Web業界やゲーム業界に詳しく、いずれはフリーランスとして働きたいと考えている人!株式会社レバレテージが提供する「レバテッククリエイター」に登録してみてはいかがでしょうか。豊富な案件数と高単価がクリエイターの間で話題になっているレバテッククリエイターの魅力や評判をメリット、デメリットとあわせて紹介します。

レバテッククリエイターとは

株式会社レバレテージが運営するレバテックと呼ばれるサービスは「キャリア」「フリーランス」「クリエイター」の3つにわかれていて、どれもWEB・IT業界のエンジニアやクリエイター求人に特化しています。
「キャリア」がエンジニアやクリエイターの正社員求人、「フリーランス」がエンジニアのフリーランスを取り扱っていますが、「クリエイター」ではWebクリエイターやゲームクリエイターなどクリエイターのフリーランス求人が豊富です。
フリーランスの仕事だけではなく、派遣の求人も紹介しているのでさまざまな案件の中から自分に合った求人を見つけられます。
転職に悩んだときには「レバテックタイム」を利用すると、クリエイターのリアルな業界事情がわかるので並行して利用するといいでしょう。

レバテッククリエイターのメリット

フリーランスの求人サービスを行っている会社には、「PROsheet」や「「ギークスジョブ」「エンジニアファクトリー」などレバテッククリエイター以外にも複数存在します。
その中でもレバテッククリエイターならではの良さはどこにあるのでしょうか。その答えのひとつには豊富な案件数、そしてもうひとつは高単価にあります。
前章で説明した通りレバテッククリエイターで紹介する案件はフリーランスから派遣と幅広いため案件数が多く、視野を広げて自分に合うと思える仕事を探せます。
レバテッククリエイターで取り扱っている案件の8割は非公開求人で、オンラインで無料登録をすると、なかなか出会えない優良企業や大企業を見つけやすいところも魅力です。
エンドクライアントから直請けしている案件が多いことから仲介手数料が低く、他社よりも高額単価を期待できます
フリーランスや派遣という働き方は収入が安定せずに不安に感じる人が目立ちますが、レバテッククリエイターでは契約終了前に新しい案件を紹介してくれるので安心です。
カウンセラーが求人紹介の段階から応募書類の書き方、面接の指導まで手厚くフォローしてくれるところも魅力と評判。仕事が決まった後も定期的にカウンセラーとのランチ面談の場を設けていて、困ったことや悩んでいることを打ち明けられます。フリーランスだからといって、ひとりで悩みを抱え込むことがありません。

レバテッククリエイターのデメリット

案件数の多さや報酬の高さで定評のあるレバテッククリエイターですが、デメリットがないわけではありません。
在宅勤務でも関東や関西の一部地区に住んでいる人対象の案件が大部分を占めていて、地方に住んでいる人は「案件が少ない」と感じることがあるようです。。
また経験者と比較するとどうしても未経験者や無資格者に紹介できる案件は限られています。「案件数が多いと謳っている割には、あまり案件がなかった」「自分に紹介された仕事が全然高単価でなかった」と期待外れの評判もありました。
市場における自分の価値がわからないという人には、自分のスキルから報酬を予測できる「単価診断」がおすすめです。詳細は次章で説明します。

便利な「単価診断」を使ってみよう!

「自分がどの程度の収入を稼げるのか知りたい」「自分に合った企業があるのか手っ取り早く知りたい」と考えている人におすすめなのが、レバテッククリエイターの公式Webページ上にある「単価診断」。自分が希望する職種と経験年数、使用ツールを入力すれば1分程度で自分に見合った単価がわかるだけではなく、コーディネーターからのアドバイスを受けたり、おすすめの求人情報を閲覧できたりします。
フリーランスとして働く際に、単価の相場がわからないという人もこれを使えば大体の目安を知ることができそうですね。
当然のことながら経験値の高い人や資格を持っている人ほど、高単価が打ち出される傾向にあります。

レバテッククリエイターはこんな人におすすめ!

レバテッククリエイターのメリットはさまざまなところにあることがわかりましたね。
レバテッククリエイターにはWeb業界やゲーム業界に精通した優秀なコーディネーターが多数在籍していますが、決して自分の意見を押し付けるのではなく、クリエイターの志向を大切にして案件の紹介を行っているので、仕事はこだわって選びたいと考える人にはぴったりです。
また在宅でできる仕事や週3日程度の仕事など多様な案件が揃っているので、フルタイムで働けない育児中のパパママや、プライベートの時間を大切にしながら働きたいという人にも向いています。
クライアントへの営業活動や報酬の交渉はすべてコーディネーターが代わりにおこなってくれるため、交渉事や営業が苦手という人も安心して仕事を見つけられるでしょう。

まとめ

Web業界、ゲーム業界の発展に伴ってクリエイター系の求人は増加傾向にありますが、どれが自分に合っているのかはなかなかわかりませんよね。レバテッククリエイターではひとりひとりに合った求人を紹介し、ミスマッチを防ぐ努力をしているので安心して相談することができるでしょう。自分ではなかなか就職できない大手企業の求人も多いと評判で、転職活動に期待が持てます。

フリーランスもいいけど、やっぱり正社員で手堅く年収アップを狙いたい!そんなあなたにはこちらの記事もおすすめです。

最短9日で転職できる!レバテックキャリアの評判と特徴ガイド

レバテックキャリアの公式サイトはこちら

★あわせて読みたい