近年利用者数が着実に増加しており、就活の主流となりつつあるのが「就活でのエージェント利用」ですが、エージェントの中で一際存在感を示しているのが「リクナビ就職エージェント」です。

リクナビ就職エージェントにはどのような特徴や強みがあるのでしょうか。

また、利用する上でのデメリットはないのでしょうか。

成長著しい学生向けエージェントサービスにおいて、筆頭エージェントに躍り出ようとしている「リクナビ就職エージェント」について詳しくレポート致します。

リクナビ就職エージェント・5つの強み

リクナビ就職エージェントは、学生の皆様にとって最もお馴染みのグループ企業と言って良い「リクルートグループ」が運営する就活生専門のエージェントです。

リクナビ就職エージェントは学生専門のエージェントサービスにおいて、学生利用者数No.1を誇っています。(2016年8月・楽天リサーチ社調べ)

No1の支持を学生から集めている理由ですが、次の5つがあげられます。

リクルートグループが長年築いてきた求人企業との強固なネットワークがある!

リクルートグループは40年以上にわたり、業界のトップ企業として就職情報を提供し続きてきました。

その結果、同社には「新卒採用」を通じて長年取引きを行ってきた全国数十万社以上におよぶ企業との強固なネットワークが築かれています。

この強みは、近年のブームに乗じて登場してきた新参エージェントでは容易に太刀打ちできない同社ならではの強みであり、資産と言えます。

就職企業人気ランキングの常連企業も多数リクナビ就職エージェントを利用!

この点もリクルートグループの長年にわたる信頼と実績があるからこそですが、就職企業人気ランキングの常連企業や大手有名企業もリクナビ就職エージェントを多数利用しています。

具体的な企業名をいくつかご紹介しておきましょう。

 

(リクナビ就職エージェントを利用している企業例)

・三井住友銀行

・JCB

・クラレ

・kawasaki

・ニチイ

・富士ゼロックス

・小林製薬

・ヤマサ 等

 

経験豊富なアドバイザーにより満足度の高いサービスを受けられる!

エージェントサービスの本質は、アドバイザーまたはコンサルタント等と呼称されている就活支援のプロスタッフが求人企業の紹介や面接対策指導など就職活動全般を個別にサポートしてくれる、”パーソナルサービス”にあります。

いくらエージェントを運営している企業の信頼性が高くとも、実際にサポートを行うアドバイザーの資質や能力が低ければ満足できる支援を受けることはできません。

リクルート就職エージェントには就職や転職支援で豊富な経験を有するベテランのアドバイザーが多数在籍していますので、高い満足度を得られるサービスを期待できます。

事実、ちなみに当サイトに寄せられた利用者の声では、8割以上が「満足」または「大いに満足」と回答しているのです。

「文系」「理系」「体育会」「地方学生」等学生の属性に応じた専門的サポートを実現!

リクナビ就職エージェントでは「文系学生」、「理系学生」、「体育会学生」、「地方学生」、「留学生」と学生の属性に応じて専門的なサービスを提供しています。

リクナビ就職エージェントのホームページをご覧頂ければわかりますが、画面上部の目立つ位置に「文系」、「理系」、「体育会」といった属性を選べるタブが用意され、例えば「文系」を選ぶと「文系学生向け」の専門ページ、「体育会」を選べば「体育会学生向け」の専門ページが表示されます。

そこから入会手続きを行えば、それぞれの属性毎に専任アドバイザーが組織化されていますので、自分の属性に合ったアドバイザーが担当となって、専門的な支援やサービスを受けられます。

求人企業側の具体的な評価をフィードバックしてもらえる

近年急速にエージェントを利用する学生が増加した大きな理由の一つが、書類選考や面接で落ちた場合でも企業側の評価をフィードバックしてもらえることです。

就活中の学生を最も苦しめることになると言って良いのが「落ちた理由がわからないこと」です。

落ちた理由がわからなければ不安だけが募り自信も持てなくなってしまい、それが次の就活に悪影響を与えることにもなります。

リクナビ就職エージェントなら、なぜダメだったかを詳しくフィードバックしてくれますので、「理由がわからない」という不安に悩まされることがなくなりますし、何に気をつければ良いか具体的な対策も立てられるようにもなります。

リクナビ就職エージェントの利用方法をご紹介

ではリクナビ就職エージェントを利用して就職活動を行うにはどうすれば良いか、内定獲得までの流れを元に、使い方やそれぞれの場面で受けられるサービスなどをご紹介致します。

完全無料!・まずはリクナビ就職エージェントへ登録する

リクナビ就職エージェントを利用するには登録手続きが最初に必要です。

登録は「完全無料」となっており、退会もいつでも自由に行なえます。

学生の皆様に一切リスクは生じませんので、安心して手続きを行ってください。

登録手続きは次にご紹介するページにアクセスして行います。

 

