看護師には「夜勤」が避けて通れませんよね。人が寝ている時間に働くという「昼夜逆転生活」は大変ですし、日中好きなことができなそうです。しかし、やり方次第で日中に働きよりも多くの休日をもらいながら、同等、あるいはそれ以上の収入を得ることができます。

夜勤が大変でも休みが多ければ十分にペイできます。今回はそんな夜勤だけをやる看護師、「夜勤専従看護師」について紹介したいと思います。年収も高くて、生活リズムさえつかめればこういう働き方もありなのかもしれません。

夜勤専従看護師って何?

夜勤専従看護師は夜だけ働き高年収

「夜勤専従看護師」はその名前のとおり、夜勤業務を専門的に行う看護師です。看護師の夜勤は非常に激務ですが、日勤の看護師の代わりに夜勤だけを行い、多くの報酬を得るというものです。

看護師、特に夜勤がある(つまり病棟がある)人の勤務シフトは、例えば

3交代制の場合

日勤(8:00~16:30)、準夜勤(16:00~0:30)、深夜勤(0:00~8:30)

2交代制:日勤(9:00~18:30)、夜勤(18:00~9:30)

などとなっています(病院によって異なります)。夜勤専従看護師は上記のうち「夜勤」あるいは「深夜勤」の時間に働く看護師です。

実は法律で常勤看護師の毎月の夜勤の回数は制限されています(それ以上夜勤をさせているところはブラック病院です)。法定の常勤看護師の夜勤は毎月8日以下という定めがあり、それ以上夜勤をすることはできません。

しかし、夜でもナースコールが減らない病院があるのは事実ですし、患者さんの健康や命最優先なのも言うまでもありません。

というわけで、法的な規制で制限されている&看護師の健康を守るために、夜勤の時間だけ非常勤でスポット勤務する夜勤専従看護師の需要が発生する、というわけですね。

夜勤専従看護師の働き場所は、いうまでもなく入院病棟や24時間体制で仕事を行うことが求められる医療施設に限定されます。

つまり、

夜勤専従看護師の職場は

・入院病棟のある病院(特に大病院)
・ICUや緊急外来などの24時間体制での運営が必要な施設

であり、町のクリニックなどでは求人がありません。

夜勤専従看護師は夜勤を専門に行うため、毎回深夜勤務ですので「夜勤手当」や夜勤の時間帯の時給になります。これが結果として年収が高めになることのからくりです。

一夜勤当たりの単価が高いので

・高年収
・休日を多く取れる(週休4日も可)

ということになります。

夜勤専従看護師の身分

夜勤専従看護師の労働契約ですが

・常勤看護師(つまり正社員ないし契約社員)
・非常勤看護師(つまりアルバイト)

の2パターンがあります。ただ、夜だけ時間指定で働く人を正社員、正規雇用にすることはあまり考えられませんよね。夜勤専従看護師の正規雇用は稀で、多くのケースでは夜勤の時間帯1時間○○○○円で働くアルバイトになります。

それでも高年収なのは夜勤の単価+夜勤手当が高いからなのですが、正規雇用ではないですから、社会保障面(年金、保険)やボーナス、退職金などは期待できません。

「夜勤のプロフェッショナル」として自分の価値を売る、という働き方になります。

夜勤専従看護師のメリット・デメリット

当然ですが、夜勤専従だからこそのメリット、デメリットが存在しますので知っておきましょう。

夜勤専従看護師のメリット

1.高単価である

夜勤しかしないので、常勤の場合も、非常勤の場合も、1時間当たりの時給は非常に高くなります。

常勤の場合は高年収年収ですので、週休3日~4日でも看護師の平均年収(470万円前後)を稼ぐことができますし、職場やその人の能力によってはそれ以上稼ぐこともできます。

非常勤の場合、夜勤1回につき3万前後を得ることができます。週3日勤務でも、3万円×3日×4週=36万円、おお、これなら十分生活することができますよね。ブラックな職場に勤務するよりもよほど精神的にも肉体的にも楽をして稼げます。

