年収2000万円以上の求人をお探しでしょうか?

今の年収から2000万までアップできれば、ローンの支払いも楽になる。

余裕を持った生活もできるようになる。

このような夢や希望は、誰しもが1度は持つものです。

しかし、一般的に年収2000万という数字は、経営者や医師・パイロットなど限られた職業でしか辿り着けないものだと思われています。

たしかに相当のキャリアとスキルを持った人材でなければ、到達するのは難しい金額です。

しかし、絶対に不可能というというわけではありません。

この記事では、年収2000万の求人を掲載しているエージェントや転職サイトと合わせて、該当する職業や条件についても詳しく解説します。

今すぐ年収2000万円以上の会社に転職したい人はもちろん、いつかはそのような仕事に就きたいと考えている人もぜひ参考にしてみてください。

年収2000万の求人を掲載しているエージェント

年収2000万円以上の「ハイクラス求人」を掲載している転職サイトの数は限られています。

その中でも比較的多くの求人が掲載されているのは、下記の転職サイトです。

ビズリーチ[BIZREACH]

ビズリーチは、年収2000万円以上のハイクラス求人も取り扱う会員制転職サイトです。

一般の人材紹介会社と異なり、ビズリーチでは求職者が求人を出している企業やヘッドハンターに直接連絡することができます。

通常の転職エージェントのように「求人企業」と「求職者」の仲介サービスではありません。

経営者や経営幹部など、年収1000万円~2000万円のエグゼクティブクラスを対象にした求人も豊富に掲載されているのが特徴です。

今後年収1000万から2000万円以上の転職を目指すのであれば、必ず活用していただきたいサイトになります。

有料会員と無料会員の制度があり、年収2000万クラスの求人には有料会員でなければアプローチすることができません

しかし、年収2000万以上の転職を目指すのであれば、いずれにしてもビズリーチの有料会員特典を活用することになるでしょう。

有料会員の利用料金は年収によって異なりますが、高くても月々4980円までです。

ビズリーチに登録して飛躍的に年収をアップさせよう

⇒ビズリーチの詳細はこちら

ビズリーチの詳しい特徴や詳細については、下記のコンテンツを参考にしてみてください。

 

年収2000万以上の求人・職業とは?

そもそも、年収2000万を稼げる求人・職業とは、具体的にどのような仕事内容なのでしょう。

年収1000万円クラスであれば、一般的な転職情報でも割と目にすると思います。

しかし、年収2000万円以上となると、通常の転職情報や求人情報にはほとんど掲載されていません。

そこでビズリーチをはじめ、いくつかのハイクラス層をターゲットにしている求人媒体から、年収2000万円以上の求人・職業をピックアップしました。

専門資格を有する必要がある職業もありますが、そうではない求人も意外とたくさんあります

年収2000万円以上の職業その1. 経営者・経営幹部

転職サイトごとに業界や職種は異なりますが、総じて社長候補や経営陣に関する求人は年収2000万円を超える傾向があります。

大手企業が管轄する子会社の社長など、最初からトップが約束された求人です。

経験や実績なども含めて、非常に限られた門ではありますが、一部の転職サイトには求人として確実に掲載されています。

年収2000万円以上の職業その2. 経営コンサルタント・戦略コンサルタント

経営者候補と同じく、経営や業界ごとのコンサルティング関係も高年収になっている求人が多いです。

いずれの転職サイトでも具体的な会社名は明かされていませんが、仕事内容・必須条件・推定年収額は掲載されています。

年収2000万円クラスのコンサルティング求人は、前職で一定規模のプロジェクト統括やマネージャー経験を積んでいることを、応募資格にしているところがほとんどです。

そのため、これらの求人に応募できるのは、若くても30代から40代の人が多くなるでしょう。

年収2000万円以上の職業その3. 医師・院長

病院の院長など医療現場の管轄を行う立場に関する求人も、年収2000万以上となっている傾向があります。

こちらもただ医師免許を持っているというだけでなく、10年以上のキャリアを持っていることが応募条件です。

医師や看護師は年収1000万を超える求人が多く、その管理職・経営職ともなれば年収2000万円~3000万円も夢ではありません。

長年のキャリアがありつつ、現職では今以上のキャリアアップが望めないという方は検討してみてはいかがでしょう。

年収2000万円以上の職業その4. 外資・投資・金融

銀行や外資関係などの金融業界は、成果次第で年収2000万円以上を狙える求人も少なくありません。

基本的に海外との折衝・打ち合わせ・営業活動なども含まれてくるので、ビジネスレベルの英語力が必要になります。

その分年収は一般職とは比較にならないほど高給設定です。

年収2000万円以上の職業その5. プロジェクトマネージャー(WEB系・エンジニア系)

