トラック運転手と聞いて、どんな仕事内容を想像するでしょうか。何かと体力が必要で、長時間労働になりがちというイメージを持っていませんか?
確かにトラック運転手は楽な仕事ではありませんが、やり方によってはしっかり稼ぐことが可能です。

女性

今回は、中高年からの再出発も可能なトラック運転手について調査しました。
・未経験可能のトラック運転手に特化したおすすめの転職サイト
・運転免許は4種類!準中型では何tまでOK?
・トラック運転手の平均月収・年収と平均労働時間
など、トラック運転手の就職・転職に役に立つ・稼げる情報について解説していきます。

トラック運転手になるメリット

・トラック運転手の求人が増えている今がチャンス!
・トラック運転手は運転だけが仕事ではない!
・30代後半フリーターでも正社員に転職できる可能性大!
・社員になるとボーナス2回プラス期末手当もでる
・無料で免許を取らせてくれる企業が増えている→詳しくはコチラ
・年収800万以上になれる可能性もあり!→詳しくはコチラ

目次【クリックして移動できます】

トラック運転手になるには


男性

トラック運転手になるにはどうしたらいい?

女性

当然といえば当然ですが、トラック運転手になるなら物流会社に就職するのが一般的でしょう。

特に未経験の場合は、どこかの会社に所属して経験を積むのが近道です。
その後、ある程度の経験を積むと、自分のトラックを所有して独立するという道も見えてきます。
特に長距離トラックの運転手などは、独立して仕事をしているパターンもあるのです。
疑問 男性

普通免許しか持ってないんだけど、免許は普通免許でも大丈夫?

ポイント 女性

普通免許だけで仕事をすることも可能ですが、大型トラックの運転手は特に人手不足なため、普通免許プラスアルファを取得すると仕事の幅が広がります。

※免許については後ほど詳しく解説します。
⇒今すぐ知りたい方はこちらから

トラック運転手の求人が増えている理由とは

昔は車はステータスの表れで、免許証を取得したら車を買う人が多く、大きなトラックも憧れの1つでした。しかし近年では若者の車離れが目立ち、そもそも運転免許証を持っていない人もいます。

・トラック運転手は拘束時間が長いから魅力を感じない
・高いお金をかけて運転免許を取得したくない
・そもそもトラックに興味がない

なんていう人も増えています。仕事の選択肢が幅広い現代社会において「トラックの運転手になりたい」といった、熱い気持ちを持つ若者が減っていることも理由に挙げられます。

トラック運転手の仕事内容とは

トラック運転手の仕事内容は会社によって異なりますが、

・トラックの運転
・荷物の積み下ろし
・伝票処理などの事務作業
・車両整備

の4つが基本です。荷物を指定された場所に荷物を届けるだけでなく、ちょっとした事務作業やトラックの整備もドライバーの仕事なのです。

ヤマト運輸や佐川急便などの宅配業者の場合、個人宅に荷物を届ける地域ドライバーもいれば、運送会社の集荷場にまとめて荷物を運ぶ広域ドライバーなどもいます。
仕事内容によって運転する距離や、取り扱うトラックの大きさも違うのです。

またトラック運転手は一般的な宅配業者だけではありません。引っ越しや商品搬入をするトラック運転手もいます。
荷物を目的地まで届けたら、トラックの中で待機。取引先のスタッフが全て荷物を下ろしたあと営業所まで戻るなど、まったく人と関わらないこともあります。
接客や人と関わることが苦手な人でもできる仕事です。ニートからトラック運転手になった人もいるようです。

会社員のように勤務時間を管理されている人もいますが、荷物を運んだら勤務終了など、会社によって大きな偏りがあるようです。ちなみに鉄道カーゴ積んで移動する特殊車両も、トラック運転手の仕事に属します。

男性(真剣)

へぇ~!!トラック運転手って運転するだけじゃないのかぁ!かっこいいなぁ!

ポイント 女性

トラック整備や伝票処理などの事務作業も仕事の1つ!仕事のスタイルは会社によって違うんです!

