24歳で転職するメリット・デメリットについて解説!年齢的には転職に適したタイミング

24歳

24歳になったタイミングで転職を考えている人のなかには、まだまだ早すぎるのかな…と不安な気持ちを抱えている方もいると思います。

ただ、結論から言ってしまえば、24歳の転職は決して早いわけではありません。むしろ、転職しやすいタイミングといえるのです。

今回は24歳で転職するメリットやデメリットについて解説していきます。
当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]業界トップクラスの求人数&転職者満足度No.1!公式HP
リクらく職歴学歴一切不問!徹底サポートで内定率90%以上!公式HP
ビズリーチハイクラス層に特化した転職サイト公式HP

24歳は転職しやすいタイミング【だから真剣に考えよう】

先述したように、24歳というのは転職に適しているタイミングです。ただ、その理由について正しく理解している人は少ないでしょう。

どうして転職に良いタイミングなんですか?
では、24歳が転職に適したタイミングである理由について解説していきたいと思います。

24歳は幅広いチャンスがある年齢です

大学を卒業したのがこの間だと思っていたら、もう24歳かぁ…、と多少センチメンタルになってしまうことがあるかもしれません。

社会に入ってからの1年というのは、学生時代の1年とは体感速度が全く違うといって過言ではありませんので、仕方のないことともいえます。

ただ、24歳は社会人としては、まだまだ「若手」という認識で捉えられることが多いといえます。そして、その「若手」を労働力として確保するのに、それぞれの企業は苦労しているわけです。

今後は少子高齢化がさらに進んでいくことを考えれば、若い人材を確保することはますます難しくなっていくでしょう。

そのため、若手である24歳は、多くの企業から求められるということになります。

特に新卒採用が難しい中小企業にとっては、第二新卒者の採用が企業の将来を決めるといっても過言ではありません。それほど若い人材を確保するのに苦労しているんです。
転職を希望したら受け入れてもらいやすい、だから、「24歳は転職に適したタイミングである」というわけなのか…。

24歳なら未経験の仕事にもチャレンジしやすい

24歳で転職を希望する場合、これまでの経験を生かしてキャリアアップを目指すというケースがあります。

一方で、社会人としての生活に慣れてきて、「思っていた仕事じゃなかった」と感じ、未経験の業種や職種に移りたいと感じて転職を考える場合もあるでしょう。

このような場合でも、24歳という年齢であれば、受け入れてくれる企業は多いもの。ですから、未経験職種にチャレンジしやすいといえるのです。

逆にいうと、年齢を重ねれば重ねるほど、未経験業種・職種への転職は難しくなっていきます。ですから、自分が本当にやりたい仕事が見つかった場合は、できるだけ早く転職したほうがいいですよ。
これも、転職にとって24歳が絶好のタイミングである理由なんですね。自分の仕事について、しっかり向き合ったほうがいいのかもしれないなあ…。

高卒者は大卒者より求められるケースも

高校卒業と同時に就職をして24歳を迎えている方もたくさんいることでしょう。

このような方が転職を考えている場合、大卒者よりも有利になる可能性があることをご存じでしょうか?
えっ、そうなんですか!?

その理由は、高卒者は大卒者よりも早く社会に出ているので、24歳のタイミングでは大卒者よりも社会人経験が豊富となっているからです。

社会人経験が短いうちの「3年」という経験値の差はかなり大きいといえます。

ですから、高卒だからとネガティブに考える必要は全くありません。むしろ、20歳前半の転職ではアピールポイントにもなりうるということを、しっかり理解しておきましょう。

高卒の方にとって、24歳は経験をアピールできるタイミング。社会人経験の差を活かしましょう!

今の仕事と続けることが本当に不安なら転職すべき

24歳という年齢は、社会人として成熟しているとは言い切れません。また、その状態で転職をするということは、その後の仕事や生活に大きな影響を与える可能性があります。

もし、現状の仕事に不満を感じていないという場合は、無理に転職することをおすすめしません。もう少し経験を積むことで今とは違う仕事を任されたり、昇給が視野に入ったりするなど、キャリアアップが見込める可能性があるからです。

しかし、今の仕事を続けることに対して不安を感じているのであれば、転職について真剣に考えたほうがいいでしょう。

例えば、毎月100時間以上残業しているケースや、パワハラ・セクハラまがいの扱いを受けているようなケースでは、将来的に身体的・精神的に異常をきたしてしまう可能性があります。
そんな環境じゃ、仕事を続けるのは難しいですもんね。

そのような辛い思いをしてまで、現職にとどまり続ける必要はありません。自分の仕事についてしっかりと考え、希望通りに働ける転職先を探したほうがいいでしょう。

24歳で転職する場合のメリットとデメリットとは?

