tensyoku1

転職活動に取り組む方法は

%e3%83%ac%e7%82%b9 求人誌や転職サイトから求人情報を得て自力だけで転職活動を行う方法

%e3%83%ac%e7%82%b9 転職エージェントから求人を紹介してもらう等、転職支援を受けながら転職活動を行う方法

以上2つの方法に大別できます。

どちらの方法を選択する場合でも、それぞれの特徴をしっかりと理解した上で転職活動に有効に活かすことが転職を成功させる上で重要なことです。

さこで今回は後者の「転職エージェント」にスポットを当てて、どうすれば転職エージェントを有効に活用できるか、転職エージェントとの上手な付き合い方について徹底的にガイドします。

転職エージェントとは・その役割とは

tensyoku2

そもそも転職エージェントは何か、どのような役割を果たしてくれるのかについて改めて確認しておきましょう。

転職エージェントは法律上「有料職業紹介事業」という厚生労働大臣より許可を得て行なうことができる、職業紹介事業に取り組んでいる事業者のことです。

よく誤解されるのですが転職エージェント=転職サイト(※)ではありません。

転職サイトとは求人情報の提供だけを行っているサイトまたは事業のことを指します。(※転職サイトと転職エージェントの違いについては当サイト「知っ得!転職サイトと転職エージェントは同じではない?!その違いとビジネスモデル」で詳述しておりますので、ぜひ参考にしてください)

有料職業紹介事業とは、具体的には求職者と求人企業の仲介役として積極的に関わり、求職者に対しては求人企業の紹介や斡旋、更には求人企業へ求職者の方が無事採用されるよう様々な支援を行なうことを言います。

こうした役割を果たすのが「転職エージェント」です。

「有料」の意味について

ここで気になるのが「有料職業紹介」と表現されているとおり、そうしたサービスは有料で提供されるのではないかという疑問や不安です

この点は一切不安を感じる必要はありません。

有料職業紹介事業者は法律上求職者の方からサービス料等の報酬を受け取る事は原則禁じられているからです。

ではどのように利益を得ているかというと、求人企業側からの報酬、正確に言えば「成功報酬」が転職エージェントの利益となります。

転職エージェントは求人企業へ求職者を紹介しただけでは報酬を得ることはできません。求人企業が必要としている人材を採用できて初めて成功とみなされ、報酬を受け取ることができます。

そのため、転職エージェントは自社に登録してくれた求職者の方々へ求人企業を紹介するだけでなく、採用されるよう応募書類の添削を行なったり、面接対策指導を行なったりといった様々な転職支援を「無料」で行なってくれる訳です。

つまり求職者の方々の転職成功は転職エージェントの利益となりますので、両者の関係は「winwinの関係」と言えます。

どんな心構えで転職エージェントに登録するべきか

tensyoku3

転職エージェントは求職者の皆さんにとって頼れる身近な存在である

転職エージェントは皆さんとwinwinの関係であり、一人でも多くの方に利用してもらうことが、多くの求人企業に人材を紹介でき、採用につながることで利益ともなります。

つまり、皆さんに登録→利用してもらえることを心待ちにしています。

またお伝えしたとおり、利用するにあたってサービス料を請求される心配は一切ありません。

肩肘張らず、「無料なら試しに利用してみようかな」といった気軽な気持ちで登録しても構わないのです。

近寄りがたい存在ではなく、転職活動を行っている求職者の皆さんは「転職のことなら何でも相談できる身近な存在」と考えれば良いのです。

転職エージェントにとって求職者の皆さんはお客様ではなく「成功させる存在」

ただし、この点も心構えとして大切なことですが、気楽な気持ちで登録することは構わないものの、「お客様気分」あるいは「利用してやっている」といった上から目線で転職エージェントに登録、利用することは皆さんのためになりません。

転職エージェントと皆さんの関係は「転職成功という難しいゴールを共に目指して戦ってゆくパートナー同士」という関係であり、決してお客様とサービス提供者といった関係ではありません。

理想的な転職を果たすには相応の努力が必要です。

求職者の皆さん自身が自分を戒め、改善したり、自分を高めたりする努力も必要です。

そのためには転職エージェントも時に厳しく皆さんに接する場合もあります。それは皆さんを成功させたいからに他なりません。

いくら転職ブームと言っても求人企業の人材に対する要望や評価基準は決して生易しいものではないことを転職エージェントはよく理解しています。

お客様のようにちやほや扱うだけでは、転職は軽々に実現できないことを転職エージェントは十分心得ているからこそ、時に厳しく接することもあるのです。

転職エージェントは頼れるパートナーであるのと同時に、時として厳しいことも言ってくれる心強いトレーナーのような存在として位置付け、感謝の気持ちも持って転職エージェント接することが、求職者の皆さんの転職成功につながります。

自分にあった転職エージェントの探し方

近年の転職ブームを背景に転職エージェントの数も増加傾向にあり、転職エージェント間の競争も激しくなっています。

そのため、転職エージェントは他社との差別化や自社の強みを活かした特徴的なサービスを打ち出すことで生き残りをかけようとしています。

それだけに、単に評判が良い転職エージェントならどこでも良いと言う訳ではなく、自分にあった転職エージェントを選ぶことが転職を成功させる上で重要になっています。

では自分にあった転職エージェントを選ぶにはどうすれば良いか、ポイントをご紹介します。

いきなり転職エージェントのポータルサイト等を利用しない

転職エージェントを探すには転職エージェント紹介のポータルサイトを利用するのが便利そうに思えます。

しかしながら、何ら準備することなくそれらを利用しても転職エージェントに関する情報の波に飲まれるだけで却って選びにくくなってしまったり、誤った判断で選んでしまったりといったことになりがちです。

