皆さんはIT業界に対してどのような印象をお持ちでしょうか?なんとなく過酷なイメージでブラック企業が多いのでは?と思っていらっしゃる方も多いのでは?

この記事では、IT業界は必ずしもブラックばかりではなくホワイト企業もあるということ、そしてその見極め方を解説していきます。

今、IT業界で待遇が悪く転職を考えている方、未経験だけれどIT業界に転職してみたいという方、どちらの方も必見です。

疑問 男性

来る日も来る日も残業。当然残業代も請求できず…

IT業界にうんざりしているこちらの男性も、どうやら絶妙な求人のワナにはまりブラック企業に引っかかってしまったようです。

ITブラック見極め漫画

目次【クリックして移動できます】

なぜIT業界はブラックが多いのか?

システム発注の多重構造がIT業界の激務を生む

外部からは分かりにくいのですが、IT業界は複雑な多重構造になっている場合が多いのです。

例えば大企業のお得意様から、これまた大手のシステム会社に発注が来ます。

その会社は中間の利益だけ取り、下請けに丸投げ。

その会社がまた下請けへ…

と途中でどんどんマージンだけかすめ取られ、最終的にそのシステムを作るのは末端の小さな会社。という哀しい構図で成り立っています。

疑問 男性

えぇっ!?実はそんなに幾つもの下請け会社があったの?そりゃあいくら働いても給料が安いワケだ…

その会社の社員だけで手に負えない場合、また外部で個人に委託することもあります。

その委託された人も実は昼間は別の会社のエンジニア。本業の会社勤めをしながら、委託された仕事は副業として自宅で徹夜作業、なんてこともあったりして….。

体調を崩すのも当然ですね。だからシステムエンジニアは「IT土方」なんて別名がつくほど。エンジニアは体力勝負なんです。こちらの記事も参考に⇒元SEが語るエンジニアを辞めたいと思う瞬間4選と本当に辞めるべき会社!

IT系ブラックの温床「常駐開発」って?

これもIT業界の困った慣習。

システム会社って、入ったらそこで必ずしもそのオフィスで仕事できる訳ではない場合が多いです。

ポイント 女性 右

多くの企業でよくあるケースが自社の社員をクライアントの会社に派遣して、そこのシステム開発を手伝わせるという手法。それって派遣会社ってこと?と思う方も多いと思いますが、派遣会社ではないのです。あくまでもシステム開発の会社がやっていることなのです。

実際は派遣のような業務を行っているのに「派遣業」としては登録されていないので、様々な不具合が生じます。

例えば現場の指揮系統の問題、労務管理の問題、横行する長時間労働…。そして何より問題なのが直接クライアントとやり取りすることがない故に生じる、そのプロジェクトに対する責任感の希薄さです。もちろん全ての人がそうだというわけではありませんが。

疑問 男性

顔も見えない相手のために、ただ上から下りてくる指示に従って作業をこなすだけ。給料も安いし、こんなのやりがいが感じられるはずないよな。

ブラックな会社の特徴とは
  • ※固定残業代の制度が悪用されていて実質的な残業代が支給されない
  • ※裁量労働制で残業代がほぼゼロに等しい
  • そして、とにかく残業時間が異常に多い

簡単に言うと長時間労働のわりに給料の手取りが少なく、さらに常に人員が不足して無茶を要求され、計画が破たんしているような会社です。

ポイント 女性

今の会社に入って後悔しているあなた、この記事を見て心当たりはありませんか?あなたの今置かれている現状は、ひょっとしてこれに近いものではありませんか?

しかし、IT・WEB業界が全てブラックかというと、必ずしもそんな企業ばかりではありません。きちんと情報を集めて求人票の読み解き方のコツさえ掴めば、優良企業を必ず見つけることができます。

男性

もし転職するなら、次こそはブラック求人かどうかを見極めればいいんだね!じゃあ、どうやったらブラック企業を避けられるんだろう?

