これから、人生初の転職活動をしようとしている人の中には、「初めて転職するけど、一度就職活動を経験しているし、大丈夫だろう!」と思っている人はいないでしょうか?

確かに、応募書類を出して面接を受けて採用か不採用かが決まる、という流れは同じです。
しかし、学校を卒業した後に行う就職活動と、転職活動は、全く異なるものです。なぜなら、新卒者と中途採用者では、企業が求めるものが全く違うからです。

新卒者は入社後の伸びしろが期待されるため、人柄やまじめさなどが見られます。しかし、中途採用者はほとんどの場合、求められるのは「経験」です。

もちろん、新卒の就職活動の時と同じように、企業情報を収集したり自己分析をしたりといったことは必須ですし、転職サイトや転職エージェントなどの求人紹介・あっせんサービスも重要な位置を占めますから、それらの手配もしなければなりません。

「いろいろやることがあって、何から始めればよいのかわからない!」という転職初心者の方のために、ここでは転職初心者がやるべき3つのことをご紹介します。これをやれば、転職活動のための大事な情報を取り落とすことなく、スムーズに転職活動を進めることができるはずです。

これをしなきゃ始まらない!転職計画の立案

転職活動の最初にやるべきなのは、転職計画の立案です。

なぜ自分一人で行う転職活動に計画が必要なの?

どんな仕事も、取り組む前に必ず計画を立てると思います。いつ終わるかもわからない、どれくらいの量のものがいつ出来上がってくるのかもわからない、そんな仕事は仕事とは呼べません。

転職も同じです。
どれくらいのことをいつまでにしなければならないのか、いつまでに何社くらい受ければ3か月後には面接にこぎつけているのかなど、計画を立てなければ何も始まらないのです。
「仕事ならチームで行うから計画は必要だけど、一人だったら、いらないでしょう」と思う人もいるかもしれません。

確かに、転職活動は自分一人で行う作業です。しかし、自分にしか責任を負わないため、「まぁ、少し先延ばしにしてもいいや」などという「甘え」が出てしまうことがあるはずです。
自分一人で行う作業だからこそ、計画を立てなければ誰も何も言ってくれないのです。
転職計画は、必ず立てましょう。

転職活動の目安は3か月

人によっていろいろなケースがありますが、転職活動を行う期間の目安は、だいたい3か月と言われています。これは、企業情報の収集などの転職準備から、応募して面接を受けて内定をもらい、退職して入社するまでの、実際の転職活動の期間のことを指します。

人によっては、資格を取得してから転職するという人もいるでしょう。その場合、資格取得のための勉強期間は、これには含みません。それは、別途計画を立てる必要があります。
では、なぜ3か月なのでしょうか?

  1. まず、最初の1か月は、企業研究などの転職準備期間にあてます。意外と長い、と思う人もいるでしょうが、これくらいの期間は必ず取りましょう。なぜなら、後述のとおり、転職活動前に収集すべき情報がかなり重要だからです。
  2. 次に、企業に応募し面接を受ける期間が1か月です。
  3. そして、内定が決まってからの退職準備に1か月、となります。
    書類選考や面接がうまくいかなかった場合は、最初の転職準備に戻って、再度戦略を練り直します。

この3か月という期間は、長すぎず短すぎない、最適の期間設定です。6か月や1年となると、間延びしてもはや転職活動をしているんだかしていないんだか、わからない状態になってしまいます。やるなら、メリハリをつけて、一気に片を付ける方が良いでしょう。
また、多くの転職エージェントでは、担当者が付くのが3か月間であるという理由もあります。

関連記事

作業項目の洗い出し

転職活動の計画立案も、仕事と同じです。やるべきこと、作業項目を洗い出しましょう。
最初の一か月の転職準備期間にやるべきことはたくさんあります。

・自己分析
・企業研究
・応募書類作成準備
・面接でアピールする内容の準備
・転職ノウハウの収集
・転職サイト・転職エージェントの選定と登録

などです。

そして、自己分析とは具体的に何をすべきなのか、何社くらいの企業情報を集めるのかなど、作業項目の内容と作業量を把握しましょう。そうすることで、計画を立案することができます。普通の仕事の計画を立てる作業と、全く変わりません。

転職すべき時期が決まっているなら、逆算して計画を立てよう

何らかの理由があって、転職しなければならない時期が決まっている場合もあると思います。そんな時は、逆算して計画を立ててください。

それで、もし「こんな計画じゃ転職なんて無理!」という状況だったのであれば、そもそもの転職時期を見直さなければなりません。最初の時点で計画を立てておけば、その時になって「やっぱり無理だった!」という最悪の事態を避けることができます。