トラック運転手を求めている業種

トラックといえば運送会社や倉庫運搬のイメージがありますが、他にもたくさん業種があります。解体会社・土木・建築・造園業・石材・水道管工事・電気・電話工事・産業廃棄物
など業種の選択肢が多いのです。造園・建築業などは朝が早いけれど残業になりにくい職種です。

・長距離トラックは自信がない
・配送業以外でトラック運転手の求人があるならやってみたい
・残業時間が短いなら興味がある

こんな人にオススメです。

ポイント 女性

人手不足の今だからこそ業種が選べるチャンス!まさに今が狙い目です!!

トラック運転手に需要がある理由

『メルカリ』や『ラクマ』などのフリマアプリの利用や、ネット通販の翌日配送サービスなど、配達荷物が急増していることが理由として挙げられます。
届ける荷物は増え続けるけれど、トラックの運転手は減る一方!労働時間が長く過酷な環境のイメージが強いトラック業界では、人材不足に悩む運送会社が多いのです。

さらに若者の車離れによって、トラック運転手の高齢化も目立ちます。トラックドライバーの平均年齢は40〜60代で、20〜30代は年々減少しています。
会社勤めをして定年を迎えたあと、トラック運転手になる人もいます。短時間労働でも高齢者を採用する会社があるほど、人手不足が問題になっているのです。

トラック運転手に必要な免許は?

トラック運転手に必要な資格(従来の場合)

トラック運転手といっても、輸送する荷物の種類やトラックの大きさによって、必要な資格は異なります。
その場合に必要な免許ですが、従来は以下の3つのパターンがありました。

【平成28年度まで】

  • 車両総重量が5トン未満のトラックを運転する場合……普通免許でOK
  • 11トン未満のトラックを運転する場合……中型免許が必要
  • 11トン以上のトラックを運転する場合……大型免許が必要
ポイント 女性

しかし、ここからがポイント!
平成29年度からは「準中型自動車免許」が新たに設けられることになります。

トラック運転手に必要な資格(平成29年度以降)

平成29年度からは免許が4種類になるということを覚えておきましょう。内容は以下の通り。
・18歳以上で、車両総重量が3.5トンから7.5トンのトラックを運転する場合に必要

【平成29年度から】

  • 車両総重量が3.5トン未満のトラックを運転する場合……普通免許でOK
  • 車両総重量が7.5トン未満のトラックを運転する場合……準中型免許が必要
  • 車両総重量が11トン未満のトラックを運転する場合……中型免許が必要
  • 車両総重量11トン以上のトラックを運転する場合……大型免許が必要
男性

なるほど、つまり準中型自動車免許は従来の中型免許と普通免許の中間に位置する免許なんだね!
どうしてこの仕組みが必要になったのかな?

女性

それは中型免許の取得条件が20歳以上でなおかつ運転経験が2年以上と定められているからです。
そのため高校を卒業して免許を取ったばかりの若者は普通免許で運転できる車両しか運転することが出来ませんでした。

それが29年度の改正で準中型免許が新たに設けられた以降は、準中型免許なら運転未経験者でも取得することができるので、2年を待たずにある程度大きなトラックを運転することが可能になったのです。

ただし11トン未満の中型は普通免許取得後2年以上、11トン以上の大型トラックは3年以上の期間がやはり必要です。

中型・大型免許の合格率や難易度とは

男性(真剣)

中型・大型免許ってすごく難しいそうだなぁ・・・免許は取りたいけど自信がないよ~

ポイント 女性

なんと合格率は85パーセント!もし合格できなくても有料で再受験ができるんですよ!

トラック免許の合格率は85パーセント!比較的難易度は低いです。大きさや車幅に違いがありますが、コツさえつかめば1発合格も十分可能です。
不合格でも、規定の補講時間を受けたあと有料で再受験できます。再受験料は、自動車学校にもよりますが5000円~1万円前後のようです。

また普通自動車免許を持っていれば学科試験は免除されます。

免許取得支援制度がある会社ならば会社負担でトラックの免許が取れる!

男性(真剣)

トラック運転手になりたいけど免許を取るお金がない・・・どうしたらいいんだ!

ポイント 女性

大丈夫!実は会社負担で自動車学校に通えるシステムや&免許取得のサポート制度を取り入れている企業が増えているんです!無料で免許が取れるなんて魅力的ですよね!

