13
転職を考える際、できるだけ自分の希望する職種や業種に転職できるよう、数多くの求人情報を幅広く集めることが肝要になってきます。

転職に向けた求人情報収集においてサイトの活用は避けて通ることができませんが、なかでも「転職」を検討する場合にはハローワークよりも「転職サイト」と「転職エージェント」の利用が不可欠と言っても過言ではありません。

転職ナビ

そこでこの記事では、転職サイトを本格的に利用したことがない方や「転職エージェントって一体何?」という方を対象にそれらをわかりやすく解説して参ります。

転職サイトとは

14
インターネット上には企業の求人広告を紹介しているサイトが多数存在していますが、例えばパート、アルバイトや派遣社員、あるいは新卒の求人など、募集対象などによってサイトが分かれています。

つまり「求人サイト」の中で特に「転職サイト」と呼ばれているものはパートやアルバイトの求人は基本的に含まず、主に「転職」、即ち中途採用での社員募集に特化して求人広告情報を紹介しているサイトのことを言います。

転職サイトをもう少し細かく見た場合、転職サイトには職種や求人募集地域に全く関係なく総合的に転職求人情報を紹介しているサイトがある一方、例えば

・看護職専門
・ITエンジニア専門
・医師専門
・海外専門
・Uターン、Iターン専門
・○○地方専門

上記のように特定の「職種」・「業界」や、「特定地域」だけの転職情報を紹介したりするなどにより、サイトごとに独自色を発揮している場合もあります。

転職エージェントとは

16
さて、転職について色々と調べていると頻繁に目にすることになるのが「転職エージェント」という言葉ですが、転職エージェントは一体何なのか、説明致しましょう。

check091転職エージェントとは一般的には「人材紹介サービス」のことであり、行政サイドからみた場合の呼称としては「職業紹介事業」を行っている企業のことです。行政側の呼称があることからもわかるとおり、転職エージェントはどんな企業でも簡単に行うことができる訳ではなく、行政側(都道府県)の審査を受けて「許可」を得る必要があります。

そのような意味で、転職エージェントは都道府県の許可を得た上で主に中途採用で求人を行っている企業側に対して、その人の資格、経験・経歴、キャリアなどを考慮し、よりマッチした求職者を紹介するサービスを提供している事業者と言うことができます。

転職エージェントは具体的にどんなサービスを提供してくれるの?

では転職エージェントは具体的にどのようなサービスを求職者へ提供してくれるかということですが、やや大袈裟に言えば「求職者を転職させるために必要となることは全てやる」と言っても過言ではありません。専任のキャリアコンサルタント(またはキャリアアドバイザー)が

・求職者にマッチした求人企業情報の個別提供や求人紹介、斡旋
・転職を希望する求人企業への内定獲得に向けた指導やアドバイス
・転職全般に関するアドバイスや相談
・エントリーシートや履歴書、職務経歴書の書き方など書類選考に関する指導 
・面接時の質問についてなどの面接対策

といったサービスを求職者に対して手厚く行ってくれます。

転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

17
転職サイトも中途採用の企業情報を主に転職志望者へ情報提供することで、企業と転職志望者のマッチングを促進している面がありますが、転職サイトと転職エージェントとは一体何がどう異なるのでしょうか。

men指指しノーマル

転職サイトとは

転職サイトとは、主に”求人情報の提供”を行なっているサイトのことです。

法律上転職サイトが求人に関して行なえるサービスは「情報提供」だけであり、転職サイト運営者は許可なく求職者の方と求人企業の間に入って、個別に紹介やあっせんといったことを行なうことはできません。

転職サイトだけのランキング記事もありますのでぜひ参考にしてみてください!

menガッツ

転職エージェントとは

転職エージェントは法律上「有料職業紹介事業者」と呼ばれる事業者で、厚生労働大臣より許可を得てサービスを提供している事業者となります。

許可を得て提供するサービスとは、求職者の方に求人情報を提供するだけでなく、求職者と求人企業の間に入り、仲介役・あっせん役として雇用契約が成立するよう両者に積極的に働きかけたり、支援を行なったりすることです。

今回の転職をエージェントに任せたいという方には、担当者と合わないという場合も少なからずありますのでエージェント選びも重要になってきます。ランキングから選ぶ方法もありますが、無料なので実際に複数登録した上でお任せしてもいいエージェントを選ぶ方法もあります。

women指差し上

転職エージェントが転職サイトを兼ねて運営している理由と見分けるポイント

人材を欲している会社に転職志望者を紹介すると言っても、この点は「お見合い」と同じことで、転職志望者側がその企業に関して関心を持たなければ企業側の担当者と会ってみようとは思いませんよね。

