ITエンジニア向け求人に特化した転職サイト「Tech Stars(以下、テクスタ)」。
技術をしっかりと理解した転職サイトとして注目されています。
ITエンジニアの中には、技術面で評価されていないことに不満を感じる方も多いのではないでしょうか。
身に着けた技術を活かし、さらに磨き上げていくには、テクスタが最適かもしれません。

目次【クリックして移動できます】

ITエンジニアの転職には「マッチング」が大切!テクスタ【Tech Stars】の技術

ITエンジニアと一言にいっても、技術的やポジションは非常に幅広いもの。
ポジションをざっくり分類すると、オペレーター、プログラマー、SE、コンサルタントなどが代表的です。
しかし、問題となるのは技術です。
例えば、プログラミング言語にしても、近年非常に勢いのある「スクリプト言語(Ruby、PHP、Pythonなど)」や、次世代言語と呼ばれる「Go」「Swift」などが注目されています。
さらに、もはや伝統とも言えそうな言語「COBOL」や王道の「C系言語」、最強言語との呼び声高い「Java」もまだまだ現役。

一方、ネットワークエンジニアやサーバエンジニアであれば、定番の「LAMP」環境の構築スキルや、各種OSSへの理解も求められるでしょう。
エンジニアとして活躍するためには、基礎となる技術のほかにも、幾多の情報が必要になります。

このように、ITエンジニアとして活躍し続けるためには、複数の技術を身に着けていくことになります。
しかし、せっかく身に着けた技術が、正当に評価されているかはまた別のお話。

技術がしっかり評価されるためには、自分のスキルとマッチした企業との出会いが大切なのです。

テクスタ(Tech Stars)の特徴は?2つの大きな悩みを解決!

ITエンジニアが、年収やスキルアップを目指すためには、自分の技術にマッチした企業との出会いが必須です。
テクスタでは、ITエンジニアの転職に特化した転職サイトとして、企業と技術のマッチングに力を入れています。

筆者もIT業界の出身ですが、この技術と企業のマッチングは、予想以上に苦労するものです。
自分の技術(スキルセット)が、そのまま活かせる優良企業を探すと、本当に大変でした。
これはSIerでもソフトハウスでも同様です。

なぜなら、従来の日本企業では、技術よりも「企業独特の仕事の進め方」に馴染めるかどうかが大切だったからです。
グローバル化が進んでも、この流れはなかなか変わらず、技術よりもコミュニケーション能力や柔軟性が評価される傾向にありました。
これらが大切なのは当然としても、せっかく身に着けた技術を評価されないことには、年収もモチベーションもあがりませんよね。

さらに、ITエンジニアの悩みはもうひとつあります。
それは、偽装請負や派遣求人の多さです。
日本のIT業界の悪しき慣習のひとつに、「大手が請負って、中小に丸投げ」を繰り返す階層構造があります。
そのため、せっかく自分の技術に合った企業を見つけても、実際のところは偽装請負や派遣求人だったというケースは多いもの。

筆者も実際に、そのような企業に所属したことがあります。
確かに技術面のマッチングでは恵まれていたのですが、客先に出っぱなしの請負や派遣ばかりでは、年収は頭打ちです。
しっかりと自社で事業を持つ企業で開発をしてこそ、技術に見合った報酬が受け取れるのです。

テクスタは、これら「技術面のマッチング」と「企業の質」にこだわっていることが特徴です。
技術の正当な評価により、希望以上のオファーを、厳選された企業から受ける可能性を高めています。

テクスタ(Tech Stars)の使い方は?