中型・大型トラックを運転する場合、新たに免許を取得する必要があります。所持している免許の種類や自動車学校によって費用に若干の違いはありますが、約10〜20万円必要になります。
会社によっては、仕事をしながら免許取得支援のサポートをしてくれる福利厚生が整っているところもあります。
中型・大型面免許が取れるまでは、事務作業や小型トラックの運転をしたりなど、働きながら取得できるところも!合宿免許で短期間で取得をしてから入社をするところもあります。

ただし、トラックは普通車と違って大きさ・車幅が違うため間隔が違います。思うように運転できずに苦戦する人も多く、何度も試験を受ける人もいるとか。
会社によって1発で合格しなければ、免許取得費用を出してくれないところもあるので要注意!

トラック運転手の平均月収・年収と平均労働時間

人手不足などで話題に上りやすいトラック運転手ですが、実際は高収入を実現できる仕事もあり、労働条件は本当にさまざまです。
そこで本記事では、トラック運転手の年収や労働時間を、職種別で調査してみます。
長距離トラック運転手と短距離トラック運転手では、どのくらい月収や労働時間が異なるのでしょうか。

トラック運転手の平均年収・月収


疑問 男性

ひと昔前は大型トラックの運転手はそれなりに稼げるという話も聞いたけど、現在はどうなの?

ポイント 女性

まずトラック運転手全体の平均年収ですが、おおよそ390万円程度といったところ。
これは、トラックの大きさや業種を考慮せずに算出した平均値です。
もう少し詳しくみていくと、以下のようになります。

まず全体的な平均値から紹介しますね。
トラック運転手全体の平均年収は「390万円強」といったところです。

しかし男性に限定すると456万円、女性なら326万円という結果に。
単純に月収で考えると、トラック運転手全体の平均月収は「32.5万円」、男性なら平均月収「37.5万円」、女性は「27.5万円」ですね。
男性のほうが女性よりも月収で約10万円多い、という結果になりました。
ただし、これは単純に年収を12で割った数字ですので、賞与や手当などを差し引くと、月収はもう少し少なくなる可能性が高いです。

次に、職種別で平均年収を見てきましょう。

  • 長距離トラック運転手の年収は、400万円から750万円
  • 大型トラック運転手の年収…450万円から650万円
  • 中型トラック運転手:450万円から550万円

また業種別では以下のようになります。

  • 引っ越し…375万円
  • 物流…390万円
  • 個人宅配…370万円
  • 運送…380万円

平均とはいいつつも、だいぶ幅がありますよね。とくに長距離、大型は最大1.5倍以上の幅があることから、所属する会社や業種によって年収が左右されているようです。
 

高年収になりやすいのは大手専門企業の大型・長距離

もう少し細かく職種別の年収を見ていくと、以下のような職種が高年収となるようです。

  • 大手宅配・引越し:兼業配送センター間大型トラック運転手:840万円
  • 国内陸送:コンテナ等の牽引トレーラー運転手:770万円
  • 大手倉庫/メーカー:提携大型トラック運転手:665万円
  • 工業系倉庫物流専門:大型トラック運転手:650万円
男性

同じトラックドライバーでも年収に差があるんだね!

女性

やはりトレーラー運転手や専門業者の陸送部門は年収が高くなりますね。
また引っ越し業者や宅配業者であっても、大手企業に所属することで年収はあがりそうです。

トラック運転手は「過酷」や「キツイ」って本当?

男性(真剣)

う~ん・・トラック運転手って大変そうだよなぁ

女性

体力勝負の仕事ですが、以前よりは拘束時間は減少傾向にあります

トラック運転手は長距離・近距離に限らず、1日運転する仕事なので体力勝負です。さらに、荷物の上げ下ろし作業があると、体力的にキツさを感じる人もいます。

トラック運転手の平均労働時間

次に平均労働時間です。こちらも職種や性別は関係なく、あくまで全体の平均値になります。
トラック運転手の月平均労働時間は「170時間から180時間前後」となるようです。
また職種別に年間労働時間を見ると、以下のようになります。