こうしたポータルサイトを利用する場合には、自分の転職に対する考えや方向性をある程度確定させてから利用するべきです。

ではどのようなことを具体的に確定させておけば良いのかですが、それが以下で紹介しているポイント事項です。

転職するエリアを検討する

まず大切になるのが、転職する場合のエリアです。

自宅から通える職場への転職が絶対条件だといった場合と、日本全国、場合によっては海外も含めて地域は選ばないという場合ではそれだけでも転職エージェント選びは大きく異なってきます。

地域密着型で特定の県や地方に特化した求人紹介で抜群の強みを発揮している転職エージェントもいれば、海外も含めた全国対応型の転職エージェントもいるからです。

従って転職エリアをどうするか、転職エージェントを探す前に考えを整理しておくことが重要です。

自身の年代を意識する

転職エージェントは地域性だけでなく、例えば20代専門の転職エージェントや30代後半から40代にかけてのミドル層の転職を重点的に支援している転職エージェントも存在する等、求職者の年代によっても強弱があります。

自分にあった転職エージェントを探す場合には、自分の年代を意識し、自分が属する年代に強い転職エージェントであるかどうかも選択基準に加えておくことも大事です。

転職したい業界に強い転職エージェントを重視する

仮に自分が転職したい業界がある程度定まっているという方なら、その業種に特化して転職支援サービスを展開している転職エージェントを優先的に検討すべきと言えます。

特定業界専門の転職エージェントならば、他業界の求人案件を紹介される心配もなく、その転職エージェントが独占している特定業界の求人情報なども得られやすくなるからです。

加えて、求職者の皆さんを直接お世話することになる専任のアドバイザーもその業界出身者という場合が多く、業界ならではの裏情報等求人情報だけではわからない特有の情報なども得やすくなるからです。

従って最適な転職エージェントを探す前の準備として、転職したい業界を確定させておくことも大切です。

しかしながら転職したい業界が定まっておらず、まだ定められないという方もいるでしょうから、そのような方々は業種や職種を限定せずに幅広く対応できる大手の転職エージェントを選ぶことを検討した方が良いと言えます。

最初から1社だけに絞ろうと考えない

様々な条件を整理して、自分にあった転職エージェントを選ぶべく努力することは大切ですが、最初から最も理想的な転職エージェンを1社だけ探し出そうとすると無理が生じ、却って選べなくなってしまう場合もあります。

かといって「無料だからダメもとで」といったつもりで多数の転職エージェントに登録してしまえば、それだけ対応量が増えて煩雑になってしまい、却って転職効率も悪くなってしまいます。

そこで2~3社程度に絞込み、その中から一応1社を選んで登録してみて、自分の肌に合うかどうか、希望している求人の紹介を得られるかどうか様子をみつつ、動きが鈍いようであれば次点となった転職エージェントにも登録してみるといった複数の利用を前提に考えておけば「こんなはずでは・・・」といった結果を回避しやすくなります。

専任担当者との上手な付き合い方

転職エージェントとのお付き合いは、自分を専門に担当してくれる担当者、アドバイザーやコンサルタントと呼称されている方々とのお付き合いが基本となります。

そのため、自分の専任担当者と良好な関係を築き、上手に付き合っていくことこそが転職エージェントを上手に活用することとなり、転職活動を成功させる鍵ともなってきます。

では専任担当者と上手に付き合うにはどのようなポイントがあるか、その点を解説致します。

挨拶や御礼の言葉を忘れない

人間同士のコミュニケーションの第一歩であり、基本となるのはやはり挨拶です。

専任担当者と会った場合や連絡した場合、帰る場合など節目節目で挨拶の言葉を忘れることなく行うことは基本的なことであり、大切なことでもあります。

また、仕事であったとしても専任担当者だって御礼を言われれば嬉しいものであり、そうした経験が積み重なれば積極的に協力しようという気持ちも大きくなります。

ちょっとしたことであっても何か協力してもらったら、できるだけこまめに御礼の言葉を伝えるようにすることが良好な関係を築く上でのコツです。

紹介された求人を断る場合に遠慮は無用。但し・・・

専任担当者の第一の仕事は、求職者の皆さんへ求人企業を紹介することにあります。

その場合の基本的な心得ですが、専任担当者から紹介された全ての求人に応募する必要はありません。

よく検討した上で自分が応募したいと決断した求人に応募することが大原則です。

したがって、紹介された求人案件を断る場合に遠慮は不要です。

ただし、断る場合には専任担当者の気持ちにも配慮することは大切です。

皆さんのために汗をかいて探し出した求人情報ですので、協力してもらった以上、断る場合でも一言感謝の言葉は添えるべきです。

また、結論だけを伝えるのではなく、なぜ断るのか簡潔に自分の評価ポイントや理由を伝えた方が専任担当者としてはより納得しやすくなりますし、今後の紹介にも役立つ情報にもなります。

自分で勝手に判断せず、確認や相談をまめに行なう

求人企業の中から応募したい企業が決まれば、

応募書類の提出 → 求人企業との面接 → 内定 → 退職 → 入社

と段階的に進んでゆくことになります。

こうした入社に向けたプロセスの中で大切な事は、自分だけで勝手に判断しないこと、できるだけ小まめに専任担当者への確認や相談を行ないながら慎重に進めてゆくことです。

仮に採用が決まれば、現職の退職手続きを行わなければなりませんが、自分だけで進めたために何かトラブルを招き、予定していた入社日には入社できなくなると言った事態になれば、転職先の企業にも大きな迷惑をかけてしまうことになります。

過度な依存心は御法度ですが、だからと言って自分だけで話を進めようとせず、些細に思えるようなことであっても転職に関わることであれば、できるだけ専任担当者へ情報を伝え、共有し合うよう心掛けてください。

★あわせて読みたい