今IT業界にいる方も、IT未経験の方も、良い求人を見極めるポイントは同じですよ。次の項目でご紹介していきます。

IT業界でブラック求人を回避してホワイト企業に転職するために注意するポイント

ブラック求人を回避するために注意点

固定残業代については必ずチェックすること

固定残業代(こていざんぎょうだい)とは、企業側がある程度の時間数は残業が発生することを想定し、固定の残業代を算出。それを実際の残業の有無にかかわらずあらかじめ給与に上乗せして支給するという制度です。

疑問 男性

それじゃあ残業しても・残業しなくても この固定残業代はもらえるってこと?なんだかうますぎる話だなぁ。

一見素晴らしい制度のように見えますが、それは要領よく就業時間内に仕事を終えられたらの話。これを悪用する企業が多いため、トラブルが絶えないのです。そのトラブルの多くが、発生するとみなされた残業時間よりオーバーしているにも関わらず固定残業時間を超えた時間外労働の賃金は支払われないというもの。
これを重く受け止めた厚生労働省も注意喚起を促しています。

固定残業代を賃金に含める場合は適切な表示をお願いします。

これによると、以下の3つを必ず募集要項や求人票に明示するよう求められています。

  • 固定残業代を除いた基本給の額
  • 固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算方法
  • 固定残業時間を超える時間外労働、休日労働および深夜労働に対して割増賃金を追加で支払う旨
ポイント 女性 右

求人を見るときは固定残業代についてどのように記載してあるか、必ずチェックするようにしましょう!自分の身を守るためですよ。

裁量労働制についても知っておこう!

「労働時間(どれだけの時間働いたか)」ではなく、「成果(どれだけ事を成し遂げたか)」が重視される働き方で「専門業務型」と「企画業務型」の2つがあります。
労働者と使用者の間で、ある一定の時間数は働くであろうとみなされた労働時間に基づいて賃金が支払われるという制度です。

しかし、この制度も雇用者側と被雇用者側の認識がずれ過ぎているとトラブルになります。
システムの開発など時間で管理しにくい業務は多くの場合、作業にキリがつきにくく長時間労働を余儀なくされます。日々10時間以上働いているにも関わらず、労働時間を仮に9時間とみなされて賃金が決定されていたらどうでしょう?やはり、労働者側の不満は日々蓄積されていくに違いありません。

専門業務型 企画業務型
システムエンジニア・デザイナー・編集業務・公認会計士・弁護士、新技術の研究開発など専門的な業務 企画・立案・リサーチなど企業の中心となって進めていくような企画中心の業務
プロジェクトの進行具合によって常に仕事の段取りも変わるような業務、
個人の裁量に任せて業務を進めていくような業務など、時間で管理しにくい業種が対象
職種というよりはその企業の中枢部が対象(本社・本店、または企業の運営に大きな影響を及ぼす事業場であることが条件)

裁量労働制の概要について

疑問 男性

IT業界って、まさにこの裁量労働制が適用される「専門業務型」の仕事だらけだったんだね…

ポイント 女性 右

だからこそ入社前によく調べて働き方の形態がどうなっているかきちんと調べて見極めることが大事なんですよ。

求人広告掲載の頻度を見る

これはIT業界に限ったことではありませんが、「事業拡大」をうたっていても年がら年中求人広告を出している企業は注意です。
また「常時募集」という言葉もチェックしておきたいところ。しっかりした企業は大規模な採用を行う場合でも、採用計画をたてて募集・採用します。

大量募集していないか

激務についていけず、人の入れ替わりが激しいため大量に募集していることも。最初から人材の横流しを想定して他社に送り込むために沢山の募集をかける場合も考えられます。

「年間売上額」を社員数で割った数字が小さすぎる

俗に「年間売上額」を社員数で割った数字が1000万円を超えていれば、会社としてはまずまずといわれることが多いですが、IT業界の中小零細ブラック企業の中にはこの数字が500万円や400万円台のケースがあります。
これは前章でも述べたように安い単価で社員を外部に常駐させているだけの企業に多く、偽装請負契約を結んでいる可能性があるといえます。

