派遣から正社員へ転職する前に!知っておくべき知識と転職成功の秘訣


「派遣から正社員になる」

ほとんどの方は、派遣先でそのまま正社員登用されることを想像されるでしょう。でも、改正労働者派遣法の施行によってベテランの派遣社員が「派遣切り」に遭うなどの事例が増え、正社員登用がむしろ難しくなっているといわれています。

この記事では派遣社員が派遣先とは別の企業に正社員として転職することを前提として、そのコツをお話していきます。

法律の改正で正社員登用は難しくなった?

契約打ち切り

改正労働者派遣法によって「雇用安定措置」が義務として発生するようになりました。いわゆる「3年ルール」です。
平成27年労働者派遣法の改正について|厚生労働省

改正労働者派遣法によって、3年以上同じ職場で働く派遣社員は、派遣先企業が直接雇用(正社員など)にしないといけなくなります。
※例外的に派遣先が3年を超えて同じ派遣を受け入れる場合は、派遣先の事業所の過半数労働組合等からの意見を聞いて認められることも

本来、これによって派遣社員の正社員化を促進するはずだったのですが、そもそも正社員より低コストが理由で派遣社員を受け入れているだけなので、3年を目前にして契約を打ち切られるケースが続出。これが「雇い止め」です。

ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ|西日本新聞

では派遣から正社員になるにはいったいどうすればいいのでしょうか?

派遣から正社員に転職する2つの方法


派遣社員が今働いている職場で正社員になる他に勤務先を変えて転職する方法は、ざっくりと分けて2つあります。

各転職サービスを利用した転職活動

ハローワーク、転職サイト、転職サイトなどを利用していわゆる転職活動をして正社員を目指す方法です。

ハローワークはご存知の通り公的機関です。求人を探すほか、雇用保険の申請など離職や転職に関する書類の申込みや手続きをするのに必要不可欠なところでもあります。
⇒ハローワークについての基本情報はこちら

転職サイトは自分で求人を探して応募します。転職エージェントはキャリアアドバイザーからあなたのスキルにマッチした企業を紹介してもらうやり方です。
⇒転職サイトと転職エージェントの違いについてもっと詳しく

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、直接雇用を前提とした働き方です。

「派遣期間終了後に(双方合意の上)社員として雇用すること」を前提とした派遣制度のことで、
正社員として働くために、最初は派遣で働き、一定期間経過後に直接雇用が約束されているのですが、じつはメリットばかりではありません。

直接雇用が正社員とは限らない場合もあり、6ヶ月後に契約を切られる可能性もあるため、かなり不安定な働き方と言えるのです。

こちらの記事も読まれています↓

派遣社員から正社員へ転職するのは難しい?評価基準は

評価されるのは専門職だけ
実際に派遣社員から、別企業の正社員求人へ応募する場合、やはり難しいのでしょうか?
考えてみたいと思います。

まずお伝えしたいのは長年派遣で働いているかどうかは関係ありません。

「就職氷河期」か今のように「売り手市場」かで違いますし、仕事内容も影響しますので長年派遣だから評価が低いとは限らないのです。

派遣でやっていけるだけのスキルがある人はぜひ社員に欲しいものです。
同じ職場で派遣としてやってきた人と、正社員で転職を繰り返して来た人では、前者の評価の方が高くなります。

  1. 派遣での業務内容
  2. 派遣で職場を変えた回数と離職期間
  3. 求職者の年齢と非正規雇用期間

これが有利、不利の評価に影響すると考えていいでしょう。

1.派遣での業務内容

職歴については、専門性の低い誰でもできる仕事のような場合「スキルがあまりない人」と職歴はあまり評価されません。

一方、最初の派遣法(1986年成立)が予定していた専門職については、「専門スキルが高い人が正社員になる腹を決めてくれた」という解釈になり高評価になります。
職歴についてもしっかり加点評価してくれるはずです。

  • 評価されにくい職歴:事務職、オペレーターなど
  • 高評価につながる職歴:システム開発や秘書、通訳など専門職

2.派遣で職場を変えた回数と離職期間

どの派遣社員にも共通しますが

  • 1つの会社に数ヶ月しかおらず、派遣を転々としている
  • 派遣と派遣との離職期間が長い

これらの場合は「問題があるのでは?」という評価になります。
これは正社員と正社員の間の離職期間が長い人と同じです。

「何か精神疾患があるのでは?」「真面目に働く気がないのでは?」というイメージを持つ人も少なくありません。

3.求職者の年齢と非正規雇用期間

35歳を過ぎると、プレイヤー的な立場での転職ではなく、マネージャー、管理職としての転職求人が多くなります。

公式な統計はありませんが、一説には派遣社員から正社員へ転職できるのは20%~30%前後だと言われています。

派遣から正社員に転職しやすい年齢は34歳まで

年齢階級別・就業年数別の非正規雇用から正規雇用への移行率|平成26年版労働経済の分析(労働経済白書)|厚生労働省によると
前職非正規雇用だった者が過去5年以内に離職し、正規雇用へと移行する割合は以下のグラフのようになります。

