「薬剤師ナビ」はその名称から薬剤師の求人サイトの思えますが、求人サイトではありません。

また、転職を個別に仲介・支援してくれる転職エージェントでもないのです。

薬剤師ナビは薬剤師専門の転職エージェントへ同時に3社登録を行えるという、従来にないユニークなマッチングサービスを提供しているサイトです。

しかも斬新なサービスでありながら、94.8%という高い利用者満足度も誇っています。

なぜそうした高い満足度を得られるのか、薬剤師ナビの特徴や評判について詳しくお伝え致します。

薬剤師ナビの特徴と利用のメリット

3社の転職エージェントに同時一括登録できる!

薬剤師ナビの一番の特徴は、薬剤師専門の優良転職エージェントへ同時に3社登録手続きができる点にあります。

1回の手続きで転職エージェントへ3社同時に登録できるのは手間がかからず便利ですが、単に便利なだけでなく、次のようなメリットもあります。

3倍の求人情報から比較しながら転職先を選ぶことができる

転職エージェントを同時3社登録できるということは、転職エージェントがそれぞれ抱えている求人案件全ての中から転職先を選べるようになることを意味します。

つまり求人総数が約3倍に増えることになる訳です。

ちなみに3社の転職エージェント合計の求人案件数は、(組み合わせにより)6万件から最大で10万件程度に及びます。

求人案件は多ければ多いほど理想的な転職先選びやすくなりますので、この点は薬剤師の皆様にとって大きなメリットと言えます。

150社以上の転職エージェントから厳選された5社のみを対象としている

薬剤師の転職支援を行っている転職エージェントは、2017年4月現在で150社以上存在します。

そのため、転職を検討されている薬剤師の皆様にとっては「”優良な”転職エージェント選び」の段階で既に悩まなければならない状況になっています。

薬剤師ナビを利用すれば優良な転職エージェント選びの負担を解消できます。

薬剤師ナビはこの後ご紹介する厳しい独自基準を設定し、150社以上にのぼる転職エージェントの中から基準を満たした5社を厳選しているからです。

つまり薬剤師ナビは3社同時登録できて便利なサイトということ以上に、転職エージェント選びという厄介な問題を解決してくれるサイトでもあるのです。

しかしながら、もし薬剤師ナビが自社利益だけを優先して5社を選んでいるのであれば、そうしたメリットは生まれません。

薬剤師ナビはどのような基準で5社を選んでいるか、確認しておきましょう。

薬剤師ナビが150社から5社を選び抜いた厳しい選定基準とは?

薬剤師ナビ「5つの安心宣言」

薬剤師ナビが明示している、5社の転職エージェントの選択基準は次の5つです。

(薬剤師ナビ「5つの安心宣言」より)

  • 乗り気でない求人を無理におすすめしません。
  • 何度も電話する等、しつこい勧誘はしません。
  • あなたの希望した求人がその時に無ければ、求人を開拓しに行きます。
  • 万が一内定後であっても、あなたが「やっぱり転職活動をやりなおしたい」と思ったら、 嫌な顔をせずに対応します。
  • 転職先の良い面だけでなく、悪い面も正直に伝えます。

5つの安心宣言の基準は利用者満足度の追求

当サイトにも寄せられている転職エージェントに対する不満として数多く聞かれることは

  • 希望していない求人企業を何度も受けるようしつこく勧誘された、受けることを強要された
  • 紹介する求人企業の良い点ばかり伝え、悪い点はあまり教えてくれない
  • 紹介された求人企業を断ると途端に対応が冷たくなった

といったものです。

つまり薬剤師ナビの5つの安心宣言は、転職エージェントに対して従来寄せられていた不満を解消することを基準に設けられた、つまり薬剤師の皆様の「満足度」を重視した基準と言えます。

選ばれた5社は本当に5つの基準に合致しているか

では転職ナビが選んだ転職エージェントは、本当にこれら5つの選定基準に当てはまっているでしょうか。

当サイトでは独自に5つの転職エージェントに対する調査・分析、並びに利用者のインタビューを行って参りました。

その結果、客観的な評価として「薬剤師ナビが選んだ5社は概ね5つの基準に合致している」との判断に至りました。

妥当と判断した理由の1つをあげますと、薬剤師ナビが選んだ5社の共通したポリシーが「利用者満足度の重視」であったことです。

転職エージェント同士の競争が大変激化している中、利用者が嫌がること、不満に感じることを無視して自社利益を優先すれば利用者の離反を招き、転職エージェントとして生き残ってゆくことは困難になります。

薬剤師ナビが選んだ5社は大手転職エージェントでありながら、そうした危機感を強く持っていることは当サイトも熟知しております。

薬剤師ナビが選んだ5社なら、どのエージェントであっても安心してご利用頂けます。

薬剤師ナビ満足度94.8%って本当なの!?