転職エージェントは特定の企業だけを一方的に転職志望者へ紹介するだけでは、その役割を果たすことは難しい面があります。そこで転職エージェントは例外なくと言って良いぐらい転職サイトも運営しています。

転職サイトと転職エージェントが混同されやすい一番の理由は共に「求人情報を提供する」という共通点があるからです。

ではどの点で判別すれば良いかといえば、主には求人への応募方法です。

サイト経由であろうとなかろうと求人企業へ応募した後は、直接求人企業とやり取りを行なうことになるのが「転職サイト」です。
一方転職エージェントの場合は直接求人企業へ応募したり、やり取りを行なうことはありません。
全て転職エージェントの担当者を通じて行なうことになります。

できるだけ数多くの求人情報を求職者へ提供すれば、求職者がそれら情報の中から「ぜひ転職したい」と思える企業を発見できたり、ぜひ転職したいとまではいかなくても「この企業の人事担当者と会ってみたい」と思える企業を見い出せたりする確率は自ずと高まります。

そうした企業に対する関心を示した求職者の中から、求人企業側が求めている人材像に近い志望者をその求人企業側へ紹介するようにすればお見合いが成立する可能性も高まるからです。
こうした共通点と違いがあることを、この機会にぜひ理解しておいてください。

⇒知っ得!転職サイトと転職エージェントは同じではない?!その違いとビジネスモデルにさらに詳しく転職エージェントと転職サイトの違いを解説しています。

転職サイト・エージェントは無料!複数登録しても損はない

どの転職サイト・エージェントも無料のワケは?

転職エージェントも、転職サイトも利用するのに料金はかかりません。利用者は全てのサービスを無料で受けることが出来るのです。

その仕組みは…

転職サイトの場合:求人情報を掲載する企業からの広告収入で利益を得ています。だから求職者は一切、利用料を支払うことはありません。

転職エージェントの場合:こちらは転職が成功すると企業から成功報酬が支払われます。求人企業にとって良い人材を得ることは、高い金額を支払うに値する重要なことなのです。無事契約が取れると報酬が企業からエージェントに支払われるシステムのため、転職エージェントは非常に熱心に転職のサポートをしてくれるというわけです。

 

仕組みの違いはあれど各サービスへの登録は、利用者にとってメリットはあってもデメリットは何もありません。安心して登録し、転職サービスを大いに活用しましょう。

登録は基本的に複数登録で比較検討するのがおすすめ!

何をするにも、相性というものがあります。

エージェントは基本的には利用者に対して非常に親身になってくれる人ばかりですが、良い人だから転職がうまくいくというものでもありませんし、求人数が多いから必ず転職に結びつくというものでもありません。ある仕事に特化した転職サービスの方が良い場合もあれば、広い視野で次の人生を考えるためにオールマイティーな仕事を紹介してくれるところが良い場合もあります。

だからこそ、転職サイトも転職エージェントもに複数登録してみることをおすすめします。一つの転職サービスでは見えなかった何かがもう一つの会社で見えてくるかもしれません。複数登録しても全て無料で利用できるので、求人が見つかる可能性も倍増!一つしか登録しないなんてもったいないですね!しっかり比較検討して、自分に一番マッチした企業に転職しましょう。

ただし欲張って沢山登録しすぎると、自分でも管理が出来なくなってきてややこしくなります。情報がありすぎると脳はストレスを抱えた状態になり、正しい取捨選択が出来なくなってきますので、二つくらいの登録が一番比較しやすく、おすすめですよ。

転職サイト、転職エージェントはそれぞれこのような方々がオススメ!

women指差しメガネ

転職サイトと転職エージェントの違いをお分かり頂いた上で、転職サイト、転職エージェントにはそれぞれ「合う利用者」と「合わない利用者」が存在します。
つまり転職サイトと転職エージェントのどちらが良い、悪いは、利用する求職者の方によって異なってくるということです。

では転職サイト、転職エージェントそれぞれオススメの利用者、即ち合う利用者とはどのような方々か、ご紹介しましょう。

転職サイト

  • 転職活動を人任せにしたり、第三者が関わることに抵抗感を感じたり、面倒に感じたりする方
  • 紹介を受けるのではなく、できるだけ幅広い選択肢の中から自分自身で転職先を選び抜きたいという方