社内イベントや「可能性」だけを異常にアピール

IT業界は忙しく、はっきり言って社内イベントなどに参加する暇もないことがほとんどです。できる人材、必要とされる人材ほど社内イベントとは距離をおくでしょう。

また、やたらと「将来的にはコンサルタント」「入社2年目でプロジェクトを仕切る」「幹部候補」などを連呼する求人にも注意。

このような文言がある場合には、どういったプロセスやキャリアを経てそこへ到達したのか、前例はどのくらいあるのかをしっかりと問い合わせるべきです。

メインとなる事業や強みがない

IT業界で企業を設立するのは、それほど難しいことではありません。ちょっとした顧客へのコネと、そこへ投入する人材さえ確保できれば、なんとか商売が成り立ってしまいます。

それゆえに、社員を外に出しているだけで自社では何の事業も軌道にのっておらず、いつまでも人材の横流しだけを続ける企業があることも事実です。

もちろん、設立当初は手堅く資金を稼いでプールするために社員を外へ出し、その間に受託案件や新規サービスの開発を軌道に乗せ、いずれは社員を呼び戻すという場合もあります。
このような場合は、メインの事業がしっかりと固まっているか、独自の強みを持っている企業がほとんどです。

社員の平均年齢はどうか?

平均年齢があまりにも若く20代や30代前半の場合、社員が長く定着せず中途退職者が多いと推察できます。社長の年齢に比べて幹部クラスがあまりにも若年層という企業も、重要な役職の人材が会社のやり方に反発して外部に流れてしまったというワケアリの可能性も否定できません。

給与設定が極端

低すぎるのは言わずもがな。高額すぎると激務なことも。美味しすぎる条件にも注意の目を向けましょう。

求人票だけで判断せず独自でリサーチしてみよう

不安に思ったらまず自分で行動!

疑問 男性

ブラック求人を避けるポイントを教えてもらったけど、実際これだけで判断する自信ないなぁ

ポイント 女性 右

自分で実際に行動するのが一番確実!問い合わせをしたり、面接時の時間を調節したりして、応募先企業の概要を把握してみてはいかがでしょう?

例えば、残業の状態や頻度を確かめるために、面接時間を毎回19時半前後に設定してみると、社内の雰囲気や残業の具合がなんとなく把握できることがあります。

終業時間を1時間半以上過ぎても大半の社員が帰る気配がない、という場合は残業が常態化している場合が多いからです。現場の空気感を肌で感じることは大切ですよ。

研修制度については突っ込んで質問すべし!

疑問 男性

「研修制度」ってどうなってるんだろう?求人票にちゃんと書いてない会社も多いね。

ポイント 女性 右

IT業界では専門スキルや用語が多いため、しっかりとした企業では技術研修の期間を設けるなど、人材育成には力を入れています。逆に研修制度が確立されていないところは要注意ですよ!「OJT」をやたら多用する会社は突っ込んで話を聞く必要があります。

ブラック企業ではほぼ「投げっぱなし」です。要は本人がなんとかしろということですね。さらに酷い状態になると、ろくに知識も経験もない人材を「技術者」として顧客先へ入れ込みます。

このような会社が好き好んで使う言葉が「OJT」「現場主義」です。
たしかにOJTも現場主義も大切ですが、その前提となるのは人材がしっかりと基礎知識とスキルを持っていること。これがないままに現場へ出されても、それは武器を持たずに戦場に立たされるのと同じことですからね。

未経験でIT業界へ!IT業界へ転職するメリット

it3

IT業界への転職を目指している方の中には、未経験での転職を希望している方もいるでしょう。どんな分野でもITの知識や技術が活かしやすい風潮がでてきています。

  • 医療業界とITを掛け合わせた「ヘルステック」
  • 不動産とITが融合した「不動産テック(リアルエステートテック)」
  • 金融とITが融合した「フィンテック」

など、どんな分野でもITが求められるようになっているのです。
こうした流れから、転職のためにIT業界のスキルや知識を身に着けておくことは、将来の自分のキャリアに大きなプラスとなるでしょう。
これからどんどんテクノロジーは進化していくでしょうし、新しいものを理解するための土台にもなりますから。

またきちんとした企業にさえ入れば、IT業界の年収は比較的高めなところもメリットです。2015年の業種別平均年収ではメディカル分野に続いて2位の地位を獲得しています。
さらに、IT業界は比較的不況下でも求人が多く、今後エンジニア不足が予想される日本においては、IT業界への転職が有利に働く可能性は高いのです。

今後のブラック企業に対する対応について、塩崎大臣がこんな発言をしていました。
参考:塩崎大臣閣議後記者会見概要(厚生労働省)

IT業界未経験でも仕事はある?