  • 「大型トラック」…2640時間
  • 中型・小型トラック…2592時間

参考:厚生労働省

トラック運転手の労働時間(運転時間)に関する制限

あまりにも過酷なトラック運転手の現状を改善するために、労働時間に関しては制限が設けられています
その制限とは…

  • 1日の運転時間は2日間(始業時刻から48時間)を平均したとき、1日あたり9時間まで。
  • 1週間の運転時間は2週間ごとの平均で、1週間あたり44時間まで。
  • 連続運転時間は4時間まで

※運転を中断して30分以上の休憩等を確保することが必要。
この休憩等については、1回につき10分以上で分割取得可能

このように休憩に関しても厳しい決まりがありますが、問題は拘束時間です。

トラック運転手の拘束時間

拘束時間については規定によって「月あたり293時間が限度」と決められています。
ただし、会社の登録同組合の協定により例外として320時間まで延長可能です。
1日の拘束時間についても13時間以内が基本で、延長時でも最大16時間以内です。

ただ、これを遵守している企業がどれだけ存在するかという点が問題なわけですが…。
拘束時間が長いといくら休憩をとっても疲れが抜けませんし、実質的に労働時間=高速時間となって負担が増すという流れもありえるでしょう。

トラック運転手で労働時間当たりの収入が良いのはどれ?

大型トラック(一般に長距離を走ることが多い)と中型、小型トラックで年間労働時間が48時間しか変わりませんので、
年収の差を比べると「長距離・大型トラックドライバー」が稼ぎやすいという結果になりそうです。

ただし、これは労働時間に関するデータが業種や職種で明らかにされていないので、難しいところ。
また職種よりも「どの企業に就職するか」で給料が大きく変わる点も見逃せません。

さらに、地域別でみると、東京都の場合は「550万円」、大阪は「462万円」、愛知が「432万円」と、大都市圏で年収が高くなる傾向にあります。
同じ労働時間でも地方より大都市圏のほうが稼ぎやすいことになりますね。

したがって、効率よく稼ぎたいのであれば、「大都市圏の大手物流業者で大型長距離トラック運転手」をやるのが最も年収が高くなる、ということになるでしょう。

トラック運転手は「底辺」って本当?

トラック運転手は決して底辺ではありません!トラック運転手は、運転技術と免許が必要ですが、専門的な知識や学力は必要なし。トラック運転手になるために大学に行ったり、特殊な国家資格などもいらないため「免許と体力さえあれば誰でもできる仕事」と思われがちです。

しかしトラック運転手は決して底辺の仕事ではありません。普通免許では運転できない、とても大きな車です。トラック運転手がいなければ、荷物は届きません。
ガソリンやガスタンクを運ぶ場合、危険物取扱者免許も必要です。電車のように渋滞と関係ない線路の上を走るのではなく、毎日変化する天気・交通量に対応し、臨機応変に運転する必要があります。
トラック運転手はただ届けるだけでなく、いかに早くそして安全に届けるか?が重要になるプロフェッショナル職なのです。

トラック運転手が底辺と呼ばれる理由

トラック運転手は学歴がなくても就職できるため、底辺と言われていました。たしかにトラック運転手は中卒・高卒でも正社員になれる仕事です。
しかし、トラック運転手は社会の流通事業を支える重大な仕事です。機械化が進む現代ですが、流通産業は人の手で行われます。トラック運転手がいなければ、社会は回らないのです。

そしてもう1つ、運転マナーや態度の悪さが目立っていたことも理由に挙げられます。しかし実際はどうでしょうか?
服装が乱れていたりタメ口を聞くなど、態度の悪いドライバーを見かけることはほぼないと思います。車を運転していると車線変更で道を譲ってくれたり、横断歩道を渡る時によく停まってくれませんか?

佐川急便では『佐川男子』と呼ばれ、写真集がでるほど爽やかなドライバーもいます。中にはマナーが悪い人もいるかもしれませんが、これはトラック運転手に限らずどの職種でも言えることです。
したがって、トラック運転手は底辺だとは言い切れないのです。

女性のトラック運転手(トラックドライバー)が増えている理由

ポイント 女性

トラック運転手というと男性のイメージが強いですが、普通免許で運転できるサイズもあり、子どもの予定に合わせて働けることから、女性ドライバーがいま人気なんです!