転職サイト(だけ)を利用するということは、全て一人で転職活動に取り組む自己完結型の転職活動を行うことを意味します。

また、転職エージェントを利用した場合、紹介を受けられる求人企業はあくまで転職エージェントと取引している企業だけであることに加え、転職エージェントは求人企業の意向も受けて紹介を行ないますので、紹介してくれる求人企業が限られる場合があります。

こうした理由から、ご紹介したようなタイプの方は転職サイトがオススメと言えます。

転職エージェント

  • 転職活動に不安があるので、プロのサポートを受けて活動に取り組みたい方
  • 自分でじっくり転職先を探す時間的な余裕がないという方
  • 求人企業の情報を事前に取るなどして、とにかくミスマッチのない転職を実現したいという方

転職エージェントは担当者が求職の方に代わって求人企業を探し、紹介してくれますすので自分で探す必要がなくなります。
また、なんといっても求人企業との間に入ってくれるので事前に情報もとりやすくなるため、前述のような方々に特にオススメできます。

転職サイト・転職エージェントの評判&口コミでみるべきポイントは?

では、転職サイト・転職エージェントの評判や口コミ、ランキングを見る上でのポイントをお伝えして参りましょう。

口コミは「他者の意見」として過度に信じず参考情報程度と割り切る

同じ利用者の立場から発せられる口コミは、広告情報以上に参考に出来ます。

しかしながら

  • 匿名の場合は事実かどうかわからないこと
  • 仮に事実であっても口コミは良くも悪くも主観に基づいていること

などを前提としておくことが大切です。

つまり口コミ情報は過度に信じ込まず、あくまで「他者の一つの意見や評価」と割り切り、参考情報として読むことが大切です。

できる限りバランスと量を重視する

いくら他者の意見と割り切るべしと言っても良い評価ばかりのサイトなら良いサイトだろうと自然に思ってしまいますし、悪評ばかりであればどうしても懸念や不安が高まってしまうものです。
しかし、そうした偏った意見ばかりという場合はサイト運営者の意図によって操作されている場合もあります。

従って、口コミ情報を得る場合には出来るだけ評価のバランスと量を重視することも大切です。
例えば悪い評価ばかりの口コミを3つ読んだなら、良い評価の意見も3つ探して読むようにするといった具合です。

良い、悪いそれぞれ同数の口コミをネット上で必ず得られるとは限りませんが、そうした量やバランスを重視する意識があれば、一方の評価ばかりという口コミを読んでも冷静に、客観的に情報を受けとめることができるようになります。

目的を持って評判や口コミに目を通す

漫然と他者の口コミに目を通すのではなく、例えば評価したい項目を絞り、その項目についてどのような評価を得ているか、目的意識を持って口コミを読むようにすることも大切です。

例えば「転職サイトの検索機能は重視していない。それより求人の質や量が大切だと思うからその点に対する他者の評価を探ってみよう」といった具合です。

そうした目的意識があれば、仮に星数などの総評では悪い評価の方が多いサイトであっても、主な理由が検索機能の悪さであり、求人の質や量については概ね好意的な評価が多いということであれば、総評の悪さに惑わされることなくサイトを評価できるようになります。
つまり、目的を持って他者の評価から必要な情報だけを読み取ることがコツということです。

成功報酬だから転職エージェントは求職者にとっての強い味方

成功報酬ということは、転職エージェントは企業側に転職志望者をただ紹介するだけでは、何ら報酬は得られないのです。

企業側に求職者を紹介し、採用が確定(雇用契約が確定)してはじめて企業側から紹介料として一定の報酬(採用に至った転職志望者の採用後の月給×数ヶ月分)を受け取ることができます。

そのため、転職エージェントとしては一人でも多くの求職者の転職を成功させることが自社の利益につながりますので、是が非でも皆さんの転職を成立させようと求職者の皆さんに対して手厚い支援を行うのです。

言わば転職エージェントと転職志望者の皆さんはウインウインの関係なのです。

転職ナビ

転職エージェントは、一切無料で親身になって転職志望者の皆さんの就職活動をサポートしてくれるとても心強い存在と言えますので、転職を検討されている方は転職エージェントを利用しない手はありませんよ。

大いに転職エージェントを活用し、ぜひ転職を成功させてください!

あなたは「転職サイト」と「転職エージェント」どっちを利用する?

おすすめのランキングから選択ぜひ選択してみてください。

\ 登録はすべて無料!! /

⇒転職サイト派

⇒転職エージェント派