今の会社で役員・社長をしているけど、別の道も視野に入れて転職したいとお考えでしょうか?転職は会社員だけの制度ではありません。役員や社長などのエグゼクティブと呼ばれる立場の人も、転職や転身をできるのが今の人材市場です。

40・50代の役員とか社長レベルの転職とかあるのかな…」と疑問に感じる人も少なくないでしょう。でも安心してください。会社のトップとして長年積み重ねた豊富な人脈やノウハウなど、さまざまなスキルを持った人材をほしがる企業は少なくありません。

この記事では社長や役員などハイクラスな人を対象にしている転職サイト・転職エージェントについてご紹介します。

■社長や役員でも転職は可能

世間だと「転職は30代が最後」と言われる場面もあります。しかし、最近はどの企業も人材不足が深刻であり、さまざまなスキルやノウハウを持った人材を常に求めている状況です。それは若手や社員に限らず、40代以上の有能な社長や役員も変わりません。新規事業の支社長や重役などの求人も、転職エージェントのところに数多く寄せられているのです。

現代社会において「40代・50代の社長や役員だから転職できない」ということはありません。長年培った経験や技術を持っていて転職をしたいのであれば、積極的にアピールしていきましょう。転職エージェントや転職サイトは、そのようなエグゼクティブの転職をサポートするための存在でもあります。

■エグゼクティブを対象とした転職サイト・転職エージェント

一般会社員を対象にした転職サイト・転職エージェントはたくさんありますが、社長や役員などハイクラスのみを対象にしたサービスは多くなりません。その中でエグゼクティブの転職に適したエージェント・転職サイトは次の通りです。基本的には無料で利用できますが、サービスによっては無料と有料プランでサポート内容が分かれているサイトもあります。

◆ビズリーチ

年収1000万円~2000万円以上など、高収入の求人に強い転職サイトです。株式会社ビズリーチによって運営されており、無料でも利用できます。

一般に公開されていない案件なども数多く抱えており、よりこだわりを持った転職をしたいと考えているエグゼクティブにオススメです。また社長や役員に限らず、管理職やリーダー職の人で年収をアップさせたい人にも活用してほしいと思います。

⇒ビズリーチの詳細はこちら

⇒ビズリーチの公式サイトはこちら

 

◆キャリアカーバー

リクルートがエグゼクティブ向けに提供している転職サイトです。求職者と求人企業の間にヘッドハンターが入るため、自分で求人を探す手間が省けます。

非公開のハイクラス求人も各種取り扱っており、無料で利用可能です。Facebookによる登録もできるので、気になる人はひとまず登録だけでもしておくといいでしょう。

⇒キャリアカーバーの詳細はこちら

⇒キャリアカーバーの公式サイトはこちら

 

◆パソナキャリア

大手人材会社グループである「パソナ」が提供している転職エージェントです。幅広い分野の求人に対応しており、一般社員以外にも「エグゼクティブ支援サービス」として、経営者や重役の転職を支援しています。

パソナは元々人材紹介・人材派遣のグループ会社なので、そこで培われた人脈や実績は他の転職サイトにはない魅力といっていいでしょう。

⇒パソナキャリアの詳細はこちら

⇒パソナキャリアの公式サイトはこちら

 

◆エグゼクティブ転職

日経HRが運営しているエグゼクティブ対象のヘッドハンティング転職サイトです。さまざまな業種に対応していますが、とくにIT系・メーカー系・金融系の求人が多い傾向になります。役員やスペシャリスト向けに特化しており、各業界・業種のコンサルティング職を目指す人にオススメです。

 

◆プロコミット

スタートアップ・ベンチャー企業の代表や役員などのエグゼクティブ案件を豊富に取りそろえた転職エージェントです。設立されて数年など間もない企業が多く、スタートメンバーとして裁量が大きい立場にも就きやすくなっています。

掲載企業は新しい会社が多いため、IT関係の求人も豊富です。

 

■社長や役員が転職をすると年収や役職はどうなる?

