テレワーク」とは日本政府が「働き方改革」の一環としてその普及に取り組んでいる、在宅勤務や遠隔勤務の総称です。

テレワークは日本政府の後押しにより、近年急速に民間企業の間で広まりつつありますが、そのテレワーク専門に転職支援を行っている転職エージェントが今回ご紹介する「テレまち」です。

テレまちでは具体的にどのようなテレワークへの転職支援サービスを提供しているのか、また、テレまち利用者はどのような評価をしているのかなど、テレまちについて詳しくお伝えして参ります。

テレまちをご理解頂くために:在宅勤務とは・遠隔勤務とは・テレワークとは?

テレまちが対象としている求人はテレワークに特化された求人となります。

そのためテレまちのサービスを正しく理解して頂くためには、テレワークそのものについても正しく理解しておいて頂くことが先決です。

テレワークは大きく在宅勤務と遠隔勤務に分けることができますので、それぞれ具体的にどのような勤務形態のことを指すのか、意味や定義について確認しておきましょう。

在宅勤務とは

在宅勤務とは、企業に雇用されている従業員が、必要とされる勤務日数の中で一定の日数について在宅、即ち出社せず家に居る状態で仕事が行える勤務形態のことを言います。

尚、在宅勤務によくに似た言葉で「在宅ワーク」というものがありますが、在宅ワークと在宅勤務は同じ意味ではありません。

在宅ワークとは主に内職や個人事業主の方が企業から業務委託を受けて、在宅で仕事を行う場合のことを言います。

つまり仕事の発注先と受注者の間に雇用関係はありません。

一方、在宅勤務は企業側と雇用関係にある従業員の方が在宅で勤務を行う場合を指します。

遠隔勤務とは

遠隔勤務とは、在宅勤務同様企業に雇用されている従業員が対象となります。

従業員の方が会社以外の場所、例えば住まいの近くにあるサテライトオフィスやレンタルオフィス、あるいは従業員が希望する場所で働くことを言います。

要は、会社以外の働く場所として自宅なら在宅勤務、それ以外の場所が遠隔勤務という区分けになる訳です。

在宅勤務・遠隔勤務=テレワーク

テレワークとは在宅勤務と遠隔勤務の総称であり、その特徴を一言で言い表せば「時間や場所、において制約を受けずに働けること」となります。

尚テレワークはネット上で「在宅勤務のこと」と説明されている場合が多いのですが、ご紹介したとおりテレワークの一つに在宅勤務が含まれるものの、在宅勤務だけがテレワークではないことはぜひ理解しておいてください。

テレまちとは

ではテレワーク専門の転職エージェント、テレまちの特徴や運営企業などについて詳しくご紹介することに致します。

運営企業は平成10年創業のワイズスタッフ( Y’s STAFF) 社

テレまちを運営している企業は「ワイズスタッフ」という企業で、同社は平成10年(1998年)以来、約20年近くにわたりテレワークのコンサルティング事業等に取り組み続けてきた、テレワークの草分け的企業です。

テレワーク分野における同社の功績は国からも高く評価されており、同社は2016年に総務省より 「テレワーク先駆者百選」にも選ばれています。

また、同社は取得が大変難しいことで有名な転職エージェントのライセンス「有料職業紹介事業許可番号」も国より取得していますので、テレワーク専門の転職エージェントとしての専門性や信頼性という点で申し分ない企業と言って良いでしょう。

テレまちの特徴その1:テレワーク可能な求人企業に特化されていること

テレまちの第一の特徴と言えるのが、「テレワークでの勤務可能」な求人に特化されていることです。

他の転職エージェントはテレワーク専門に求人企業を開拓している訳ではないので、テレワーク勤務を希望しても、希望にマッチした求人をほとんど紹介してもらえない可能性が大いにあります。

その点においてテレまちなら紹介を受けられる求人は、全てテレワークを前提としている企業ばかりです。

テレワークという条件にマッチしていない企業を紹介される心配はありません。

テレまちの特徴その2:現在の勤務先にテレワーク導入を働きかけてくれること

テレまちを運営するワイズスタッフ社は長年企業に対してテレワーク導入のコンサルティングなどを行ってきた企業です。

そうした強みを持っているからこそ実現可能なサービスであり、テレまち最大の特徴であるとも言えるのが「現在の勤務先にテレワーク導入を働きかけてくれる」サービスを無料で行ってくれることです。

