税理士を目指して資格の取得を目指している人や、すでに資格を取得したという人にとって、次に気になるのは就職先でしょう。

しかし、資格を取得したばかりの未経験の新人にとって、税理士事務所に就職することはなかなか難しいことです。運良く税理士事務所に正社員として就職できれば良いのですが、それが難しい場合はどうすれば良いのでしょうか?

未経験から税理士として就職する場合に有利になるのが、税理士事務所でのアルバイト経験の有無、と言われています。

税理士事務所でアルバイトするとなぜ有利なのか?どんな仕事をするのか?など、税理士としてスタートしたい人に役に立つ情報を集めてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

税理士事務所でのアルバイト経験は就職に有利になる!

税理士事務所や会計事務所に就職したいなら、アルバイトで働いておくことでかなり有利になると言われています。どのような点で、就職に有利になるのかを詳しく見ていきましょう。

実務経験が身につく

一番のメリットは、税理士事務所で実際に働くことで、税理士の仕事の実務経験が身につくという点でしょう。
将来自分がする仕事を実際に経験できる税理士事務所や会計事務所で働けば、実際の仕事を覚えることができます。
資格を取得しただけだと知識はあるかもしれませんが、経験は全くありません。

「資格だけは取ったけれど、実務については何も知りません。」という人よりも、「実際に事務所でアルバイトしたことがあるので、仕事の全体像は大体知っています。」という人の方が採用されやすいに決まっています。

先輩や上司からのアドバイスを得られる

自分が目指す業界で働くことで、同じ業界の先輩や上司と触れ合う機会が増えることでしょう。これは、とても貴重なことです。先輩や上司から、これから税理士として働くためには何が必要か、どのような資格を取るべきか、何を勉強したらよいのか、どのように勉強すれば効果的かなど、過去の体験談を踏まえて教えてくれることがあるかもしれません。これらのアドバイスは、これから税理士になろうとしている人にとって、とても大事なアドバイスになるはずです。

そして、先輩社員や上司の仕事ぶりを見ることで、将来自分がどのように働いていくのかを考え、キャリアパスを決める参考にもなるでしょう。

業界内の情報を得られる

税理士事務所で働きたいなら、どの事務所が良いのか、どこが自分に合った職場なのかということを見極めなければなりません。そんな時、求人情報に書いてある情報だけでは、職場の人間関係や顧客の情報、仕事内容などの内情を知ることができません。

しかし、アルバイトとして税理士事務所で働けば、このような業界内の内情をある程度知ることができるのです。

そして、「〇〇事務所は激務で有名。あそこはブラックだから、行かない方がいい」とか「△△事務所は先輩が仕事を持って行ってしまうから、なかなか独り立ちできないらしい」などといった他の事務所の情報も入ってくるでしょう。

業界内の人脈を得られるかも

そして、もう一つ、アルバイトすることで得られるものとは、税理士業界における「人脈」です。税理士事務所や会計事務所でまじめに仕事をこなし実力をつけていけば、「あの子は頑張っているな」と事務所の上司に覚えてもらえるかもしれません。
同じ業界には必ず横のつながりがありますから、その上司が他の事務所とつながっていて「あそこを受けるなら、俺が話しておいてあげようか」ということになる可能性もあります。

事務所でアルバイトすれば、就職に有利な人脈が必ず得られるとは限りませんが、これから働く業界で顔を売っておくことは、決して損にはならないでしょう。

税理士事務所での仕事内容とは?

では、税理士事務所でアルバイトをすると、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?
税理士の仕事は、ざっくり言えば企業や個人などの税金の管理です。企業や個人が年に一度税務署で行う「確定申告」をサポートするのが、一番大きな仕事になります。確定申告を行うためには会社の売り上げや経費などをしっかり記録しなければならず、その管理はかなり煩雑です。このような面倒な仕事を一手に引き受けるのが、税理士の仕事なのです。

具体的には、クライアントの所得税や法人税、相続税や贈与税はいくらになるのか、お金の出入りを管理して年度末などに税務署に申告する書類を作成する、というのが税金管理の一連の仕事の流れになります。

税理士事務所でアルバイトをすると、このようなお金の管理の実務を受け持つことになります。具体的には、クライアントから預かったレシートや通帳、請求書などを仕訳して会計ソフトに入力する、一か月分の試算表を作成する、1年たったら決算書類を作成するという仕事の繰り返しです。

