ニートの就活を万全にするために必要な全知識を徹底解説!

ニートの就活

現在、仕事に就かずニートをしているけれど、何とか就職したいと考えている人は意外と多いのではないでしょうか?そこで今回は、ニートの方が就活を万全にするため必要な知識について紹介していきたいと思います。

就活成功のポイントや注意点についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ニートが就活を始めるにあたって持っておきたい心構え

まずは、ニートが就活を始めるにあたって持っておきたい心構えについて解説していきたいと思います。

ニートでいる状態が長く続くと孤独を感じることが多く、考え方が凝り固まってしまうことがあります。

就活を始める前に大切になるのは、正しい知識を吸収し、就活をしていくための心構えを持つことです。

以下に解説することをしっかり理解して、就活を始めるための準備を開始しましょう。

ニートであっても就職はできるということ

敢えて最初に申し上げておきたいのは、たとえ現在がニートであっても、就職は可能であるということです。

もちろん、社会人として仕事を継続し、キャリアを積み上げている人に比べれば、就活が不利になることはあるでしょう。

しかし、実際にニートで就活をして、今では社会人として活躍している人はたくさんいます。

まずは、ニートでも就活をすれば就職できるということを大前提として頭に入れておきましょう。

ニートであることは就活におけるネックになるのは仕方がない

正社員への就職を目指す場合、ニートであることは就活でネックになるのは仕方がありません。

これまで、社会人としてのキャリアを継続していないわけですから、当然といえば当然です。ですから、就活を行う場合、他の求職者と比較すると、不利になってしまうこともあるでしょう。

それでは、ニートであることでどのような点がネックになってしまうのでしょうか?

ブランクがある

ニートが就活を行う場合、前職からのブランクがネックになることがあります。

前職を辞めてからかなり年月が経過している場合、社会に対して一歩踏み出すことすら躊躇してしまうこともあるでしょう。

そして、ブランクの期間が長ければ長いほど、就活中にその理由について質問されることがあるかもしれません。そのような場合は、辛く感じることがあるかもしれませんが、できるだけ正直に答えることが大切です。

職歴がない

高校や大学、専門学校を卒業してから全く就職した経験がないという場合も、ネックになるケースがあります。

もっともネックになる部分として、履歴書に書くための経歴がないということでしょう。

ニートになってしまったのは、就活に失敗したり、就職すること自体に消極的だったり、資格試験に落ちてしまったりするなど、さまざまなものがあると思います。

その点についても、面接官に正直に話すことが大切になります。面接官によって、あなたへの印象は異なる場合が多いので、これからの意欲をしっかり伝えることができれば、就職成功への道が開けてくるかもしれません。

スキルが不足している

ニートが就活を行う場合、スキルが不足していることがネックになるケースもあります。

これは、応募する業界や職種によっては、例え職歴があったとしても、経験がない場合は受け付けてくれない場合があるためです。

しかし、どうしてもその業界や職種で仕事をしていきたいと考えているならば、キャリアプランを明確にしたうえで経験を積むことができる中小企業へと就職したり、同じ業界内で職種を変えてみたりするといいかもしれません。

スキルが足りないのであれば、身につけるか、違う道を選択するか、などというのが手段となってくるでしょう。

ニートは不安を感じるもの

ニートを長年継続し、履歴書に書けるような経歴もないまま年齢だけを重ねてしまった場合、社会に出ることに対して不安を感じてしまうでしょう。

しかし、あなた以外のニートの方も、同じように不安を感じているに違いありません。

では、どのような不安を感じているというのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

年齢が高い

まず、自信の年齢が高いことに対する不安を感じるニートの方が多いといえます。

最近では、若年層だけではなく、高齢のニートが増加しているといわれています。また、転職市場においても、30代・40代ともなってくると、経験やスキルがなければ転職することが難しくなるものです。

その中でもニートの場合、経歴やスキルの少なさから、就職に関して不利になってしまうことがあります。

ですから、できるだけ早いうちに就活を始めることが大切になります。

社会に出るのが怖い

社会に出ることに対して感じる恐怖心がもとになって不安になるケースもあります。

新しい環境へ飛び込んで何かに挑戦する場合、誰しもが不安を感じるものです。特にニートの場合は、社会人としての生活から離れている期間が長い場合もありますので、不安を感じてしまうのは仕方のないことです。

しかし、それでもニートの就活について情報を集めているということは、就職して働きたいと考えている証拠です。そして、そう感じた時点でニートから半分以上脱出できているといえるのではないでしょうか?

ですから、その気持ちを持ち続けて就活を継続していくことが大事です。しっかりと取り組めば、就活が成功する確率はアップするでしょう。

自分に自信がない

自分に自信がないということから、不安を感じてしまうこともあるでしょう。

就活をしていくにあたって、避けて通れないのが採用面接です。社会人経験が少ない場合は、アピールできることが少ないので、どのように返答すればいいのかわからず不安に駆られてしまうことがあります。

また、ニート歴が長い人ほど、人と会ったり、コミュニケーションを取ったりする機会が減ってしまう傾向にあるため、自分に自信を持てなくなってしまうかもしれません。

もちろん、ニートの状態からの就活はスムーズに進まないこともあり、くじけてしまいそうになることもあるでしょう。

ですが、就活や面接、書類作成など、必要な知識を身につけることで、社会人としての適性が磨かれていくことに繋がります。さまざまなことを学び、就職して経験を積むことができれば、あなたの不安が取り除かれ、自信へと変わっていくかもしれません。

ですから、思い切ってチャレンジし、諦めずに継続していってください。

内定がもらえるはずがない

ニートの方のなかには、自分に内定がもらえるはずがないと決めつけてしまって、悩んでいる方がいるかもしれません。

ただ、これについては就活や転職活動を行うすべての人が感じることで、決してあなただけが悩んでいるわけではありません。

もっといえば、就活や転職活動で最初から内定が確約されている人など存在していません。行動するすべての人が同じ不安を抱えながら頑張っています。

このような不安を感じたとしても、企業に応募し、選考を受けない限り、状況は何も変わらないでしょう。腹をくくり、割り切って、とにかく行動を開始することが大切ですので覚えておいてください。

これらの不安は整理することで落ち着くことができる

これまでに解説したことや、それ以外のことで不安を感じている場合には、それらの不安を一旦整理することをおすすめします。

何か不安に感じることがある場合、まずはその不安がどんなものなのかを紙に書き出してみてください。こうすることで、自分が何に悩んでいるのかを、客観的に見つめなおすことができます。

このようにすれば、次はそれらの不安を取り除くためにどうすればいいのか、というフェーズに進むことができます。必ず対処法があるはずですし、解決できることですので、悩んでいるときはとにかく整理することから始めていきましょう。

