日本社会は、一度キャリアが横にずれてしまうと、そこからの立て直しが非常に厳しいと言われています。「○歳で入学し、○歳で卒業、○歳で入社し定年までいる」・・。転職についてはかなり、受け入れられてきましたが、新卒就職時の年齢については、いまだに途中で横道を経験している人に冷淡です。大卒新卒の場合、「22歳+2歳」までしか許さない企業が多いのもそれを示しています。

就職時の学歴についても同様で、高卒と大卒ではその後の就職先に大きな違いがあります。大卒の方が高い給料で、就職先の選択肢が広いのは事実ですが、むやみに大卒(見込み)の肩書を手に入れても、みんな同じスーツを着て没個性の塊で就活をしていいところに就職できるのでしょうか?苦労する人は大変な苦労をするのが大卒の就活です。

今回は、大学へ進学するかどうか迷っている方向けに、データをもとに高卒と大卒の就活、就職の違いについてお話したいと思います。

高卒の就職は大変なことが多い?就職率は?


まず、高卒と大卒の就職率の差をみてみましょう。どちらが就職しやすいのでしょうか?
こちらの記事を見てみましょう。

これによると、2018年3月に高校、大学を卒業した人の「就職率」は

就職率
高卒 98.1%
大卒 98.0%

となっています。両方同じくらいですね。

ただ、「就職率」には定義があり、高卒100人中98人が就職したわけではありません。

就職率=就職した人÷就職希望者×100(%)

です。就職希望者は、正社員として就職したくて就職活動をした人を言います。つまり進学した人、進学を目指して失敗し浪人した人、家業を継いだ人、資格試験の勉強をするため就活をしなかった人、自分で仕事を始めた人、家事手伝い、ニート、フリーターは含まれません。

就職するつもりで頑張って、それをかなえた人の割合なんです。

文部科学省では「就職者」(就職した人)を「正規の職員(1年以上の非正規の職員として就職した者を含む)として最終的に就職した者(企業等から採用通知などが出された者)をいう。」と定義しています。最初から数年はフリーターで・・・という人はそもそもこのデータには入りません。

なお、高卒と大卒の就職率の推移は以下のリンク先をご覧ください。

年によって高卒と大卒の就職率はどちらが高いか変わります。ただ不況時は高卒の方が就職率が高くなります。これは、技術職が多い高卒は、会社のノウハウを継承していくために採用を継続しなければなりませんが、ホワイトカラー的な大卒仕事、特に新人が行う仕事ならば派遣社員などで代替が利くからです。

景気の波の影響を受けやすいのは大卒で、2010年あたりの落ち込み時(リーマンショック)に就職できなかった大学生は、高卒で就活していればいいところに入れていたかもしれません。

高卒で就職する場合も、正社員として就職する難易度は大卒とそれほど変わらず、少なくとも「高卒だから就職に不利」ということはなさそうです。まずいのは、高校卒業後数年ニートをして就職したくなった場合、空白期間がマイナスに評価されることですね(これは大卒でも同様です。)

f

高卒で就職か大学へ進学か。大卒との差はどのぐらい?


高卒でも就職については大卒とあまり変わらず、むしろ不況時には有利だということがわかりました。ただ、給料や年収、入社後の出世については結構差があるようです。

高卒と大卒の生涯年収

・大卒が23歳から60歳までの39年間働いたケース
・高卒が19歳から60歳までの43年間働いたケース

上記を比較すると生涯賃金は結構差が出ます。あくまで平均値の比較なので、今後の給与制度や賃金体系の変化で変わる可能性があります。


<大卒>
男性 約2億7000万円
女性 約2億4000万円

<高卒>
男性 約2億4000万円
女性 約1億8000万円


高卒と大卒の生涯年収は、3000万円~4000万円大卒のほうが多いということになります。家一軒分ですね。それをどう考えるのか、ですね。

高卒と大卒の初任給や平均月給の差

次に月給や初任給を比較します。

まず、初任給ですが、

上記の厚生労働省の調査によると、


<初任給>
大卒(男女計) 20.6万円
高卒(男女計) 17.9万円
大卒(男性) 20.7万円
高卒(男性) 18.0万円
大卒(女性) 20.4万円
高卒(女性) 17.8万円


