アルファベットの一文字と「ターン(+就職もしくは転職)」という言葉の組み合わせでできる就職や転職パターンは複数ありますが、皆様はその内いくつをご存知でしょうか。

Uターン就職、Iターン転職あたりはパッと出てくると思われますが、「UIJターン(就職又は転職)」となると首を傾げる読者の方も多いと思われます。

そこで今回は「UIJターン」とは何かということと、UIJターンを実現する方法として積極的にオススメしたい「相談会」の活用方法やメリット・デメリットなどをお伝え致します。

UIJターンとは

UIJターンとはUIJターンという一つの就職、転職方法を表しているのではなく
・Uターン
・Iターン
・Jターン
以上3つの就職や転職方法の「総称」です。

3つの総称としてUIJターンという呼称はとてもポピュラーですが、用語辞典などによっては「I」と「J」を逆にした「UJIターン」という総称を紹介している場合もあります。

従って「UIJ」でも「UJI」のどちらで呼んでも構いませんが、本記事では以後UIJターンとして紹介致します。

さて、UIJターンが3つの就職や転職方法の総称であることを知っただけでは、まだ十分に理解できたとは言えません。

3つの方法のそれぞれについて意味を正しく理解することが肝要です。そこでUターン、Iターン、Jターンとは何か確認しておきましょう。

Uターン(就職・転職)とは

UIJターンの「U」にあたるのが「Uターン」ですが、これはアルファベットの文字形態から最も理解しやすい就職、転職パターンです。

Uターンとは自分の生まれ育った故郷と異なる他県の大学へ進学したり就職したりした後、再び故郷に戻ってきて就職又は転職を果たすことを言います。

具体例で紹介しますと、例えば北海道で生まれ育った高校生が大学で東京へ進学した後、東京では就職せず北海道に戻って就職を果たすパターンが「Uターン就職」となります。

次に、北海道で生まれ育った高校生が東京の大学進学後東京の会社へ就職したが、その後転職で再び北海道に戻ってきたという場合が「Uターン転職」にあたります。

Iターン(就職・転職)とは

Iターン(就職・転職)とは自分が生まれ育った地域とは異なる地方(ただし東京や大阪といった大都市は含まない)へ就職や転職を果たすことです。

Iターン就職や転職で最も多いパターンは次のようなパターンです。

・Iターン就職:東京生まれ・育ち→東京の大学へ進学・卒業→地方の県に就職

・Iターン転職:東京生まれ・育ち→東京の大学へ進学・卒業→東京で就職→地方の県に転職

尚地方の県から東京や大阪へ就職や転職を果たした場合でも直線的な移動となりますので「Iターン」となりそうですが、これら大都市圏への就職や転職はIターンとは通常言いません。

Iターンは一般的に自分が生まれ育った地域と人口などの規模で変わらない、もしくは小さい地域へ就職や転職を果たす場合のことを言います。

その結果、Iターン元となる地域は東京や大阪となる場合が多くなります。

Jターン(就職・転職)とは

Jターン(就職・転職)とは「U」と「J」のアルファベット形状の違いに注目して考えると理解しやすくなります。

Jターンとは故郷から離れて遠方にある大学へ進学したり、会社へ就職したりした後、故郷には戻らないが、その故郷の隣県など、進学した大学や就職した会社より故郷に近い場所へ就職や転職を果たすこと言います。

具体例でご紹介しましょう。

Jターン就職

山口県で生まれ育った → 東京の大学へ進学  → 岡山県の企業へ就職

Jターン転職

山口県で生まれ育った → 愛知県の企業へ就職 → 広島県の企業へ転職

尚、例えば山口県から東京の大学に進学し、福岡の企業へ就職した場合には山口県より更に西に移動したことになりますが、このような場合もJターンとなります。

要は故郷を起点に考えて、進学先や最初の就職先より故郷に近い地域で就職や転職を果たした場合がJターンになると考えて構いません。

また、山口県山口市から遠方の他県に就職した後、山口県山口市ではなく下関市に転職した場合はどうなると言いますと、かつてはこうしたケースも「Uターン」としていました。

ところが近年では「Uターン」は故郷と同じ自治体エリアに戻ってき場合を指し、それ以外の地域は「Jターン」と見なす傾向が高まっています。

従って山口市ではなく下関市へ就職や転職を果たした場合も「Jターン」と考えて良いでしょう。

UIJターンは相談会に行くべし!相談会参加のメリットとは?

