新卒一括採用が主流であった時代から、卒後数年以内の若手人材に注目が集まるようになりました。
新卒での就職が成功しなかった場合でも、まだまだチャンスはあります。
マイナビが主催するマイナビジョブ20’sは、20代をメインターゲットとし、第二新卒者や既卒者が就職、転職を成功させるためのサポートを行っており、第二新卒者や既卒者の力強い味方になってくれるでしょう。

\まずは気軽に無料相談/

⇒マイナビジョブ20’sで仕事を見つける

マイナビジョブ20’sとは


ポイント 女性

マイナビジョブ20’sは、20代専門の転職支援サービスで、就職情報サイトの老舗「マイナビ」を運営する株式会社マイナビが母体です。
マイナビジョブ20’sはいわゆる「就職・転職情報サイト」としての性質に加え、専任のキャリアアドバイザーからカウンセリングや書類添削、面接対策などのサービスを受けることができます。

就職や転職において、迷いや不安が付きまとう20代。
就職情報サイトなどの情報をもとに、ほぼ独力で転職活動を進めたものの、やはり「誰かサポーターがいたらな」と感じることが多いと思います。

疑問 男性

情報量の多いサイトなどを眺めていると、どれも魅力的に見えたり怪しく見えたりして、それだけで時間が過ぎ去ってしまいがちです。
未経験の業界に興味があるものの、一体志望動機をどう作り上げたら良いのか見当もつかないです。

女性

マイナビジョブ20’sは、このようにやる気やエネルギーはあるものの、それをどう転職活動に結び付けたら良いのかわからない若年層に適したサービスといえるでしょう。
若手人材に対する企業から需要は高く、新卒で一度就職に失敗してしまっても、それほど悲観するケースではないことが多いのです。

しかし、当の本人は「新卒チケットを逃したからもうダメだ」と根拠の薄い不安に取りつかれてしまうことも少なくありません。
まずはマイナビジョブ20’sのような20代向け転職サービスを利用して、自分の立ち位置、適正、業界動向などを正確に分析することが大切です!

第二新卒の需要が高いワケ

マイナビジョブ20’sのサービスは、以下のような内容です。

check-c081 転職希望者への個別カウンセリング
check-c081 新卒とは異なる第二新卒ならではの強みを活かす面接対策
check-c081 業界動向、企業情報などの情報提供
check-c081 各種書類添削
check-c081 マッチする企業の求人紹介

さらに、独自求人や非公開求人といったマイナビならではの求人情報を紹介してもらえることもメリットでしょう。
マイナビでは数は少ないながらも確実に独自求人を保持しています。
マイナビグループ自体の社風としても、イケイケの営業会社ではなく、じっくりと腰を据えた落ち着いた雰囲気と言えるでしょう。

ポイント 女性

初めての転職に不安があり、企業名やブランドよりも自分との相性で会社を選びたいという若手には、非常におすすめです。

マイナビジョブ20’sを使うメリット・デメリット

マイナビジョブ20’sを使って第二新卒が転職活動をするときのメリット・デメリットをご紹介します。

マイナビジョブ20’sを使うメリット

マイナビジョブ20’sを使うメリットは

・第二新卒に特化しているから情報が入りやすい
・まだ前職にそまっていないから仕事を紹介されやすい
・新卒のように扱えるからいろんな職種にチャレンジしやすい

という3つがあげられます。

総合転職サイトのようにとにかく仕事の情報が詰まっているというよりも、第二新卒に特化しているというのは、利用者にはかなりメリットになるようです。

転職を漠然とイメージしてもまず何から始めればいいのか?どんな情報に気をつけていけばいいのか?などピンポイントに絞るのは難しい!

だからこそ、プロに自分の適正やどういった仕事が向いているのか?など的確にアドバイスしてもらえるのはかなり魅力的!
書類作成のアドバイスや、面接対策などもしっかりしてもらえるという声もありました。

自分本位の転職というより、第三者の目からみても適切だという判断をしてもらえるのがポイント!

