クラウドワークスの評判※初心者でも稼げるようになるまでのステップガイド付き

クラウドワークスの評判

「クラウドソーシング」という在宅で「業務請負」の形で仕事をする働き方があります。
仕事を請けるためには自分で相手を探す必要がありますが、それは面倒ですし何をやったら良いのかわかりませんよね。

そこで仕事を発注したい側と仕事を請けたい側のマッチングサイトというものがあります。
ここならば、数百、数千の仕事の中からご自身の好きなものを選ぶことができます。

「クラウドソーシングは初めて」という人は、今回紹介する「クラウドワークス」にまず登録していただくことをおススメします。

クラウドワークスは初心者でも稼げるの?メリットは?
  • スキマ時間で簡単に報酬がもらえる!
  • スキルによっては短時間で高収入も可能!
  • 誰でもできる仕事は数をこなすと総収入もアップできる!

クラウドワークスの評判は?SNS・ツイッターでチェック!

まず最初に、クラウドワークスの評判をネットから拾いました。
しかし、クラウドソーシングを始める場合、大手では国内はまずクラウドワークスかランサーズの二択になるので、選択肢は多くありません。どっちがいいか?くらいの検討材料にしてみてください。

https://twitter.com/luckygoldchan/status/1007039033627705346

安い単価で使い倒されているような愚痴は少なく、上手にスキマ時間等を活用できている人が多いようですね!

情報発信できる人は要領よく単価の高い仕事を獲得できている、とも言えますね。
実際は激安の案件もたくさんあり、以前よりも増えているんですよ。

クラウドワークスはいきなり難しい仕事に応募する必要は全くなく、簡単な仕事をこなして評価を上げていくのが何より大切です。
そうすれば副業で月5万円を超える収入を得ることもできます。

何より、在宅でスキマ時間を活用でき、実際に職場に行く必要がない新時代の「内職」ですので、多くの方にこれを使った稼ぎ方を知っていたければと思います。スキルが上がれば、バイトするよりも遥かに稼げるようになります。

クラウドワークスとは?

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級の「クラウドソーシング」マッチングサイトです。
約220万人の人が登録しています。
ユーザー数、仕事依頼数、いずれも日本最大級で、クラウドソーシングのパイオニアのサイトになります。

クラウドソーシングとは?主婦や学生でもスキマ時間で仕事ができる

まず、「クラウドソーシング」という概念について理解しましょう。

クラウドソーシングとは、自宅や場所を選ばず、パソコンでデータのやり取りをして、成果物を納品し報酬を得る「新時代の内職」です。

ある会社から「○日までにイラストを描いてください。10000円で」という依頼を受けた人は、自分の好きな時間に好きな場所でイラストを描き、そのデータを○日(締め切り)までにWEB上から納品する、納品し、作品に問題がないことを確認したら10000円が支払われる、そういうイメージです。

やり取りはすべてWEB上、つまり、メールやSkypeなどで完結するので、実際に面接に行ったり電話で打ち合わせたりすることがない仕事が多数です。自分のスキマ時間を使って物を作り、それを売る仕事になります。

雇用契約ではなく、業務委託契約になることがほとんどなので、「どのくらいの時間働いたのか」ではなく「何を作って納品したか」で報酬が得られます。

何十時間かかっても、納期までにできない人は1円ももらえないので仕事を完了させるのが重要だね

クラウドワークスはそうしたクラウドソーシングの以来を仲介するサイトになります。
転職サイトの求人のように、様々な依頼が掲載されていて、仕事内容や報酬額が記載されています。

仕事をしたい人は、自分のスキルと相談しながら、できそうな求人に応募し、採用されればクラウドワークス上のメッセージで打ち合わせをして、納期までに仕事を仕上げてファイルをアップロードすればOKです。

クラウドワークスでできる仕事内容

クラウドワークスでできる仕事内容

クラウドワークス上には様々な依頼がありますが、大きく分けると以下のような仕事のカテゴリがあります。

  • ホームページ制作
  • アプリ制作
  • 記事作成
  • ロゴ作成
  • ウェブシステム
  • データ収集

さらにざっくり分けるとこの5つになります。

  1. システム、プログラムを組む
  2. サイトを構築する
  3. イラストを描く
  4. 文章を書く
  5. 昔ながらの「内職」(ただしWEB上で行う)

誰でもできるものから、専門的に学んだ人や、SEとして在職中の副業やフリーランスとして独立した人向けのものまで、かなり難易度に差があります。私も1や3はまったくできませんね。

「メルカリ」で問題となった「夏休みの宿題の出品」はさすがにありませんが、大学生と思われる人が「2万円でレポートを書いて」「10万円で卒論を書いて」という依頼を出し、それに応募が殺到しているのを見たことがあります。おいおい・・。

できるだけ得意分野でサクサク仕事がこなせる人やスキルが高い人ほど時給換算した時に高収入が期待できるということですね!