という結果になっています。高卒と大卒では初任給に三万円近い開きがあります。

次に月給を比較します。

上記の厚生労働省の調査によると、平均月収は


大卒男性 39.8万円
大卒女性 29.2万円
高卒男性 29.1万円
高卒女性 21.1万円


となっています。約10万円高卒と大卒で差が付きます。特に子供が高校生~大学生になる、40代後半~50代前半では月収に約20万円の差が付きます(大卒が20万円高卒より高い)。

これは後の記述とも関連しますが、会社内では課長、部長になる年齢で、大卒社員はそうした役職に就いて給料が上がりますが、高卒社員はそういう役職に就けない人が多いということを示しています。

社内での待遇の差

給料や昇給については上で書いた通りですが、海外赴任や転居を伴う転勤などは、高卒社員ではあまり考えられません。大卒社員(総合職)は会社のためならば何でもやる職種ですから「外国へ5年行け」と命令されればそれに従わざるを得ません。

しかし、高卒社員の場合、総合職ではなく「技術職」や「一般職」で採用されることが多く、業務や勤務地が限定されます。つまり生活スタイルが安定し、私生活のキャリアマップを立てやすいというメリットがあります。

ポイント 女性

正社員であれば、社内の福利厚生に差はありません。むしろ、社長や役員に近い大卒社員の方が、彼らのわがまま(変な社内行事や「親睦会」)の相手をさせられる可能性が高そうです。

「給料、昇給以外の待遇の差はなく、むしろ高卒の方が無茶を聞かなくて済む」が正解です。

出世、昇格の差

旧来の日本企業では、高卒社員と大卒社員では「俸給表」や「役職表」が異なっています。高卒の人が出世できないのはそのためで、特に管理職になるまでの時間が違いすぎます。

例えば、ある会社を例にすると

7級(平社員)→6級(主任)に昇給するのに

・大卒→平均評価を取っていれば2年で上がれる
・高卒→平均評価では4年かかる

など、システムとして出世しにくくなっています。管理職になれば実力主義という会社もありますが、管理職になる年齢が違います。

大卒ならば40歳前には管理職になれますが、高卒は50歳過ぎてなれるかどうか、数年でもう定年です。管理職と言っても、部長などではなく「調査役」「課長代理」みたいな権限がない役職で、手当も少なく、部長や役員に抜擢されるには、卓越した圧倒的な何かを持っていないと厳しいかもしれません。

ただ、絶対に無理というわけではありません。高卒でも出世する人はします。

昔の人ですが、松下幸之助(パナソニック創設者)や本田宗一郎(本田技研工業創設者)は大学を出ていません。あと、あのビル・ゲイツも大学中退で、学歴上は高卒なんですよ。

レジェンドでなくても、筆者の知人のお父さんは高卒ですが、東京駅の駅長をやりました。これ、結構すごいことです。逆に大卒であっても一生管理職になれない人もいます。だから、能力をアピールして結果を出せば、出世の可能性もゼロではありません。

高卒就職のメリット・デメリット

将来を考えると大卒の方がいろいろな面で有利そうですが、高卒で就職することにメリットはあるのでしょうか?また、給料や出世以外の面でデメリットはあるのでしょうか?

<メリット>

1.早く親元から離れられる

親元から独立して、一人の社会人になれます。親の扶養から外れるということは、様々な面で大人として扱われますし、親にも強く出ることができます。

2.スキルが身につく

職人さんやシェフなどスキルが大切な仕事につく場合、大卒よりも早く就職できることが有利になります。有名なシェフの場合、中学校卒業してすぐにレストランの厨房に入り
・・・、という話があるように、「手に職」系の場合、早めに就職して技術を身につけた方がいいケースもあります。

<デメリット:給与待遇以外>

1.モラトリアムがない

日本の場合、大学時代が唯一の「モラトリアム」期間として、自由に過ごしても何も言われません。「学生さん」という特別の身分を大学生は手に入れることができます。

昼夜逆転生活をしても、遊び歩いても、放浪の旅に出ても大目に見てもらえる期間です。高卒で就職するとそれがありません。大企業の経営者や有名な政治家は「モラトリアム」でかなり破天荒な過ごし方をした人が珍しくありません。

