが、客先に出っぱなしの請負や派遣ばかりでは、年収は頭打ちです。
しっかりと自社で事業を持つ企業で開発をしてこそ、技術に見合った報酬が受け取れるのです。

テクスタは、これら「技術面のマッチング」と「企業の質」にこだわっていることが特徴です。
技術の正当な評価により、希望以上のオファーを、厳選された企業から受ける可能性を高めています。

テクスタ(Tech Stars)の使い方は?

テクスタの使い方はいたって簡単です。
まず登録作業ですが、PCやスマホから直接テクスタのトップにアクセスして登録します。

新規登録画面からメールアドレスを入力すると、URLが送信されてきますのでそこへアクセス。

基本情報として、氏名、生まれた年、電話番号、住まい(都道府県)、転職希望時期、転職理由、志望企業の規模、業種、活動状況を入力します。
このとき、キャリアサポータからの支援を希望する際は、「サポートを希望する」にチェックを入れましょう。
担当エージェントがついてくれるようになり、きめ細やかなサポートが受けられます。

次に、スキル情報画面に遷移します。
自分の身に着けた技術に該当するものに、チェックを入れていきます。
この辺りは一般的な転職サイトと特に変わりなく、良く見慣れた画面です。
しかし、COBOLからSwiftまで新旧の言語がそろっており、フレームワークも豊富です。
かなり細分化してマッチングを行っていることがわかります。

次は、スキルの経験年数の入力です。
前画面で入力したスキルの経験年数を選択していきます。

経験年数を入力したら、直近で勤めている企業名を入力します。
すでに退職済みの場合は直近で勤めていた企業名を、現職であれば在籍企業の名前を入れましょう。

最後に、希望条件の入力です。
現在の年収と、転職先で希望する最低年収、勤務地が必須入力となります。
また、開発するソフトウェアの種類やレイヤー(インフラ、サーバサイド、フロントエンドなど)、雇用形態、特記事項の入力も可能です。

ここまでで登録は完了。あとはテクスタを利用して求人の紹介をうけることになります。

ちなみにこの登録作業自体は、Facebookからの直接登録によって3分程度にまで簡略化されます。
Facebookを利用している方は、ぜひ活用してみてください。

テクスタ(Tech Stars)のシンプルなUI

実際に登録してみるとわかるのですが、これまでの転職サイトの画面とは少し趣が異なります。
非常にシンプルかつ、感覚的にわかりやすいUIなのです。
どちらかといえば、SNSのマイページに近い印象を受けるかもしれません。
初見でも特に迷うことなく、企業への応募が可能なはずです。
企業一覧を押すと、現在募集がある企業の一覧がサムネイル付きで表示されます。

この、感覚的に使えてシンプルなUIは、最近の流行をしっかりとおさえていて使いやすく、好感が持てますね。

なぜテクスタ(Tech Stars)満足度が高いのか?

テクスタは、転職を希望するITエンジニアから、高い満足度を獲得しています。
その理由は大きくふたつあります。

理由その①シンプルなUI

煩雑で難しいつくりは、忙しいITエンジニアのやる気を削いでしまいます。
ITエンジニア達は普段からモノ作りに携わっているわけですから、表面的な見栄えよりも操作感を優先するわけです。
筆者もこの気持ちは非常によく理解できます。

「見栄えは良いけど使いにくい」と、自分の中での評価が一気に落ちていくのを実感しますからね。
開発を行うにしても、いかにサクサク動作し、情報にアクセスしやすいかといったことは、常日頃から意識していました。
テクスタは、こういったITエンジニアのツボをおさえているのでしょう。

理由その②「ITエンジニア」へ「企業」が応募する方式

また、テクスタでは「ITエンジニアに企業が応募する」という流れを作り出しています。
これも満足度が高い理由のひとつ。
確かな技術をもったITエンジニアを欲しがる企業は多いもの。
テクスタでは、従来の「企業に人材が応募する」という流れの逆を作り出すことにより、マッチング精度の高さを実現しているのです。
現場の需要が直接ITエンジニアに届くわけですから、マッチしないほうがおかしいのかもしれませんね。
いずれにせよ、転職サイトとしては画期的な仕組みです。

テクスタ(Tech Stars)の評判は?

最後にテクスタの評判をご紹介します。
テクスタは比較的新しいサービスとあって、「掲載企業数が少ない」といった評判がありました。
ただし、これは今後時間とともに改善されていくはずですので、それほど心配はないでしょう。
とりあえず登録だけを済ませておき、増え続ける募集企業一覧を眺めてみるのも一興ですからね。

良い評判としては、

  • 自分からアクションを起こさずともオファーが来る
  • とにかくサイトが使いやすい
  • メッセージ機能が使いやすく、日程調整がしやすい
  • 一旦マッチングすると内定までがスピーディー

といったものが挙げられます。
やはり、操作感やオファーの多さが評価されているようですね。

まとめ

筆者がIT業界で転職を繰り返していた当時は、テクスタのようなサービスはありませんでした。
どこへ登録しても「企業へお願いする」といった立場にあり、それに少し疲れた覚えがあります。
一方、テクスタでは自分がしっかりと身に着けた技術があれば、「企業からお願いされる」ことになり、転職時のストレスや労力は非常に低くなります。
テクスタは、技術力のあるITエンジニアの価値をそのままマッチングに利用しつつ、使い勝手を向上させた、新しい特化型転職サイトといえそうです。

★こちらのページもよく読まれています!