クラウドワークスの特徴には未払いを防ぐメリットもある

クラウドソーシングサイトはクラウドワークスだけではなく、大小合わせるとかなり多くあるのですが、その中でもクラウドワークスが評価されているのはその特徴にあります。

クラウドワークスには6つの特徴があります。

  1. 仕事の幅が広い
  2. 個人情報を知られずに仕事ができる
  3. スキルを高く評価してくれる
  4. わかりやすく、使いやすいシステム
  5. 未払いを防ぐ「仮払い」
  6. 時間単価制と固定報酬制がある
いろいろと工夫されているんですね。

そうですね。
それではこの5つの特徴を詳しくみていきましょう!

仕事の幅が広い

仕事の種類

クラウドワークスのサイトでは、上で述べたように、アプリ開発、バナー制作、ホームページ作成、ウェブデザインといったHPに関わること、、コピーライティング、ライティングという文章作成、データ入力などの仕事のアウトソーシング、さらにシステム開発、翻訳、ビジネスプランの作成など幅広いジャンルの案件が集まっています。

案件の絶対数が多いので、自分にマッチした仕事が見つかりやすいんですね。

匿名で相手に個人情報を知られずに仕事ができる

クラウドワークスの仕組み

クラウドワークスではハンドルネームを登録しますが、仕事をする際にクライアント(依頼主)に自分の本名や住所、振り込み口座など個人情報を知られる心配がありません。

自分の情報を悪用されることなく、ビジネス上の付き合いができます。
もちろん、メッセージのやり取りも専用のシステムを使うので、個人のメアドやLINE-IDなどを知られるリスクはありません。

クラウドワークスが仲介者として間に入ると考えるとわかりやすいですね!

仕事を受ける側は、クラウドワークスにのみ報酬の振込み先や氏名などの個人情報を開示することになります。

スキルを高く評価してくれる

自分が持っているスキルを登録でき、それをクライアントが評価して仕事を依頼してくれます。
高いスキルを持っている人は、高い単価の依頼が来るので、会社員がスキマ時間に行う副業としては最適です。

フリーランスの人も収入の1つの柱に据えることができ、特定のクライアントに評価されれば、安定した収入源になります。

ひと目でわかりやすく、使いやすいシステム

多くのユーザーに評価されているだけあって、とても使いやすいシステムになっています。
自分の評価や獲得した報酬などもわかり、目的をもって仕事を進めることができます。
システムについては随時アップデートされています。

未払いを防ぐ「仮払い」

仮払い

クラウドワークスでは、仕事を始める前にクライアントがクラウドワークスのシステムに入金をします。

これにより、仕事をしたのに報酬が払われないリスクをなくします。
システムにすでに入金されているので、そのままクライアントが消えてしまっても、未払いは起こらず、仮払いされたお金を受け取ることができます。

これだと安心ですね!

そうですね。
仕事を受ける側にとって未払いは1番気になる点ですから、安心してできますよね。

時間単価制と固定報酬制の二つがある

クラウドワークスの仕事の多くは「1件いくら」の固定報酬制ですが、中には時給制で依頼するクライアントもいます。

クラウドワークスには「CWタイムカード」というシステムがあり、システム上でしっかりと働いた時間が計算され、その額が支払われます。こちらも仮払いがあって開始されるので未払いも起きません。

月曜日から1週間が一区切りとなり、クライアントが1週間分の仕事内容を確認したあとに報酬が受け取れるシステムです。

クラウドワークスとランサーズの違い、どっちがいいの?