※第3-(3)-11図 年齢階級別・就業年数別の非正規雇用から正規雇用への移行率


「非正規雇用」なので派遣社員だけではなく、アルバイトも含むので、派遣社員に限定した数字は若干異なるかもしれません。

25歳から34歳の非正規雇用から正規雇用への移行率、つまり正社員へ転職できた確率が最も高く、35歳を過ぎるとガクンと下がってしまうことが見て取れます。

つまり、35歳を過ぎて焦っても遅いということで、もし35歳過ぎの派遣社員の方ならば、すぐに転職活動を開始すべきです。

年齢を重ねていくとどんどん不利になっていきます。

正社員に転職しやすい派遣就業期間は5年未満まで

次に、正規雇用への転職に成功した人の中で、その非正規の前職に何年就業していたのか、同じ調査で結果が記されていますので、こちらもまとめてみます。

※第3-(3)-11図 年齢階級別・就業年数別の非正規雇用から正規雇用への移行率


就業期間5年までは正規雇用への移行率が上昇し、それ以降は下がっていきます。

派遣での就業期間が長くなれば年齢も上がるので、それで不利になる面もありますが、例えば、23歳で派遣としてある会社に就職した場合、30歳を待たずに転職活動した方が有利になりそうです。

ただし、最初に書いたように、派遣法の改正で3年を超えて継続して同じ会社に派遣として働くのは難しくなりますから、いずれにせよだらだら続けるならば1年、2年で転職活動をした方がよさそうです。

以上のことから、派遣から正社員への転職成功のポイントはこのようにまとめられます。

  • 派遣で事務職しか経験していない人の正社員転職は難しい
  • システム開発などの専門スキルを持っているとかなり転職に有利
  • 派遣で職場を変えた回数が多すぎたり離職期間が長すぎると低評価
  • 正社員の転職と同様に35歳を過ぎると一段と厳しくなる

派遣社員から正社員に転職を考える理由

派遣から正社員への転職理由

派遣社員から正社員に転職したい理由はどのようなものが多いのでしょうか?これについては、一般社団法人 日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」2017年1月の結果を見てみましょう。

『正社員希望の理由』の回答結果(複数回答可能)は以下のようになりました。

正社員(無期雇用派遣含む)希望の理由割合
雇用が安定するから85.5
賞与があるから70.1
福利厚生が充実しているから53.4
定期的に給与が上がりそうだから39.9
雇用形態のことで差別されたくないから39.4
処遇を向上させたいから35.6
責任範囲の拡大にチャレンジできるから21.0
いろいろな仕事を経験したいから18.6
職種領域の拡大にチャレンジできるから16.3
昇進して責任の重い仕事に携わりたいから14.3
様々な地域の事業所で働きたいから3.0

正社員を希望する理由は、8割以上が「雇用が安定するから」と答え、次いで「賞与があるから」「福利厚生が充実しているから」になっています。やはり派遣のままでは不安です。

派遣から正社員への転職を成功させるコツ

派遣から正社員への転職は、どうやって進めていけばいいかわからずコツが掴みにくいもの。

履歴書の書き方ひとつにしても悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。ここから少しご説明していきます。

派遣から正社員への転職向け履歴書・職務経歴書の書き方

職務経歴や履歴書の準備を!
派遣から正社員への転職の場合、職歴はどう書けばいいのでしょうか?

派遣から正社員転職の履歴書の書き方

一般的な転職の場合の職歴は

<職歴>
〇〇年〇〇月 株式会社〇〇商事に入社
〇〇事業部に配属 営業・顧客フォローに従事
〇〇年〇〇月 一身上の都合により退職

このように「入社」「退職」と記入していきます。しかし、派遣の場合は「派遣元(派遣会社)」と「派遣先(実際に勤務した企業)」の2種類がありますよね?