マイナビジョブ20’sを利用してわかったメリット

24歳/営業/1年半
辞めたのが早かったから仕事はないと絶望的だったけど、むしろ早い方がリスタートがきりやすいと言われました。
自分の判断じゃなくて、プロの意見をきいた転職ができるのはかなり魅力的なサービスだと思います。
26歳/営業/4年
第二新卒扱いになるのかな?って心配だったけど、前の会社に在籍した年数に合わせた企業を紹介してくれた。
自分の場合、前職を生かした仕事に就きたかったから比較的いい条件で転職できた。
23歳/アパレル/2年
全く別の仕事を紹介してもらいました。いろんな職種があって、未経験でもOKの仕事もたくさんありました。
ちゃんと勤務条件も交渉してくれるのでかなり心強いです。
25歳/製造/3年
他の転職サイトだと情報量が多すぎる&結局募集要項に書いてある内容との相違を感じることが多かっけど、サポート体制がしっかりしているから自分に必要な情報をピックアップできるのがいい。
転職活動がかなりスムーズ!

マイナビジョブ20’sを使うデメリット

マイナビジョブ20’sを使うデメリットは

・基本的なビジネスマナーがあるものだと思って話が進むので違和感がある
・前職を早くやめたことで期待よりも担当者や企業の警戒の方が強い
・社会人経験が少ないので戸惑うことが多い

という3つがあげられます。

第二新卒は需要が多いと言われていますが、どこの企業も共通して《またすぐに辞めて転職しないか?》というのは気になる点のようです。
必ずといっていいほど面接で聞かれ、より深く追求される事なので、特に自分の意思をしっかり持って内容を詰めておかなければなりません。

第二新卒と言うと聞こえはいいですが、職歴が短いことによる警戒心は当然あります。
マイナビ20’sに登録しても、エージェント担当者に自分の意思をはっきりと話せるかどうかがポイントになります。

ここでしっかり話して適正を見抜いてもらうことが、転職活動成功のカギになりそうです!

マイナビジョブ20’sを利用してわかったデメリット

23歳/営業/1年
新卒扱いで仕事を探してもらえるといっても、やっぱり転職は転職。
特化型サイトだからといってホイホイ決まるわけじゃなかった。
自分は1年近くでやめたので、忍耐力がないと思われてなかなか決まらなかった。
25歳/飲食店/3年
かなりカジュアルな店で働いていたので、社会人というか一般的なビジネスマナーをあまり知らずにここまで来てしまった・・・。面接でかなり苦戦しました。
もっとこういうコンテンツを充実させてほしいです。
25歳/アパレル/3年
絶対聞かれる項目「なんで前の会社辞めたの?」に受け答えできても、
そのあとに続くアドリブ的質問にどうしても戸惑ってうまく答えられませんでした。
向こうは落とそうと思って聞いてるわけじゃないのに、いい答えを出そうと必死になってしまいました。
特につきっきりで練習してもらえるわけじゃないのが残念。
24歳/サービス業/2年
いくつか面接を受けましたが、圧迫系の面接が多かったです。
多分、精神的にしっかりしているか?すぐにまた辞めないか?ちゃんと意思があって面接を受けてるのか?をチェックしてたんだと思います。
それに気づくのが遅くて対策がうまくできませんでしたが・・・。
圧迫面接系なのかどうかの情報は事前にほしかったなぁ。

マイジョブナビ20’sを登録したときに行う面談って?

ポイント 女性

マイジョブナビ20’sに登録して利用するときには、必ずコーディネーターと約1時間~1時間30分の面談(カウンセリング)を行います。

面談が行われるのは、以下の拠点地になります。

・東京オフィス(〒163-1526 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー26F)
・名古屋オフィス(〒450-6209 愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア9F)
・大阪オフィス(〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA30階)

どのオフィスでも平日9:15~17:45までの間での対応になります。
働きながらの転職活動は難しそうです。

主に面談で話すことは

・前職でどんな仕事をしてきたのか
・自分のスキルや強み
・めざしたい業界や職種
・年収や給料の希望
・通勤距離
・現在の転職活動の様子
・他のサイトに登録しているかどうか
・自己PR
・なぜ転職しようと思ったのか

などが聞かれます。
他にもその都度聞かれることも多いですが、正直に答えましょう。

他のエージェントを利用していることも隠さなくてOK!
紹介する案件が被らないようにするための配慮です。
このとき服装はスーツじゃくてもOKです。

気軽に相談にきたというスタンスで行けばいいので、ジーパンやスニーカーでも問題ありません。
いつも通りのスタイルで行く方がリラックスして話せますよ♪

ポイント 女性

ここでエージェントとしっかりコミュニケーションをとって、関係をしっかりと築くことがポイント!