トラック運転手は、すべてのトラックに特別な免許が必要ではありません。普通免許で運転できるタイプのトラックもあるのです。
ドライバー不足から、女性を採用する会社も増えています。中には、シフト制で自分のスケジュールに合わせて働けるところもあります。
家庭用宅配の生協(COOP)でも、普通免許で運転できるトラックもたくさんあるので、子どもが学校に行っている間に仕事をしている女性も多いそうです。

女性がトラック運転手(トラックドライバー)になるメリット ・デメリット

【メリット】
・女性の引越しや下着などを通販で買ったとき「女性に配送して欲しい」と需要が多い
・資格職なので出産や子育てで退職しても、復帰後に一定の収入が得られる
・スーパーでパート勤務をするより安定して稼げる
・近距離配送だと定時で上がれる仕事が多く正社員求人が多い

【デメリット】
・距離は短いけれど継続して運転するため疲れる
・朝早い仕事が多い
・頻繁にトイレに行けないため生理中に困る
・キャリアを積む仕事ではない

引越しや下着を注文した女性客で、「男性ではなく女性ドライバーに配達してほしい」などの要望が近年急増しています。
一人暮らしでも、夜に女性ドライバーが届けてくれたら安心ですよね。また中型・大型は資格職になります。
普通免許で運転するトラックよりも給与水準が高いので、ブランクがあっても安定した収入が期待できます。

しかしトラック運転手は近距離・長距離問わず長時間運転をする仕事です。さらに業種によっては荷物の上げ下ろし作業も行う体力仕事なので疲労度が高いです。
女性ドライバーならではのトイレ問題もデメリットの1つです。

女性のトラック運転手(トラックドライバー)の年収

女性トラックドライバーの平均年収は250万〜400万と言われています。一方男性トラックドライバーは400万〜700万と、女性よりも多い傾向があります。これは性別ではなく、運転するトラックの車種が関係しているからだと言われています。

女性トラックドライバーは長距離を運転する大型トラックではなく、地域配達で活躍する人が多いため、普通免許で運転できるトラックで仕事をしているようです。大型と小型トラックでは給与に差がでることが現状です。

ポイント 女性

トラック運転手は走行距離ではなく、運転するトラックの大きさで給与に差がでます。

40代未経験からでも転職可能!?おすすめの転職サイト

トラック運転手になるためには、まず情報収集からはじめなくてはなりません。
運送業界は常に人手不足ですから、40代以上で未経験であっても、志望動機や経歴に著しい問題がなければ採用される可能性は高いのです。

そこで、トラック運転手の求人を探すときに便利な転職サイト・エージェントをご紹介します。

リクナビNEXT

国内最大級の転職情報サイトで、トラック運転手に関する求人情報も豊富です。
傾向としては、未経験者でも比較的参入しやすい小型トラックから中型トラックの運転手募集が多いでしょう。運送会社のルートドライバーの求人が多数掲載されています。
2トンから4トンクラスといった、普通免許でも運転可能なトラックから始めたいという方には適しているのではないでしょうか。【トラック求人の探し方のコツ】
「職種一覧」から

「技能工・設備・交通・運輸」を選択。そこから更に

「運輸・配送・倉庫関連の求人」を選択すると、ドライバー関連の求人が表示されます。
そこから更に「トラック」というキーワードを入力。
ポイント 女性

当サイトが調べたところ、この日は128件ヒットしました。
中にはトラックドライバーではない求人も所々含まれていましたが、ほとんどはトラックドライバーの求人でした。
ヨドバシカメラ、ジャパネットなど有名な企業の配送スタッフ求人がずらりと並んでいましたよ。

⇒リクナビNEXTの公式サイト

⇒リクナビNEXTの詳細はコチラ

DODA

大手パーソルキャリア運営の転職サイト。幅広い年齢層の求人が豊富なので、40代の方からも非常に評判が良い転職サイトです。
ここで求人のコツを一つご伝授致します。上の求人画面ではキーワードで「トラックドライバー」と検索すると29件。しかし…
キーワードを「大型トラック」に変えてみると、なんと約3倍の85件にものぼりました!いろんなキーワードを試してみるのがコツです。
ポイント 女性