いつまでにこれをやるという計画を立てることが大事

転職計画を立てると、「この日までに〇社応募する」「この日までには面接を受ける」などというマイルストーンを設定すると思います。この、マイルストーンが重要です。転職活動という一人作業では、「この作業終わってる?」などと声をかけてくれる人はいません。

しかも、転職という仕事に責任を持っているのはあなただけですから、「本当は今月中に転職したかったけど、まぁいいか」と後回しにしてしまうのです。それを避けるためにも、マイルストーンを設定することは、とても重要です。

また、「〇月中には転職する!」というざっくり過ぎる目標だけを立てても、意味がありません。それに至るまでの細かいマイルストーンを積み重ねることではじめて、大きな目標をクリアできるのです。

初心者でなくても必須!3つの情報収集

転職活動の計画は立案できたでしょうか?
次に、転職活動の元となる情報収集を実際に始めていきましょう。

自己分析

転職活動に必要なのは、自己分析と言われています。
しかし、この自己分析、いったい何をやったら良いのか全く分かりませんよね。
新卒の就職活動でやったような自己分析は、転職活動にはあまり役に立ちません。自分の性格傾向や向いている仕事は何かなどという、基本的な自己分析も役に立たないわけではありませんが、もっと必要な自己分析があります。

それは、過去にどのような仕事を経験してきたのか、得たものは何か、何ができるのか、というあなたの仕事経験に関する分析です。この分析をすることで、応募書類や面接でのアピール内容をまとめることができます。

まずは、過去に手掛けた仕事を洗い出しましょう。そして、その仕事それぞれで経験したこと、得たこと、その仕事での成果や失敗などを具体的に書き出しましょう。リーダー経験や仕事のスキルを得た場合は必ず書き込みます。具体的なエピソードを書き込んでおくのも良いでしょう。また、「〇〇万円の売り上げを上げた」「作業効率を〇%アップした」などという、仕事の成果がわかる定量的なデータも効果的です。

後で取捨選択できすから、まずは、どんどん書き足していってください。
今まで忘れてしまっていたようなことも、思い出して書いてみましょう。思わぬアピールポイントが見つかるかもしれません。

こうして、あなたの過去の仕事経験が満載の自己分析結果が出来上がったと思います。これが、これからあなたが応募書類を書き、面接でアピールするための元になる資料になるのです。

企業研究

自己分析の次は、企業研究です。転職活動で一番大事なことは、自分にピッタリ合った企業を探し出すことです。そのためには、自己分析をして「自分がどんな企業に転職したいのか?」を知ることも大事ですが、「どんな企業があるのか?」を知ることも、とても大事です。

そのためには、どんな企業があるのか、その企業の社風や理念から給与体系、仕事内容、福利厚生制度など、調べなければならないことはたくさんあります。

ポイントは、できるだけ偏りのない観点で調べるということ。
「年収をアップしたい」「この仕事がしたい」「キャリアアップしたい」などという明確な目的が決まっている人も、多いと思います。

しかし、危険なのが、「その目的に関する企業の情報しか見ないで転職を決めてしまう」ということです。年収アップが目的なら給与体系にしか目がいかない、やりたい仕事が決まっている場合は仕事内容しか見ない、という転職活動は大変危険です。

それだと、「年収はアップしたが、仕事量が多すぎて体を壊した」「仕事内容は望んでいたものだったが、昇給できない」などということになってしまいます。特に、若い人たちは、すでに家族がいたりこれから子供が生まれたり家を建てたりと、生活はこれからどんどん変わっていきます。そのころには、安定した収入や福利厚生制度がかなり重要な位置を占めるはずです。
それなのに、後先考えずその企業の一面的な部分だけを見て転職を決めるべきではないのです。

「あまりたくさんの情報を仕入れると、企業選びに迷ってしまう」という人は、企業選びの優先順位をつけましょう。「これだけは譲れない絶対条件」「あればうれしい条件」「なくても良い条件」と三段階ほどに分類してみてください。

例えば、「年収アップが絶対条件!」という人は、この条件は「譲れない条件」のカテゴリーに入れます。そして、「この福利厚生制度はあればうれしいが、なくても可」などという場合は、「あればうれしい条件」に入れ、「勤務地にこだわりはなし」なら「なくても良い条件」にします。

「譲れない条件」は多くても2個か3個に絞りましょう。
そうすることで、ある程度企業を機械的に選び取ることができるはずです。企業選びに迷っている人に、この方法はおすすめです。