派遣の場合、職務経歴で重点的に書く必要があるのは「派遣先」での業務です。しかし、「派遣元」についても記入する必要がありますので

<職歴>
〇〇年〇〇月 〇〇スタッフ株式会社に派遣登録
派遣社員として下記の業務に従事
〇〇年〇〇月 株式会社〇〇商事(◯年◯ヶ月間)
データ入力・伝票管理などを担当
〇〇年〇〇月 〇〇生命株式会社(◯年◯ヶ月間)
顧客の電話対応、事務処理を担当
〇〇年〇〇月 派遣期間満了のため退職

このように書くと良いでしょう。

派遣から正社員転職の職務経歴書の書き方

職務経歴書の場合は、より具体的に職務の内容も記入します。

<職務経歴>
〇〇年〇〇月 〇〇スタッフ株式会社に派遣登録
〇〇年〇〇月 株式会社〇〇商事に派遣社員として勤務
【配属部署】営業部
【職務内容】営業事務として受注・発注、伝票整理、書類作成等
【成果】または【工夫した点】

このように具体的な職務内容を書くようにします。
「成果」については具体的に書けるなら記入し、これといって成果を書けるような業種・職種でなければ「工夫した点」を書けば良いでしょう。

志望動機

正社員として転職するためには、しっかりとした志望動機が必要になります。

  1. 今まで派遣社員だった理由
  2. 正社員として働きたい理由

ポイントはこれらについて「あえて派遣社員」を選んだ理由をポジティブに説明することです。

志望動機の例:今まで派遣社員だった理由

  • 様々な業種を派遣社員として経験して自分の適性を見極めたかった。
  • 現場の作業を覚えるために、その仕事を確実にできる(それ以外のことはやらない)派遣社員を選んだ。
  • 一時的に家族を介護する必要があり、時間の融通が利く派遣社員を選んだ。

 

家庭の事情の場合マイナス評価にはなりませんが、その事情が現在は解消されているということを必ず付け加えるのを忘れないでください。

 

志望動機の例:正社員として働きたい理由

  • 責任範囲の拡大にチャレンジできるから
  • いろいろな仕事を経験したいから
  • 職種領域の拡大にチャレンジできるから
  • 昇進して責任の重い仕事に携わりたいから
  • 様々な地域の事業所で働きたいから

「正社員として働きたい理由」については、上の調査でもわかるように、「安定した仕事に就きたい」というのが本音だと思いますが、それはNGです。

会社員として責任を持った仕事がしたいという、正社員としての帰属意識のようなものをにじませると効果的です。

派遣から正社員転職の面接で聞かれること

面接

通常の正社員の面接の内容に加えて、面接官は「楽をしたくて派遣社員をしていた」という先入観を持っている人もいます。

面接での質問例

Q:なぜ最初から正社員としての働き方を選択せずに派遣の道を選んだのですか?
楽をしたいからですか?
Q:新卒採用の就職活動をしている時に、この業界は受けなかったのですか?
Q:派遣として働いていた時の正社員の姿を見ていると思います。ああいう責任を持たされる働き方、本当に大丈夫ですか?
Q:正社員からの転職希望者と比較してあなたに勝てるところはありますか?

このように結構辛辣な質問をしてくるかもしれませんが、これについては事前にしっかりと準備しておきましょう。

派遣から正社員に転職するメリット・デメリット

正社員になると安定しますが、メリットばかりではありません。メリットとデメリットをよく考えて転職活動を行ってください。

月収は下がったが年収はアップ

時給制の派遣社員と違い、正社員の給料は「月給+時間外手当(残業代)」が基本です。

転職したばかりのころは、月給を勤務時間で割って時給平均を出すと、派遣社員時代よりも低いという可能性があります。

もちろん、サービス残業のリスクもあります。しかし、通勤手当・ボーナス・保険や年金への補助・福利厚生制度など、トータルすれば正社員の方が得です。

将来への不安が消えた

派遣社員は「契約を更新しません」と簡単に首を切ることができますが、正社員の場合、日本の労働法ではなかなか解雇できない条件になっています。

逆にそれだけ正社員の地位が安定しているということで、年齢給の比重が高い企業ならば成果を上げなくても結構な額の給料をもらえるはずです。

責任と残業が増えた

正社員の場合は出世に伴い仕事上の責任も大きくなりますので、派遣社員とは別次元のストレスを抱えることになります。

もちろん、責任にともない、残業なども増えるかもしれません。派遣社員は時間が来れば帰れますが正社員はそうもいきません。サービス残業ではなくても心身への負担は大きくなります。

派遣社員が帰らなければ、誰か正社員が残らないといけません。筆者がかつていた部署では、残業代稼ぎの派遣社員が全然帰らないため、担当正社員が残らざるを得ず、心身の不調をきたした人がいました。