(リクナビ就職エージェント・無料登録ページ)
https://www.r-agent.com/entry/ss/index.html

 

 

尚、既にリクナビIDをお持ちの方は次のページにアクセスすることで、より簡単に手続きを行えます。

 

(リクナビIDを有するユーザー向けの専用登録ページ)

https://job.rikunabi.com/2018/company/entry/rn/@kkaude9312@omdB1oykC-64218frC-14/?vos=agentbunservice

 

アドバイザーからの連絡後個別相談の実施

登録手続きが終了したら、専任で担当するアドバイザーよりメール又は電話で本人確認を兼ねて連絡が入ります。

その後、アドバイザーとの面談を望む場合には面談日時を相談の上、リクルートキャリア社最寄りの拠点などでアドバイザーと面談を行います。

面談では就職に関する希望業種や希望企業などのヒアリングの他、就職活動全般における相談が行われますので、事前に相談したいことを整理しておくと良いでしょう。

尚、遠方にお住まいの方でアドバイザーとの面談を行うことが難しい場合には、電話でヒアリングや相談が行われます。

アドバイザーによる求人企業の紹介

個別相談が済んだら、アドバイザーがヒアリング内容を元に求人企業を個別に紹介してくれます。

学生の皆様は自分で求人企業を探し、説明会に参加したり、人事担当者とやり取りをするといった手間や時間は不要なのです。

この点だけでもエージェントを利用する価値は大いにあると言って良いでしょう。

もし紹介を受けた企業に関心が持てなければ、新たな紹介を求めることができます。

応募を強制される心配などありませんので、じっくりと検討した上で答えを出せば良いだけです。

リクナビ就職エージェントは「非公開求人」が多い

リクナビ就職エージェントで紹介される求人は、「非公開求人」が多くなります。

求人を企業側が非公開にする理由ですが、最も大きな理由は対象学生を絞ることができることにあります。

公開求人にすれば、対象にしたくない学生からの応募にも対応しなければなりませんが、非公開であれば特定の学生だけに求人情報を伝えることができるため、採用効率が高まるからです。

そのため、公開求人より非公開求人の方が採用される見込みが多少高くなりますが、紹介を得られる求人内訳で非公開求人の割合が特に高いのもリクナビ就職エージェントの特徴です。

応募先の決定→面談日程の調整→面談

紹介を受けた企業の中で応募したい企業が見つかった場合には、応募の意志をアドバイザーに伝えます。

するとアドバイザーが応募手続きや面接日程の調整を行ってくれますので、自分が希望する日程で面接に臨むことができます。

履歴書等の応募書類作成は不要!

この流れで「書類選考」がないことに気付かれたと思いますが、リクナビ就職エージェントを利用すればエントリーする度に必要だった履歴書やエントリーシート作成という手間が不要になります。

履歴書はリクナビ就職エージェント専用の履歴書を一通作成しておくだけで十分なのです。

つまりリクナビ就職エージェントを利用すれば、書類選考が済んでいる状態の求人企業を受けることができるということです。

面接対策指導も実施!

また、この点もリクナビ就職エージェントの利用するメリットと言えますが、アドバイザーは求人企業側の仲介者でもありますので、企業側の意向や求人に対する考え方などを熟知しています。

そのような相手企業のことを知り尽くしたアドバイザーが、企業側の意向を踏まえて面接対策指導やアドバイスも行ってくれますので、学生の皆様は自信をもって面接に臨めるようになります。

内定(結果がダメな場合はフィードバック)

面接の回数は企業によっても異なりますが、リクナビ就職エージェントから紹介を得られる企業は1回の面接で採否が決まる場合もあります。

面接の結果無事合格となった場合には「内定」となりますので、後は入社するかどうかを判断し、入社を決めたらアドバイザーに自分の意志を伝えるだけとなります。

もし面接を受けた結果不合格となった場合でも、リクナビ就職エージェントの強みとしてお伝えしたとおり、なぜダメだったかアドバイザーが詳しくフィードバックしてくれます。

フィードバックされた内容をもとにアドバイザーと共にしっかりと対策を立てることができますので、自信を持って次戦に取り組めるようになります。

以上がリクナビ就職エージェントの利用方法です。

リクナビ就職エージェントのデメリット

エージェントの利用はたくさんのメリットがありますが、いくつかデメリットもあります。

リクナビ転職エージェントのデメリットについても、確認しておきましょう。

  • 紹介を受けられる求人企業はリクナビ転職エージェントを利用している企業に限られる。
    自分が希望している企業がリクナビ就職エージェントを利用していない場合、紹介を受けることができない。
  • アドバイザーによるサービスはパーソナルサービスだけに、アドバイザーによって多少の違いが生じてしまう。均質なサービスは望みにくい。
  • 地方在住の学生は、面談等直接アドバイザーと会ってのサポートが得られにくい。