ニートは決して恥さらしではないということ

ニートの方が就活に挑戦してみると、意外なことを感じるかもしれません。それは、ニートであることは恥さらしでもなんでもないということです。

これまでに解説してきたように、ニートを長年続けていると、さまざまな理由を付けて卑屈になったり、自分のことについて悩んでしまったりするものです。

しかし、採用面接で面接官にブランクについて説明したり、これからの仕事に対する意欲を伝えたりして見ると、意外にちゃんと聞いてくれるケースが多いことでしょう。

もちろん、書類選考で落ちてしまうこともあれば、面接まで進んだけれど内定までには至らないことだってあります。でも、それはその企業に対して適性がなかっただけなのです。

それに、コツコツと勉強したり、仕事に真面目に取り組んだりしたことがないから、もしくは、勇気を出して現状を変えるために頑張ったりしたことがないだけで、人の目を気にしてしまっているケースもあるものです。

これから頑張っても、間に合います。就職して働くためにも、何も気にすることなく前進していきましょう。

ニートはできるだけ早く脱出したほうがいいということ

もう一つはっきりさせておきたいのは、ニートはできるだけ早く脱出したほうがいいということです。

ニートの期間は働かず、何もせずに生きているだけになることがほとんどです。これでは、生きていても楽しくありませんし、未来に対して希望を持つこともできないでしょう。

このような生活を続けていると、自分が何をするべきなのか、全くわからなくなってしまいます。そして、解決できないような悩みに捉われながら、日々を過ごしていくことにもなりかねません。

だったら、今すぐにニートから脱出するための術を模索するべきといえます。幸い、この記事を読んでいるあなたは、そのためにどうしたらいいのかを知りたいと思ってここにきているはず。ですから、もう少し頑張れば、これまでの生活から脱出することができるでしょう。

本当に真剣に取り組めば、社会人として生活できる日を迎えられますので、ぜひ頑張ってください。

ニートの就活には手助けが必要だということ

これまでニートだった人が就活をする場合、かなりの恐怖心を感じていると思います。ここで一つ理解しておきたいのは、ニートの就活には手助けが必要だということです。

ニートから脱出しようともがいているだけでは、なかなか前へと進むことができないでしょう。ですから、利用できるものは何でも利用するべきといえます。

特に就活においては、それなりのスキルが必要にもなりますので、就活を支援してくれるサービスを積極的に利用することをおすすめします。自分一人で就職先を探すよりも心強く、効率的に就活を進めることができるでしょう。

これまでスキルを身につけていたり経験があったりする方でも、誰かのサポートを受けながら就活や転職活動を進めています。頼れるものにはどんどん頼っていきましょう。

ニートが就活を開始するための準備

ここからは、ニートが就活を開始するための準備について解説していきたいと思います。

就活に対する心構えが理解できたら、本格的に準備を始めていきましょう。

まずはできることから始めよう

ここで大切になるのは、小さなことから始めていくということです。

ニートの生活を紐解いてみると、誰かの援助によって成り立っていることがわかります。いいかえれば、誰かに頼っているということです。

もちろん、苦しいときに誰かを頼ることを悪いことではありませんが、過剰に依存してしまうことは避けなければなりません。

ですから、まずは自分ができることからゆっくりと始めていきましょう。少しずつの変化がゆくゆく大きな変化となりますので、意識してみてください。

では、具体的にできることについて挙げていきましょう。

家の外に出る

就活を開始するための準備として、まずは家の外に出てみましょう。つまり、社会と交流を持つということから始めていきます。

コンビニやスーパーなどの買い物に行くのもいいですし、しばらく会っていなかった友だちに会ってみるのもいいでしょう。

「そんなことから?」と思うかもしれませんが、就活をするということは自分から行動することになります。

自分で家を出て、電車に乗り、時間が来たら誰かと会って話をする。その第一歩として、手短に社会に触れておくということが、就活の準備運動となるのです。

規則正しい生活をする

就活を開始するための準備として、規則正しい生活を送ることを意識してみましょう。

ニートをしていると、どうしても生活が不規則になってしまいがちになります。これから社会人として生活することを目指すのですから、今後訪れる生活の変化に対応できるようにしておくことが重要です。

できるだけ、決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。何日か繰り返すだけで、体内時計が整えられ、習慣化することができるはずです。

ハローワークに行ってみる

就活を始めるための準備として、ハローワークに行ってみるのもおすすめです。

ハローワークに行って求人情報を検索したり、相談員と面談したりすることで、就職活動がどういうものなのか、大まかに知ることができるでしょう。

また、ハローワークに行ったということが、自分の自信にも繋がります。ニートだった自分が職を探すために行動しているわけですから。

それに、どれくらいの人が仕事を探しているかを目の当たりにすれば、励みにすることができるかもしれません。

何もそこで就職先を見つける必要はありません。まずは行動すること。そして、これを繰り返していくことが大切なのです。

転職エージェントについて調べてみる

就活を始めるのであれば、転職エージェントについて調べてみるのもいいでしょう。

中途採用における就活や転職活動をしている人の多くが、転職エージェントを利用しています。転職と名前がついてはいるものの、ニートやフリーターなどの就活においても力になってくれます。

どのような転職エージェントがあるのか、評判のいい転職エージェントはどれなのかなどを調べておくだけで、いざ本格的に行動していく場合でも効率が良くなるでしょう。

現在では、実に多くの転職エージェントサービスを利用できるようになっていますので、自分に合いそうなものを調べてみましょう。

就活に必要なものを揃える

就活を開始するための準備として、必要になるものを揃えていきましょう。

就活において欠かすことができないものは、以下の通りです。

  • 履歴書
  • 証明写真
  • スーツ類

履歴書については、市販のものでもインターネットでダウンロードしたものでも大丈夫です。実際に書いてみてもいいですが、まずは用意することから始めましょう。

次に証明写真ですが、応募しようと考えている企業の数は最低限用意しておく必要があります。また、最近ではスマホで撮影した写真から証明写真を作成することができますが、就活の場合は、専用の機械や写真屋さんなどで撮影することをおすすめします。

最後に、面接や入社後に利用するスーツ類についても用意しておきましょう。スーツの上下、靴、カバンは絶対に必要になります。面接に利用できるようなものを揃えておきましょう。

自分について知る

これまで説明してきたことが準備できたら、本格的な準備を始めていきましょう。次に行うことは、自分について知るという作業です。

これは、自己分析という就活や転職活動において重要な工程の一つとなります。どうして、自分について知らなければならないのかというと、これまでの自分について客観的に知ることで、どのようなことが得意なのか、どのような仕事に向いているのかなど、自分の特性や特徴について把握できるからです。

また、この作業によって自分について理解しておけば、就活の軸を作ることができます。その軸に沿って自分のこれからについて考えたり、応募する企業について選定したりすることで、一貫性が生まれるというわけです。

自己分析は、就活や転職活動に欠かすことができませんので、必ず行うようにしてください。具体的な方法としては、インターネットなどで紹介されている方法で行なうのもいいのですが、自分1人で行なうよりは、誰かと一緒に行うことをおすすめします。

