biz7
管理職や経営幹部などのハイクラスを対象とした転職サイトは近年に急速に増えつつありますが、中でもTVCM等を通じた知名度共に、利用者から高い評価を得ている転職サイトが「ビズリーチ[BIZREACH]」です。

今回は一定のキャリアを有しており、好条件の転職先を探しているという中高年の皆様に向け、ハイクラス層に特化した転職サイト、ビズリーチについて徹底ガイド致します。

⇒ビズリーチの会員登録は無料

ビズリーチ[BIZREACH]とは

biz1
ビズリーチとは、一言で言えば管理職や即戦力となり得るハイクラスな人材とヘッドハンターや求人企業を結びつけるための「会員制転職サイト」と言えます。

但し結び付けると言っても、ビズリーチ社が直接求職している個人に対し求人企業の斡旋を行なうといった転職エージェント(※)としてのサービスを行っている訳ではありません。
(※転職サイトと転職エージェントの違いについては当サイト「知っ得!転職サイトと転職エージェントは同じではない?!その違いとビジネスモデル」で詳述しておりますので、ぜひ参考にしてください)

同社のシステムとして、ビズリーチを利用している求人企業や外部企業のヘッドハンターが登録している会員求職者へ直接アプローチする、もしくは登録会員から求人企業やヘッドハンターへアプローチすることが基本です。

転職ナビ

そのため、ビズリーチを利用する場合には「待ちの姿勢」だけではなく、積極的に求人企業やヘッドハンターへ働きかける「攻めの姿勢」も大切になってきます。

ビズリーチ[BIZREACH]の有料サービスと無料サービスの違い

biz2転職サイトの多くは、登録さえすればサイトが提供している機能を全て無料で利用できるようになるのが一般的です。

その点でビズリーチは会員登録自体は無料でできますが、全ての機能を無料で利用することはできません。

特定の機能を利用したい場合には有料会員となって利用料を支払う必要があります。

では無料会員や有料会員等、ビズリーチの会員種別はどのようになっており、どのような違いがあるのかご紹介しましょう。

ビズリーチ[BIZREACH]の会員種別はどうなっている?

biz3
ビズリーチの会員種別は次のとおり「無料会員(スタンダード)」と「有料会員(プレミアム)」があり、更に有料会員は年収を基準として二つの種別に分けられます。

(ビズリーチ[BIZREACH]の会員種別)

check-c081 無料会員=スタンダード

check-c081 タレント(年収750万円未満):2,980円/30日間

check-c081 有料会員=プレミアム

check-c081 ハイクラス(年収750万円以上):4,980円/30日間

ビズリーチ[BIZREACH]の無料会員と有料会員の違いは?プラチナスカウトとは?

では無料会員と有料会員にはどのような違いがあるのでしょうか。

両者は次の3項目において違いがあります。

違いその1:スカウトメールの閲覧と返信

無料であっても会員登録すれば求人企業やヘッドハンターからのスカウトメールは「全て」受け取ることはできます。

しかし、この点がやや複雑なのですがスカウトメールには次の二つの種類があります。

check-c081 通常スカウト:求人企業やヘッドハンターが興味や関心を持った場合に届くスカウトメール

check-c081 プラチナスカウト:求人企業やヘッドハンターが強く登録者へ関心をもった場合や採用に強い意欲がある場合の特別なスカウトメール

この二種のスカウトメールの違いによって、無料会員と有料会員では次のような違いがあります。

check-c081 通常スカウト
無料会員の閲覧や返信・・・batsu32
有料会員の閲覧へ返信・・・maru32
check-c081 プラチナスカウト
無料会員の閲覧や返信・・・maru32
有料会員の閲覧へ返信・・・maru32

つまり無料会員は「通常スカウト」メールについては受け取ることができてもその中身を見ることや、返信することはできません。

無料会員がその中身を見ることができ、尚且つ返信することもできるのは採用意欲の高いプラチナスカウトのみとなっています。

一方、有料会員はスカウトメールの種別に関係なく全て閲覧もでき、返信もできます。

この違いは一見それほど大きくないように思えます。

ところが「プラチナスカウト」は求人企業やヘッドハンターがそうそう簡単には利用しません。

よほど求人条件にマッチしていた等の場合に限られますので、通常スカウトよりプラチナスカウトを受け取る確率はかなり低減します。

そのため、登録者によっては通常スカウトは頻繁に届いても、プラチナスカウトは全く届かないといった場合もあり得ますので、この違いは限定的のようですが決して小さくはないのです。