薬剤師ナビはサ94.8%という利用者満足度の高さをサイト上で訴求しています。

薬剤師ナビは転職エージェントのマッチングと紹介までがその役割であり、登録者への直接的な転職支援サービスは行っていません。

従って、薬剤師ナビに対する満足度の高さは薬剤師ナビの特徴的な機能だけでなく厳選された5社のサービスに対する満足度の高さにも左右されるはずです。

薬剤師ナビは利用者満足度を重視して5社を選んでいるので当然の結果と言えるかも知れませんが、満足度に偽りがないか、当サイトでも独自に利用者の口コミを収集してみました。

男性・管理薬剤師40代:「転職エージェント選びに悩まずに済んだ」

「薬剤師ナビはエージェント選びの基準を明らかにしている点に、大変好感が持てました。それだけ5つの基準に自信を持っているということでしょうし、万一基準にそぐわない転職エージェントがいれば堂々とクレームを付けることもできますからね。
勿論そうしたクレームを付ける必要はなかったです。納得のゆく転職支援サービスを受けることができました。」

女性・薬剤師30代:「紹介を受けた転職エージェントのサービスに満足」

「転職エージェントは失敗したと思ったら変えれば良いと言いますが、転職エージェントを探し登録し、面談を受けて・・・といった手間や時間は馬鹿にできません。
最初から失敗のない転職エージェントを選ばないと大きなロスになってしまいますよ。
その点で薬剤師ナビが紹介してくれた3社は甲乙つけがたいほどサービスの品質が高く、どのエージェントのサービスも満足できました。」

女性・薬剤師40代:「3社同時登録機能はとても重宝した」

「3社同時に登録できる機能ってそれほど大した機能には思えないかも知れません。
でも仮に3社の転職エージェントに登録する場合と比較したら、それぞれサイトを訪問して氏名やメールアドレス、住所登録等々が必要になり、結構大変ですよ。
現職で忙しい薬剤師にとって、薬剤師ナビはその点だけを考えたとしても利用価値は十分あると思いました。」

女性・薬剤師40代:「3倍の求人案件数で満足できる転職先選びができた」

「薬剤師ナビを利用したら3社の転職エージェントから求人企業の紹介を受けられますが、これは有難かったです。
正直言いますと最初は3社も不要では・・・とも思いました。
しかし、転職活動って思っている以上に大変です。もし1社だけしか利用していなかったらその内面倒になってきて、そのエージェントから紹介してもらえる求人の中だけで転職先を選ぼうとしたと思います。
お陰でたくさんの求人案件をじっくり比較検討しながら転職先を選ぶことができました。」

当編集部で収集した利用者の意見はご紹介した4つの意見にほぼ集約されていました。

一方、薬剤師ナビに対する批判的な意見も積極的に募集しましたがほとんど寄せられませんでした。

以上の結果から、当サイトとしても薬剤師ナビの満足度が9割を超えていても不思議ではないという見解に至りました。

薬剤師ナビならお祝い金(商品券)も受け取ることができる!

薬剤師のナビを利用するメリットとして、この点も忘れてはならいないのが「お祝い金」制度です。

薬剤師ナビ経由で転職エージェントを利用し入職に至った場合には、お祝い金として5千円相当の商品券を薬剤師ナビからもらえます。

申請方法は?

申請方法は次のとおりです。

・申請期間
初出社日から60日以内

・申請の仕方
メールに名前、電話番号、入職先会社名、入職日、利用した転職エージェント名を明記の上、メールアドレス「 info@yakuzaishi-navi.com 」宛へ送信します。

入職してしばらくは職場に慣れるために大変慌ただしい時期なのでついうっかり申請を忘れたとならないよう、十分ご注意ください。

薬剤師ナビの基本的な使い方

薬剤師ナビを利用するにはどうすれば良いか、基本的な使い方について説明します。

無料登録手続きを行う

薬剤師ナビはホームページ上部右にある「この内容で無料登録する」という欄を利用して登録手続きを行います。

この登録手続きで特に重要になってくるのは氏名やメールアドレスといった必須項目ではなく、保有資格や就業経験等、必須となっていない項目の方です。

これら必須となっていない項目によって、オススメの転職エージェントがマッチングされるからです。

5社中3社が選ばれるので仮に誤った選択をしてもそれほど重大なミスマッチには至りませんが、希望条件にあまり対応できない転職エージェントが含まれる場合もありますので注意が必要です。

必須外の項目についても慎重に、正確に入力するよう心掛けてください。

マッチングした3社の転職エージェント担当者から連絡が入る

薬剤師ナビ上の手続きとしてはこの登録手続きだけで実は終了です。(お祝い金の申請は除きます)

この後はマッチングされた転職エージェントの担当者からメール、もしくは登録した電話番号へ電話により連絡が入り、基本的な情報確認が行われます。

その後はマッチングされた転職エージェントごとで対応が異なる場合がありますが、一般的な流れとしては電話もしくは担当者と面談して転職カウンセリングが実施され、その際に詳細な転職条件や希望をヒアリングされます。

各転職エージェントは聞き取った内容に基いて求人企業を探し、条件や希望に合った求人が見つかったら求人企業の情報を提供してくれます。

その内容をよく吟味し、応募先の求人が確定したら担当する転職エージェントへ連絡し、面接に臨み、面接の結果合格となれば内定、入職という流れになります。

薬剤師ナビのデメリットは何?

薬剤師ナビ利用には特にデメリットがないように思えますが、これからご紹介するようなデメリットもありますので、この点を踏まえた上で薬剤師ナビの利用を検討されることをオススメ致します。

自分で勝手に登録先の転職エージェントは選べない

転職エージェントは登録手続時の選択項目によって自動的に3社が選定される仕組みになっています。

便利な仕組みではありますが、この裏返しとして自分で登録したい転職エージェントを選ぶことはできません。

ただし3社の中で不本意な転職エージェントが万一あった場合には、その転職エージェントだけ辞退することはできます。(薬剤師ナビ経由ではなく、各転職エージェントが定める退会手続きを行うことで辞退可能です。)

3社の転職エージェントに同時対応する必要がある

薬剤師ナビは3社同時に転職エージェントへ登録できますが、便利な反面、3社の転職エージェントから連絡が入ったり、求人企業の紹介を受けたりということも同時に生じることになります。

求人案件の選択肢が増える代わりに、それらに対応する回数も増えることになりますので、大変な面もあります。