「時間で経験を買った」ともいえるのですが、高卒就職の場合、すぐ社会人になるためそういう経験ができません。これが後の生き方に影響するかもしれません。

2.世間の評価が低い

昔のように大学進学率が20%とかの時代であれば、大卒はエリートでしたが、今の時代は半数が大学に行きます。「Fランク」と呼ばれる大学ならば、大して勉強しなくてもだれでも入れるのですが、いまだに「高卒=大学に入れなかった人」というイメージを持つ人がいます。

Fランク大に入って勉強しないで遊んでいたら、ろくな就職先がないのですが、そういうことを知らない人がいます。こういう人からはマイナス評価されることがあるかもしれません。変な大学に進学しないで、高卒で就職した方が偉いのに・・・。

3.大卒資格が必要な資格、職業に就けない

資格や職業の中には「大学卒業」が必要なものがあります。公務員試験などでも、大卒採用と高卒採用で分かれています。難関国家試験も、大卒ならば教養試験が免除されますが、高卒の場合は教養試験から受けないといけないものもあります(弁護士等)。

大卒資格が必要な仕事は高卒ではあきらめざるを得ません。

高卒就職ではどんな就職先がある?仕事内容は?


高卒で就職すると決めた場合、どういう就職先があるのか、また「ここを目指したい!」というおススメの就職先はあるのか、考えてみましょう。

高卒での就職にオススメの就職先一覧

1.有名メーカーの工場

トヨタやホンダ、ソニーなどの日本を代表するメーカーの現場では、高卒採用が重宝されます。正社員の求人も多く、こういうところに就職できれば将来も安泰です。工業高校などでは、推薦の指定校枠もあるかもしれません。

2.プログラマー

ソフトウェアのプログラマーも高卒採用を歓迎します。この業界は学歴よりも実力です。高卒でも能力があればかなり高い地位まで行き、経営やマネジメントを行うこともあります。有名ゲームプログラマーにも高卒の人が多いですね。

3.公務員

公務員もおススメです。安定していますし、給料も確実に上がっていきます。大卒で下手な企業に就職するよりもはるかにいいです。大卒の人が、高卒だと偽って(ダメです!)、倍率が低い高卒採用の枠に応募することもあるんです。

公務員就職については

⇒国家公務員の仕事・種類一覧 試験や対策は?高卒でも大丈夫?

も参考にしてください。

4.職人系

伝統工芸、料理など「師匠と弟子」の関係になる職業に就きたいのであれば、高卒の方が有利です。早く修行して独立した方が将来にとってプラスですし、若い方が飲み込みが早く、スキルも吸収できます。

レストランで言うと、シェフ、コックが該当します。店員は誰でもできますが、シェフは修業した人でないと無理ですよね。こちら(シェフ、コック)を目指すのが高卒の仕事として正解です。

「○○店店員」など、誰でもできる仕事は高卒でもできますが、これはフリーターやパートでもできます。そうではなく、若さとスキルを身につける時間的余裕があることを長所にできる仕事を目指すのがいいでしょう。

高卒なら専門職で勝負!オススメの資格

高卒で就職する際におススメの資格を以下に挙げます。高校在学中、あるいは卒業後に挑戦してみましょう。専門職の資格を取って、その職に就くのもカッコいいですよね!

1.保育士

かつて、保育士は高校卒業でなることができました。しかし、今は基本的に保育科のある大学、短大、専門学校に行くことが必要になってしまいました。しかし、抜け道が残っています。

・保育園等に「保育補助」の仕事で勤務する
・2年以上の勤務+総勤務時間数が2,880時間以上
・「保育士試験」に合格する

これを満たすと、国家資格である「保育士」になれます。高校卒業後、保育園等にサポート職として就職して、そこで実地研修を積んで試験に合格すれば保育士です。

保育士不足が叫ばれる昨今ですので、「つぶしが利く」職業になります。

2.ITパスポート他IT系資格

かつて「初級システムアドミニストレータ試験」と呼ばれていたものの後継が「ITパスポート」です。それ以外にも「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」などパソコン、プログラム系の資格があります。在学中に取得できれば、特にプログラマーになりたい人には大きなアピール材料になるでしょう。

