人手不足などで話題に上りやすいトラック運転手ですが、実際は高収入を実現できる仕事もあり、労働条件は本当にさまざまです。
そこで本記事では、トラック運転手の年収や労働時間を、職種別で調査してみます。
長距離トラック運転手と短距離トラック運転手では、どのくらい月収や労働時間が異なるのでしょうか。

トラック運転手の平均月収・年収と平均労働時間

トラック運転手の平均年収・月収

まず全体的な平均値から紹介しますね。
トラック運転手全体の平均年数は「390万円強」といったところです。

しかし、男性に限定すると456万円、女性なら326万円という結果になるようですね。
単純に月収で考えると、トラック運転手全体の平均月収は「32.5万円」、男性なら平均月収「37.5万円」、女性は「27.5万円」ですね。
男性のほうが女性よりも月収で約10万円多い、という結果になりました。
ただし、これは単純に年収を12で割った数字ですので、賞与や手当などを差し引くと、月収はもう少し少なくなる可能性が高いです。

次に、職種別で平均年収を見てきましょう。

  • 長距離トラック運転手の年収は、400万円から750万円
  • 大型トラック運転手の年収…450万円から650万円
  • 中型トラック運転手:450万円から550万円

また、業種別では以下のようになります。

  • 引っ越し…375万円
  • 物流…390万円
  • 個人宅配…370万円
  • 運送…380万円

 

高年収になりやすいのは大手専門企業の大型・長距離

もう少し細かく職種別の年収を見ていくと、以下のような職種が高年収となるようです。

  • 大手宅配・引越し:兼業配送センター間大型トラック運転手:840万円
  • 国内陸送:コンテナ等の牽引トレーラー運転手:770万円
  • 大手倉庫/メーカー:提携大型トラック運転手:665万円
  • 工業系倉庫物流専門:大型トラック運転手:650万円

やはりトレーラー運転手や専門業者の陸送部門は年収が高くなりますね。
また、引っ越し業者や宅配業者であっても、大手企業に所属することで年収はあがりそうです。

トラック運転手の平均労働時間

次に平均労働時間です。こちらも職種や性別は関係なく、あくまで全体の平均値になります。
トラック運転手の月平均労働時間は「170時間から180時間前後」となるようです。
また、職種別に年間労働時間を見ると、以下のようになります。

  • 「大型トラック」…2640時間
  • 中型・小型トラック…2592時間

参考:厚生労働省

トラック運転手の労働時間(運転時間)に関する制限

あまりにも過酷なトラック運転手の現状を改善するために、労働時間に関しては制限が設けられています
その制限とは…

  • 1日の運転時間は2日間(始業時刻から48時間)を平均したとき、1日あたり9時間まで。
  • 1週間の運転時間は2週間ごとの平均で、1週間あたり44時間まで。
  • 連続運転時間は4時間まで

※運転を中断して30分以上の休憩等を確保することが必要。
この休憩等については、1回につき10分以上で分割取得可能

このように休憩に関しても厳しい決まりがありますが、問題は拘束時間です。

トラック運転手の拘束時間

拘束時間については規定によって「月あたり293時間が限度」と決められています。
ただし、会社の登録同組合の協定により例外として320時間まで延長可能です。
1日の拘束時間についても13時間以内が基本で、延長時でも最大16時間以内です。

ただ、これを遵守している企業がどれだけ存在するかという点が問題なわけですが…。
拘束時間が長いといくら休憩をとっても疲れが抜けませんし、実質的に労働時間=高速時間となって負担が増すという流れもありえるでしょう。

トラック運転手で労働時間当たりの収入が良いのはどれ?

大型トラック(一般に長距離を走ることが多い)と中型、小型トラックで年間労働時間が48時間しか変わりませんので、
年収の差を比べると「長距離・大型トラックドライバー」が稼ぎやすいという結果になりそうです。

ただし、これは労働時間に関するデータが業種や職種で明らかにされていないので、難しいところ。
また、職種よりも「どの企業に就職するか」で給料が大きく変わる点も見逃せません。

さらに、地域別でみると、東京都の場合は「550万円」、大阪は「462万円」、愛知が「432万円」と、大都市圏で年収が高くなる傾向にあります。
同じ労働時間でも地方より大都市圏のほうが稼ぎやすいことになりますね。

したがって、効率よく稼ぎたいのであれば、「大都市圏の大手物流業者で大型長距離トラック運転手」をやるのが最も年収が高くなる、ということになるでしょう。

まとめ

労働時間と年収からトラック運転手の収入を比較すると、やはり大型かつ長距離トラック運転手の年収が有利といえそうです。
ただし、大型自動車免許が必要だったり、けん引自動車免許が必要だったりと準備が必要になります。
こういった資格取得の時間とコストを考えると、小型・中型の宅配運転手という選択肢もありえるでしょう。

また、労働時間や拘束時間の長さは、今後もまだ続きそうな気配です。
これについては規制や見直しによってかなり改善されていく傾向にあり、徐々にブラックな職場は減っていくのではないかと思います。
大手の運送業者のクロネコヤマトでも、当日配送の廃止や荷受料金の値上げなどで、労働環境を改善する方向に動いていますからね。

体力や健康を損なうリスクもゼロではありませんから、しっかりと労働環境を整備した会社で働くべきといえます。
20代から30代の頃は周囲と比べて高い年収を獲得できることもある一方、こういったリスクも考えて職種や会社を選んでいきたいですね。