転職エージェントに登録すれば、担当のコンサルタントが自己分析について手伝ってくれますので、ぜひ利用してみてください。

企業について知る

自分について知ることができたら、次には企業について知る作業に入りましょう。

就活を行う場合、何かしら希望の業界や職種があると思います。転職サイトなどを利用して、そのような業界や職種ではどのような求人情報が出ているのか、実際に調べてみましょう。

また、気になる企業を見つけることができたら、その企業のホームページを見れば、会社の概要や事業内容、取り組みなどについてさらに深く知ることができます。

就活を行うにあたっては、企業を研究することも大切になってきますので、ぜひ取り組んでみてください。

ニートが就職先の企業を選ぶ際のポイント

ここからは、ニートが就職先の企業を選択する際のポイントについて解説していきたいと思います。

企業について知ることが大切であるというは先述した通りですが、具体的にどのような企業を選べばいいのかわからないというケースもあるでしょう。

具体的には、以下の3つがポイントとなります。

  1. 自分の性格や好きなことから考える
  2. 自分にもできそうな仕事を選ぶ
  3. 無理をするのは絶対に避ける

これらのポイントを押さえておくだけで、ニートからでも比較的働きやすい企業を選ぶことができるはずです。では、詳しく見ていきましょう。

自分の性格や好きなことから考える

ニートが就職先の企業を選ぶためのポイントの一つが、自分の性格や自分が好きなことから考えるということです。

何ごともコツコツと取り組む性格という場合、在宅ワークや運送業など自分のペースで働ける仕事が向いている可能性があります。また、人と接することが好きな人は接客業や販売業などに向いているかもしれません。

そして、映画や音楽が好きという人なら、レンタルショップや映画館、CDショップなどで働くと、趣味と実益を兼ねることができるでしょう。

このように、自分に向いている働き方ができる、自分が好きな物事に触れながら仕事ができるといった視点を持てば、就職先の企業を選びやすくなるでしょう。

自分にもできそうな仕事を選ぶ

ニートが就職先を選ぶ場合は、自分にもできそうな仕事を選ぶというのも大切なポイントです。

具体的には、スキルや経験を問われない仕事に注目して仕事を探してみるといいでしょう。例えば、清掃業やネットカフェなどは、未経験からでも仕事を始めやすいといえます。

もちろん、この他にも、経験・スキル不要の仕事はたくさんありますので探してみてください。

このような探し方をすれば、何かしら自分にもできる仕事は見つかるはずです。

無理をするのは絶対に避けるべき

ニートが就職先の企業を選ぶ場合、無理をし過ぎないというのも重要になります。

というのも、ニートの期間が長いと、今の自分がどれくらいのことをできるのか、わからないケースが多いからです。

それに、せっかく就職できたとしても、継続して働くことができなければ意味がありません。まずは無理なくできる仕事から始め、社会人としての生活に慣れることが大切です。そこでの仕事でスキルを身につけ、経験を積めば、その後の転職先の幅も広がるでしょう。

ニートの就活で大切な履歴書の書き方

ここからは、ニートの就活で大切な履歴書の書き方について解説していきたいと思います。

ニートの方が履歴書を作成する場合、空白期間や志望動機など、書きづらい点があるかと思います。

しかし、転職において履歴書は選考を左右する大切な書類です。そのため、その書き方を知っておくことがとても重要になります。

詳しく解説していきますので、履歴書作成の参考にしてみてください。

学歴の書き方

まずは、学歴の書き方から解説しましょう。

履歴書には、学歴を記載するための欄があります。学歴を書く場合の注意点がいくつかありますので、しっかり理解しておきましょう。

西暦か和暦かで統一すること

学歴の書き方の注意点として、西暦か和暦かに統一するということが挙げられます。

これらを統一せず、混在して記載した場合、見づらい履歴書となってしまい書類選考に通過できなくなってしまうこともありますので注意しましょう。特に、事務職を希望する場合には、書類作成能力が劣ると判断されることもあります。

西暦と和暦、どちらを使っても問題はありませんので、必ず統一するようにしましょう。

学歴は高校から記載すること

学歴については、自分が在籍していた高校から記載するのが一般的な書き方となります。

ただし、中卒だった場合は中学校から記載する必要がありますので、自分の学歴に合わせて書き換えるようにしましょう。

学校名は必ず正式名称で記載すること

学歴を書く際にもう一つ注意しておきたいのは、学校名を正式名称で記載するということです。

公立・私立に関わらず、学校の名前には正しい名称があります。それを省略して記載してはいけません。例えば、「○○高校」と呼んでいた学校でも、実際には高校ではなく、「高等学校」となります。正式名称を必ず調べて記載するようにしてください。

また、大学などでは学部名や学科名も正しく記載することが必要です。○○大学だけでは、大学で何を学んでいたのか判断することができないからです。

入学年・卒業年を明記すること

学歴を記載する場合は、その学校に入学した年と卒業した年について正しく記載しましょう。

また、高校や大学などを中退している場合は、必ず中退と明記してください。詳細は後述しますが、自分の学歴や経歴を詐称することは重大な違反となりますので、十分に心得ておきましょう。

職歴の書き方

次は職歴の書き方について解説しましょう。

職歴は、これまでに経験したことがある仕事について全て記載します。仮に就労期間がどれだけ短かったとしても、記載することが基本ルールとなりますので理解しておきましょう。

正社員歴がなければアルバイト経験を明記する

履歴書に記載する職歴は、基本的には正社員歴となります。ただ、ここで問題となるのが、正社員歴が全くないという場合です。

このような場合は、正社員歴ではなくても、アルバイトの経験や派遣・パートなどの職歴を記載するようにしましょう。

応募する企業に関係しそうな職歴を優先する

もう一つのポイントが、応募する企業に関係しそうな職歴は優先的に記載するということです。

転職回数が多い場合、詳細に職歴を記載すると採用されないのではないか、と考える人がいるかもしれませんが、基本的には全ての仕事の経験を記載するようにします。

また、採用担当者は「これまでにどのような仕事の経験があるのか」ということを知りたがっています。そのため、応募した企業に関連するような職歴がある場合、採用される可能性も高くなります。

履歴書では、職歴の具体的な内容も記載したほうがいいので、どのような仕事でどんな業務を担当していたのか、どんなポジションを担当していたのかも記載するようにしましょう。

具体的であればあるほど、採用担当者の印象に残りやすくなる可能性が高いので、ぜひ意識してください。

書けそうな経歴がない場合は努力した経験や今後の目標を書く

正社員歴に加えて、アルバイトや派遣などの経験もないという場合は、これまでに努力した経験や今後の目標などをアピールするようにしましょう。

履歴書というものには、「書いてはいけないもの」というのがありません。そのため、職歴がなかったとしても、努力したきたことや何か頑張ってきたことについて自由に記載しても咎められることはないのです。