転職ノウハウの収集

転職を始めて行う人にとって、転職のノウハウを得てから転職活動を始めることは、大変重要なことです。いくら素晴らしいスキルや資格を持っていたとしても、アピール方法を間違えば採用されない場合もあるのです。

転職活動は、たった一回の1時間ほどの面接で決まってしまいます。この短時間のうちに、あなたの印象を良いものにし、あなたの良い所を全て出し切らなければなりません。そのためには、当然、テクニックが必要です。

応募書類はどう書けばよいのか、面接には何を着ていけばよいのか、どのように話をすべきか、どうすればアピールポイントや熱意が面接官に伝わるのか、具体的に必要な転職のテクニックは数多くあります。

また、転職活動をする際に、ほとんどの人が利用しているのが転職サイトや転職エージェントです。しかし、あまり調べもせずに適当に目についたサイトから登録するべきではありません。
どの転職サイトやエージェントが自分の転職に合っているのかを見極めることは、とても重要です。IT業界に転職したいのにIT系の求人が少ないサイトに登録しても意味がありません。

さらに、twitterやFacebookを利用して転職活動を行うこともできます。これらのツールを使えば、直接企業とつながったり転職活動に役立つ情報をリアルタイムで得ることができたりします。ですから、知っているのと知らないのとでは、大きな違いがあるのです。

転職活動をするなら、転職ノウハウを集めてから動き出さなければ、絶対に損をしてしまいます。

転職サイト・転職エージェントは早めに登録を!

そして、転職活動を始める前にやるべきこと、それは、転職サイトや転職エージェントの登録です。今や、ほとんどの人が転職活動でこれらのツールを利用しています。求人を探すのも紹介してもらうのも、これらのツールがなければ始まりません。

「転職サイトや転職エージェントに登録するのは、もっと後でも良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。それは、なぜなのでしょうか?

情報収集にかなり役立つ!

これらのツールは、情報収集にかなり役立つからです。求人を紹介してもらう前に、企業情報を収集したり、応募書類の書き方を調べたりすることもあるでしょう。このような情報収集をサポートしてくれるのが、転職サイトや転職エージェントです。

希望条件を登録しておけば、条件に合った求人をメールしてくれたり、企業説明会の案内が届いたりします。これらの情報はかなり役に立つのです。

また、ほとんどのサイトで応募書類の書き方講座や面接講座が開設されていますから、転職ノウハウの収集に役立ちます。他にも、様々な情報を提供してくれますから、早めに登録を済ませておき、どのような情報が得られるのかを見ておきましょう。

転職活動の管理ツールにもなる

大手の転職サイトやエージェントなら、登録すれば「マイページ」が割り当てられます。このマイページなら、求人情報のブックマークや求人情報をメールで受け取ることはもちろん、自分の履歴書や職務経歴書をWEBで管理し、企業に直接送ることもできます。企業への応募履歴を管理したり、担当者とメールでやり取りしたり、また、企業と直接メールでやり取りすることもできるのです。

このように、転職活動に関する煩雑で大量の情報管理を一元化できますから、早めに登録して使い勝手を試しておくと良いでしょう。

複数の転職サイトや転職エージェントに登録して比較することができる

転職サイトや転職エージェントを利用する上でおすすめの使い方は、複数のサイトやエージェントをしばらく使ってみて、どれが一番良いか比較するという方法です。
早めに登録してしばらく使ってみることで、どのような求人がどれくらいの頻度で出ているのかをチェックすることができます。

しばらく情報を集めた結果、「自分が求めている求人はないな」と思ったら、他のサイトに切り替えるべきです。

また、転職エージェントを利用する場合、自分についた担当者を見極めることも重要です。
転職エージェントの担当者も人間なので「合う合わない」が必ずありますし、ベテランの担当者から新米担当者までいろいろな人がいますから、必ずしも最初に当たった担当者が良いとは限りません。

しばらく使ってみて、このサイトの内容や担当者は自分の転職に合っているのかを見極め比較して、最終的に自分に合ったサイトに絞っていくことをおすすめします。

まとめ

初めて転職する人がやるべき3つのことについてお話ししました。どれも、「入念な下準備」だったと思います。転職活動は、どれだけ情報を集められたかがカギとなります。その情報を生かして、転職活動を有利に進めていってください。

さっそく転職サイトや転職エージェントについて調べてみたい!そんな方のために、様々な転職サービスについて詳しく説明した記事があります。

思い立ったその時がチャンス!まず、情報を集めるところから始めませんか?

転職はスタートダッシュが肝心!まずはここから⇒