2019版 ホワイト企業大賞一覧リストから学ぶ!ここが魅力的な企業の理由だ!

ここ数年「ブラック企業大賞」が様々なメディアで報じられるようになりました。一流企業だと思っていたあの会社が、内部の労働環境が無茶苦茶で、過労死、自殺が相次いでいる事実は、本当に衝撃的としか言いようがありません。

あの企業も、この企業も、我々が知っている企業が次々と「ブラック企業」認定されています。この感じだと、日本にはブラック企業しかないようにも思えます・・・。

しかし、あまたのブラック企業とはまったく違う!従業員、労働者思いの会社、つまり「ホワイト企業」も存在します。そして、そうしたホワイト企業を表彰し、広く世間にアピールする「ホワイト企業大賞」というものもブラック企業大賞の後を追うように5年前にできました。

今回は、2018年「ホワイト企業大賞」について紹介し、どのような点がホワイトなのか考えたいと思います。その企業への転職ができればいいのですが、きっと同じ理念を持つホワイト企業はほかにも存在しているはずです!

<ホワイト企業大賞を知るメリットはこれ>

・ホワイト企業大賞の授賞理由は様々です
・ブラックが絶対的な要素なのに対してホワイトは相対的な価値判断になります
・「ホワイト企業大賞」各賞を受賞している理由は様々です
・業界も多岐にわたっていることを知ります
・「・・これでホワイト?」という会社もあります。ホワイトは相対的なんです

 

■「ホワイト企業大賞」は何? どういう人が運営しているの?

「ホワイト企業大賞」とは、

<a href=”http://whitecompany.jp/” target=”_blank”>ホワイト企業大賞</a>

 

ホワイト企業 = 社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業

と定義し、巷にあふれる「ブラック企業」へのアンチテーゼとして、2014年に始まったイベントです。

元ソニーの社員であった土井利忠(筆名・天外伺朗(てんげしろう))さんと、彼の趣旨に賛同する経営者や学者による「ホワイト企業大賞企画委員会」によって選考され、受賞企業が決まります。

<a href=”https://www.asahi.com/articles/ASL2M4WV9L2MULFA01M.html” target=”_blank”>社員生き生き「ホワイト企業」表彰 「ブラック」の対極|朝日新聞</a>

 

天外さんは、「ホワイト経営塾」(天外塾)というものを経営し、天外さん自身やホワイト企業大賞選考委員などを講師に、ホワイト企業の重要性を経営塾参加者に説いています。

ホワイト企業大賞を設けて普及、啓発する運動は、ブラック企業大賞の受賞企業のひどさも相まって、徐々に(ホワイトの理念が)浸透しつつあります。

■「ホワイト企業大賞」はどうやって決まるの?

「ブラック企業大賞」の場合、実行委員会が勝手に選んで、勝手に授与するのですが(もちろん、めでたく「表彰」されたブラック企業の人たちは会場には来ない)、「ホワイト企業大賞」の場合は自分たちで対象に応募する「自薦」や、周りの人が「この企業はホワイトです」という「他薦」の形をとっています。

とはいえ、これでは「ブラック企業が積極的にホワイト企業大賞に応募して、ホワイトの「お墨付き」を得るだけでは?」とも思います。却って危険なのでは・・。

そこは安心してください。ホワイト企業大賞企画委員会では

1.「組織プロフィール」(エントリーシート、企業の履歴書)

2.「ホワイト企業指数」(社員アンケートの結果)

に加えて

3.企業訪問(実地調査)

を行い、本当にホワイトかどうかを確認します。ブラック企業ならば委員が来た時だけ取り繕うのでは?という危惧がありますが、ホワイト企業大賞企画委員はその辺をしっかり見抜くそうです。

ホワイト企業であるというチェックポイントは

「社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業」というホワイト企業の定義とそれを構成する

3つの大項目

①個人
②職場の関係性
③社会貢献

と4つの小項目

①人間的成長
②自律
③信頼
④誇り

をもとにそれぞれのポイントを満たす企業を評価していきます。

(表1)

「ブラック企業大賞」ほどはメジャーではなく、今のところ「知る人ぞ知る」レベルで、メディアの取材もほとんど来ていません。しかし、今後、徐々に評価されメジャーになっていくと予想されます。

 

■ホワイトの理由は多種多様~まだ定義がない?

このように「ホワイト企業大賞」で表彰される会社は、有名企業から、一般的にはブラックの代名詞と言われる飲食や学習塾など多岐にわたります。

「この業界ならホワイト」というのは、なかなか見当たりません。

「ブラックが多い業界を避ける」ことはできても、「避けて就職、転職した会社がホワイト」という保証はないからです。ブラック企業大賞の場合、誰もが知っている有名企業が次々と受賞しています。

ブラック企業大賞の場合は、事件になったり、労働基準監督署に入られたり、という客観的な基準がありますが、ホワイト企業大賞の場合は主観が入る余地があり、今のところその理念に共鳴する会社の自薦・他薦によっています。創設者の天外さんや委員の方々の「主観」もまだ入っています。

受賞企業の授賞理由にある「社内の親睦イベント」「社員旅行」「サークル活動」は
人によっては、とびきりのブラック要素になります。

残業がない、休みが多い、給料が高いなど労働条件的なホワイトが少ないのが多少気になります。つまり、この「ホワイト企業大賞」はあくまでホワイト探しの指標にしていただき

・該当企業の授賞理由を見る
・自分が評価できる理由かどうか考える
・その場合、採用条件や労働条件を見て、似た会社を探す

というやり方でいくのがいいでしょう。絶対的なブラック企業は数多くありますが、ホワイトの基準は人それぞれなので、絶対的なホワイト企業はそれほどない、と意識してください。

「定時帰り、社内イベントなし、社員と一切交流なし」をホワイトと考える人もいれば
「社宅で休日もワイワイ騒げて、イベントたくさん」をホワイトと考える人もいるからです。

サービス残業100時間は誰がどう考えてもブラックなのとは違うのですね・・。

様々な角度からランキングした2019年版ホワイト企業は以下の記事を読んでください。

<a href=”https://success-job.jp/whitekigyou-ranking/”>【2019年版】ホワイト企業一覧とランキング!就職は8つの条件が決め手</a>

 

「ブラック企業大賞は誰がどうみてもブラック」

一方「ホワイト企業大賞は選考者の基準によるホワイト」

であり、ホワイト企業探しの1つの指標として使ってください(絶対的な基準ではないです)。

でも、受賞した会社の多くは、「○○大臣賞」や自治体の表彰などを受けているところが多く、社会貢献的に評価されているんでしょう。自称「アットホームな職場」(=ブラック企業)にはそういうのはありませんからね。

 

■2019版 ホワイト企業大賞一覧リストから学ぶ!ここが魅力的な企業の理由 まとめ

・ホワイト企業大賞は元ソニーの人を中心にできた
・自薦他薦によって応募する
・一般的にブラックと言われる業界の中にもホワイト企業大賞を受賞した会社もある
・ブラック企業大賞のように犯罪や労働基準監督署の立ち入りなど客観的な証拠はない
・ホワイトと感じる基準は人それぞれで相対的な部分もある
・自分の価値観と見合う「ホワイト」を探すことが大切である
・ホワイト探しの1つの手掛かりとして使い絶対的な指標にはまだしないほうがいい

 

(7238字)