リクナビ就職エージェントの評判(口コミ)

「逆転合格を果たせた!」(私大出身・男性)

「私がリクナビ就職エージェントを利用したのは夏に入ってからです。
なかなか結果が出なかったため、これ以上自分だけで活動していても現状は打開できないと考え、リクナビ就職エージェントに頼ることを決めました。
リクナビ就職エージェントを利用してまず実感したことが「就職活動がこんなに楽で良いのか」と思えるぐらい、活動に手間がかからなかったことです。
求人を探さなくともアドバイザーが求人を紹介してくれますので、いちいち説明会に参加する必要もありません。
OBと会って話を聞く必要もありませんし、エントリーシートも作成不要で面接を受けることができる訳ですから、最初から利用しておくべきだったと後悔したぐらいです。
さて利用しての戦績ですが最初2社受けましたが2社ともダメでした。
しかし、なぜダメだったか理由をアドバイザーの方が細かくフィードバックしてくれたおかげで、自分の良かった点、悪かった点をはっきりと掴むことができたのは大きな収穫になったと思います。
その成果が出たのか、その後受けた3社は全て内定を貰うことができました。
お世辞ではなく、リクナビ就職エージェントを利用したから内定を得ることができたと思います。
もし就活で悩んでいる後輩の方がいれば、別にリクナビ就職エージェントだけに頼ろうと考える必要はありませんので、気楽な気持ちで利用してみることをオススメします。」

 

「アドバイザーの親身なアドバイスで自信を持てました!」(国大出身・女性)

「私は某県にある国大生だったのですが、地方から首都圏の企業を狙う場合にはネットで情報を得るだけでは戦えないと考え、リクナビ就職エージェントを利用することにしました。
リクナビ就職エージェントを利用して良かったことはアドバイザーの方が大変親切で熱心に支援してくれたことです。
女性の方でしたが、自分にとっては本当の姉のような存在として親身に相談に応じてくれたり、アドバイスしてくれたりしました。
そのお陰で自分が勝手に抱いていたコンプレックスが解消し、自分に自信が持てるようになりました。
現在私は紹介していた頂いた上場企業へ入社し企画部で頑張っていますが、リクナビ就職エージェントのアドバイザーの方からもらった数々のアドバイスが、現在の仕事に取り組む上での励みにもなっています。」

 

リクナビ就職エージェント利用する場合のワンポイントアドバイス

リクナビNextを併用しよう

リクナビ就職エージェントを利用する方にオススメしておきたいことが一つあります。

それは「リクナビNEXT」を併用することです。

リクナビNEXTはリクルートグループが運営している「転職求人サイト」です。

なぜ転職求人サイトを学生の皆様へ併用をオススメするのか・・・それは次のような理由があるからです。

社会人を対象とした中途採用の求人情報を通じ、多角的に求人企業を理解できる

リクナビNEXTもリクナビ就職エージェントと同じリクルートグループです。

そのため、新卒と中途の両方の求人を行っている企業であればリクナビNEXTとリクナビ就職エージェントの両方を利用しているケースが多くなります。

その結果、全てとは言えませんが、紹介を得られた求人企業の情報をリクナビNEXTからも得られる場合がかなりあります。

リクナビNEXTで得られる求人企業の情報とは、社会人を対象にした中途採用の求人情報です。

新卒に向けた求人情報とは異なる観点から求人企業について紹介されていますので、異なる視点からの情報を通じて企業に対する理解を深めることができます。

「中途採用」という側面から業界全体に対する理解も深めることができる

リクナビNEXTに登録すればリクナビ就職エージェントから紹介を受けた企業だけでなく、自分が志望している業界の「中途採用」の求人広告にも多数目を通すことができるようになります。

そうすれば、自分が志望している業界動向を中途採用の求人情報という新卒向け情報にはない視点を通じて業界動向を知ることができます。

また、リクナビNEXTでは企業や業界について利用者が多角的に理解を深めることができるよう、ユニークな切り口で特集を組んで各業界や企業の紹介も積極的に行っています。

こうした特集記事も社会人を対象としていますので、リクナビやマイナビの業界分析情報や企業紹介情報にはないユニークな視点や角度から紹介されている情報ばかりとなっています。

ライバルに一歩でも差を付けたければ、学生があまり利用していないメディアを積極的に活用するべきです。

そのメディアとして最適なのが転職サイトであり、中でもリクナビ就職エージェント利用者へ特にオススメなのがリクナビNEXTです。

リクナビNEXTの公式サイトを見てみる!