転職は、今就いている職業によって、難易度が変わってきます。決して職業差別をするわけではありませんが、やはりこれは事実なのです。特に専門性が高かったり、ニッチだったりすると、転職支援が必要になる可能性が高くなります。

そこで今回は、転職支援が必要な職業ランキングをご紹介。もしこの中の職業に就いているようなら、まずはプロの転職支援を受けてみてください。

転職支援が必要な職業ランキング

では早速ランキングを見ていきましょう。

今回は、筆者の友人・知人や、実際に元転職エージェントとの会話の中で「転職に苦労しそうだな」と感じた職業をランキングにしてみました。

1位:スポーツ選手

スポーツ選手は非常に専門性が高く、誰もが就ける職業ではありません。ある意味、才能の世界だからです。

努力が必ず報われる世界ではない一方、成功すれば大きな参入障壁を築くことができ、多額の報酬を手にします。その一方で、「他の職業に就きたい」と考えたときには、数々の難関があるのです。

まず、スポーツ選手になるほどの人は、10代20代のほぼすべてをそのスポーツに捧げています。普通の人々が就職活動のために社会勉強をしたり、アルバイトをしたりといった時間が、練習や試合に消費されていますよね。そのため、世界が非常に狭くなってしまいがちなのです。

また、選手を引退したあとにそのスポーツに関連した仕事に就くことができるのは、ごく一部。例えば、元プロ野球選手やJリーガーでも、引退後は全く関係のない仕事に就いていることが多々あります。どの選手も非常に苦労するようで、人づてになんとか仕事を見つけてもらい、転職しています。

したがって、プロの転職支援を受けるべき職業の筆頭になると考えられるでしょう。プロのスポーツ選手に限らず、実業団に所属しているスポーツ選手なども、これに当てはまりそうですね。

⇒元スポーツ選手におすすめのエージェントはこちら

2位:風俗嬢

こちらもある意味、非常に専門性が高く特殊なお仕事です。ちなみに筆者は、風俗関係の仕事に全く偏見はありません。いつの時代も社会から必要とされる仕事で、世界で最も古い仕事のひとつだからです。

しかし、現代では風俗嬢一本で働いてきた女性が、簡単に他の仕事に就くことは難しいでしょう。仕事のスタイルや業界知識、スキルなど、一般社会との共通点がかなり少ないからです。他の仕事に活かせるスキルといえば、接客マナーくらいでしょうか。

風俗嬢を引退して風俗店のweb媒体を制作する企業へ転職した例などもあるようですが、皆がこのルートに乗れるわけではありません。もしほかの仕事に就きたいと考えるなら、迷わず転職支援を受けるべきです。

⇒元水商売系の方におすすめのサイトはこちら

3位:体育会系(ガテン系)の職業

ガテン系の仕事といっても色々ありますが、意外とつぶしが効かない仕事が多いものです。これは、ガテン系の職業は、役割によって仕事が細分化されているからなんですね。例えば鳶、鉄筋工、内装工、塗装工、どれも仕事内容は全く異なります

また、同じガテン系や建設系の仕事に転職するならばまだしも、デスクワーク系の仕事に転職するとなれば、評価されるスキルは非常に少ないです。職人の世界と、一般のサラリーマンの世界は少し毛色が違いますからね。こちらも転職支援を積極的に使っていきたいところです。

4位:公務員

安定と保証の代名詞的な職業といえば公務員。しかし公務員は、一部を除いて転職が非常に困難です。若手ならばまだしも、30代以降は本当に厳しくなります。公務員の世界は、民間企業とは根本的な考え方が異なることや、活かせるスキルに限りがありますからね。

簡単に言うと「利益を追求するか否か」という点です。ここで言う利益とは、主にお金です。公務員は「公益(公共の利益)」を追求する仕事である一方、金銭的な利益はそれほど追求しません。民間企業がやらないような分野を仕事としているわけですから、当然といえば当然ですよね。

こういった考え方の違いが、転職時に壁となってしまうことがあります。しかし、間接的にアピールできるスキルはあるため、これをいかに転職活動に活かすか、という点が重要です。もし難しいようであれば、転職支援を受けるべきでしょう。

5位:学校教師

小学校や中学校の教師も、転職が難しいことがあります。同じ教育業界への転職(塾や予備校の講師など)であれば、比較的スムーズに運ぶこともありますが、それ以外だと苦戦するでしょう。公務員と同じように「つぶしが効きにくい」と言われる職業だからです。

教育業界以外で「人に教える」という仕事はかなり限られているため、できるだけ視野を広く持って転職活動を行いたいところ。情報収集のために、転職支援を利用してみてはいかがでしょうか。

転職支援ならここ!おすすめ転職エージェント

women指差しメガネ

転職支援を提供しているのは、「転職エージェント」です。もちろん公共の職業紹介(ハローワーク)を利用するのも良いでしょう。しかし民間の転職エージェントとハローワークでは求人内容に違いがあるため、併用をおすすめします。

今回は参考として、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね。

リクルートエージェント

国内で知らない人はいない、と言えるほどの大手転職エージェントです。
求人の質、エージェントの質、求人の量、どれをとってもハイレベルです。

⇒リクルートエージェントの公式サイトを見る!

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

DODA

リクルートエージェントと並ぶほどの案件量、そして圧倒的な案件紹介のスピードが魅力です。
今回紹介したような転職しにくい職業であっても、どんどん案件を持ってきてくれるイメージがあります。
専門性を活かした転職を希望する場合は、関係のない仕事を紹介されることで逆に面倒なこともありますが、
「どんな仕事に就けるのか、可能性を知りたい」という方にはうってつけのエージェントといえるでしょう。

⇒DODAの公式サイトを見る!

⇒DODAの詳細はこちら

マイナビエージェント

案件の量や紹介スピードは上の2つにやや劣りますが、質では決して引けを取りません。
「穴場」な求人をピンポイントで紹介してくれます。
あまりガツガツしたイメージはないので、落ち着いてじっくりと仕事選びをしたい方におすすめです。

どのエージェントも職歴さえあれば、異業界への転職をしっかりサポートしてくれます。
自分一人で転職活動を行うよりも、プロの意見と情報収集力を活用し、転職活動を有利に進めていきましょう。

⇒マイナビエージェントの公式サイトを見る!

⇒マイナビエージェントの詳細はこちら

まとめ

その道一筋で仕事を頑張ってきたほど転職しにくい……というのはなかなか納得できませんよね。
しかし、転職市場には「力学」があり、セオリーや流れに反した転職というのは、難しくなってきます。

例えば今回紹介したように、スキルや経験が活かせる場面が少ない、つぶしが効きにくいという仕事はこれにあたるわけです。こういった場合、個人で活動してもなかなか結果がでないこともあるでしょう。そこでプロの力を借りるわけですね。

転職支援は、情報収集の面でも、自分の適性を見直す面でも役立ちます。
自分が評価されるポイントは、自分ひとりでは気づかないこともありますからね。可能性を広げる意味でも転職支援は有効です。

例え一度で転職が決まらなくても、「気づき」が得られれば、必ず次につながるはずですよ。
まずは、転職支援を行っているエージェントに相談してみてはいかがでしょうか。