もし、ニートの間に全く何もしてこなかったという場合は、応募した会社で何を頑張り、どうなっていきたいのか、どういった貢献がしたいのかなどを書くといいでしょう。

あくまでも、履歴書というのはあなたがどのような人なのかを知ってもらうための書類です。今の自分について正直に書くことが大切になるということを理解しておきましょう。

志望動機の書き方

続いて志望動機の書き方について解説していきます。

志望動機を考える場合に大切になるのは、応募する企業の事業内容や企業理念について調べることです。

これらを調べるとあなたの目を引く企業が必ず見つかるはずです。その理由がそのまま志望動機となります。

その企業が提供してるサービスを自分も利用したい、制作している商品が面白いなど、あなたが興味を惹かれた内容を、自分が感じた言葉で書くようにしましょう。

条件を志望動機にしてはいけない

ここで注意しておきたいのは、企業の求人条件をそのまま志望動機にしてはいけないということです。

ニートから就職する場合、給料や休日、残業の有無、福利厚生など、勤務条件だけで企業を選択してしまうと、志望動機は以下のようになります。

  • 給料がいいから
  • 土日が休みだから
  • 福利厚生が充実しているから

このような志望動機を書いてしまうと、不採用となってしまう可能性が高くなります。

というのも、企業側からすれば、あなたにとって条件がいいかどうかは全く関係ないためです。

このようなことにならないためにも、事業内容や企業理念に興味を持てる企業を探すことが始めることをおすすめします。

自己PRの書き方

次に、自己PRの書き方について解説していきます。

日本人は、自分のことをアピールすることが苦手な傾向にあるといわれています。そのため、自己PRに何を書けばいいのかわからないという人も多いでしょう。

しかし、就活においては自分のことをしっかりアピールしなければ内定を勝ち取ることは難しいので、しっかりと作り込むことが大切といえます。

では、自己PRはどのようにして作成すればいいのでしょうか?

他人に聞いてみる

自己PRを作る場合は、他人に自分の長所を聞いてみるといいでしょう。

自分の長所は自分では見つけにくいものです。しかし、友人や知人の良いところを挙げてもらうようお願いをすれば、案外簡単に出てくるのではないでしょうか?

あなたの自己PRを作成する際には、友人や知人に協力してもらい、あなたの長所を挙げてもらいましょう。そうすれば、自分では感じられなかった長所が見つかる可能性もあります。

さらに、「○○が得意だと、周りの人から言われる」というように、客観的な意見として記載することで、説得力を増すこともできるでしょう。

企業が求めている人材を意識して作成する

もう一つ大切なこととしては、企業が求めている人材の人物像を意識して作成するということです。

自己PRでは、何を書いてもいいのですが、職種によっては自分の長所があまり関係しないケースもあります。

例え、営業職を志望しているのに、一人で黙々と作業をするのが得意と書いたらどうなるでしょうか?きっと、人と接することが得意という他の求職者が採用されることになるでしょう。

企業が出している求人情報と、企業がどのような人材を求めているのかを理解したうえで、有利になるような自己PRを作成することができれば、採用される可能性がアップするので、十分に意識するようにしてください。

PRするために何かにチャレンジするのも良い

自分のことをPRするために、これから何かにチャレンジするというのもおすすめです。

こうすることで、何かに対して努力したという経験を書くことができるからです。

応募する仕事に関係するような何かにチャレンジして、それを履歴書に記載したら、採用担当者の目に留まりやすくなるかもしれません。

ニートの期間の書き方

次に、ニート期間の書き方について解説していきましょう。

ニート期間については、ニートになった理由とニートの期間に何をしていたのかを書くことが大切になります。

もちろん、ニートになった理由は人によってさまざまですが、ニートであった経歴というのは、他の求職者とは違った強みになる可能性もありますので、しっかり記載するようにしましょう。

ニート期間に頑張ったことやチャレンジしたことを書く

ニート期間については、その間に頑張ったことやチャレンジしたことについて具体的に書くようにしましょう。

例えば、応募する企業や職種に役立つようなスキルについて勉強したり、資格を取得しようと勉強していたりしていたのであれば、必ず記載してください。そうすれば、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

また、特に頑張ったことがないという場合は、先述したようにこれから何かにチャレンジするのもいいでしょう。

履歴書は自分を企業に売り込むための書類ですから、企業に貢献できる人材であることをアピールできれば職歴の空白期間を埋めやすくなります。ニートになった理由や頑張ったことなどを包み隠さず書くことを意識しましょう。

経歴に嘘をつくのは絶対にいけない

履歴書を書く場合の最大の注意点は、経歴に嘘をつかないということです。

少しでも自分の経歴を良く見せようとして、空白期間に働いていたと嘘を書いたとしても、就労の記録については、第三者が後から調べることができるからです。

それに、入社後の源泉徴収や社会保険などの手続きを踏めば、その経歴が嘘であることは簡単にバレてしまいます。

経歴の詐称が明らかになった場合は、内定の取り消しになる可能性があり、例え入社した後でも解雇されてしまうこともあります。

これは、企業側が嘘をつく人間を採用しないためです。嘘をつく人間が社内にいた場合、大損害になる可能性があるといえます。

履歴書を作成する場合は、学歴・職歴は正しく書くということを肝に銘じておきましょう。

履歴書の添削を転職エージェントに依頼しよう

履歴書を作成する場合は、転職エージェントに添削を依頼するのがおすすめです。

転職エージェントに登録することで、就活や転職活動に対するさまざまなサポートを受けることができますが、そのなかには「履歴書・職務経歴書の添削サービス」が含まれているケースがほとんどです。

担当のコンサルタントに履歴書の添削を依頼すれば、自分のことをしっかりアピールできる履歴書を作成することができます。それだけ採用される可能性も高くなりますので、ぜひ利用してみてください。

ニートの就活で大切な面接対策

ここからは、ニートの就活で大切な面接対策について解説していきたいと思います。

ニートに限らず、就活や転職活動で最も重要な関門となるのが「面接」です。特にニートの場合、誰かとコミュニケーションをしばらく取っていないというケースもあるので、面接に対する苦手意識や恐怖心があるという人もいるでしょう。

そのため、ニートだとしても安心して面接に挑めるようにするための対策が大切になってきます。以下に詳しく解説していきますので、しっかりと理解しておいてください。

ニートが面接で心掛けておくこと

まずは、ニートが面接に挑むにあたって持っておくべき心構えについて解説します。

面接を受ける時は、誰しもが緊張するものです。特にニートを脱出するために面接を受ける場合には、その緊張感は倍増することでしょう。

そのためには、まずしっかりとした心構えを持って面接に挑むことが大切になります。では、その心構えがどのようなものなのか見ていきましょう。

堂々とすること

まず大切になるのは、堂々としていることです。

ニートが面接を受ける場合、「ニートだからという目で見られるだろう」を考えるかもしれませんが、そのような不安を感じる必要はありません。

むしろ、「今はニートだけど、そこから脱出しようとしている」という堂々とした態度で面接に臨むようにしましょう。このような心構えを持つだけで、採用担当者に対してしっかりとした人材で、ちゃんと働いてくれそうな印象を与えることができます。