違いその2:ヘッドハンターへの相談

ビズリーチには登録されているヘッドハンターへ個別に相談を行なえるサービスがありますが、この点でも無料会員と有料会員では明確な違いあります。

check-c081 無料会員・・・batsu32

check-c081 有料会員・・・maru32

即ち無料会員はヘッドハンターへ自分から声をかけて相談を行うことはできません。

違いその3:求人情報への応募

無料会員も有料会員もビズリーチの求人案件を閲覧するだけなら共にできますが、「応募」段階において次のような違いが生じます。

check-c081 無料会員・・・「公募、特集の求人のみ応募可能。その他の求人案件には全て応募不可」

check-c081 有料会員・・・「年収1千万円以上の求人案件はハイクラスのみに限られるが、それ以外は全て応募可能」

無料会員は公募を扱いとなっている求人案件について応募できますが、公募に該当しない各企業の求人には応募することはできません。

公募や特集に該当する求人件数はかなり限られていますので、求人への応募という点では無料会員と有料会員の違いはかなり大きいと言うことができそうです。

ビズリーチ[BIZREACH]の使い方

ではビズリーチの使い方を基本的な流れにそって解説します。

会員登録

無料会員であれ、有料会員であれ、まずは”無料の”会員登録手続きが第一の手続きとなります。

次にご紹介している会員登録ページにアクセスし、画面の指示に従ってプロフィール情報や職務経歴情報を入力し「ご登録ありがとうございました」の表示画面が出たら、会員としての基本情報登録はとりあえず終了となります。

ビズリーチ会員登録ページbiz6

直近の職歴と職歴詳細情報の入力

基本情報登録だけではヘッドハンターや求人企業のスカウトメールは届きませんので、引き続き画面の指示に従って「直近の職歴」と「職歴詳細」を同様に画面の指示に従って入力します。

少々手間はかかりますが、この詳細情報は自己PRとなり、スカウトを数多く受け取るためにも重要な情報となりますので、入力情報をよく検討しながら入念に取り組むようにしてください。

ここまでの手続きが完了すると、求人企業やヘッドハンターからスカウトメールが届くようになります。

スカウトメール受信→ヘッドハンターまたは求人企業とのやり取り→面談

有料会員なら自身で求人情報の検索を行い、条件に合致した求人に応募することもスムーズに出来ますが、無料会員の場合には応募できる求人案件が限られてます。

そこで無料会員も有料会員もフルに利用できるプラチナスカウトメールが届いたと仮定して、その後の流れを説明します。

プラチナ表示のあるスカウトメールを受け取ったら無料会員も閲覧可能ですので、メール内容を閲覧し、確認します。

その結果、ヘッドハンターもしくは求人企業の担当者と一度会って話を聞いてみたいとの意志が固まったなら、記載されている連絡方法でヘッドハンターや企業担当者へ連絡し日程の調整等を行ないます。

その後はヘッドハンターからのスカウトならヘッドハンター同伴で、求人企業からの直接のスカウトであれば一人で企業を訪問し面談を行います。

check-c081 面接→内定

面談後、ヘッドハンター紹介案件の場合には同席するかどうかはケースバイケースとなりますが、通常のケースなら改めて役員面接が行なわれ、両者が合意すれば内定となります。

その場合、もしヘッドハンターを通じた求人案件なら入社を前提として時期や役職、その他入社にあたっての希望条件がある場合にはヘッドハンターを通じて代理交渉を行なってもらうことも可能です。

以上が会員登録から内定までの流れですが、冒頭でお伝えしたとおり、ビズリーチが直接的な仲介サービスを行っている訳ではありませんので、スカウトメールが届いたら自主的に求人企業やヘッドハンターとやり取りを行うことが基本となることを忘れないようにしてください。

ビズリーチ[BIZREACH]を有効に活用するために/スカウトされるようにするには?

biz5
ではビズリーチをハイクラスな転職活動において有効に活用するにはどうすれば良いかですが、ビズリーチは他の一般的な転職サイトのような求人情報を検索し、条件にマッチした企業へ応募するといった方法だけに頼っているだけはなかなか結果を得にくいと言えます。

ハイクラス層の転職ではヘッドハンターが重要な役割を果たしますので、好条件の求人案件を抱えたヘッドハンターからのスカウトを数多く獲得することがより良い条件で転職を果たすための大きな鍵となってきます。

