第二新卒
第二新卒とは…

定義
新卒で一旦就職はしたものの、短期間(およそ3年ぐらいまで)で転職する者のことを言います。

第二新卒に「年齢」の明確な定義はなく新卒で「入社」してからの年数で決まります。ですので大学浪人や休学などで大学卒業年齢自体が高い方でも「新卒で入社しておよそ3年未満」ならば年齢に関わらず「第二新卒」として転職することが可能です。

注意点
しかしながらストレートにいくと大学卒業後新卒で就職して3年経過すると25歳・院卒だと27歳になりますので企業側もそれぐらいの若い人材を指していることが多く、ニーズを考えると30代に入ると第二新卒としての転職は難しいでしょう。

第二新卒と既卒・中途採用の違い

よく混同される言葉で「既卒」という言葉があります。こちらは第二新卒と違って卒業してから一度も就職していない人。つまり社会人経験が全くない人のことを指します。さらに新卒で就職して4年を超えると「中途採用」という位置づけになります。
それぞれの違いを見てみましょう。

既卒 卒業後一度も就職していない(社会人経験なし)
第二新卒 新卒入社後1~3年程度の勤務経験がある人
中途採用 新卒入社後4年以上経過した人
ポイント 女性

「既卒」「第二新卒」は似ているようで全く違います。
ほんの数年でも社会人の経験があるのとないのとでは大違いなのです。

注意点
大学を卒業してからアルバイトや派遣で働いていた方はどうなるのでしょうか?
これは企業によって捉え方が違うのですがこの場合は「既卒」という枠に入るのが一般的です。