⇒エージェントとの上手な付き合い方はこちらの記事で紹介しています!
ぜひ参考にしてみてください!

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いは?

マイナビジョブ20’sは、マイナビが監修しているエージェントサイト!
でも20’sの他にもエージェントサイトを監修しています。

この2つの違いは《求人数と対象者》です。
はっきりいって規模がでかいのは《マイナビエージェント》の方!

マイナビエージェントは、ある程度前職でキャリアがある人が利用することを想定して作られています。

なので、企業から転職者に対するスカウト機能があったり、拠点も東京・大阪・名古屋の他に静岡も!

20代~30代のビジネスパーソンにむけて作られているエージェントになります。
対象者も幅広くなるため、求人者数も多いのがポイントです。

《できる人材を発掘できるのがマイナビエージェント》だと思ってください。

一方マイナビジョブ20’sは、20代と第二新卒を対象にしている転職エージェントです。
職歴や社会人経験の少ない若い世代向けなので、マイナビエージェントと違ってスカウト機能などはありません。

求人数も多いとはいえども、マイナビエージェントと比べると少ないです。
しかし20代に特化している転職エージェントなので、ピンポイントに若い力を必要としている企業の情報が溢れているのがポイント♪

たくさんの求人情報があるマイナビエージェントは魅力的ですが、自分が対象になっている求人をピックアップしてもらうとそんなにない!ということも珍しくありません。

求人数の多さより、自分と対象求人の条件がマッチ数の多さが重要になります。
エージェント側も特化している方が、よりいい情報を伝えることができるので転職活動がスムーズにいきます。

マイナビジョブ20’sは既卒でも使えるの?

疑問 男性

第二新卒は一度企業に就職した若手人材を指す言葉であり、厳密には「既卒者」と異なるとおもいます。
マイナビジョブ20’sでは既卒者もサポート対象になっていますか?

女性

結論から述べると、マイナビジョブ20’sでは既卒者(就職未経験者)は、対象外になります。
これはマイナビジョブ20’s自体が「転職支援サービス」というコンセプトで活動している以上、仕方のないことです。
就職未経験の既卒者は、既卒者を対象とした就職支援サービスを利用してみてください。

↓卒業後、ニートやフリーターだった方におすすめの記事はこちら↓
⇒ニートでもできる仕事・求人が見つかる!頼れる就職サイトランキング
⇒【20代~】成功する転職方法と転職エージェントランキング

マイナビジョブ20’sの登録を断られることってあるの?

実は転職エージェントは、誰でも登録できるサービスではありません。
ネットで登録しても、エージェントに面談を断られることも当然あります。

口コミ・体験者のデータを元にわかった、マイナビジョブ20’sで断られる基準は

・20代ではない、または第二新卒に当てはまらない
・転職回数が多すぎる
・就職未経験者
・関東、関西、東海エリア外での転職を希望している
・登録の時点で該当する仕事がない

この4つが多かったです。

マイナビジョブ20’sは、第二新卒者専用の転職エージェントです。
なので、転職したい人全てが利用できるというわけではなさそうです。

転職エージェントを利用したくてもエリア対象外の地方で就職したい人も、利用は厳しいようです。
もし、対象エリアでの就職を希望しているときは、一度問い合わせてみることをオススメします★

マイナビジョブ20’sの求人内容


マイナビジョブ20’sは求人情報提供や人材派遣などを提供する老舗、マイナビグループが蓄積したノウハウを土台にしていますので、求人の質も良好です。

ポイント 女性

大手企業の正社員募集や、中小優良企業の求人情報など、求人の質は国内でも上位に入るといっても過言ではないでしょう。
個別のカウンセリングや丁寧なサポート体制、良質な求人など、20代の第二新卒向け転職サービスとして、評判は上々のようです。