UIJターンの共通点は、今現在住んでいる場所とは離れた地域へ就職や転職を果たすことにあります。

そのため、住まいの近郊で職場を探す場合とは異なる取り組みが必要になってきます。

その取組として当サイトがぜひオススメしたいのが「相談会」への参加です。

UIJターン(就職や転職)相談会とは

「UIJターン相談会」という名称での相談会は少ない

UIJターンに関わる就職・転職相談会は主に地方自治体や大手転職エージェントなどが主催者として行われています。

ただし「UIJターン相談会」等、「UIJターン」という言葉が相談会の名称に含まれている場合はあまり多くありません。

「Uターン・Iターン就職説明会」だとか、例えば新潟県の場合なら「新潟県就職相談会」といった具合に、地方自治体名称と就職相談会の組み合わせだけの名称が用いられる場合も多く見られます。

その地域へ就職や転職したい方は全て相談会の対象になる

このような場合、例えばJターン就職となる方がUターン・Iターン就職説明会の参加対象外になるかと言えば勿論そのようなことはありません。

自治体としてはUターン、Iターンといった形態に当てはまるかどうかは重要なことではなく、自治体地域内に就職や転職する意志があるかどうかが最も重要なことなのです。

従って、相談会を主催している自治体地域へ就職や転職がしたい方であれば、相談会の名称にそれほどこだわる必要はありません。

例えば香川県に就職や転職したい方ならJターンになろうがIターンになろうがその点は一切心配せず、香川県が主催する就職相談会へ参加すれば良いだけです。

香川県側は大喜びで対応してくれます。

相談会に参加するメリットとは

では特に自治体が主催する相談会へ参加した場合にはどのようなメリットが得られるのでしょうか。相談会の参加メリットについてご紹介します。

メリット1:「職」だけでなく「住」に関するアドバイスや支援情報を得られる

Uターンの場合なら実家へ再び住むこともできるでしょうが、IターンやJターンは単に就職先が見つかれば良いだけの話ではありません。

同時に住まいをどうするかという問題を解決する必要があります。

その際、就職先近郊の不動産会社をあたるという方法もありますが、不動産会社を当たる前に自治体に相談した方が断然お得です。

なぜなら地方自治体は地域への移住促進策として様々な支援策を用意しており、例えば相談会で自治体へ住まいに関する相談をすれば

 ・自治体が運営管理している賃貸アパートなどの紹介を受けられることがある

 ・自治体からの家賃補助制度など、移住した場合の「住」に対する支援策を詳しく聞け
  たり、申し込みできたりする

 ・寮やアパートなどが併設している、「住」の心配無用な職場を重点的に紹介してもらえ

といったことが期待できるためです。

メリット2:自治体が提供している生活支援制度についても詳しく聞ける

移住者に対する自治体の支援策は何も「住」だけに留まりません。

例えば小さな子どもがいる場合には、一定の年齢に達するまで医療費を完全無料にしてくれたり、自治体が運営する保育園なら学費を補助してくれたり、自治体によっては全額免除してくれたりする場合もあります。

その他にも例えば就農する場合には、経営が軌道に乗るまでは年間100万円以上の補助金を提供してくれたり、自治体地域内の商店などだけで使用できる商品券を数年にわたって提供してくれたりする自治体もあります。