テクスタの使い方はいたって簡単です。
まず登録作業ですが、PCやスマホから直接テクスタのトップにアクセスして登録します。

新規登録画面からメールアドレスを入力すると、URLが送信されてきますのでそこへアクセス。

基本情報として、氏名、生まれた年、電話番号、住まい(都道府県)、転職希望時期、転職理由、志望企業の規模、業種、活動状況を入力します。
このとき、キャリアサポータからの支援を希望する際は、「サポートを希望する」にチェックを入れましょう。
担当エージェントがついてくれるようになり、きめ細やかなサポートが受けられます。

次に、スキル情報画面に遷移します。
自分の身に着けた技術に該当するものに、チェックを入れていきます。
この辺りは一般的な転職サイトと特に変わりなく、良く見慣れた画面です。
しかし、COBOLからSwiftまで新旧の言語がそろっており、フレームワークも豊富です。
かなり細分化してマッチングを行っていることがわかります。

次は、スキルの経験年数の入力です。
前画面で入力したスキルの経験年数を選択していきます。

経験年数を入力したら、直近で勤めている企業名を入力します。
すでに退職済みの場合は直近で勤めていた企業名を、現職であれば在籍企業の名前を入れましょう。

最後に、希望条件の入力です。
現在の年収と、転職先で希望する最低年収、勤務地が必須入力となります。
また、開発するソフトウェアの種類やレイヤー(インフラ、サーバサイド、フロントエンドなど)、雇用形態、特記事項の入力も可能です。

ここまでで登録は完了。あとはテクスタを利用して求人の紹介をうけることになります。

ちなみにこの登録作業自体は、Facebookからの直接登録によって3分程度にまで簡略化されます。
Facebookを利用している方は、ぜひ活用してみてください。

テクスタ(Tech Stars)のシンプルなUI

実際に登録してみるとわかるのですが、これまでの転職サイトの画面とは少し趣が異なります。
非常にシンプルかつ、感覚的にわかりやすいUIなのです。
どちらかといえば、SNSのマイページに近い印象を受けるかもしれません。
初見でも特に迷うことなく、企業への応募が可能なはずです。
企業一覧を押すと、現在募集がある企業の一覧がサムネイル付きで表示されます。

この、感覚的に使えてシンプルなUIは、最近の流行をしっかりとおさえていて使いやすく、好感が持てますね。

なぜテクスタ(Tech Stars)満足度が高いのか?

テクスタは、転職を希望するITエンジニアから、高い満足度を獲得しています。
その理由は大きくふたつあります。

理由その①シンプルなUI

煩雑で難しいつくりは、忙しいITエンジニアのやる気を削いでしまいます。
ITエンジニア達は普段からモノ作りに携わっているわけですから、表面的な見栄えよりも操作感を優先するわけです。
筆者もこの気持ちは非常によく理解できます。

「見栄えは良いけど使いにくい」と、自分の中での評価が一気に落ちていくのを実感しますからね。
開発を行うにしても、いかにサクサク動作し、情報にアクセスしやすいかといったことは、常日頃から意識していました。
テクスタは、こういったITエンジニアのツボをおさえているのでしょう。

理由その②「ITエンジニア」へ「企業」が応募する方式

また、テクスタでは「ITエンジニアに企業が応募する」という流れを作り出しています。
これも満足度が高い理由のひとつ。
確かな技術をもったITエンジニアを欲しがる企業は多いもの。
テクスタでは、従来の「企業に人材が応募する」という流れの逆を作り出すことにより、マッチング精度の高さを実現しているのです。
現場の需要が直接ITエンジニアに届くわけですから、マッチしないほうがおかしいのかもしれませんね。
いずれにせよ、転職サイトとしては画期的な仕組みです。

テクスタ(Tech Stars)の評判は?

最後にテクスタの評判をご紹介します。
テクスタは比較的新しいサービスとあって、「掲載企業数が少ない」といった評判がありました。
ただし、これは今後時間とともに改善されていくはずですので、それほど心配はないでしょう。
とりあえず登録だけを済ませておき、増え続ける募集企業一覧を眺めてみるのも一興ですからね。

良い評判としては、

  • 自分からアクションを起こさずともオファーが来る
  • とにかくサイトが使いやすい
  • メッセージ機能が使いやすく、日程調整がしやすい
  • 一旦マッチングすると内定までがスピーディー

といったものが挙げられます。
やはり、操作感やオファーの多さが評価されているようですね。

まとめ

筆者がIT業界で転職を繰り返していた当時は、テクスタのようなサービスはありませんでした。
どこへ登録しても「企業へお願いする」といった立場にあり、それに少し疲れた覚えがあります。
一方、テクスタでは自分がしっかりと身に着けた技術があれば、「企業からお願いされる」ことになり、転職時のストレスや労力は非常に低くなります。
テクスタは、技術力のあるITエンジニアの価値をそのままマッチングに利用しつつ、使い勝手を向上させた、新しい特化型転職サイトといえそうです。

★こちらのページもよく読まれています!