2.勤務時間が少ない

夜勤しかしませんから、労働時間は1回につき8時間ないケースもあります。休日を多くとっても十分生活していくことができます。生活していくためだけなら、週2日の勤務でも大丈夫かもしれません。実働月10日で日勤看護師の平均年収分くらい稼ぐことも可能で、とても休みが多いです。これが夜勤専従看護師の大きな魅力です。

なお、上で「常勤看護師」の夜勤が月に8日まで制限される、と書きましたが、非常勤の場合はその制限は適用されません。稼ぎたければ毎月15日くらい働くことも可能です。そうすれば月収45万円!ですね。

4.副業でも働くことができる

非常勤で働くならば、副業的に夜勤専従看護師をすることもできます。平日他の仕事をして、土曜日の夜だけお小遣い稼ぎに夜勤をすることも可能です。

特に休日は皆さん休みたいですから、それを埋めてくれる夜勤専従看護師は大歓迎です。単価が高いのでちょっとの勤務で大きな収入になり、副業、ダブルワークとして最適です。

夜勤専従看護師のメリット

1.体力、体調面できつい

昼夜逆転で働くわけですから、健康面での影響が全くないとは言えません。日中働かないので休息自体は取れるでしょうが、体内時計に逆らっての仕事になりますから、色々影響が出てくるかもしれません。

女性の場合、月経時などはホルモンバランスが乱れやすくなっていて、その時に夜勤が続くときついかもしれません。

そもそも論として、「夜勤」は心身へのリスクが大きいということはあらかじめ知っておいてくださいね。

2.求められる経験、スキルが高い

日中のように多くの医師や看護師、医療従事者がいない、最小限の人しかいない夜勤ですので、オールマイティーな働き方が求められます。

夜勤にプロ=看護師として非常に有能でなければあらゆる突発的な場面に対応できないでしょう。看護師としてのスキルや経験が求められますので、看護師資格を取ったばかりの人はそもそも採用されないでしょう。

夜の病棟を任せられる人ということは看護師の中でも相当なプロフェッショナルです。非常勤ならなおのこと、それ以外の勤務を求められないわけですから(ちょっと昼まで残っていて、とは言えない)、完全にお任せして大丈夫な人でないと厳しいです。

看護師としての「総合力」が必要になります。

3.常勤看護師の求人がとても少ない

夜勤専従看護師は元々、常勤看護師の負担を減らすため、夜間の穴埋めのための求人ですので、多くの病院では非常勤を前提にしています。

非常勤の求人は多いですが、常勤での求人は非常に少ないということは当然あります。まぁ、自由な生活を求めている人が多いので、常勤で雑務や日勤をお願いされるというのは本望ではないですよね。

夜勤専従看護師の需要は結局こうやって決まる

以上夜勤専従看護師のメリット、デメリットをまとめると

・看護師側

少ない労働時間で効果的に稼ぎたい

・病院側

常勤看護師の負担を減らし、健康管理も徹底させたい。保険や年金などの固定費も抑えたい

という双方のニーズを満たしているものだといえます。

まさに「WIN-WIN」の関係でもあるのですが、病院は夜勤専従看護師に夜勤の時間だけしっかりやってもらいたいと思っています。つまり、病棟のマネジメントや将来的に病院の幹部へ・・ということはさらさら求めていません。とにかく時給分だけがんばって、ということです。

逆にそれ以上のものは求められないともいえるでしょう。

夜勤専従看護師として働きたい場合注意すべきこと

夜勤専従看護師の仕事概要は以上になりますが、デメリット以外にもこの仕事をする場合、注意していただきたいことがあります。

1.勤務日数を確実に確認する

特に非常勤の場合、実際に毎月どのくらい(何日)働くことになるのかを事前に確認してください。効果的に楽に稼ぐはずが、出勤日が多くては何のために夜勤専従看護師として働くのかわからなくなってしまいます。稼げても体調を崩したら意味がありません(非常勤は夜勤制限の対象外なので多く働かされる可能性があります)。