自信がなく、おどおどしているようだと、それは間違いなく採用担当者に伝わります。「しっかり働けるのだろうか?」と不安に感じさせてしまうこともあるので、面接を受ける場合は堂々とするようにしましょう。

面接に受かるための面接をしない

面接では、自分のことを正直に話すことが大切になります。ですから、「面接に受かるための面接をしてはいけない」ということを心掛けましょう。

面接に受かるための受け答えに終始していると、本当は考えてもいないようなことを口走ってしまうことがあります。仮に就職できたとしても、仕事とのミスマッチが発生して、すぐに仕事を辞めてしまうことにもなりかねません。

だったら、しっかり自分のことを話して、それでも必要としてくれる企業を探したほうがいいでしょう。

実際に、ニートでも採用してくれる企業はあります。そのような企業では、あなたがニートだったかを見ているのではなく、あなたが今後どうのように生きていきたいのか、会社で頑張って働いてくれるかどうかを見ているのです。

そのため、自分の経歴や考えをごまかす必要などありませんし、採用担当者に気に入られるための飾られた言葉も不要です。

これまでの自分について正直に話し、これからどうしていきたいのかをしっかり伝えましょう。

嘘は絶対につかない

これは繰り返しになりますが、面接では嘘をついてはいけません。

もし、経歴について嘘の説明をして、それがバレてしまった場合は経歴詐称となり、内定の取り消しや解雇につながる恐れがあります。

企業によっては、履歴書や面接での受け答えの内容に間違いがないか、経歴について調査するケースもありますので、嘘をすぐにバレてしまうと考えておきましょう。

また、企業にとって嘘をつく人間を採用するメリットは一つもなく、デメリットばかりになってしまいます。

とにかく、自分のことについて包み隠さず正直に話すこと。これが、面接における大前提であり、最も大切なことだと理解しておきましょう。

空白期間についての質問の答え方

すべてを正直に話したほうがいいといわれても、ニートをしているときの空白期間については、誰でも正直には答えにくいものでしょう。

それでは、空白期間について質問された場合、どのように返答するのがいいのでしょうか?

ニートの期間の成果を伝えること

空白期間については質問された場合、嘘をつかずにしっかりと返答するためのコツがあります。それは、ニート期間の成果について伝えるということです。

一言にニートといっても、家庭の事情などで働くことができなかったという人もいるでしょう。そのような場合は、「家事を手伝っていた」「親の介護をしていた」などを伝えるといいでしょう。これならば、採用担当者に違和感を抱かれるような心配もいらないでしょう。

もし、ニート期間にアルバイトやパートなどの経験があるならば、それも伝えたほうがいいでしょう。「企業には属していませんでしたが、○○の仕事を経験しました。」などのように、その時の仕事内容について伝えることで、面接官に空白期間について説明することができます。

逆質問への答え方

面接において対策を講じておきたい部分として、「逆質問への対応」が挙げられます。

逆質問とは、面接の終盤に面接官から「最後に何か質問はありますか?」と質問されること。ほぼすべての採用面接で聞かれることになります。

実際には、面接において何か聞き逃したことはないか、という意味で聞かれることが多いのですが、それに対して「特に何もありません」と答えてしまうのは、さすがによくありません。

逆質問に失敗したことが原因で不採用になることはありませんが、仮にあなたと誰か、どちらを採用しようか迷っているとしたら、このようなちょっとしたことが差となって判断されてしまうケースもあるでしょう。

そのため、逆質問では正直に聞き逃したことについて聞いてみるといいでしょう。もし、何も聞きたいことがないという場合には、以下のようなことについて質問してみるといいでしょう。

  • 採用された場合に、入社までに準備しておくべきことは何か
  • 入社までに勉強しておいた方がいいことは何か
  • 自分と同世代の人が働いているかどうか
  • 採用された場合に配属される部署では、どのような業務を行うのか

しかし、聞かれなかった場合には、無理やり逆質問をする必要はありません。あまりにステレオタイプな質問をした場合、かえって印象が悪くなることもあります。逆質問の機会がある場合には、正直にないと答えるか、最低限の質問にとどめるということを意識しておきましょう。

面接対策には転職エージェントが有効

実は、面接の対策にも転職エージェントのサポートサービスが有効になります。

転職エージェントでは、企業がどのような人材を欲しているのかを把握しているため、面接対策がより具体的なものになるのです。

また、模擬面接などを行なってくれる場合もありますので、面接本番でしっかり受け答えができるようトレーニングを積むことも可能です。

担当してくれるコンサルタントに相談すれば、快く対応してくれますのでぜひ利用してみてください。

ニートの就活で注意しなければならないこと

ここからは、ニートの就活において注意しておくべき点について解説していきたいと思います。

ニートから脱出しようとして、やみくもに企業へ応募したり、面接を受けたりしても逆効果になってしまうことがあります。

これから解説する注意点を理解しておけば、より効率的に就活を進めていくことができるでしょう。

就職先の企業は慎重に選ぶこと

ニートの就活での注意点として、就職先の企業については慎重に選ぶ、ということが挙げられます。

というのも、内定・就職がゴールというわけではなく、仕事とは継続していくものだからです。

そのため、入社してから自分がどのような働いていくのかイメージできる企業を選択する必要があります。

そこで大切になるのは、給与や勤務時間、福利厚生などの条件だけではなく、仕事に対する自分の適性や社風が合いそうかどうか、どのようなやりがいを感じられるかということをしっかり調べることです。

条件がいいから、内定が出たからなどの理由だけで就職を決断してしまうと、入社後に後悔をして結局就活へと逆戻りしてしまうこともあります。就職先はくれぐれも慎重に選択するようにしましょう。

空白期間については正直に話すこと

これも繰り返しになりますが、空白期間について質問された場合は、正直に話すことを心掛けましょう。

ニートが面接に挑む場合、空白期間について質問される可能性が非常に高いといえます。しかし、先述したように、嘘をついてしまうのは何一ついいことはありません。

経歴については調べればすぐにわかりますし、面接官はこれまでに何人もの求職者を面接してきているので、あなたが嘘をついていることをすぐに見抜いてしまいます。

嘘が疑われた場合には、圧迫面接のようにあなたに応えにくい質問を浴びせてくることもあるでしょう。

とにかく嘘はいけません。これまでのニート生活については言い訳することなく受け入れて、質問には正直に答えるようにしましょう。

自信をもってはっきりと話すこと

面接においては、自信をもってはっきりと話すことを心掛けるようにしましょう。

面接は誰もが緊張するものであり、はっきりと話すことができないということもあるでしょう。

しかし、ぼそぼそと話しているようでは、面接官の印象は悪くなってしまいます。そうなると、内定・就職へとつながることは難しくなってしまいます。

ニートを脱出してこれからしっかりと働きたい!という意思が伝わるように、自信をもってはっきりと話すことが大切です。

仕事に対する熱意をしっかりと伝えること

ニートの面接では、仕事に対する熱意をしっかりと伝えることも大切になります。

ニートが他の求職者よりも不利になってしまう原因として、「採用したところですぐに退職してしまうのではないか」と懸念されてしまう点が挙げられます。

このような企業側の不安を払しょくするためにも、これから仕事に対してどのように取り組んでいきたいのか、どのように活躍して会社に貢献していきたいのかなど、仕事に対する熱意を持っていることをアピールする必要があるでしょう。