TechStarsAgent【テクスタエージェント】の口コミ評判※IT業界×年収600万以上の転職

IT、web、ゲーム系分野で転職を検討しているエンジニアの方なら、ぜひ知っておいて欲しい転職エージェントがあります。

その名はTechStarsAgent(テックスターズエージェント(略称:テクスタエージェント))。

テクスタエージェントは知名度抜群のエージェントとは言えませんが、転職支援を通じて数多くの利用者の年収アップを実現しており、転職エージェントして脚光を浴びつつあります。

テクスタエージェントとはどのような特徴を有した転職エージェントなのか、詳しくレポート致します。

テクスタエージェントの特徴や利用メリットについて

対象はIT、web、ゲーム系のエンジニア

テクスタエージェントは総合転職エージェントではありません。

対象職種はエンジニア、対象業界についてはIT、web、ゲーム系に特化させた専門型タイプの転職エージェントです。

専門型の転職エージェントは、様々な職種や業界の転職支援に柔軟に対応できないというデメリットがあります。

しかしその反面、対象としている業界の求人企業と結びつきを強化しやすいため、総合転職エージェントではなかなか実現できないような好条件の非公開求人が依頼されるケースが多くなります。

また、職種を特化させることで対象職種の転職市場に精通するため、対象職種については市場ニーズに応じた的確な転職支援サービスを提供できる点も大きな強みとなります。

IT分野の有名企業も多数テクスタエージェントを利用

テクスタエージェントを利用している求人企業はベンチャー企業や中小企業に留まらず、IT業界の有名企業も多数求人企業としてテクスタエージェントを利用しています。

テクスタエージェントを利用している企業例をあげますと

・コロプラ・DeNA

・フリー

・DMM

・SMS

・キュービック

等、ゲームや会計分野など、それぞれの事業領域で高い競争力を有する実力派のIT系企業がズラリと名を連ねています。

テクスタエージェントを利用すれば、こうした有名企業へ転職できるチャンスや可能性を拡げることが出来る訳です。

年収割合で50%以上が600万円超・最大550万円アップという事例も!

テクスタエージェントの最大のセールスポイントとなっているのが、利用者の年収アップを実現させた豊富な実績があることです。

50万、100万程度の年収アップは当然と言って良いぐらいの水準であり、200万円、300万円の年収アップを実現させたケースも同エージェントではそれほど珍しい事例ではありません。

中には550万円もアップさせた事例もあります。

ではテクスタエージェント利用者(転職者)のどのくらいの割合の方々がどのくらいの年収を実現しているかと言いますと、全体の5割以上が年収600万円超の年収を実現しているのです。

ちなみに利用者の年齢構成では35歳未満の方々で65%に達しています。

つまり転職を通じ、若くして年収600万円以上を実現したエンジニアを多数輩出してきたことを意味します。

現状の年収に満足できていない、転職によって年収アップを実現させたいと考えているIT系エンジニアの皆様にとって、テクスタエージェントは外せない転職エージェントの1つと言って良いでしょう。

