13
転職を考える際、できるだけ自分の希望する職種や業種に転職できるよう、数多くの求人情報を幅広く集めることが肝要になってきます。

転職に向けた求人情報収集においてサイトの活用は避けて通ることができませんが、なかでも「転職」を検討する場合にはハローワークよりも「転職サイト」と「転職エージェント」の利用が不可欠と言っても過言ではありません。

転職ナビ

そこでこの記事では、転職サイトを本格的に利用したことがない方や「転職エージェントって一体何?」という方を対象にそれらをわかりやすく解説して参ります。

転職サイトとは

14
インターネット上には企業の求人広告を紹介しているサイトが多数存在していますが、例えばパート、アルバイトや派遣社員、あるいは新卒の求人など、募集対象などによってサイトが分かれています。

つまり「求人サイト」の中で特に「転職サイト」と呼ばれているものはパートやアルバイトの求人は基本的に含まず、主に「転職」、即ち中途採用での社員募集に特化して求人広告情報を紹介しているサイトのことを言います。

転職サイトをもう少し細かく見た場合、転職サイトには職種や求人募集地域に全く関係なく総合的に転職求人情報を紹介しているサイトがある一方、例えば

・看護職専門
・ITエンジニア専門
・医師専門
・海外専門
・Uターン、Iターン専門
・○○地方専門

上記のように特定の「職種」・「業界」や、「特定地域」だけの転職情報を紹介したりするなどにより、サイトごとに独自色を発揮している場合もあります。

転職サイト利用にお金はかかるの?転職サイトのビジネスモデルについて

15
転職サイトは主に中途採用者を募集している企業側が、求人広告をサイトへ掲示する際に広告の画面サイズや広告掲示位置などに応じて掲載料をサイト側へ支払います。

これら求人を行う企業側からの広告収入で運営が賄われていますので、利用者側が転職サイトを利用した場合に情報提供料をはじめとした何らかの費用を請求されることはまずありませんのでご安心下さい。

また、転職サイトによっては求人広告を閲覧する際、個人情報等を登録し、そのサイトの会員になる必要がある場合もありますが、このような場合であっても費用が発生する心配は一切無用です。

check091その主な理由ですが、企業によっては誰でも自由に閲覧できる求人(公開求人)ではなく特定の対象者のみ自社の求人広告をみてもらうことを希望する場合もあります。そのような一般的に「非公開求人」と呼ばれる求人情報が存在していますので、それらを閲覧できるよう個人情報の登録が必須条件になってくる場合もあるからです。

また、転職サイトとしても求人広告の反響が悪く応募が少なければ、企業が継続して求人広告を掲載してくれなくなるおそれが高まります。その点で個人情報を登録してくれたら、特に条件が合いそうな登録会員にメールで求人情報を個別提供するなどにより、求人広告への反響率を高めることができますので、そうした会員登録を呼びかけているのです。リクナビなど転職サイトによってはプライベートオファーやスカウトメールが届く場合もありますので、尚のことメールアドレス登録はおすすめです。

転職ナビ

むしろ、非公開案件やメールで自分の希望条件になった求人情報を得やすくなるメリットがありますので、転職を考えている方は、転職サイトへ積極的に登録を行った方がベターです。

良く耳にする転職エージェントとは何?

16
さて、転職について色々と調べていると頻繁に目にすることになるのが「転職エージェント」という言葉ですが、転職エージェントは一体何なのか、説明致しましょう。

check091転職エージェントとは一般的には「人材紹介サービス」のことであり、行政サイドからみた場合の呼称としては「職業紹介事業」を行っている企業のことです。行政側の呼称があることからもわかるとおり、転職エージェントはどんな企業でも簡単に行うことができる訳ではなく、行政側(都道府県)の審査を受けて「許可」を得る必要があります。

そのような意味で、転職エージェントは都道府県の許可を得た上で主に中途採用で求人を行っている企業側に対して、その人の資格、経験・経歴、キャリアなどを考慮し、よりマッチした求職者を紹介するサービスを提供している事業者と言うことができます。

転職エージェントは具体的にどんなサービスを提供してくれるの?