もし、企業があなたを採用することにメリットを感じてくれるのであれば、ニート脱出への道筋が明るくあるかもしれません。

何があっても決してあきらめないこと

ニートが就活を行う場合は、何があってもあきらめることがないようにしましょう。

無職やニートの期間が長かった場合、それ以外の一般的な求職者と比較して再就職することが難しくなるというのは、まぎれもない事実です。場合によっては思うように内定が出ず、就活が長引いてしまうこともあるでしょう。

しかし、ニートから就職している人がたくさんいるのもまた事実です。そして、諦めてしまった瞬間に就職への道は閉ざされ、次に就職したいと考えるときにはさらに不利になってしまいます。

とにかくコツコツを取り組むことが大切になりますので、あきらめずに努力を継続していくようにしましょう。きっと、縁のある企業に出会うことができるはずです。

ニートの就活には転職支援サービスを利用しよう

ニートの就活には手助けが必要だということは、先述した通りです。

実は、ニートの方が就職や転職を希望する場合に利用できる支援サービスがあります。このようなサービスを利用することで、ニートの就活を進めやすくなりますので、ぜひ積極的に利用してみてください。

それでは、実際にどのような就職・転職支援サービスがあるのか紹介していきたいと思います。

地域若者サポートステーション

ニートが就活において利用できる支援サービスの一つが「サポステ」と呼ばれるものです。

これは、「地域若者サポートステーション」の通称で、厚生労働省が運営する働きたくても働くことができない15歳~39歳の若者の就職を支援するための機関です。全国に175ヶ所で展開されているので、地方に住んでいたとしても利用することができます。

具体的には、最寄りのサポートステーションに電話やメールで問い合わせて予約をした後、就職に関する相談や面談を行います。その後、サポートステーションが準備しているさまざまなプログラムによって、若い人たちの「働く力」を引き出しながら、就職支援を行います。

サポステは社会復帰を含めた就職支援の場としてさまざまな人に利用されており、実際に、これまで約9000人が就職を実現しています。すべてのサービスを無料で利用できますので、ニートから脱出したいと考えているなら、利用してみてはいかがでしょうか?

転職エージェント

ニートの就活で利用できる支援サービスには「転職エージェント」というものもあります。

転職エージェントとは、求職者の転職や就職をサポートするために提供されているサービスのこと。実際に、多くの転職・就職希望者が利用しており、求職者の状況に適したさまざまな転職エージェントが運営されています。

転職エージェントを利用するためには、ホームページから登録するだけでOK。あとは、担当のコンサルタントと日程を調整し、面談・相談を行います。その後は、あなたの希望する条件や適性を見て、担当コンサルタントが企業を推薦してくれますので、同意すれば必要書類を提出。選考に通れば面接を受け、最終的に内定・就職が決まる仕組みとなっています。

こちらの場合も、一部を除いてほとんどの転職エージェントが無料利用可能となっていますので、ぜひ利用してみてください。

ハローワーク

ニートの就活で利用できる就職支援サービスには「ハローワーク」もあります。

ハローワークとは、職業紹介を行っている公共の施設のことで、基本的に誰でも利用することが可能となっています。

職業安定法という法律によって、求職に対して住所などの変更を必要としない職業の紹介に努めるよう定められていることから、地元での就職に対して強みを持っているのが特徴です。

また、企業が求人情報を無料掲載できるということから、求人数が多く自分に合った仕事が探しやすいというメリットがあり、インターネットには掲載されていない非公開求人を紹介してくれる可能性もあるので、実際に足を運んでみるのがおすすめです。

さらに、企業情報に関することはもちろんのこと、就職に関する相談を受けてくれる窓口もあります。これらの施設や情報などを無料利用できるので、就職先を探している人にとって利用しやすくなっています。

ニートの就活を成功させたいなら転職エージェントを絶対に活用するべき

ニートが就活を進める場合に利用できる就職支援サービスについては先述した通りですが、本気で就活を成功させたいと考えているのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

というのも、就職エージェントを活用することで、求職者がかなり大きなメリットを享受できるからです。

では、実際にどのようなメリットがあるのか、詳しく解説していきたいと思います。

転職エージェントを活用すれば就職の成功率がアップする

ニートの就活を成功させたいなら転職エージェントを活用するべき最大の理由が、就職の成功率がアップするということです。

なぜなら、転職エージェントを活用することで、就活におけるさまざまなサポートを受けることができるからです。

具体的には、以下のようなサポートを受けることができます。

  • キャリアカウンセリングを受けることができる
  • 就職希望者に合うさまざまな求人情報を提供してくれる
  • 非公開の優良求人を紹介してくれる
  • 就職希望者の市場価値を客観的に評価してくれる
  • 就職希望者の魅力を応募先企業の担当者に伝えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策と適切なフィードバックをしてくれる

など。このように、就職に関する有益かつ必要とされるサポートを受けることが可能です。また、担当してくれるコンサルタントは、多くの求職者のサポートを行ってきた、「就職・転職支援のプロフェッショナル」ばかりです。そのため、おのずと就職の成功率がアップするというわけです。

もちろん、一人で就活を行うよりも、誰かにサポートしてもらいながら行う方が心強いですし、適切なアドバイスなどを受けることもできますので、就活を効率的に進めることができるのです。

さらに、転職エージェントは基本的に無料で登録・利用することができるというのも大きなポイントです。無料で利用でき、的確なサポートが受けることができ、そのうえで就職の成功率がアップする。ここまで揃っているのなら、転職エージェントを利用しない手はないといえるでしょう。

就職に必要なスキルを身につけることができる

転職エージェントを活用するべき理由はほかにもあります。それは、就職に必要なスキルを身につけることができるということです。

新卒とは違い、中途採用を目指す場合には就活の際の身だしなみや振舞いを学ぶ場面は多くありません。また、新たにそれらのスキルを身につけるための時間も限られているといえるでしょう。