こうした生活全般に関わる支援策は自治体によってそれぞれ異なりますし、年度が変われば施策が変わることもしばしばです。

就職や転職先として考えている地域の自治体では果たしてどのような生活支援を受けられるか、最新情報は自治体しか知りません。

相談会に参加すれば最新の支援策を聞くことができるのです。

メリット3:ブラック企業や社会保険等の対応がずさんな企業は紹介されない

就職相談会ですから、自治体内の求人企業についても勿論紹介してもらえます。

その際、自治体がブラック企業であったり、社会保険への対応がずさんだったりする企業を紹介してしまえば、自治体の信用問題になってしまいます。

自治体主催の相談会ならブラック企業や社会保険未対応といった違法性が高い求人企業が紹介されることはまずありません。

つまり自治体主催の就職相談会に参加すれば、ブラック企業ではない求人企業の紹介を得られます。

相談会のデメリットとは?

自治体が主催する就職相談会にはご紹介したような多くのメリットがありますが、次のようなデメリットもあります。

こうしたデメリットもあることを踏まえた上で就職相談会に参加することが望まれます。

デメリット1:自治体による説明会は自治体職員によって行われる(※)。

就職支援のプロではないので、就職に関する悩み相談などでは適切なアドバイスが得られない。

(※ただし自治体によっては転職エージェントに協力を仰いでいるケースもあり、そのような場合にはプロのコンサルタントに相談にのってもらうことができます。)

デメリット2:自治体によって移住や雇用促進策への取り組み度合いに大きな開きがる。

熱心な自治体もあるが消極的な自治体もあるなど様々なことから自治体によっては相談会に参加しても期待したほどの支援情報を得られないこともある。

デメリット3:相談会開催場所が東京、大阪、その自治体地域とせいぜい3~4ヶ所程度に限られる。

そのため、住まいによっては相談会に参加するだけでもかなりの交通費負担が伴うことになる。

UIJターンの相談会情報をご紹介

U,I、J各ターンの就職相談会としてどのような催しが開催される予定があるか、2017年6月時点で主に東京で開催される予定の相談会事例をご紹介しておきます。

U・I・Jターン長野県求人情報提供&相談会

・日時:6月17日(土)18日(日)10:30より事前予約制
    7月15日(土)

・場所:銀座NAGANO 4F コワーキングスペース・移住交流・就職相談コーナー
    (104-0061 東京都中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル)

鳥取県IJUターンBIG相談会

・日時:6月18日(日)13:00~16:00

・場所:天満橋OMMビル Bホール(大阪府大阪市中央区大手前1-7-31)

やっぱ長岡!7月「U・Iターン就職相談会」

・日時:7月2日(日) 10:40~16:00

・場所:表参道・新潟館ネスパス 3階(京都渋谷区神宮前4-11-7)

ながさき暮らし・さが暮らしUIJターン相談会@東京 

・日時:7月2日(日)11:00~16:00

・場所:東京交通会館3階グリーンルーム(東京都千代田区有楽町2-10-1)

とっとり移住休日相談会in東京~「とっとり」で自分らしい生き方をしよう!~

・日時:7月22日(土)17時30分~20時30分

・場所:ふるさと回帰支援センター セミナースペースB(東京都千代田区有楽町2-10-1・8F)

しまねUターンIターン相談会in東京

・日時:2017/07/23 (日)11:00〜16:00

・場所:東京交通会館グリーンルーム( 東京都千代田区有楽町2-10-1)

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事業個別/定期相談会

・日時:7月29日(土) 10:30~

・場所:株式会社パソナ グループ本部内(東京都千代田区大手町2-6-2)

札幌UI就職ナビ・個別就職相談会

・日時:8月3日(木) 10:00~17:00

・場所:札幌UIターン就職センター(東京都千代田区大手町2-6-2)

福山市2017 U・Iターン就職・総合就職相談会

・日時:8月10日(木) 13:00~16:00

・場所:福山ニューキャッスルホテル 3階 光耀の間(広島県福山市三之丸町8-16)