では転職エージェントは具体的にどのようなサービスを求職者へ提供してくれるかということですが、やや大袈裟に言えば「求職者を転職させるために必要となることは全てやる」と言っても過言ではありません。専任のキャリアコンサルタント(またはキャリアアドバイザー)が

・求職者にマッチした求人企業情報の個別提供や求人紹介、斡旋
・転職を希望する求人企業への内定獲得に向けた指導やアドバイス
・転職全般に関するアドバイスや相談
・エントリーシートや履歴書、職務経歴書の書き方など書類選考に関する指導 
・面接時の質問についてなどの面接対策

といったサービスを求職者に対して手厚く行ってくれます。

転職サイトと何が違うの?

17
転職サイトも中途採用の企業情報を主に転職志望者へ情報提供することで、企業と転職志望者のマッチングを促進している面がありますが、転職サイトと転職エージェントとは一体何がどう異なるのでしょうか。

転職サイトは情報提供のみ

18転職サイトはあくまで転職志望者に対して求人情報の提供を行うことだけが役割です。

特定の個人を特定の企業に引き合わせること、つまり紹介や斡旋することは行いませんし、そもそも行政からの許可がなければそのようなことを行うことはできません。

 

転職エージェントは「紹介」や「斡旋」がメイン

19転職サイトとは一般的に「人材紹介会社」と呼ばれているとおり、特定の企業に対して特定の個人を紹介するだけが仕事ではありません。

むしろ特定の個人が特定の求人企業へ転職できるよう斡旋したり、互いの中をとりもったりといった仲介をすることが主な役割です。

 

転職エージェントが転職サイトを兼ねて運営している場合が多い

人材を欲している会社に転職志望者を紹介すると言っても、この点は「お見合い」と同じことで、転職志望者側がその企業に関して関心を持たなければ企業側の担当者と会ってみようとは思いませんよね。

転職エージェントは特定の企業だけを一方的に転職志望者へ紹介するだけでは、その役割を果たすことは難しい面があります。そこで転職エージェントは例外なくと言って良いぐらい転職サイトも運営しています。

a_085できるだけ数多くの求人情報を求職者へ提供すれば、求職者がそれら情報の中から「ぜひ転職したい」と思える企業を発見できたり、ぜひ転職したいとまではいかなくても「この企業の人事担当者と会ってみたい」と思える企業を見い出せたりする確率は自ずと高まります。そうした企業に対する関心を示した求職者の中から、求人企業側が求めている人材像に近い志望者をその求人企業側へ紹介するようにすればお見合いが成立する可能性も高まるからです。

転職ナビ

このように転職サイトと転職エージェントは本質的には必ずしもイコールではありません。しかしながら、求人企業と求職者のお見合いを成立させやすくすることを主な狙いとして、転職エージェントが転職サイトも運営している場合が大変多いことも併せてぜひ理解しておいてください。

転職エージェントを利用して企業を紹介してもらったらお金がいるの?/転職エージェントのビジネスモデルについて

さて、転職サイトは求人広告をサイトへ掲載することで広告収入を得ることが基本的なビジネスモデルでしたが、転職エージェントはどのようなビジネスモデルになっているか、即ちどのように収益をあげるのか気になるところですよね。

なぜなら個々の求職者に特定の求人企業を紹介したり、斡旋したりするサービスを行う訳ですから、仮に紹介してもらった場合には1社につき幾らといった紹介料が必要になるということであれば、利用は慎重にならざるを得ません。

でも御安心を。転職エージェントは転職を志望されている個人の方から紹介料や手数料等の費用は一切受け取りません。

転職エージェントは求人を希望している企業側から「成功報酬」を基本として、企業側から受け取る紹介料を収益として運営されています。

成功報酬だから転職エージェントは求職者にとっての強い味方

成功報酬ということは、転職エージェントは企業側に転職志望者をただ紹介するだけでは、何ら報酬は得られないのです。

企業側に求職者を紹介し、採用が確定(雇用契約が確定)してはじめて企業側から紹介料として一定の報酬(採用に至った転職志望者の採用後の月給×数ヶ月分)を受け取ることができます。

そのため、転職エージェントとしては一人でも多くの求職者の転職を成功させることが自社の利益につながりますので、是が非でも皆さんの転職を成立させようと求職者の皆さんに対して手厚い支援を行うのです。

言わば転職エージェントと転職志望者の皆さんはウインウインの関係なのです。

転職ナビ

転職エージェントは、一切無料で親身になって転職志望者の皆さんの就職活動をサポートしてくれるとても心強い存在と言えますので、転職を検討されている方は転職エージェントを利用しない手はありませんよ。

大いに転職エージェントを活用し、ぜひ転職を成功させてください!

 

★あわせて読みたい