そして、長年ニートをしていたという人の場合は、社会から離れていた期間が長くなるので、社会人としてのマナーやスキルが身についていないというケースもあります。

転職エージェントを利用することで、就活に必要な振舞い方などの指導を受けることができるので、就活に安心して望むことができます。

また、転職エージェントによっては社会人として働いていくためのスキルやマナーを身につけることができる研修を実施しているケースもあります。

この場合においても、自分一人で行動するのではなく、客観的に誰かに指導してもらう方が効率的といえるでしょう。

一般には公開されていない求人情報を紹介してもらえる

転職エージェントを活用するべき理由として、一般には公開されていない求人情報を紹介してもらえるということも挙げられるでしょう。

転職エージェントでは、さまざまな企業の求人情報を扱っていますが、なかには一般的には公開されてない「非公開求人」となっているケースもあります。そして、この非公開求人は、転職エージェントに登録することで紹介される可能性があります。

それだけ多くの求人情報に触れることができるのですから、理想の就職先も見つけやすくなるというわけです。

実際に、多くの転職エージェントでかなりの非公開求人を扱っているといわれています。就職先の幅を広げるためにも、転職エージェントへの登録をおすすめします。

複数の転職エージェントに登録することが活用のポイント

ニートの就活に転職エージェントを活用するためのポイントとなるのは、複数の転職エージェントに登録するということです。

これには、いくつかの理由があります。まず一つは、転職エージェントに登録すればするほど、それだけ多くの求人情報に触れることができるという点です。

先述したように、転職エージェントによっては、登録することで初めて紹介される「非公開求人」に加え、特定の転職エージェントでしか取り扱っていない「独占求人」というものがあります。

つまり、転職エージェントへの登録数が多くなればなるほど、それだけ就職先の候補となる求人情報に触れることができるのです。

次に、転職エージェントに複数登録することで、多くのコンサルタントに接触できるというのもその理由です。

というのも、転職エージェントを利用して就活を行う場合、担当するコンサルタントの質が、就活の成功に大きく影響するからです。

コンサルタントは転職や就職のプロフェッショナルですが、すべてのコンサルタントが平等に優れているというわけではありません。なかには、あなたが就職できるかどうかではなく、自分の売上だけにフォーカスしていたり、あなたを企業に売り込む能力に欠けていたりするケースもあるのです。

ですから、最初から一人のコンサルタントにすべてを任せるのではなく、何人かのコンサルタントのなかから、あなたにとって最適なコンサルタントを選択する必要がある、ということです。

そのためには、いくつかの転職エージェントに登録して、たくさんのコンサルタントに会うことが大切になります。

ニートの就活におすすめの転職エージェント

最後に、ニートの就活におすすめの転職エージェントについて紹介していきたいと思います。

転職エージェントと一言にいっても、就活に対して幅広く対応できる総合型の転職エージェントや、利用者の希望や状況に合わせた就職・転職支援が得意な特化型転職エージェントなど、さまざまな種類があります。

もちろん、ニートの就活に対しても、しっかりサポートを行ってくれますので、積極的に利用するようにしましょう。

また、転職エージェントには複数登録しても何の問題もありません。ですから、気になる転職エージェントが見つかったら、どんどん登録してみてください。

 公開求人非公開求人対象年代対応地域
リクらく非公開2000件20代・フリーター
既卒・第二新卒
東京・神奈川・千葉・埼玉
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
DYM就職2000件非公開20代・既卒・未経験非公開
就職Shop8500件非公開20代・未経験・フリーター全国
ウズキャリ既卒非公開非公開20代・既卒全国
Spring転職エージェント2万2000件8万件全年代全国+海外
JAIC(ジェイック)非公開5000件20代・未経験・フリーター全国

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめとなります。

リクらく

ニートの方の就活サポートには、「リクらく」もおすすめの転職エージェントです。

リクらくでは、ニートはもちろん、フリーターや既卒者、業界未経験者など、若年層の就職・転職支援に特化したサービスを提供しています。東京、神奈川、埼玉、千葉の求人情報を取り扱っており、主に中小企業の案件が多いのが特長です。

特に、これまでの経歴やスキルなどに自信がないという利用者でも、しっかりと正社員内定まで導いてくれると評判で、「逆転就活のリクらく」とアピールされている内容に間違いはないようです。

これまでに、2万人以上の求職者とカウンセリングをしており、実績も十分。ニートから就活を開始する人なら、ぜひ登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

リクらく

リクらく
年代20代・フリーター・既卒第二新卒雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • ニート、フリーター、未経験者など、20代の若年層の就職支援に特化した転職エージェント!
  • 取り扱う求人のほとんどが、学歴、職歴不問、未公開歓迎の求人ばかり!
  • ニートから正社員への就職を目指すなら登録必須の転職エージェント!

ハタラクティブ

次に紹介するニートの方におすすめの転職エージェントは「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブは社会人経験が少ない若い世代の求職者向けに特化した就職・転職支援サービスを提供している転職エージェントです。転職エージェントではありますが、これまでに社会人経験がない場合でも利用することができます。

取り扱っている求人情報の多くが、未経験者を歓迎しているもの。そして、ハタラクティブでは、それぞれの未経験歓迎求人について、その内容をしっかり精査しています。そのため、入社してみたら実は働きにくかったという企業に出会う心配がないので、安心して利用することができます。

未経験からでも、月給20万円台の求人に応募することが可能で、その内定率はなんと80%以上と高水準です。さらに、その3人に2人は社会人未経験者となっていますので、ニートの方でも正社員就職を目指すことが可能です。

担当してくれるコンサルタントが就活中はもちろん、入社後までしっかりとサポートしてくれますので、ニートでの就活にぜひ活用してみてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 社会人経験が少ない若い世代の就職、転職に特化した転職エージェント!
  • これまでに6万人以上の求職者とカウンセリングを行ってきた確かな実績あり!
  • 内定率は80%以上と高水準!ニートからでも正社員が目指せる!

DYM就職

次に紹介するニートの就活におすすめの転職エージェントは「DYM就職」です。

DYM就職では、第二新卒やフリーターなどの就職・転職支援に強みを持っており、もちろんニートでも利用すること可能。学歴や職歴が浅い人でも利用しやすい転職エージェントとなっています。

DYM就職の最大の特長が、利用者の内定率の高さ。実に利用者の96%が内定を獲得しており、他の転職エージェントと比較してもトップクラスの高水準を誇っています。

また、担当してくれるコンサルタントのサポートが充実しているというのも嬉しいポイントの一つ。無料で行われるカウンセリングから、就活には欠かせない履歴書の添削、模擬面接による対策などを受けることができるため、地に足を付けて就活を進めていくことができるでしょう。

ニートの就活においては、たいへん心強い味方となってくれますので、利用してみてはいかがでしょうか?

DYM就職

DYM就職
年代20代~30代雇用形態正社員.契約社員.バイト
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職販売/サービス事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 20代のフリーターや第二新卒に特化した転職エージェントでニートでももちろん利用可能!
  • 利用者の内定獲得率が96%!他の転職エージェントに引けを取らない高水準をマーク!
  • 担当コンサルタントのサポートが手厚く、しっかりと就活を進めることが可能!