24歳という若さで転職するというのは、メリットはもちろん、デメリットも存在しますので、解説したいと思います。

24歳の転職に関わるメリット・デメリットをしっかり理解したうえで、自分がどうしたいのか判断するようにしてくださいね。
わかりました!では、お願いします!

24歳で転職するメリット

まずは、24歳で転職するメリットについてみていきましょう。

社会人としてのマナーが身についている

24歳が転職で有利になる理由の1つは、社会人経験があるためビジネスマナーがある程度身についているということが挙げられます。

若いといえども入社から2年程度経過しているわけですから、社外での立ち振る舞いや電話などの応対マナーなどは、新卒者より確実に習得できていると考えられます。

そのような人材を確保できるというのは、企業にとってもある程度の安心材料となるので、比較的採用されやすいといえるのです。
なるほど。少しの経験でも「ある」と「ない」では大きな差があるということか。

年齢的に若いのでポテンシャルに期待される

先述しているように、24歳という年齢は社会では「若手」にカテゴライズされます。

そのため、企業研修をしっかり行い、さまざま経験を積ませることで、飛躍的に成長する可能性を秘めている、と考えられるのです。

若さゆえのポテンシャルに期待されるというのも、24歳での転職では大いに有利に働くといえます。

逆に、これを武器にできるのは20代のうちだけということを前提にして転職について考えるべですよ。
経験が足りなくても、自分のこれからに期待してくれるということか!

採用に掛かるコストが安い

社会人経験を持つ24歳を、企業側は積極的に採用したいと考えることが多いといえます。

その理由は、採用にかかるコストを抑えることができるからです。

具体的には、新卒者に受けさせるような研修を省略することができますし、前職の経験によっては、入社後すぐに業務を担当させられるケースもあります。

人材を採用し育てるための予算が必要になりますので、そのコストを抑えられるというのは、企業側にとっても大きなメリットなんです。
つまり、24歳での転職はやはり採用されやすいということなんですね。

24歳で転職するデメリット

では、24歳で転職することに対して、どのようなデメリットがあるかについても紹介していきましょう。

早期退職について懸念されやすい

大学卒の24歳の場合、前職での経験年数が2年程度しかない計算になります。

一般的には、「就職したら3年は勤続するべき」といった考え方が依然として残っているため、「3年未満で退職をしている」とみられてしまうことがあります。

企業によっては、採用の懸念材料になる場合があるということは、理解しておくべきでしょう。

そのために大切なことは、転職理由や退職理由を明確にしておくということです。

中途採用の面接では、前職をやめようと思った理由について必ず質問されることになります。そのため、採用担当者が納得できるような、根拠のある理由を用意しておかなくてはなりません。

また、前職での労働環境がいわゆる「ブラック」であった場合は、残業時間や勤務時間、休日出勤の数などを、具体的な数字を用いて説明することが重要です。

そのうえで、面接官から「それはあなたの責任では?」などのように、あなたに対して疑念を抱いているような反応があった場合は、その企業に転職することは辞退したほうがいいでしょう。

なぜなら、その企業もブラックである可能性が高いといえるからです。

立ち位置が定まっていない

新卒者が24歳で会社内や部署内で要職を担うケースは比較的少ないでしょう。

そのため、経験値や専門性を考えたとき、その人材の立ち位置はまだまだ定まっていないといえます。

前職で余程の実績を上げているなら別ですが、24歳という年齢は、「まだまだこれから」と見られることを意識しておいたほうがいいでしょう。
まだまだ若手に分類されるということですね!

同じ24歳でもみんな違う!学歴別で見る24歳の転職

24歳と一口に言っても、学歴によって状況はそれぞれ異なることになります。

そうか。卒業している学校で、24歳でも経験が違うのか。
ここでは、高卒・専門卒、大学卒、大学院卒など、学歴による見られ方の違いや転職についての考え方について解説します。

24歳高卒・専門卒でも転職を諦める必要はない!