一方で、全然勤務日数が少なかった場合は、勤務日数=収入ですので、収入が少なすぎて生活できなくなってしまいます。非常勤は常勤の勤務を調節する「バッファ」ですので、真っ先に切られるのは非常勤であり、常勤看護師が「今月はどんどん夜勤します」と言った場合、働く日がなくなってしまいます。

2.時給と夜勤手当の内訳を確認

夜勤先週看護師は割りがよく高収入と言ってもその内訳が問題です。

つまり、同じ1回の夜勤で4万円稼げる場合でも

①時給3000円×7時間+夜勤手当19000円

②時給2400円×7時間+夜勤手当23200円

では残業があった場合の収入が異なります

このケースでは時給単価が高い①のほうが稼げます。固定費の夜勤手当と変動費の時給では、変動費の時給のほうが大切です。残業はあっても時短で帰れる日はまずありません。

まさかと思いますが、雇用契約ではなく「業務請負」で1日○万円(つまり残業しても残業代が付かない)というケースは十中八九「ブラック」ですので近づかないようにしましょう。の可能性がありますのでさらに注意が必要です。

3.常勤や日勤で働いてほしいと言われるかも

働き方がプロフェッショナル過ぎて「余人をもって代えがたい」と病院側が判断した場合、「夜勤専従ではなくて常勤や日勤で働いていただけませんか?」と誘われる可能性があります。

その場合の待遇はおそらくかなりいいのですが、夜勤専従のメリットである休日が多くて楽に稼げるというものがなくなってしまうかもしれません。

日勤も入ってくれば普通の看護師と変わりません。それが嫌だから夜勤専従をしていると思うので、誘いを受け入れるかどうか可否をよく検討してください。

あとは、夜勤の人数不足が解消されたけど切るに切れなくて・・、というケースもあると思います。

夜勤専従看護師として働きたいならば看護師専門の転職サイトや転職エージェントを活用!

夜勤専従看護師の求人をどうやって探すのか?看護師としての高いスキルが求められるため、通常の転職サイトやハローワーク、新聞広告などには掲載されていない可能性もあります。

プロフェッショナルを探すならプロフェッショナルの媒体、ということで、当サイトに掲載されている看護師専門転職サイトや転職エージェントを活用することをおススメします。

夜勤専従と言っても時間や日数など病院によって様々です。看護師専門の転職サイトならの求人が多いだけではなく、時給や勤務時間、月の勤務日数などがまとめられていてわかりやすいです。

夜勤専従看護師として働きたい人は、自分個人のライフスタイルや余暇を重視する傾向にありますから、条件を確認しやすい転職サイトの利用がいいでしょう。

「転職サイト」とありますが、正規雇用だけでなく、夜勤専従看護師の場合非常勤の案件も多く掲載されているので大丈夫です。まだよくわからない、本当に夜勤専従看護師として働きたいのかわからない、という人も現状を確認していただくためにも、どこかの看護師専門転職サイトに登録するといいと思います。登録だけならタダですからね。

より、志望度が高いならば、看護師専門転職エージェントを活用して、ピンポイントでいい求人を探す方法もアリです。

週休4日でリッチ生活!年収は?夜勤専従看護師のメリット・デメリット まとめ

・常勤看護師の健康維持や労働管理(夜勤の制限)のため、夜勤だけをスポットで埋める需要が発生する
・夜勤専従看護師の時給単価は高いので、高収入、高年収が期待できる
・週休4日などプライベートを重視する人にはおススメ
・週休2日などで働ければ超高年収も夢ではない
・非常勤がほとんどなのですぐに切られるなど仕事が安定しない可能性がある
・夜勤を任せるため誰でもできるわけではなく、看護師としての高いスキルと経験が必要になる(新人はできない)
・どのくらい働くことになるのか、時給と夜勤手当はいくらかなど条件面をよく確認する必要がある
・夜勤専従看護師の求人は一般の求人にはあまり出ないので、看護師専門の転職サイトや転職エージェントを活用することが求められる
・ともかく情報収集としても転職サイトに登録してみるといいかも
・ご自身の健康面とプライベートの充実を最優先に考えてください