就職Shop

次におすすめするニートの就活におすすめの転職エージェントが「就職Shop」です。

就職ショップは20代を中心にした若年層の就職・転職支援を行っている転職エージェントで、既卒、フリーター、ニートなどこれから本格的に就職を目指している人にピッタリのサービスとなっています。

就職Shopの特長としては、求職者の人柄やこれからの意欲を評価したいと考えている企業の求人案件を多く取り扱っていることが挙げられます。それに加えて、未経験者を歓迎する求人が多くを占めているので、学歴や職歴に自信がないという人でも希望の条件に合った就職先を探しやすいといえるでしょう。

また、このような積極採用を行う企業について、しっかりと厳選しているというのも重要なポイント。コンサルタントが一つひとつの企業を丁寧に取材したうえで求人情報をまとめているので、入社してみたらブラック企業だった!といった心配をする必要もありません。

そして、登録している企業には、書類選考なしで採用面接まで進めるというのもニートの就活にとっては嬉しいところです。就職Shopで就職が決まった人の75%が、これまでに正社員未経験者となっていますので、ニートから脱出して正社員を目指す人にとって頼りになる存在となるでしょう。

就職ショップ(就職SHOP)

年代20代・既卒・フリーター・第二新卒雇用形態正社員
対象エリア首都圏・関西
業界SE/Webエンジニア営業職建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 20代を中心とした社会人未経験者に特化したサービスを提供する転職エージェント!
  • 人柄やこれからの意欲を評価する方針の企業の求人情報を多く取り扱う!
  • 登録している企業へは、書類選考なしで採用面接まで進むことが可能!

ウズキャリ既卒

最後に紹介する、ニートの就活におすすめの転職エージェントは「ウズキャリ既卒」です。

こちらの転職エージェントは、第二新卒や既卒者、フリーターなどの就職・転職支援に特化したサービスを提供しており、もちろんニートの就活にも活用することができます。

ウズキャリ既卒の特長も、内定率の高さです。利用者の約86%が内定を勝ち取っているという実績を誇っており、さらに、入社後の定着率も95%と高水準をマーク。つまり、働きやすい企業の求人情報を扱っているという証拠ともいえるでしょう。

実際に登録している企業の多くは、新たな人材を採用したいという意欲が高いので、他の転職エージェントと比較しても、内定・就職を勝ち取りやすい転職エージェントとなっています。

さらに、担当してくれるコンサルタントのサポートが充実しているというのも、大きなポイント。綿密なカウンセリングはもちろんのこと、履歴書の添削や面接の対策などもしっかり行ってくれるので、安心して就活のサポートを任せることができるでしょう。

ウズキャリ既卒

ウズキャリ広告
年代20代~40代雇用形態正社員.契約社員.
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 第二新卒やフリーターはもちろん、ニートの就職支援にも強い転職エージェント!
  • 利用者の内定獲得率は86%!入社後の定着率は95%という高水準をマーク!
  • ニートの就活にはぜひとも活用したい転職エージェントの一つ!

Spring転職エージェント

ニートの就活におすすめの転職エージェントの一つが「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは、世界60以上の国と地域に5000拠点以上を構えている人材サービス企業であるアデコグループが運営している転職エージェントです。

こちらの転職エージェントの特長が、希望者全員と面談をするという方針を掲げていることです。転職エージェントのなかには、ニートの利用者に対して求人を紹介しなかったり、就職・転職支援を断ったりするところが残念ながらあるといわれています。

しかし、Spring転職エージェントなら、ニートの方でも面談を受け、就活のサポートを受けることができますので、他の転職エージェントで断られたという人におすすめです。

また、取り扱っている求人情報の質も高いといわれており、幅広い利用者の就職・転職に対応できるのもポイント。基本的な情報に加えて、社風や職場環境などの情報も充実しているので、自分にマッチした就職先を見つけやすいといえるでしょう。

さらに、Spring転職エージェントの利用者の満足度が高いというのも見逃せないポイント。担当者の対応の質や交渉力においても定評がありますので、安心して就活のサポートを任せることができるでしょう。

Spring転職エージェント

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国+海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 全世界に展開している総合人材企業「アデコグループ」が運営する転職エージェント!
  • 公開求人、非公開求人合わせて10万件以上と、豊富な求人情報を取り扱う!
  • 利用者の満足度が高く、安心して利用することができる転職エージェント!

JAIC(ジェイック)

次に紹介するニートの就活におすすめの転職エージェントが「JAIC(ジェイック)」です。

こちらの転職エージェントも、社会人未経験者や学校中退者、フリーターなどの就職・転職支援に特化したサービスを提供していますので、社会復帰を考えている人や、ニートから脱出したいと考えている人でも利用しやすくなっています。

JAICの特長は内定率に加えて、定着率が高いということ。利用者の約80%が内定を獲得しており、そのうち入社した企業への定着率は94%を超えているといわれています。つまり、内定率を挙げるためにブラックな企業を紹介されることがないということ。そのため、安心して就職先を探すことができるでしょう。

さらに、求職者を無料で鍛えてくれる研修を実施しているのも大きなポイント。担当してくれるコンサルタントの個別のサポートはもちろんのこと、利用者が参加できる7日間の研修プログラムが用意されており、社会人としてしっかり働くことができるレベルまで自分を鍛えることができます。

さまざまなメディアに取り上げられ、その手厚いサポートは厚生労働省から職業紹介優良事業者にも認定されています。本気の就職を目指すなら、利用してみたい転職エージェントといえるでしょう。

JAIC(ジェイック)

年代20代・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 社会人未経験者にも大人気!内定率80%以上、定着率94%以上を誇る転職エージェント!
  • 利用者が無料で受けることができるさまざまな研修サービスが人気!
  • ニートから脱出したい人なら、登録しておきたい転職エージェント!

まとめ|ニートの就活は諦めなければ道が開ける!

今回は、ニートの就活を万全にするために必要なすべての知識について解説していきました。

ニートの方が就活を始めるにあたって大切なのは、しっかりとした心構えを持つことです。一般の求職者と比較して不利になることがあったとしても、ニートからでも就職することは可能だ、ということを理解しておきましょう。

そして、就活の準備として「できることから始める」ということを意識するのが大切です。社会人としてしっかりと働けるようになるためには、社会との関わりも少しずつ回復させながら、活動していきましょう。

また、ニートの就活には、誰かの手助けが必要だということも忘れないでください。ニートの就活では、「地域若者サポートステーション(サポステ)」「転職エージェント」「ハローワーク」といった就職支援サービスを利用することができますので、ぜひ利用してみてください。

そのなかでも、特に転職エージェントの利用はニートの就活に欠かすことができないでしょう。無料で登録・利用が可能で、さまざまな就活サポートサービスを受けることができるうえに、就職の成功率がアップするからです。また、おすすめの転職エージェントもいくつか紹介しましたので、積極的に利用してみてください。

本記事が、ニートの方の就活に役立つことを願っています。