3.日商簿記検定1級

高校の商業科で学ぶ簿記ですが、その能力を検定するものとして一番有名で権威があるのが「日商簿記」です。2級や3級は高校生でも取得可能ですが、1級は超難関です。しかし、1級を取れば経理のスペシャリストとして、超大手企業でも財務専門職として採用される可能性があります。挑戦してみる価値はあります。

4.宅地建物取引士(宅建)、行政書士

法律系の国家資格として有名です。どちらの学歴関係なく試験に合格すれば取得できます。高校在学中や高校卒業してまもなく合格できればかなりのアピール材料になります。

独立開業もできますが、まずはどこかの事務所に入って修行&コネクションづくりが必要かもしれません。

その他、高校卒業で取得したい資格については

⇒高卒で高収入や転職が狙えるおすすめの資格は?今から取得できる人気資格

も参考にしてください。

高卒就職の就活スケジュール


ポイント 女性

高卒の場合、就活スタイルが短大や大卒の場合と大きく異なります。リクルートスーツを着て、様々な会社を訪問して・・・というのは、大卒や短大の場合の就活なんです。

高卒の場合、高校経由で就職活動を行います。大卒のように企業に自分でエントリーシートや履歴書を送って・・とう流れにはなりません。大学のように比較的授業の時間に余裕があり、特に文系の4年生の場合授業がほとんどないのとは違い、高校生は毎日しっかり授業が入っています。

また、(多くが)成人ではない高校生が、変な会社(ブラック企業含む)と雇用契約を結ばないように学校の先生などが中に入ってしっかりと保護します。

そういう理由もあり、高校の就職活動は大卒の場合と異なります。

高卒の就活はスケジュールがしっかり決まっています。大卒も「お願いベース」で呼びかけていますが、実際は早期選考(大学3年生のうちに就活が始まる)をする企業もあります。高校生はスケジュールを厳格に守って就職活動が行われます。

また、大卒のように一人で何十社も応募することができません。例えば、東京都では「9月中までは1人1社制、10月1日以降1人2社まで応募・推薦を可能とする」という取り決めがあります。

片っ端から興味がある企業に応募して、内定をもらった企業の中でどこに行くのか考える、という大卒の就活のやり方ができないことに注意してください。

1.求人申込説明会:6月上旬

高校生を採用したい企業向けに、ハローワークが開く説明会です。高校生のみなさんには直接関係はありません。

2.ハローワークよる求人申し込み受付開始:受付6月20日 受理7月1日

企業がハローワークに求人票を出します。違法な雇用条件はないか、不当な契約ではないかなどがここで審査されます。

3.企業による学校への求人申し込み、学校訪問開始:7月1日以降

ハローワークの審査をパスした求人票が高校へ提出されます。提出された求人票は校内に張り出され、みなさんが見ることができます。行きたい企業があるかどうか、よくチェックしてみてください。

企業の人が高校に訪問して先生と会うこともこの日からできるようになります。自社のPRや卒業生の様子などを先生に伝えます。ただし、みなさんと話すことはできません。

4.会社見学、職場見学の実施時期:7月下旬

7月下旬から会社訪問ができるようになります。実際に働いている人の様子を見て、この会社でいいのか、もっと他にやりたいことはないのか、などよく考えて下さい。職場見学は一社だけではなく、複数社行くことができます。

5.生徒の応募書類提出開始:9月5日以降

9月5日以降、学校を通じて応募をします。この段階で応募できるのは一人一社のみ。自分の人生を左右する重大な選択になります。親や先生ともよく相談して決めてください。学校推薦枠で応募することもできます。その場合採用される確率はかなり高くなりますが、内定辞退は難しくなります(来年以降、後輩の枠がなくなるかも)。

6.企業の選考、内定開始:9月16日以降

採用試験が始まるのが9月16日以降になります。しっかり準備をして採用試験に臨みましょう。

7.複数応募開始:11月1日以降

内定が出なかった人や、もっと応募したい人は11月1日以降にセカンドチャンスがあります。ただし、大卒のように何十社も応募はできません。各都道府県の指針に従います。

8.内定者交流:入社までの期間

大卒の場合内定式は10月1日ですが、高卒の場合内定式自体を行わない企業も多いです。ただし、入社前に交流会、懇親会を設けて打ち解けてもらいます。

9.採用日:翌年4月1日

翌年の4月1日から正式採用され、晴れて社員として働くことになります。

高卒就職の就職活動をうまく進めるために

高卒での就職活動は、大卒とは違い個人の好きにはできない部分があります。しかし、逆に考えると、学校の先生がしっかり面倒見てくれて、就職指導してくれるといいうことでもあります。