また、同じように第二新卒向けの転職サービスを展開する他社(リクルートエージェントなど)に比べると、応募の敷居が低めといった特徴もあるようです。
確かに、リクルートエージェントなどは非常に求人の質が良いのですが、ある程度の就業経験がないと登録自体を断られてしまう可能性があります。
一方、マイナビジョブ20’sでは、第二新卒とはいえ「1年未満での転職」「3年未満での転職」「3年以上での転職」という具合に、アドバイスを変えてくれる傾向があるため、キャリアが浅くても安心できるという声がありました。

疑問 男性

特に就職後1年未満の退職は、転職活動において大きなマイナスになるのでは?
例え転職活動を決意する十分な理由があったとしても、企業側からは「努力不足」「忍耐力不足」「社会への適性」などを疑われてしまうようなに思います。

ポイント 女性

これらマイナスの要素をどうプラスにつなげていくか、もしくはマイナスとして映らないよう工夫していくかといった対策が大切になります。
マイナビジョブ20’sでは、このように「マイナスからプラスへの転換」を行う手助けをしてくれると考えて良いでしょう。

\若手の求人が必ず見つかる/

⇒今すぐマイナビジョブ20’sに登録

もし、あなたがWEBやゲーム業界に興味を持っている方なら…
マイナビの中でも特にデザイン・クリエイター部門の転職に特化した、「マイナビクリエイター」に相談してみるのも良いかも知れません。

WEBデザイナーやプログラマー、クリエイターの求人が非常に豊富で、アドバイザーもWEB専門の知識豊富な人ばかり。
ポートフォリオの作成から丁寧にアドバイスしてくれます。

マイナビジョブ20’sと同時に登録しても大丈夫。それぞれのいいとこ取りするのも大いにアリですよ。
20代の若い内だからこそ、興味を持ったことにどんどんチャレンジしていきましょう!

⇒マイナビクリエイターでWEBの世界へ飛び込んでみよう

マイナビジョブ20’sの口コミ評判

・よくも悪くも大手転職エージェントかなっていう印象です。求人内容もどこも似たりよったりかな?大手企業を狙わなければ、それなりに紹介してもらえます。(24歳/営業→製造へ転職)

・同じ職種での転職を狙っていたけど、希望通りの条件で転職できました。
第二新卒でも3年以上前職で何かしらの経験をした人だと決まりやすいです。
サポート体制はしっかりしている方だと思う。(26歳/IT→IT)

・求人内容とか情報量は、まぁまぁあるほうかな。一番大事なのは担当スタッフとの相性!
私を担当してくれた人はとっても素敵な方だったので、たくさんの時間をかけてくれました!
連絡も頻繁にして気にかけてくれました。おかげで素敵な仕事に出会えました。ありがとう!(24歳/アパレル→事務職)

こちらの記事も読まれています

ご紹介した他にも、マイナビはニーズに合わせて専門性の高い求人サイトを数多く運営しています。
アドバイザーはそれぞれの業界に特化したプロフェッショナルばかり。
だからこそマイナビグループは結果を出す転職サービスと言われているのですね。

総合的な転職サービスなら:⇒マイナビエージェント
女性のキャリアアップ支援:⇒マイナビエージェント女性の転職
学生の就職活動をサポート:⇒マイナビ新卒紹介
看護師の転職に評判の良い:⇒マイナビ看護師
薬剤師の転職満足度が高い:⇒マイナビ薬剤師
業界を熟知したアドバイス:⇒マイナビ税理士
会計士の非公開求人が多数:⇒マイナビ会計士
WEB・ゲーム関係の仕事なら:⇒マイナビクリエイター
保育士の転職活動を応援 :⇒マイナビ保育士
療法士・視覚士・検査技師等の転職:⇒マイナビ医療介護
マイナビが手がける派遣:⇒マイナビスタッフ
海外勤務の転職を希望なら:⇒マイナビ転職グローバル