ではヘッドハンターから数多くスカウトされるようにするにはどうすればよいかということですが、そのためには二つのポイントがあります。

職務経歴情報を定期的に見直し、随時ブラッシュアップさせてゆく

スカウトにおいてもっとも大切な情報は職務経歴です。

一度入力し終えたからといって満足せず、自身の仕事の業績を踏まえて定期的に見直しを行い、より充実させてゆく継続的な努力が大切です。

積極的にヘッドハンターへ相談を持ちかける

ヘッドハンターの履歴等を確認し、力になってもらいたいと思えるヘッドハンターへ積極的に連絡して相談を行なうことはヘッドハンターに対する絶好の自己PRの機会となり、スカウト案件を増やす上でとても有効な方法です。

ただしヘッドハンターへ相談を行なえるのはお伝えしたとおり有料会員のみです。

転職ナビ

そのため費用負担が伴いますが、ヘッドハンターを開拓できるチャンスとなり、費用を支払うだけの価値は十分あると言えますので、職務経歴の充実だけではなかなかスカウト数が増えないという方は特に検討されることをオススメします。

ビズリーチ[BIZREACH]にはアプリもある!

ビズリーチでは2015年からスマートフォン用アプリも導入しています。

アプリがあればスマホで簡単に、受け取ったスカウトの閲覧・返信ができ、希望条件にマッチした求人情報の閲覧も可能。もちろん、応募もそのままスマホから。
操作方法もシンプルですので、忙しい管理職の方でも仕事の合間に転職活動を行なうことができます。

一度ログインしておけば2回目以降はアプリを起動するだけ!
スカウト・新着情報は設定時刻に毎日まとめてお知らせ
検索条件を保存すればマッチした新着求人が設定時刻に届く

ビズリーチを使って転職するなら、アプリも並行利用した方がより一層時間を効率的に使えそうですね!

ビズリーチ[BIZREACH]のメリットとデメリット

ビズリーチのメリットとデメリットをまとめてみることにしましょう。

ビズリーチ[BIZREACH]のメリット

check-c081 ハイクラスな条件の求人案件を前提としたスカウトを受け取るチャンスが得られる

check-c081 有料ながら有能なヘッドハンターと相談できたり、協力を仰げたりする

ビズリーチ[BIZREACH]のデメリット

check-c081 通常スカウトやヘッドハンターへの相談、求人への応募などで無料で利用できる機能は限られている

check-c081(特に無料会員の場合)スカウトを待つことが基本となるため、今すぐ転職したいといった場合には不向きである

ビズリーチ[BIZREACH]の評判

有料会員となったがその価値はあった(男性・40代)

img_021「以前勤務していた企業ではポストが限られていて出世が望めなかったため、ハイクラスでの転職を実現すべくビズリーチを利用することにしました。
ネット上の評判などを読むと「無料会員でも十分」といった意見が結構見られましたので、自分も最初は有料会員になることは考えていませんでした。
しかしこの求人に応募したいと思っても応募できなかったり、自分のキャリアを売り込んでくれそうなヘッドハンターと連絡を取ることができなかったり、ビズリーチを使えば使うほど無料会員の制限がもどかしく感じられました。
そこで思い切って有料会員に申し込みましたが、結果としてそれが転職成功に繋がりました。
ビズリーチに登録しているヘッドハンターに相談を持ちかけてゆく中で、相性バッチリで心から信頼できる有能なヘッドハンターと巡り合うことができました。
そのヘッドハンターから現職を紹介してもらったのですが、以前と比較すると年収は大幅アップし、満足できるポストに就くこともできました。
以上が自分の経験ですが、有料会員にすれば誰でも必ず大きなメリットがあるとは限りませんので最初から有料会員になることはオススメしません。
まずは無料会員になって腰を据えて利用してみた上で無料のままで良いか、有料の方が良いかを判断することが一番良いと思います。」

いかがでしたか?有料になるかも…と最初から構えてしまうと、せっかくのチャンスを逃すことになるかもしれません。まず最初は無料会員になって様子を見てみるのが大切。そこから次のステップを考えれば、もっと選択肢の幅も広がりますね。

⇒まずは無料会員からビズリーチをスタート

レコメンド CHECK 黄色

管理職転職に興味のある方はこちらも読んでいます!
⇒MS-Japanで管理部門転職|特化型エージェントを上手に利用

耳寄り情報!ビズリーチ[BIZREACH]でも転職祝いがもらえる?

ビズリーチにも転職が成立した方にお祝い制度があるようです。

ビズリーチを通して採用が決まり、転職された方はチャンス。アンケートに回答すれば謝礼がもらえるそうですよ。内容は転職が決まってからのおたのしみ。どんなお祝いなのか、気になりますね!