まず、IT・WEB業界にはどのような仕事があるか見てみましょう。

IT・WEB業界の仕事一覧

業界別に見たIT・WEB業界の仕事

情報処理サービス

情報システムの構築・運用に関する業務。主に企業に向けた物が多く、情報システムの導入の際に必要なサービスをオールマイティに提供しなければならない。
顧客管理・在庫管理・受注システム・アンケート・投票などはこれに含まれる。

WEB関連

Webサイト制作・ネットワーク構築・インターネット広告、またSNSやショッピングサイト運営など幅広い業務があり、IT系の仕事の中では一番未経験者でも仕事できる可能性が高い。

ソフトウェア

ソフトウェアとはパソコン・周辺機器などハードウェアの動作を司るプログラムのことで、オペレーティングシステム(OS)とアプリケーションソフトの両方を指す。
人々のライフスタイルの多様化やPCスマートフォンの普及によって様々なソフトウェアの開発が行われている

ハードウェア

パソコン本体とその周辺機器、またゲーム機やスマートフォンなどを構成する電子回路・機械本体のこと。これを開発するエンジニアには精密で高い技術が求められる。

職種別に見たIT・WEB業界の仕事

システムエンジニア(SE)

ソフトウェアのシステムそのものを開発するエンジニア。

プログラマー

ソフトウェアを作成するにあたりシステムエンジニアが書いた設計書や仕様書に基づきプログラミングしていく技術者。プログラミング言語の知識が必要。この経験を積んでシステムエンジニアに転向する人も。

システムエンジニアとプログラマーの知識と技術があればWEBの仕事にも応用できる。

Webプロデューサー

WEBサイトの最高責任者のこと。クライアントから受注したWebサイトの企画・制作・運営まで一連の業務を把握し、プロジェクト全体を統括する。リーダーシップが必要とされる。

Webディレクター

Webサイト制作の進行管理・データのリサーチ、ライターやデザイナーへの指示、サイトの見直し、編集などWEBサイトの制作を実際に進めていく業務。コミュニケーション力とWEBサイトの総合的な知識が必要。

Webデザイナー

WEBサイトのデザインを行う。バナー作成やWEBサイトの全体的な配色を考える。Illustrator、Photoshopなどデザインのソフトが扱える他、CSSやHTML、JavaScriptなどの知識も必要。

Webコーダー

WebデザイナーのデザインをWeb上で実際に閲覧できるようプログラミング作業を行う。作業に応じたソフトやプログラミング言語を使ってクライアントから依頼されたイメージ通りのサイトに組み立てていく。

営業系

ソフトウェアやWEBサイトをクライアントにプロモーションする仕事。ある程度の知識は必要だが、人とのコミュニケーション能力や販売能力があれば業界未経験者でも可能。
ただ、長年システムエンジニアとして現場で経験を積んだ年長者のSEがセールスエンジニアとして営業する場合も。知識も技術もあるので、コミュニケーション力さえあればより高い説得力でクライアントにセールスできる。

その他

未経験者がIT業界へ転職する場合のおすすめ職種は?

では、未経験者がIT業界へ転職する場合、どんな仕事があるのでしょうか?これは「未経験者」のスキルや実績によります。

前職でどこかの事業会社の重要なポジションについていた場合には、未経験といえどもITサービスを提供する企業の事業企画やサービス開発などに従事できる可能性があります。しかし、一般社員であった場合には、多くの場合オペレーターやプログラマーといった仕事が多くなりそうです。

オペレーター

オペレーターは主に自社や顧客システムの運用・監視・障害対応などを行い、問い合わせや障害切り分けの一次対応を行う仕事です。

プログラマー

プログラマーは文字通り、SEが書いた設計書や仕様書に基づき、プログラミングしていく仕事。文字入力などPCを扱う上での基本的な知識があればできることが多いので、未経験者がIT業界へ転職した場合の出発点としてはこの2つが主なものになるでしょう。

