誰しも一度は夢の国・東京ディズニーランドで働きたいと考えたことがあるのではないのでしょうか。約2万人のアルバイトが働いている東京ディズニーランドではどんなアルバイトができるのか、どんな待遇で働けるのか気になるところですね。今回は奥が深い東京ディズニーランドのアルバイト事情を紹介します。アルバイト内容を深く知ることで、転職活動のきっかけが見つかるだけではなく、東京ディズニーランドをより楽しめるようになるでしょう。

接客だけではない!ディズニーランドでの働き方

ディズニーランドのアルバイトと言えば、アトラクションにお客様を誘導するキャストが一番有名ですが、他にもさまざまな場所でアルバイトキャストが働いています。一体どんなキャストがいるのでしょうか。

アトラクションやパレードを盛り上げるキャスト

アトラクションの入り口でお客様を誘導するアトラクションキャストは東京ディズニーランドのアルバイトの花形。アトラクションの説明をしたり、列を整理したりと仕事内容は多岐にわたります。またショーやパレードにお客様を誘導するゲストコントロールキャストやパレードにキャラクターを誘導するショーキャスト、ガイドツアーを行うガイドツアーキャストも存在します。

裏方で事務や接客を行うキャスト

東京ディズニーランドにかかってきた電話に対応するインフォメーションキャストも接客アルバイトのひとつです。実際にディズニーランドに訪れたゲストに対応するゲストリレーションキャストや裏方で事務を行うクラークキャストも存在します。

フードコートやレストランで働くキャスト

東京ディズニーランド内にあるさまざまなフードコートやレストランで働くキャストの種類はさまざまです。注文の受付を行うフードサービスキャストや調理業務を行うカリナリーキャスト、ワインの選定を行うソムリエキャストでそれぞれ仕事内容が異なります。

ファッションやコスメに関わるアルバイト

東京ディズニーランドの個性的でカラフルな衣装はアルバイトの手によって製作・修繕されているというので驚きです。
プリンセスを夢見るゲストにヘアメイクを施すヘアアンドメイクアップキャストもアルバイトで応募できます。ショーイシューキャストのアルバイトではパレードで出演者が着る衣装の管理を行います。

園内や駐車場の管理を行うアルバイト

園内の掃除を行うカストーディアルキャストは人気の高い仕事のひとつです。また駐車場警備を行うセキュリティオフィサーや駐車料金の収受を行うパーキングロットキャストもアルバイトとして雇われています。

物品販売のアルバイト

最も有名なのはギフトショップで販売を行うマーチャンダイズキャストですが、売上金を管理するテラーキャストもいます。

ここで紹介したアルバイト以外にも救護室で働くナースキャストや防災管理を行うファイヤーキャストなど数えきれないほど多くのキャストが存在します。

東京ディズニーランドのアルバイトの倍率は?

東京ディズニーランドのアルバイトというと非常に人気が高いイメージがありますが、実際に働いているアルバイト2万人のうち8,000人が毎年退職していきます。そのため人の変動が激しく、常にキャストを募集している状態なので不採用になることはめったにないようです。
ただし職種の中でも人気が高いものとそうでないものがあります。人気があるのは花形であるアトラクションキャスト。また園内で掃除を行うカストーディアルキャストは接客が苦手な人からの人気が高いです。アトラクションキャストの倍率は5から7倍、カストーディアルキャストの倍率は3から5倍と言われています。反対に非接客のアルバイトは倍率が低く、比較的希望が通りやすいようです。

東京ディズニーランドのアルバイトの気になる待遇

東京ディズニーランドのアルバイトの時給相場は1,000円から1,350円です。ただし入社後2か月間はトレーニングの時給で働かなければいけません。仕事内容は多岐にわたりますが、基本時給はどのキャストも同じで看護師やソムリエといった専門的な知識が要されるキャストには50から450円程度の調整給がプラスされます。また東京ディズニーランドのキャストにはアルバイトにしては珍しく賞与が付くのが魅力。労働時間に応じて最大で月2万円支給されるので、積極的に働きたいものですね。交通費が一か月最大5万円まで支給されるところもポイントです。6時から24時の間で5から8時間の勤務時間を設定できるのでシフトが組みやすいと言えるでしょう。

キャストになると優待パスポートがもらえたり、キャスト価格で物品を購入できたりするなどアルバイトならではの特典を受けられます。その他ファイブスタープログラムや長時間勤務表彰など優秀なキャストをたたえる企画も用意されているのでうれしいですね。
教育制度やグレードアップ制度、社員登用制度が充実していることから、高い向上心を持ってアルバイトからのキャリアアップをはかれるでしょう。

ディズニーランドでアルバイトをするためには

東京ディズニーランドでは定期的に面接会を行っているので、公式サイトから予約をして現地に行きましょう。服装規定はなく、履歴書不要なので気軽に行くことができます。
面接会場で写真撮影や衣装のサイズ測定を行った後は、面接を行い自分が希望する職種を伝えます。面接では志望動機や自己PRよりも希望のキャストや勤務可能日時などを聞かれることが多い様子です。
見事合格したら導入研修を受け、東京ディズニーランドのキャストとして働くための心構えを学びます。その後は4日程度のトレーニング研修を受け、実施研修をこれまた4日程度行います。研修制度がしっかり整っているので、安心してキャストデビューできそうですね。
東京ディズニーランドのアルバイトで不採用になることは少ないと言われていますが、服装規定に関しては厳しいので過度な染髪や派手なネイルアート、だらしのない服装は避けるようにしましょう。

まとめ

夢の国・ディズニーランドのアルバイトは比較的合格しやすいことがわかり、希望が湧いた人もいるでしょう。しかし常に笑顔でしっかりとした対応が求められるディズニーランドのアルバイトは「楽しそうだから」「ディズニーが好きだから」という安易な気持ちで務まるものではありません。しかし徹底したキャスト教育に定評のある東京ディズニーランドでアルバイトをすることは、社会人としてのスキルを高めることにつながります。気になっている人は思い切って面接会の予約をしてみてはいかがでしょうか。

★あわせて読みたい