このサービスを利用し、もし現職企業がテレワークを導入してくれれば「転職自体が不要」となります。

テレワークへの転職を検討している方の中には、現職を辞めて積極的に転職したい方ばかりではなく、例えば子供の出産や親の介護などで通勤が困難になってしまったため、やむを得ずテレワーク可能な職場への転職を考える方もいます。

そのような方々にしてみれば、現職がテレワークを導入してくれればわざわざ現職を辞めずに済みますのでとても価値あるサービスと言えます。

必ず実現できるとは限りませんが、そうした「やむを得ずテレワーク可能な職場への転職」を考えている方々へのニーズにも対応できる点は他の転職エージェントにはない、テレまちならではの強みです。

テレまちの利用方法をご紹介

ではテレまちを利用してテレワークを実現するにはどうすれば良いか、「現在の勤務先で在宅勤務を実現する場合」と「在宅勤務可能な求人企業へ転職する場合」の二つに分けて、それぞれご紹介します。

現在の勤務先で在宅勤務を実現する場合

「相談お問い合わせ」(完全無料)を行う

現在の勤務先で在宅勤務を実現したい方は、次の「お問い合わせ(個人向け)」ページにアクセスします。

(お問い合わせ(個人向け)ページ)

同ページへアクセスしたら個人情報の取扱いに関する確認事項が紹介されていますので、それらに目を通した上で問題がなければ画面下部にある「同意して送信」ボタンを押します。

すると氏名やメールアドレス、相談内容を書き込めるフォームが表れますので、フォームを利用して相談内容を書き込みます。

どんなことを書けばよくわからなにという方は、次の例文を参考にしてください。

「株式会社◯◯に勤務している××と申します。
現職には在宅勤務制度がないため、このままでは子育てとの両立ができず現職を退職せざるを得ません。
できれば現職に留まりたいのですが、現職に在宅勤務制度を導入してもらうにはどうすれば良いかご相談申し上げます。」

このような相談内容を記入したら、内容を確認した上で「送信」ボタンを押します。

尚、相談内容を送信する際、電話番号は必須項目ではありませんが、電話で事情を伝えた方が伝えやすい場合もありますので、電話番号も伝えておくことをオススメします。

メール又は電話で相談内容のヒアリング

「お問い合わせ」で相談事項をテレまちへ相談したら、後日メール又は電話でテレワークコンサルタントから連絡が入り、相談内容について詳細についてヒアリングが行われます。

状況を詳細に伝えることは、テレワークコンサルタントの現職企業への働きかけの成否を左右することになります。

従って、例えば会社の就業規則など事前に情報を収集、整理した上で、できる限り詳細に情報を伝えられるようにすることが大切です。

テレワークコンサルタントによる現職企業へのアプローチ

ヒアリングが終了すると、テレワークコンサルタントが現職企業へアプローチを行い、必要に応じて在宅勤務導入の働きかけを行います。

ただし、現職企業が同意してくれるかどうかは交渉結果次第ですので必ず実現するとは限りません

尚、現職企業へテレワークコンサルタントがアプローチする場合、相談を行った利用者の個人情報が現職へ漏れる心配は一切ありません。

また、現職企業での在宅勤務が実現した場合にもサービス料等が発生する心配も全くありません。

最後まで「無料」で利用できますので、安心して利用して下さい。

テレワーク可能な求人企業へ転職する場合

メール登録を行う

現職を辞めてテレワーク可能な求人企業への転職を図る場合には、次の「テレまち新規登録」ページにアクセスし、まずメール登録手続きを行います。

(テレまち新規登録)

「基本情報登録ページ」&「就職・転職用 登録フォーム」に個人情報を登録する

メール登録を行うと登録したメールアドレスへ、詳細な個人情報を登録できるページのURLが記載されたメールが届きますので、そのURLをクリックします。

基本情報登録ページ」という、主に氏名や連絡先などを入力するページが表示されますので、項目に従って該当事項を入力します。

「基本情報登録ページ」の入力が完了すると、続いて職務経歴や希望職種などを入力できる「就職・転職用 登録フォーム」が表示されますのでそちらも同様に該当事項を入力してゆきます。