ランサーズ

クラウドワークスと同じクラウドソーシングサイト大手に「ランサーズ」というものがあります。
ランサーズについては以下の記事を読んでいただければと思いますが、ここでは両者の比較をしたいと思います。
ご自身が使いやすそう、と思う方にまず登録していただければと思います。

 

ランサーズについてはこちら

クラウドワークスとランサーズで同じもの

すべてが同じというわけではありませんが、ほぼイコールなシステムとしてはこのようなものがあります。

1.システム手数料

クラウドワークスもランサーズも、クラウドソーシングのマッチングサイトですので、利用料が発生します。

案件の報酬金額によって20%~5%なのですが、こちらについては差がありません。
安い案件の方がシステム手数料が高い設定になっています。

2.匿名のやり取り

こちらも両者共通しています。本名や住所などがバレずにやり取りができます。

3.福利厚生制度

実は一定の報酬を上げている利用者には、民間企業の福利厚生サービスに近いものが利用できるようになります(リゾート施設の割引券など)。
こちらも、普通に利用していれば両者とも数か月で利用できるようになります。

クラウドワークスとランサーズで異なるもの

1.案件の数

クラウドワークスで強い分野とランサーズで強い分野が分かれています。
自分が何をやりたいのかで、どちらに登録するのか選んでください。

システム開発

クラウドワークス 約20,000件
ランサーズ    約10,000件

デザイン

クラウドワークス 約10,000件
ランサーズ    約75,000件

ライティング

クラウドワークス 約200,000件
ランサーズ    約400,000件

翻訳

クラウドワークス 約12,000件
ランサーズ    約6,000件

このように仕事の分野によって全く違うので、「絶対にクラウドワークスを選ぶべき」ということはありませんね。

そうですね。自分のできる仕事が多い方を選ぶべきです。

また両者の掛け持ちもあまり意味がありません。
似たような案件は同じサイトにたくさんあります。まず、1つのサイトの中で高評価を上げるようにがんばってみましょう。

2.ランサーズには「常駐請負」がある

クラウドワークスになくてランサーズにある仕事の形として「常駐請負」があります。
これは、アルバイトのように現地で仕事をするけれども、雇用ではなく、業務委託の形をとるというもので、かなり法律スレスレというかブラックです(なぜ社員やバイトにしないのでしょう?)。

こういう案件はクラウドワークスにはないので安心してください。

その他細かいことを挙げていくときりがないのですが、クラウドワークスとランサーズはそれほど違いがなく、自分が請けたい仕事の内容で判断すればいい、ということになります。

クラウドワークスの始め方!クラウドワーカーになる第一歩は?

クラウドワークスの始め方

それでは登録の仕方を見ていきましょう。

    1. 会員登録、本人登録をする

自分のメールアドレスを入力して会員登録をします。会員登録が済み、その後身分証明書を提出して「本人確認チェック」が済めば、即仕事が開始できます。

    1. プロフィールを入力する

「履歴書」のように自分のプロフィールを入力するとクライアントから信用されやすく
なります。これは必須事項ではなく、空白の欄がある人もいますが、充実させておくのに越したことはありません。

    1. 入金口座を登録する

これはすぐでなくても構いません。報酬の振込口座を登録します。報酬はプール(キャリーオーバー)して後日数か月分まとめて入金できますが、「報酬の出金申請期限は報酬支払い確定日から180日後まで」という規定があります(この規定はランサーズにはありません)。

つまり報酬が確定して半年経過すると、振り込み指示をしない場合は、その稼いだお金が消えてしまいます(!)。これはかなり批判もあり、撤回を望みますが、現状こうなっているので注意してください。

クラウドワークスで仕事を見つけよう~3種類の方法

クラウドワークスでは3種類の仕事の方法、「タスク」「コンペ」「プロジェクト」がありますので違いを理解してください。

1.初心者におすすめのタスク

初心者におすすめのタスククラウドワークスの画面上に文字や文章を入力したり、アンケートに回答する方式です。

ライティングなどに多く、誰でもでき、品質もそれほど高いものは求められませんが、報酬が安いです。
1文字1円の依頼があればプラチナ級と言ってもいいくらいです。

「1000字100円」(つまり0.1円/字)という依頼もざらで、がんばって書いても、最低賃金すらクリアできないものもあります。
クラウドワークスに慣れるための練習および、本当のスキマ時間での小遣い稼ぎ以外で使うと損をします。

2.デザイン系が強いなら狙えるコンペ

デザイン系が強いなら狙えるコンペイラストやデザイン、新会社のネーミングなどを募集する際に、コンペを取る形式があります。

採用されれば数万円になりますが、採用されなければ1円にもなりません(上位数名に「参加報酬」が出るケースもありますが・・)。

イラストレーターやWEBデザイナーの人は実績作りのための応募することも必要ですが、ビジネス企画などをコンペで募集しているところに応募しても、実績としてどこまでPRできるのか・・・。