大卒の場合何もしなければ無職確定ですが、高卒の場合そうなる前に周囲の人が助けてくれます。常に担任の先生や進路指導の先生に相談しておくと、何かあった時すぐにアドバイスしてくれますし、企業から来た求人について詳しい説明を聞くことができます。

ポイント 女性

また、みなさん自身も、ニュースを見たり、気になる業界について本やネットで調べたりして情報収集をしておくと、興味がある業界について知識を深めることができますし、筆記試験や面接試験の対策にもなり一石二鳥です。もちろん、学校の勉強も頑張ってください。選考の中で成績証明書を出すことになります。

成績が良ければ、選考にもプラス材料ですし、あまりに成績が悪い人はマイナス評価になってしまいます。

高卒でフリーターになったときは

就職先が決まらず、あるいは納得できる就職先が見つからず、高校卒業後フリーターになる選択肢ももちろんあります。昔と違い、フリーターだからと言って世間体が悪くなることもありません。

ニートと比べれば、自分でバイトしているわけですから何倍もマシです。しかし、ずっとフリーターを続けることはできません。
どこかで就職するか、資格を取るか、独立開業するか、決断しないといけない時が来ます。

すぐに何かアクションを起こさないといけないわけではありませんが、思い立った時にすぐに動けるよう、フリーターの転職を支援する会社があることを知っておいてください。リンク先の会社に登録すれば、正社員として働ける求人を探してくれます。

高校を卒業すれば、以後の就職活動のやり方は大卒などと同じで、完全自由競争になるので注意してください。誰も守ってくれません。

高卒で就職した場合どんな暮らしになるのか?生活水準は?

高卒で就職した場合、初任給が低く、一人暮らしは少し大変かもしれません。会社に寮や社宅はあるのか、住宅手当はあるのかなどよく確認してください。

暮らしぶりは大卒の場合とそれほど変わりませんが、就職した最初の年よりも次の年の方が、住民税が新たに課税されるので、手取りが減る可能性があります。したがって、最初の数年は実家から通えるのであれば、それで構わないと思います。家にお金を入れる余裕がなければ貯めていればいいでしょう。

大卒の就職先の中には、超高給企業もありますが、高卒はそうではありません。最初はつつましくお金を貯めていく形になるはずです。

ポイント 女性

ただし、大卒の仕事のように無茶振りされて、深夜まで帰れない、徹夜が続くということはあまりないはずで、比較的穏やかに生活できそうです。

以上、高卒の進路について書かせていただきました。

大学進学が必ずしも得ということではなく、目指す職業や早く独立したい人にとっては、高卒で就職した方が有利になる場合もあります。ただし、フリーターでダラダラするのは良くないので、モラトリアムが欲しくて家計と親が許すならば、進学してもう少し将来を考えてもいいと思います。

まだまだやり直しがきく年齢です。就職してダメなら、そこから大学に入っても全然間に合います!

就職か進学か?おすすめの就職先|データで見る就職率と大卒との差 まとめ

・現在、高卒と大卒の就職率に差はないが、不況になると高卒の方が就職しやすい
・初任給や生涯年収、キャリアなどを考えると圧倒的に「大卒>>高卒」
・高卒でも出世して偉くなった人はたくさんいる
・日本の会社人事制度が高卒の出世を不利にしている
・ただし大卒ホワイトカラーのように潰されるリスクは低い
・スキルを活かす「手に職」系の仕事は高卒で就いた方が修行ができ有利
・公務員の高卒枠には大卒は応募できないので公務員を目指すのはアリ
・高校の就職活動は大学や短大のものとは異なり、自由度が低い
・ただし、高卒の就職は先生やハローワークなど強力なサポートが入りブラック企業を
避けられる
・フリーターになるのもあり。ただし、すぐに就職活動できるよう準備をしておく
・最初の給料はとても低いのでつつましい生活にならざるをえない。無理に一人暮らししなくてもいい