テレワークコンサルタントによる主に電話でのヒアリング

個人情報の登録が完了したら、後日テレワークコンサルタントからメールや電話で連絡が入り、希望職種や条件などに関する確認やヒアリングが行われます。

テレワクークコンサルタントによるマッチング求人の紹介

ヒアリングが済んだら、ヒアリング内容に基いてテレワークコンサルタントが希望条件などにマッチしている在宅勤務可能な求人を紹介してくれます。

尚、求人企業は何社紹介を受けても費用を請求される心配はありません

何社でも無料で紹介を受けることができます。

また、紹介を受けた企業については必ず応募しなければならないといったルールもありません。関心が持てなければ断ることも自由です。

ただし、在宅勤務が可能な企業自体、増加傾向にあるとは言え、決して多いと言える状況ではありませんので、あまり選り好みし過ぎてしまうと紹介を得られなくなる可能性もあります。

在宅勤務という勤務形態を優先したい場合には、業種や業務内容に対して利用者の方もある程度柔軟性をもって検討する必要があります。

応募→面接

紹介を受けた求人の中で応募したい企業が見つかった場合には、テレワークコンサルタントへその意志を伝えます。

すると一般的な流れではまず書類選考が行われますので、テレワークコンサルタントのアドバイスや指導に従って必要書類を作成し、提出します。

書類選考を通過したら求人企業を訪問して面接に臨むことになりますが、もし面接に臨むにあたって不安があれば事前にテレワークコンサルタントへ相談しておくと、質問に対する答え方などアドバイスしてくれますので安心して面接試験に臨めます。

内定→入社

面接試験に合格すれば「内定」となり、内定を得られた企業への入社を決めたら雇用契約に向けた手続きを行います。

雇用契約手続きもテレワークコンサルタントが間に入ってくれるため、例えば入社日の希望など、言いにくい条件があっても悩む心配はありません。

後は現職を円満退職し、求人企業側と取り決めした入社日以後、在宅勤務の本格的スタートとなります。

テレまちのデメリット

テレまちは現職企業にテレワーク導入を働きかけてくれたり、テレワーク可能な求人を紹介してくれたりと、テレワークを希望されている方にとってはとても頼りになる転職エージェントですが、次のようなデメリットもあります。

テレワーク可能な求人企業の絶対数が少ないため、豊富な紹介は得られにくい

この点はテレまちのデメリットというより、日本企業の現状に根ざしたデメリットと言えます。

テレワークを導入している企業は増加傾向にあるものの、まだまだ限られていますので、多数の求人紹介は得られにくい状況があります。

テレワークの現職企業への導入は必ず成功するとは限らない

現在の勤務先に対してテレワーク導入を無料で働きかけてくれますが、成功が確約されているものではありません。

テレまちの評判(利用者の口コミ)

「現在の勤務先で在宅勤務が可能になった」(30代女性)

「私の場合は出産を機に出勤することが難しくなったので、現職を辞めて在宅ワークでも行うつもりでした。
そんな時に偶然知ったのがテレまちでしたが、テレまちは在宅勤務可能な職場を紹介してくれるだけでなく、現在の勤務先に在宅勤務導入を働きかけてくれるサービスがあることを知りました。
できれば現職を辞めたくなったのですぐに相談したところ、コンサルタントの方が親身になって相談に応じてくれ、後日現職にも導入を働きかけてくれることになりました。
その結果、どうやら現在の勤務先もテレワーク導入を検討していたようで、コンサルタントの方によるアドバイスが会社の背中を押す結果となり、早々に在宅勤務が実現することになりました。
現職で在宅勤務第一号となったのが、私でしたが、こうも短期間で実現するとは思ってもみなかったし、現職を辞めずに済んだことは本当にラッキーでした。
現在、在宅勤務で子育てと仕事の両立を図っています。こうした機会を提供してくれたテレまちには大変感謝してます。」