テクスタエージェントの利用方法

テクスタエージェントを利用して転職するにはどうすれば良いか、テクスタエージェントの利用方法について登録から入職までの流れに則ってご紹介して参ります。

「このフォームで登録完了です!」を利用して登録手続きを行う

テクスタエージェントを利用する場合に最初に必要な手続きが、登録手続きです。

テクスタエージェントへの登録やサービス利用は全て「無料」となっていますので、登録にあたって費用負担を心配して頂く必要はありません。

登録を行う場合にはテクストエージェントのランディングページ上にある「このフォームで登録完了です!」という入力欄を利用して登録手続きを行います。

登録時に必要な情報は氏名、メールアドレス、電話番号のたった3つです。

あとは送信ボタンを押すだけでweb上の手続きは完了となります。

確認メールと共に担当者より電話連絡→担当者との面談実施日の確定

Web上での登録手続きが済んだら、登録したメールアドレスへ確認連絡メールが入ると共に、登録した電話番号へテクスタエージェントの担当者から電話連絡が入ります。

電話では主に本人確認の他、面談実施日の相談が行われます。

面談実施場所はテクスタエージェントの運営会社である株式会社Branding Engineerの本社オフィス(東京/渋谷)で行われることになります。

渋谷まで訪問できる希望候補日を提示し、面談日時を確定させてください。

担当者との面談

面談日を迎えたら東京・渋谷の本社オフィスで、担当者との面談に臨みます。

面談では主に職歴や参加したプロジェクトでの実績、得意とするプログラム言語、保有資格などの他、希望年収や勤務の条件など転職先に関する希望や条件などについて、細かくヒアリングが行われます。

もし面談日までに間がある場合には、転職に関する自分の希望条件などを紙に書き出すなどして事前に準備しておくと面談がよりスムーズに進行します。

また、希望条件が具体的であれば求人企業とのマッチング精度も高まる上、よりスピーディーに紹介も得られるようになりますので、できるだけ事前準備を行っておくことをオススメします。

非公開求人も含めた求人企業の紹介

面談が終了すると、早ければ当日中、非公開の求人を中心に担当者から希望条件にマッチしている求人企業の紹介を受けられます。

非公開求人とは転職エージェントの利用者が会員専用サイト内で自由に閲覧できる求人情報(=公開求人)ではなく、求人企業側が要望した条件にマッチしている利用者のみに個別に公開・紹介される求人のことで、非公開求人の中には特に有名企業が含まれている場合が多く見られます。

有名企業が公開で求人を行うと、人気の高さから応募要件にマッチしてない応募者も多数応募してくるため、書類選考を行うだけでもかなりの作業負担が発生することになります。