エンジニアやWEB関係のプロジェクト統括マネージャーは、WEB業界全体から見ても高収入です。

年収2000万円以上を打ち出している求人も多く、エンジニアたちのキャリアアップとして期待されています。

エンジニアやSEとしての経験を活かしつつ、チームやプロジェクト全体の管理能力も問われる職業です。

年収2000万円以上の職業その6. 営業職・営業ディレクター

意外と年収2000万円以上を目指しやすいのが営業職です。

とくに不動産関係など1つあたりの単価が高い商材を取り扱う営業職は、成績次第で青天井に年収が上がっていきます。

年収2000万と仮定した場合の給与は、月々150万円前後です。

ボーナスによってはもう少し少なくなります。

月々150万円のうち、基本給と各種手当で20万~30万円ほどあるとしましょう。

それだとインセンティブで120万円前後を獲得し続けられれば、年収2000万の達成も可能です。

そもそも転職で年収2000万は可能?

転職で年収2000万円を目指すことは、そもそも可能なのか?という疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

実際のところ、転職で年収2000万を超えるのは不可能ではありません。

たしかな経験と実績・能力さえあれば、2000万・3000万・4000万と一般職からは考えられない年収を約束してくれる企業はあります。

しかし、一般職からは考えにくいほど高収入であるということは、相応に高いレベルの能力や実績が求められるのです。

ある程度のキャリアが必要

年収2000万で求められるキャリアは業種や職種にもよりますが、平均5年~10年以上の期間であるケースが多いです。

さらにその中で1000人規模の従業員・部下を統括していた経験など、ピンポイントなキャリアを求められることもあります。

年収が2000万を超える求人の中には、数百から数千人の部下をまとめる立場のものも少なくないためです。

これらの条件も含めて、2000万以上の求人に応募できる年代層が、若くとも30代から40代になる要因でもあります。

将来的に年収2000万が期待できる求人

求人の時点で年収2000万円と書かれていなくても、将来的に年収2000万を狙える職業はあります。

求人の数字はあくまで「現状募集しているポストに対する年収」なので、社内で評価され上位のポストに就ければ、相応に年収もアップしていくものです。

そのため、年収1000万円クラスの求人に応募して、面接時に「将来的に年収2000万を目指すことは可能なのか」も確認しておくといいでしょう。

最初から年収2000万の求人は応募条件の時点で難易度が高く、応募自体できないという人も少なくありません。

その点において、多少時間をかけてもいいのであれば、キャリアアップも含めた年収2000万も視野に入れておくことをオススメします。

年収2000万円の手取り額はいくらくらい?

年収とは税金や保険料などが引かれる前の金額を指します。

額面上では年収2000万となっていても、受け取れる金額とは大きな差があるのです。

では、年収2000万円の人の手取り額はどれくらいなのでしょうか。

年収2000万を超えると会社での年末調整が行ってもらえず、各自で確定申告をしなければなりません。

年収が2000万円であった場合、基礎控除や医療控除など諸々の控除を差し引くと、給与所得は原則1755万円になります。

この1755万円から社会保険料を差し引き、残った額に対して所得税がかかってくるという仕組みです。

税金シュミレーター

子供や配偶者の有無によっても詳細な数字は違ってきますが、平均すると税金だけでも500~600万円ほど差し引かれてしまいます

以上の理由から、年収2000万の人が実際に受け取れる手取り額は大体1300万円前後です。

日本の徴税制度は年収が高い人ほど重くなるため、年収1000万と2000万円の手取り額の差は500万前後になってきます。

年収2000万の生活スタイル

年収2000万円でも手取りは、1000万円弱であることをお伝えしました。

では、年収2000万円クラスになると、どのような生活が送れるのでしょう。

手取り年収が1300万円前後ということは、月給にすると100万円前後です。

毎月これだけのお金を使えるわけですから、一般のサラリーマンより優雅な生活であるのは間違いないでしょう。

また年収1000万円以上の家庭では、収入の一部を投資して運転資金に回す人も少なくありません。

稼いだ分だけ贅沢をするか、将来的な安定のために投資するかは稼いだ人の性格や人生設計によっても異なります。

年収が増えると税金も比例して高くなりますが、少なくも年収自体が少ない状態よりは余裕が出てくるのは間違いありません

求人の内容やご自身のスキル・能力などさまざまな側面から検討し、興味を持てる求人があれば、ヘッドハンターや求人元企業に直接相談してみましょう。

それが新たな一歩のきっかけになるかもしれません。

まとめ

年収2000万円を打ち出している求人の多くは被雇用側ではなく、どちらかといえば雇用側に立つ人材を求めています。

将来的に何百、何千という従業員を抱えるトップリーダーを探しているのです。

年収額・仕事内容・自身の能力などを吟味して、自分の可能性にチャレンジしたいと思う人は、ぜひ飛び込んでみてください。

★ハイクラスの転職ならこちらもおすすめ