ネットショップ・サイト運営スタッフ

その他。WEB業界はWEBサイト運営以外にもネットショップなどさまざまな仕事がありますので、未経験者・初心者向けの求人も意外と多いです。例えば写真を撮るのが得意ならネットショップで商品撮影などの仕事もあります。メールでの受注、問い合わせやトラブルの際のお客様対応、在庫管理など。
例えばAmazonやYahoo、Appleなどの大手企業も全くの未経験者から募集しています。在宅という形態も多いので、子育て中の主婦の方なども狙い目です。

ライター

フリーという形態が多いですが、ライターもWEB業界では欠かせない職業。こちらもWEBの知識がなくても、文章を書くのが好きならできる仕事です。

たとえIT未経験者でもたった1冊の本から道が拓けることもある

研修があれば未経験でも大丈夫!といったIT求人も最近はかなり増えてきました。しかし、事前にITの知識を持っている、またはそのための勉強を独学でやっていた、というPRポイントがあればより一層有利になります。
採用者から見た場合、同じ未経験者でも全く何の知識もなく勉強をしたこともない人と比較した時、どちらが魅力的な人材に映るかは明らかです。そして、頑張った成果はあなたの自信につながります。

そのためには、事前にIT関連の知識を学んでおきましょう。基礎知識や、簡単な専門用語だけでも知っておくと研修のときもスムーズに入っていくことができます。
お金と時間に余裕があれば専門の学校や通信教育で学ぶ方が身につくかもしれませんが、お金をかけずにまずは自分の力で試してみたい…そんな方向けにITの基礎知識を学ぶ方法をご紹介します。

独学でIT・WEBを学ぶコツ

独学でITについて勉強してみようと思ったあなたにお伝えしたいのは、まず本を読むこと。

例えばプログラミングについて学びたいなら、これだけは外せないのが「Java」。Javaは全ての基本と言っても良いほど、IT業界の人なら誰もが一度は使っている言語です。

例えばWEBについて学びたいなら、「HTML」と「CSS」が全てのWEBの基本。

「Java 入門」や「HTML 入門」などのワードで検索すれば、数え切れないくらいほどの入門編のテキストがネット上に上がってくるはず。まずあなたに必要なのはこの一冊の本とPC。これだけです。
最初は訳がわからないと思います。しかし、本に書いてあることを何度も読み、それに従ってPC内のメモ帳にどんどんコードを打ち込む練習をして下さい。本を一冊読み終える頃には何らかの変化があるはずです。もちろんこれだけで即、通用するほどIT・WEB業界は甘くはありません。しかし全くの未経験よりは研修された時の飲み込みの速さが格段に違います。

IT・WEBのオンラインスクールを活用しても

ドットインストール
プログラミングやWEBについて学ぶことができます。動画で分かりやすく解説。登録すれば初級者向けなら無料で学べます。有料会員(¥980-/月)になれば中級者以上の講座が受講でき、質問も受け付けてくれます。

schoo
こちらもプログラミングやHTMLなどについて学べます。超初心者向けにphotoshopやillustratorの講座や写真撮影のコツなどITスキル以外のことも幅広く学べます。登録が必要ですが、無料会員の他にすべての授業を受講できるプレミアム会員(¥980-/月)、より便利な機能が満載のプレミアムプラス会員(¥1980-/月)もあります。

Progate
HTML、java、javascript、Rubyなど知りたい言語別に分かりやすく表示されています。
スライドで勉強したあとはプログラムを実際に書いて学んでいきます。無料会員は15レッスンが受講可能。有料会員(¥980-/月)は基礎から実践まで全63レッスンすべてOKです。

IT・WEB関連の専門学校はココで探そう


IT関連の専門学校はこちらから検索⇒ケイコとマナブ

ハローワークの職業訓練は積極的に利用したほうが◎

条件を満たせば、ハローワークと提携している職業訓練校で格安で授業を受けることができます。
⇒ハロートレーニングの全国情報はこちらから
参考:厚生労働省  リーフレット「求職者支援制度があります!PDF

いまIT・WEB業界は未経験の人材を歓迎している

少し前ならIT業界で「未経験者歓迎」なんて求人はかなり少なかったのですが、いまは検索するとどんどん出てきます。しかも、「全くの未経験者でもOK!研修で一から丁寧に教えます」という素敵な文言が並びます。しかも、そういう魅力的な案件はリクナビNEXTに多いんです!!