採用されなければ著作権や意匠権は、作者に戻りますが(そのはずですが)、悪質なクライアントだと落としたデザインを勝手に商業利用するところもあると聞きます。そうなると訴訟マターになります。

「実績作り」としては有用ですが、これだけで稼ぐことはできませんね。

3.専門知識や実績で依頼が取れるプロジェクト

専門知識や実績で依頼が取れるプロジェクトというわけで、この形がメインになるはずです。「依頼をして納期までに納めてOKならば報酬が確定する」という通常のやり取りになります。

実績がある人には、サイトに掲載されている案件に応募しなくても、直接依頼が来ます。
それで十分な報酬が得られるようになれば、クラウドワーカーとして一定のレベルに達したといってよいでしょう。

報酬単価はクライアントが示す場合が多いですが、「私はこれだけ多くもらってもいいものが出せる!」と、強気の提案をしてもOKです。価格交渉も含めて最もビジネスの要素が大きい方式になります。

クラウドワークスの稼ぎ方には最初の実績が重要!

稼げるようになるには

  1. クラウドワークス内での評価
  2. 外部に出せる名前入りの実績(ポートフォリオ)

の両方が重要になります。クライアントの中には、納品したものがどうなるのか(どこに使われるのか)教えてくれない人もいます。事前にそのあたりをメッセージでやり取りをして確認してください。名前入りで何かに掲載されたものは「ポートフォリオ」として、クラウドワークスのプロフィールに登録しましょう。

これといって能力がない場合はどれから始めたらいいのかな・・・

まったく初めてで何をやったら良いのかわからない人は、ライティングであればタスクのアンケートなどをこなしてください。単価も安く稼げませんが「実績」としてプロフィールに載るので、クライアントも依頼や採用しやすくなります。

システム開発などの人は、自分の過去の実績やスキルを上手にプロフィールに落とし込んだうえで、プロジェクトに応募していくのがいいです(システム開発のタスクはまずない)。

イラストレーターやロゴデザイナーの人は、とにかくコンペに応募して「最初の1件」を何とか採用されるのを期待するしかないです。「最初の実績」が示せれば、以降はプロジェクトや、クラウドワークス外の仕事も取りやすくなります。

得意分野の知識を持つことで単価のアップも狙えます!

得意分野の知識を持つ

安い案件に応募し続けることが上策ではありません。
クラウドソーシングはクライアントが安く上げるために外注するわけですから、その中で稼ぐためには、抜きんでたスキルや実績、他の人がまねできない得意分野を持つことが大切です。

例えば、ライティングで言えば、健康食品ならば誰でも書けますよね。美容系も女性ならば何も調べないでも書ける人が多そうです。しかし、そういう分野は書ける人が多いので、安くなります。1000文字100円でも応募する人がいればクライアントは価格を上げませんよね。

狙い目は専門知識が必要な分野

しかしそれがカードローンや仮想通貨、ふるさと納税やセルフメディケーション税制ならどうでしょうか?記事のニーズはあるのですが誰でも書けるものではありませんよね。そういうニッチな分野に強ければ、同じライティングスキルでも高い単価で請け負うことができ稼げます。

ただし、医療や法律関係は資格がない人は手を出さない方がいいでしょう。
単価が高くても何かあったときに対応できませんしリスクがあります。

まとめると

1.タスク(ライティング)やコンペ(イラスト、デザイン)で「実績」を作る

2.実績を背景にプロジェクトに応募

3.クライアントから指名が来るようになる

4.単価が高く稼げる仕事を選べるようになる

という流れになります。

ともかく会員登録してみて、どういう案件があり、ご自身ができるかどうかを確認してみましょう!
退会もペナルティ無しでできますので安心してください。

クラウドワークスの評判は初心者でも稼げるがステップアップが必須!

まとめ
  • クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングマッチングサイト
  • 200万人が登録していて、案件数も多い
  • バイト(雇用)ではなく「業務委託」の方法になる
  • スキマ時間に在宅でパソコンを使ってお小遣い稼ぎができる
  • スキルがあればバイトよりもはるかに稼げる
  • クラウドワークスとランサーズは好き好きで、案件の内容によって選ぶ
  • 最初はタスクやコンペで実績を積み徐々にプロジェクトへ移行する
  • 能力がある人にはクライアントから直接依頼が来る
  • クラウドワークスの評判は上々なのでまず会員登録してやってみる
  • 途中で退会してもペナルティやデメリットはない

 

こちらの記事も読まれています