高校卒業や専門学校卒業と同時に新卒入社した24歳の方は、大学卒や第二新卒と比較して、社会人経験が2~3年多くなります。

これは、20代前半の世代にとって、とても大きな差となることを理解しておきましょう。

先述したように、このような場合は転職活動を有利に進めることができます。

また、既卒枠や第二新卒枠ではなく、即戦力の中途採用として転職を目指すことも可能。年収や待遇のアップなどを見込めるチャンスですので、積極的に行動することをおすすめします。
経験年数が多いというのは、やはり有利なんですね。

24歳大卒は前職での経験をアピールすべき

24歳の大卒者は、誇れるような実績は少なくても、配属された部署でさまざまな経験を積んできていると思います。

転職先の業務に活かせると思ったら、経験でもスキルでも積極的にアピールしていくことが重要になるでしょう。

また、大卒者の場合は、入社から2年程度で退職することになります。その点については面接で質問される可能性が高いですので、明確な転職理由とともに早期退職について申し訳ない気持ちを表現するようにしましょう。

これだけで、採用担当者の心象が良くなることもありますよ。

24歳院卒は絶対失敗しないことを念頭に

大学院卒の24歳の場合、現職を1年未満で退職することになりますので、多少不安に感じる方が多いかもしれません。

ですが、それほど心配する必要はないといえます。というのも、勤続期間が短いといことで、前職のカラーに染まる前に転職できるというメリットがあるからです。

また、新卒者向けの研修を終えている可能性もあるので、企業側としても大きな懸念材料にならないかもしれません。

ですが、そのためには「次の就職は絶対に失敗したくない」という気持ちを面接で説明しなくてはいけません。

退職理由と志望動機に根拠と説得力があれば、24歳という若さを武器に転職を実現することは十分に可能です。

深刻に考えることなく、どんな仕事がしたいのか、どのように仕事と向き合いたいのかということをしっかりアピールしましょう。

24歳の転職で最低限押さえるべき6つの注意点

24歳が転職に適したタイミングであることや、転職のメリット・デメリット、学歴による状況に違いなどについて解説してきましたが、ここまで読み進めてきた24歳の方のなかには、転職を前向きに考えようとしている人がいるかもしれません。

そこで、最後に24歳の転職で最低限押さえておかなくてはならない注意点について解説したいと思います。

具体的には、以下の6つの点に注意しましょう。

24歳の転職で押さえるべき注意点
  1. 転職の理由を明確にすること
  2. 自己分析を必ず行うこと
  3. 企業が求めるものは何かを理解すること
  4. 自分の市場価値を理解すること
  5. 転職エージェントを必ず活用すること
  6. 転職することは同僚には内緒にすること

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

転職の理由を明確する

これまでにも何度も書いていますが、24歳で転職を希望する場合は、転職する理由を明確にすることが大切です。

転職理由は、中途採用の面接で必ず質問されます。その質問に明確に答えることができないのであれば、転職を実現させるのは難しいといえます。

また、転職理由がはっきりしていなければ、企業の志望動機との一貫性がなくなってしまいます。採用担当者をそのあたりを敏感に察知することができますので、「転職についてあまり深く考えていない」ことはすぐにバレてしまうのです。

どうして転職しようと思ったのかを自分のなかで深く考え、明確するすることが転職活動を始める第一歩となります。

そのうえで、転職理由と企業を志望した理由について一貫した流れがあり、採用担当者にしっかり説明できれば、納得してもらえる可能性は高くなります。

転職活動を行なううえでの「基礎中の基礎」となりますので、必ず覚えておいてください。
かなり大切な要素ですね。

自己分析を必ず行う

転職理由を明確にすることと同じくらい大切なことがあります。それは、自己分析を行なうということです。

自己分析とは、その名の通り「自分のことを分析すること」です。これまでの経歴を洗い出し、どのような業務を担当し、どのような経験をして、どのようなスキルを身につけたのかをリストアップしていきます。

こうすることで、転職先で活かせることや活かしたいことについて整理することができます。

また、自分が得意としていること、逆に苦手としていることも把握しやすくなるので、未経験の業種・職種にチャレンジする場合でも、大いに参考にすることができるのです。

具体的には、紙1枚にすべてを書き出す方法や、インターネット上で入手できる自己分析シートを使って行なう方法、または転職エージェントに登録し、担当のコンサルタントと一緒に自己分析を行なう方法などがあります。

どの方法を用いたとしても、時間がかかりそうだなあ。
ですが、転職を実現させるためには欠かすことができないものです。こちらも必ず行うようにしてください。

企業が求めるものは何かを理解する

24歳の若い人材は、多くの企業が「欲しがる人材」といえます。

しかし、理解しておかなくてはならないのは、企業が求めている人物像には違いがあるということです。

その目的をしっかり理解したうえで企業に応募しなければ、内定を獲得することは難しいでしょう。

例えば、企業側に立って中途採用する理由を考えてみましょう。

  • 欠員が出たので補充したい
  • 事業をさらに拡大させていきたい

部署内に欠員が発生し補充することが目的である場合、あなたならどのような人材が欲しいですか?