一方非公開求人にすれば要件を満たした人材だけを対象に選考することが可能になりますので、有名企業ほど非公開求人を選ぶ傾向が高まるからです。

尚、利用者は自分で求人先を探す必要はありません。

また、紹介を受けた求人企業に必ず応募しなければならないという条件もありません。

よく検討した上で関心が持てない場合には見送ることもできますし、見送った場合にはまた新たな紹介を受けられます。

応募先の選定→書類選考→採用面接

紹介を受けた求人の中で応募したい求人が見つかったら、その意志を担当者へ伝えます。

その後の流れは求人企業によっても多少異なりますが、一般的な流れではまず書類選考が行われます。

書類選考では求人企業側が要望する書類、例えばエントリーシートや職務経歴書等応募書類を提出し、審査を受けることになります。

応募書類の作成は手間がかかるだけでなく、どのように書けば良いか悩むことも多いものですが、心配は無用です。

求人企業側のニーズを知り尽くした担当者が、企業から評価を得やすい応募書類の書き方をアドバイスしてくれたり、添削指導してくれたりするからです。

書類選考を無事通過したら採用面接へとコマを進めることになりますが、その際、特に現職を抱えている方にとって不安な点は面接日程を指定されることだと思われます。

指定された日程を断れば求人企業側の心証を害する可能性がありますし、かといって日程で無理をすれば現職の仕事に影響が及びかねません。

しかし、この点でも心配は無用です。

担当者が間に入り、利用者の面接希望日をしっかりと聞き取ってくれた上で日程調整を図ってくれます。

また面接が実施される直前には、面接対策指導も丁寧に行ってくれますので、万全な状況で面接に臨むことができます。

内定→入社条件の調整・確定→入社

面接の結果、無事合格となれば求人企業側からテクスタエージェントの担当者側へ内定が通知されます。

内定段階ではまだ入社が確定する訳ではありません。

例えば年収など、入社条件を確認した上で入社するかどうかを判断できます。

尚、入社条件については交渉できる場合もあります。

もし「こうした条件を満たしてくれたら入社を決めたい」といった希望があれば担当者へ相談すると良いでしょう。

そうすれば、利用者に代わって希望条件の代理交渉を行ってくれます。

条件が確定し、合意したら入社確定となります。

あとは現職を円満に退職して入社日を迎えるだけとなりますが、最終的な場面でもテクスタエージェントのサービスはぬかりありません。

円満退職に向けたサービスや支援やフォローについてもしっかりと行ってくれますし、更には入社後も何か相談したいことが生じれば相談に応じてもらえます。

テクスタエージェントのデメリット

利用者の5割以上が600万円超の年収を実現しているテクスタエージェントですが、同社にもいくつかデメリットがあります。

どのようなデメリットがあるか、その点も確認しておきましょう。

●求人企業は首都圏が中心である。そのため、地方の求人企業はあまり斡旋してもらえない。

●面談場所は東京渋谷本社のみで、原則、他の場所で行われる場合は少ない。遠方に住んでいる方が面談に臨む場合には不便な上交通費負担も高まる。

●求人企業数の詳細は非公開となっており、どのような資質や能力を備えたエンジニアについてどれぐらいの求人数があるかといった具体的な情報を事前に知ることができない。

●35歳以上の利用者は2割に留まっている。30代後半から40代以上にかけての転職支援は強くない。

テクスタエージェントの評判

「年収240万円アップを実現」(webエンジニア・20代男性)
「テクスタエージェントってそれほど有名な転職エージェントではありませんし、老舗の転職エージェントという訳でもなかったので最初はそれほど期待していませんでした。
ただ、年収アップしている事例が多いことは耳にしていましたので、ダメ元で登録したというのが正直なところです。
テクスタエージェントを含めて3社の転職エージェントへ登録して転職活動をスタートさせたのですが、最初に紹介してもらえた求人の中で最も高い年収を提示してくれた企業はテクスタエージェントの紹介企業だったんです。
他の転職エージェントは2社とも大手でしたが、無難な条件の求人は紹介してもらえるけど、こちらが驚くような年収条件を提示してくれる求人企業の紹介なんてなかったですね。
それでテクスタエージェントに対する評価が大きく変わり、テクスタエージェントをメインに転職活動を行うことにしました。
その結果ですが、もうすぐ大企業の仲間入りを果たしそうだというレベルの企業から年収で240万円アップ、つまり月あたり20万円アップの条件を頂けたので、その企業へ入社することを決めました。
中には300万、400万といった年収アップを実現した方もいるようですが、私としては240万円アップでも十分満足できる結果です。
転職は年収だけで決まるものではないですが、私達エンジニアにとって年収は評価のバロメーターでもあると思います。
やはり自分を高く評価してくれる企業で働きたいですからね。
転職するなら年収は妥協したくないというなら、テクスタエージェントは利用しておいた方が良いと思いますよ。」

「わずか2週間で某有名企業へ転職」(SE・30代男性)

「SEの転職時期って結構難しいですよね。
次のプロジェクトが始まってしまえば、周囲に迷惑をかけることになりますから簡単には退職できなくなります。
一番理想的なのは現在のプロジェクトがほぼ確実に終わる時期が見通せたタイミングで、次のプロジェクトが始まる前に転職先を決めることですが、それを実現しようと思うと転職活動期間って本当に少なくなってしまいます。
でもそれしかないと考え、短期決戦で勝負を決める目的で選んだのがテクスタエージェントでした。
なぜかと言いますと、知人のエンジニアが登録して1週間ぐらいで転職できたことを知っっていたからです。
で、私もわずか2週間で転職できました。
しかも、現職より80万円ほど年収アップという条件で転職を果たせましたから、結果には満足できています。
テクスタエージェントは年収アップの転職ばかり注目されがちですが、急いで転職をしたいという方にも力になってもらえる転職エージェントですよ。」