立場によっては派遣社員のままの方がいいケースもある

生活スタイルに合った働き方を

ここまで書くと「派遣社員はダメ!何が何でも正社員!」と思われるかもしれませんが、あまり責任がなく、決められたことして、バイト以上の時給をもらえる派遣社員がいいケースもあります。

例えば、夫婦共働きのどちらかで、扶養の範囲を超えて稼ぎたい人や、子育て中の方などは、残業なく定時にほぼ帰れ、パートより割がいい派遣社員の方がいいでしょう。

ご自身の生活スタイルや家庭生活も勘案して、派遣社員を選ぶのはありです(3年ごとに職場を変えるのも別に問題なければ)。

私はこうして派遣社員から正社員への転職に成功した(体験談)

派遣社員から正社員への転職に成功29歳女性

短大卒業後、いくつかの職場で派遣社員として働いていました。会社の受付嬢などもやっていて接客もそこそこ自信があり、30歳を前に思い切って正社員の求人へ応募することにしました。時間はあったので、各社の採用スケジュールを検討して、求人への応募が絶えないよう、なおかつ、派遣の仕事と並行できるスケジュールを組みました。書類選考で落とされる会社も多かったですが、しっかり志望動機を書けば、案外面接まで進めました。

PRしたのは、受付として様々な人と接し、クレーマーなどのあしらい方や、偉い人への接遇などを派遣社員として複数の会社で身につけたということです。それぞれの会社でお客さんの層が違うので、そのまま正社員として新卒就職した人以上の経験があると訴えました。

その点を評価してくださったようで、採用後、いきなり社長秘書に抜擢されました。「秘書はある程度社会人経験がある人がいいから是非お願いします」と理由を伝えていただきました。

この段階で正社員になろうと活動して本当に良かったと思います。

派遣から正社員への転職にこそ転職エージェントを利用!

転職エージェントは それぞれ特色がある
派遣から正社員への転職にこそ転職エージェントを活用すべきです。

先ほどご紹介した職務経歴書など応募書類の書き方も、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談すれば、あなたのスキルに合ったアドバイスや添削をしてくれます。

専門的なスキルではなく事務職の場合でも、事務職ならではの強みがあるはずです。あなたの強みをどう活かせば良いか、面接の指導もしてもらえます。

ジョブシフトのイチオシはリクルートエージェント。扱っている業種も豊富で求人件数も日本最大級です。拠点も全国にあり、登録はもちろんサービスもすべて無料。

信頼・実績・人気全て兼ね備えた名実ともにNo.1の転職エージェントです。

おすすめの転職エージェント3選

総合型

リクルートエージェント
 特徴:ホワイト企業を含む掲載数No.1
 公式HP:リクルートエージェント
 詳細ページ:リクルートエージェントの評判!ブラックばかりで対応悪いはウソ

 

doda
 特徴:転職者満足度No.1
 公式HP:doda
 詳細ページ:dodaはなぜ評判が悪い?使った人の本音を調査※アプリが意外と便利

 

マイナビエージェント
 特徴:丁寧な転職指導と書類選考・面接対策
 公式HP:マイナビエージェント
 詳細ページ:マイナビエージェントで転職!求人の種類と口コミ評判&使い方ガイド

派遣から正社員への転職まとめ

派遣から正社員になるには、誰でもできる業務よりは専門スキルがある方が歓迎されるとお伝えしましたが、

「気配りができる「「先を読める」「とにかく作業が早い」これらも立派な強みです。

あなただけの強みを自分自身で理解し、求人企業にどうアピールするかがポイント。転職エージェントや転職サイトなどもうまく利用して、転職を成功させましょう。 

まとめ

  • 改正労働者派遣法の「3年ルール」で逆に派遣の正社員登用は難しくなった
  • 35歳を過ぎると転職が非常に難しくなる
  • 正社員として転職する場合「派遣の前職場が5年以内」が有利
  • 履歴書や職務経歴書は派遣ならではの書き方がある
  • 志望動機は派遣だったことをいかにポジティブに言い換えるか
  • 正社員になるにはメリットもデメリットも両方ある
  • 共働きの場合などは派遣社員のままの方がいいケースもある

 

こちらの記事も読まれています

 
その他の転職サービスはこちらでも探せます
⇒転職エージェント・サイト・アプリ情報 カテゴリーページ
 
自分に合った仕事を探すお手伝いをします
⇒自分に合った仕事の見つけ方 カテゴリーページ

転職活動や働き方のハウツーなどの様々なコンテンツはトップページで詳しく探すことが可能です。
⇒ジョブシフト~転職活動・就職活動をサポートするお仕事ハウツーサイト~