当サイトがDODAをおすすめする最大の理由は、DODAがエージェントとしてのサポートも可能だというところ。
エージェントサービスに登録すれば、質の高い自分に合った仕事を紹介してもらえます。

さらに非公開求人12万件以上あると言われていますので、求人サイトだけで探すのではなく経験豊富なアドバイザーのきめ細かいサポートを受けながら非公開求人の紹介も可能です!
またDODAはイベントも多く開催させていますので興味のあるイベントに参加するのも就職・転職への近道になるでしょう。40代からの転職だからこそ、信頼できるアドバイザーと二人三脚ですすめていきたいものですね。

⇒DODAの公式サイト

⇒DODAの詳細はこちら

はたらいく


リクナビNEXTと同じリクルートグループが運営している転職情報サイトです。
トラック運転手を含むドライバー関連の求人数が非常に多く、頻繁に更新されていることから、情報を集めやすいでしょう。はらたいくは「地域密着型」の転職サイトですので、地元の求人が探しやすいのがメリット。
未経験者歓迎の求人も多数掲載されています。年齢問わず、地元での再出発を可能にする求人を見つけられそうです。
ポイント 女性 右

例えば関西トラックの求人で検索すると、172件もヒットしました。
登録すれば、より一層希望に近い求人が見つけやすくなりますよ!

⇒はたらいくの公式サイト

⇒はたらいくの詳細はコチラ

トラックマンJOB

トラックドライバー専門の求人サイトで、全国各地の求人を細かな条件を指定しながら検索可能。
また未経験者を対象とした特集ページもあり、トラック運転手として第一歩を踏み出すための情報が見つけやすいでしょう。
さらに、大手企業特集や特定の運送会社に特化したページもあり、会社別や目的別に求人を探しやすいこともメリット。

まとめ

トラック運転手は、仕事自体は責任重大で、自己管理能力が問われる側面もあることから、決して簡単なものではありませんが、40代以上の未経験であっても転職しやすく、広く門戸が開かれている仕事といえます。人手不足なこともあり、大型や長距離トラック運転手として経験を積んでいけば、年収アップの道も拓かれています。
・コミュニケーションが得意なら小型や中型での宅配、
・一人もくもくと仕事に励むスタイルを好むなら大型や長距離
といったように、働き方を選べることもメリット。

女性

中高年から心機一転、新しい仕事を考えているならば、トラック運転手も候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

トラック運転手向け転職サイトランキング
リクナビNEXT 5分で非公開求人が見れる 公式HP
DODA(デューダ) 日本最大級の求人数 公式HP
はたらいく トラック求人が豊富 公式HP

 

トラック運転手(トラックドライバー)に転職をおすすめする理由

トラックドライバーは、とにかく人手が不足しています。そのため、かなり好条件の求人案内が溢れています。
一般企業の転職は20代のニーズが高く、30代をこえるとスキルやキャリアを持ち合わせていないと、好条件の転職は難しいです。
しかし、トラックドライバーは年齢や前職のキャリアと関係なく、よっぽど人間性に問題なければ転職が成功します。

・30代後半でフリーターだったけど、正社員で転職できた
・ボーナス2回プラス期末手当もでる
・大手の大型トラック運転手は年収800万位所稼ぐ方もいる!

など、今までのトラック業界では考えられないほど改善されています。すべてのトラック業界に浸透しているとは言えませんが、労働条件をしっかり吟味して選べば、好条件の転職を狙えるチャンスです。

ポイント 女性

職歴や学歴が関係なく、人手不足につき好条件で転職ができるチャンス!

トラック運転手まとめ

ポイント 女性

中高年から心機一転、新しい仕事を考えているならば、トラック運転手も候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

・大型かつ長距離トラック運転手の年収は高い
・労働時間や拘束時間の長さは、改善しつつあるが問題は残っている
・しっかりと労働環境を整備した会社を選ぶことがポイント
・トラック運転手は自己管理能力が問われる職業である。
・40代以上の未経験であっても転職しやすく、広く門戸が開かれている仕事
・経験を積んでいけば、年収アップの道も拓かれている
・コミュニケーションが得意なら小型や中型での宅配、
・一人もくもくと仕事に励むスタイルを好むなら大型や長距離