経営者クラスのエグゼクティブが転職する場合、状況によっては一時的に収入が落ちる可能性もあります。転職先の企業にもよりますが、どのポストで年収はいくらで契約するのかは、面談の時点で相談することになる事案です。

ここでお互いの条件・要望がマッチングしたとき初めて、エグゼクティブの転職が成り立ちます。転職の目的が年収アップなのか、その他理由なのかによっても意見が分かれるポイントです。仮に同じポストで転職前よりも規模が大きな企業に入社するのであれば、報酬が増える可能性は高いでしょう。

■一般社員と役員・社長転職の違い

ハイクラス人材の転職は、会社にとって一般社員が退職するのとは状況が違ってきます。とくに会社の経営を左右する社長が自社を辞める場合は、しっかりと次の経営者を指名しておかなければなりません。以上の点を踏まえて、役員や社長が転職するときの注意点を挙げておきましょう。

◆会社への影響

上層部の人間が入れ替わるということは、会社の運営方針が変わるということです。あとから入る人によって程度はさまざまですが、会社に関することの判断の方向性についても変わってくるでしょう。

この点については、後任の選定も含めて慎重に行わなければなりません。誰を選ぶかによって会社の未来を左右する可能性もあります。

◆引継ぎの問題

後任に相応しい人材が社内にいないケースもあります。社長や役職の転職は、そもそもある程度長期間のスケジュールで計画されるのが一般的です。もし自身が社長・役員の状態で転職を考えたとき、社内に後任として適した人材がいないのであれば、その人材を確保するところから始める必要があるでしょう。

他社からの引き抜きやヘッドハンティングなど、優秀な人材を確保するためのサービスは数多く提供されています。ご自身の転職の前に、自身が去ったあとの会社を運営していく人物をどうするのかを明確にしておきましょう。

◆後任人材の確保

上層部の人材入れ替えは、会社の方向性を左右します。自分がいなくなったあと、自分以上の働きをして会社を運営できる手腕を持った人材を確保しなければなりません。

自社内に適材となる人物がいるのであれば、後任として抜擢すればいいでしょう。もし人材が社内にいない場合は、ヘッドハンティング会社などに相談してみてください。それなりに時間はかかるかもしれませんが、安心して後任を預けられる人を探してくれるでしょう。

◆転職までにかかる時間

一般的な会社員の転職で2~4カ月程度の時間がかかります。これは応募先の企業を見つけるところから、面接を行って内定するまでの期間です。役員などハイクラスの転職になると、これとは別に進行中のプロジェクトスケジュールも視野に入れなければなりません。引継ぎできる業務は後任に引き継げばいいのですが、自分が主軸となっていてどうしても抜けられない状況もあります。

そのようなときは、転職活動をしながら求人企業やヘッドハンター・エージェントなどと相談しながら、退社時期と入社時期を決めていくことになるでしょう。具体的な期間は断言できませんが、状況によっては1年~2年など長期間のスパンで進行しなければならないケースもあります。それほど、エグゼクティブの転職は慎重に行うべきことなのです。

転職は視野に入れているが、何から動けばいいのかわからないときは、まず転職エージェントや転職サイトの担当者に相談してみるといいでしょう。

■まとめ

ハイクラスの転職は、人にもよりますが年齢的に最後の転職となる可能性が高いです。また会社に与える影響も大きいため、より慎重に行う必要があります。

しかし、転職をすることで年収アップや裁量の拡大などが期待できるでしょう。エグゼクティブだからこそ、他社でなければ実現できないこともあります。ハイクラス求人に特化した転職エージェントや転職サイトを活用して、理想の転職先を探し出してくださいね。

レコメンド CHECK 赤

ハイクラス転職ならこちらも安定感バツグン
⇒JACリクルートメントの評判は?30~40代管理職の転職に強み

こちらの記事も読まれています