このような実務を経験することで、売り上げはどれなのか?日付の管理はどうなるのか?どこに仕訳すれば良いのか?などという税理士の知識を実際に体験することで、より実務寄りの知識と経験を身につけることができるでしょう。また、会計ソフトの使い方をマスターすることもできます。

仕訳や売り上げの管理など、知識のレベルで知っていても、実際のデータを扱わなければ本当の知識は身に付きません。
そして、このような実務レベルの経験を積めば、即戦力として働くことができるようになるはずです。

税理士の仕事は、税金の管理だけではありません。企業の顧問税理士になっている場合は、企業の経営のサポートを行うこともあります。税理士は数字のプロですから、会社の売り上げや経費を見て、経営計画のアドバイスを行うのも大きな仕事です。

他にも、企業の給与計算をしたり、税務調査の立会いをしたり、司法書士や社会保険労務士と連携して仕事をしたりすることもあります。

このように、実務作業をしっかり経験することができるのが、税理士事務所でのアルバイトの良い所です。

そして、アルバイトの仕事に慣れた頃には、先輩社員や上司のかばん持ちとして顧客との打ち合わせに同席させてもらえるチャンスがあるかもしれません。どのように顧客対応をしているのか、どのようにして仕事を取ってくるのか、などといった、実務作業以外の仕事を手伝うことがあるかもしれません。

このように、税理士事務所でアルバイトをすれば、実務作業はもちろん、様々な税理士の仕事を経験できるでしょう。

税理士事務所のアルバイトから正社員を目指す方法もある

税理士になるためには、最初から正社員として事務所に就職する方法以外にも、アルバイトから正社員への登用をするというルートもあります。
この場合のメリットやデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

メリット

職場のことを良く知った上で働ける
まずは、人間関係や仕事内容をよく知っている職場に就職できるというメリットがあります。一度働いたことがある職場ですから、慣れた環境で働き続けられます。求人情報だけでこれから長く働く職場を決めるのは普通のことですが、できれば、その職場のことを良く知ってから働くことを選びたいものです。アルバイトから正社員になることで、良く知っている職場で働くことができるという安心感があるでしょう。

また、雇う側としても、知っている人間を雇う方がリスクは少ないですから、採用されやすいはずです。ですから、自分に合った良い職場を探すという意味でも、アルバイトでいろいろな税理士事務所で働くというのは、意味があることだと思います。

事務所に就職するハードルが低くなる
最初はアルバイト契約から始めることで、就職するハードルは断然低くなるというメリットもあります。アルバイト契約ならすぐにでも働き始めることができるのです。

特に、未経験から税理士事務所に就職する人には、おすすめの方法です。資格はあるが未経験なのでなかなか正社員になれない、という場合は、アルバイトからの正社員登用がねらい目かもしれません。

デメリット

初任給が低い状態からスタートせざるを得ない
そんな良いことばかりと思われるこの方法にも、デメリットがあります。それは、給料が低く抑えられるということです。アルバイトから始まっていているため、最初はとても低い時給です。その状態で正社員として採用されると、給料が急に高くなるとは思えません。

そして、そこから高給取りになるのはかなりの努力が必要でしょう。どんな企業でも、最初の給料が低いとそこから給料を上げるのは至難の業です。最初から給料が低いというハンデを背負ったスタートということになるのです。

激務になりがち
ある意味アルバイトという下働きから始まっているので、「これもできるだろう!」と仕事を増やされることもあります。

「今までアルバイトで働いていたんだから」という「馴れ合い」のようなものから、どんどん仕事を押し付けられるかもしれません。「こいつはアルバイトから拾ってやったんだ」という、どこか上から目線で周りから見られてしまうということもありがちです。

このようなデメリットを避けるなら、実務経験を武器にして別の事務所に就職するというのも良い方法かもしれません。

まとめ

税理士事務所でのアルバイト経験は、就職活動を有利にしてくれます。特に、資格を取りたてで仕事は未経験という人は、早く仕事を覚えるためにも税理士事務所でアルバイトすることをおすすめします。アルバイト経験をすることで、実務経験を積むこと以外にも、先輩社員や上司の仕事ぶりを見たりアドバイスをもらったり、業界内の事情を知ることができたりと、メリットは多いはずです。

そして、しっかりと実務経験を積み、スキルを身につけたら、より高い給料をもらえる別の事務所に転職するという手もあります。将来的に転職するにせよしないにせよ、今後のキャリアパスをしっかり見据えて、アルバイトをするかどうかを決めるのが良いでしょう。