そう、「即戦力」として活躍できる人材です。

では、事業拡大を見込んで中途採用を行なう場合はどうでしょうか?もちろん、即戦力であることに越したことはありませんが、どちらかといえば本人の意欲が重視されると思われます。

つまり、どのような理由で求人が掛けられているのかによって、求められる人材は違うってことか!

また、業界や職種によっても、人材に対して求める要素は変わります。サービス業や販売業の中途採用では、「気配りができる」「サービス性が高い」人材が注目されることになります。

しかし、金融系の業種・職種では「コツコツ業務に取り組むことができる」「正確性や緻密性を期待できる」人材が重視されることになります。

このように、さまざまな求人募集があるなかで、求められる人物像はかなり違うので、その辺は注意が必要となります。ただし、すべての求人で共通して求められることがあります。それは以下の2つです。

  • コミュニケーション能力
  • 長く働ける能力

この2つについては、最低限持ち合わせておく必要があります。そのうえで、自分が持つ要素が求められる企業はどこなのか、しっかり考えるようにしましょう。

自分の市場価値を理解する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を理解することも大切です。

というのも、求職者が考える自分の市場価値と、企業が求める価値には、ギャップがあることが多いからです。そのギャップを知ることで、より自分に適した企業を探せるようになります。

自分に市場価値について把握したいのであれば、転職エージェントやスカウトサービスに登録することをおすすめします。

そこで声がかかる企業を見れば、今の自分がどのような企業に必要とされるのかを客観的に判断できるからです。
なるほど!

現職にとどまっていれば、自分が社会からどのような評価が受けられるのか、わからないことがほとんどです。市場価値を知ることで、転職して年収が大幅にアップするといったケースもありますので、意外と重要なことなのです。

転職活動をより有利に進めるためにも、ぜひ実践してみてください。

転職エージェントを必ず活用する

24歳で転職活動を行なうのであれば、転職エージェントを必ず活用するようにしましょう。

転職エージェントというのは、あなたの転職活動をさまざまな方向からサポートしてくれるサービスのことです。

ほとんどの転職エージェントは無料で登録することができるうえ、担当のコンサルタントによる面談や自己分析の実施、転職先企業の紹介などのサービスを受けることが可能です。

また、書類選考を突破するための書類添削や面接対策はもちろん、内定獲得後の条件交渉まで一手に引き受けてくれる、転職したい人にとって「かなり頼りになる存在」といえます。

転職エージェントや担当のコンサルタントは、さまざまな求職者の転職支援を行なってきた「転職のプロ」ばかり。そのようなサポートを無料で受けることができますので、積極的に活用することをおすすめします。

さらに、転職エージェントには、幅広い業界や職種への転職に対応できる「総合型転職エージェント」や、特定の業界・職種への転職に強い「特化型転職エージェント」があります。

自分が希望する転職に合わせて、転職エージェントを選ぶことが大切です。転職を考えるなら、ぜひチェックしてみてください。
転職エージェントって、やっぱり大切なんですね。

転職することは同僚には内緒にする

転職を成功させたいのであれば、転職を希望していることについて口外しないことが大切です。

というのも、その話が社内に漏れてしまうと、退職させないための工作が講じられる可能性があるからです。
転職前にバレるのはまずそうだなあ…。

特に、仲のいい同僚などに話すのは厳禁です。話が広がってしまう可能性は必ず摘んでおくようにしましょう。

基本的には、転職活動は内密に進めることが大切です。内定が出た後から退職について上司に報告し、手続きを進めるようにしてください。

また、退職することを伝えてから、希望の部署への配属や待遇改善を持ちかけられることがありますが、転職先の入社日が伸びてしまうと、内定が取り消されてしまうこともあります。

毅然とした態度で退職することを伝え、待遇などの話は丁重に断るようにしましょう。

24歳の転職は安易に決めない!真剣に考えて!

今回は24歳の転職について解説してきました。

24歳というのは転職するのに適したタイミングといえます。多くの企業で若い人材が求められており、経験が少なくてもポテンシャルに期待した採用が行われるケースが多いからです。

だからといって、安易に転職を考えてはいけません。自分の将来についてしっかり考え、転職することがベストだと判断できた場合のみ、行動に移すようにしましょう。

また、本記事では24歳の転職での注意点についても解説しましたので、参考にしてください。

あなたの理想の転職が実現できるよう、頑張りましょう!