試しに今(2017年12月現在)募集されている求人を見てみると…?

これはある企業がシステムエンジニアやプログラマーを募集している求人案件です。

今は本当にこのような未経験者歓迎で、しかも研修制度が確立された求人案件が多いのです。

ポイント 女性

ここで先程も説明したように、この企業がブラックかどうかのチェックポイントを見てみましょう。

まず、【研修制度】をチェック!

男性

研修制度もバッチリだ!これなら未経験でも安心だね!

これも大事!【固定残業代】以外の時間外手当は?

男性

「超過分の時間外手当は全額支給」って書いてある!これなら大丈夫そうだ!
ちゃんとブラック企業かどうかのポイントを知っておくと求人票のどこをチェックすればいいかよく分かるね。

未経験者ほどしっかりした企業を選ぼう!

前述の通り、ITがブラック化する背景はオーダーを下請けに回す業界の体制にあると言われています。そして下請けになるほど納期が短く、ハードスケジュールになりがちです。未経験者が常に時間勝負の職場にいくと大変なことになるでしょう。

その点、大手企業ほど比較的納期がゆったりしていて、研修もじっくりと行われます。

ポイント 女性

「未経験だから中小企業からはじめる」のではなく、「未経験だからこそ基盤がきちんとした企業に」という考え方にシフトチェンジしましょう。

未経験でIT業界へ転職するためのおすすめ転職サイト・エージェント

【リクナビネクスト(リクナビNEXT)】未経験者OKのIT求人に強い

it2
異業界への転職にあたっては、よほど強いコネクションなどがない限り、求人情報サイトを使うことをおすすめします。
業界の状況や求人のトレンド、年収相場や未公開求人など、数多くの情報やノウハウを蓄積しており、転職活動をサポートしてくれるからです。
なかでもおすすめなのは、国内人材紹介大手のリクルートが提供する「リクナビNEXT」。
IT業界の求人は800件から900件ほど公開されており、これに加えて非公開求人も保有しています。
また、リクナビネクストは第二新卒者や若手転職希望者をターゲットとした求人情報サイトとして発足したという経緯もあり、未経験者がIT業界へ転職する際にも心強い味方となってくれるでしょう。
リクルートグループが運営する求人情報サイトということで求人の質も高く、ブラック求人を回避できる確率も高くなりますよ。
⇒リクナビネクスト(リクナビNEXT)の詳細はこちら

【DODA(デューダ)】非公開求人が圧倒的多数


転職フェアをよく行っているDODAはITエンジニア転職経験者から高い評価を受けています。
転職サイトではありますが、キャリアアドバイザーがついてくれて、あなたにあった求人を紹介してくれるでしょう。
現在社内システムエンジニアの求人、ITコンサルタントの求人ともに300件以上あり、未経験でもOKの企業が少なくはありません。
「残業を減らしたい」「給与を格段にアップしたい」という希望を伝えることもできるでしょう。
⇒DODA(デューダ)の詳細はこちら

⇒1分でカンタン!DODA(デューダ)に登録

【ワークポート】IT・WEB転職のエキスパート


未経験のエンジニア求人が豊富な「ワークポート」もおすすめです。非公開求人も多く、思いもよらぬ優良企業を見つけられるのかもしれません。
「ワークポート」の魅力は、転職サイトには珍しくプロの転職コンシェルジュがついてくれる点です。
履歴書の書き方や面接のアドバイスを期待できるでしょう。
また、求人を紹介してもらうときも、ブラック求人を避けて質の良いものを紹介してくれる傾向にあります。
⇒ワークポートの詳細はこちら

⇒今すぐワークポートに無料登録

★こちらのページもよく読まれています!