秘書に転職する方法。求人の種類や必要なスキルを徹底解説

秘書に転職する方法。求人の種類や必要なスキルを徹底解説

秘書に転職するにはどうしたら良いのでしょうか?

未経験でもOK?派遣やアルバイトの求人もありますか?

この記事では、秘書に転職する方法や、求人の種類について書いていきます!

秘書になるには、転職エージェントを経由する方法のほか、紹介や正社員から転職することもありますね。

また、秘書になるために必要なスキルもまとめています。秘書を目指したい人は要チェックですよ。

\ 記事の途中に移動します /

この記事を読めば、秘書になるための情報がすべてわかります!

秘書に転職するには?未経験でもOK?

秘書に転職するには?未経験でもOK?

ここからは、秘書になるにはどうしたら良いのか、以下の項目について解説していきます。

  • 秘書になる主な方法
  • 未経験で秘書になる人が大半
  • 秘書になる人の志望動機とは?

まずは、秘書を目指すための基本情報について知りましょう!

転職サイトやエージェント、紹介や正社員からなる人も

秘書になるには、主に以下の方法があります。

  • 転職サイト・エージェントから転職
  • 前職の知人を介した紹介
  • 正社員として業務経験を積む

他の転職と同じように、転職サイトやエージェントを介して秘書になる人も多いです。

ほかに秘書に就く方法として、前職の知人の紹介などのコネクションからという人もいますね。

また、正社員として入社し、業務経験を積んでから秘書の職に就くパターンもありますよ。

未経験・転職で秘書になる人がほとんど!

秘書は、未経験から転職で就く場合が大半です。

なぜなら秘書には、社会人としてのマナーや、その業界・業務についての知識が必要不可欠だからです。

そのため、これまでの経歴を活かして、秘書として働き始める人が多いですね。

秘書になるには、未経験でもOK。しかし、何かしらの実務経験が求められますよ。

秘書になる人の志望動機

実際に秘書になる人は、どんな動機で秘書を志望するのでしょうか。

よくある志望動機は、「秘書を担当する業界でもともと働いていて、よりトップクラスの人のサポートをしたい」という意見ですね。

また、パソコンのスキルや、コミュニケーション能力の高さを活かしたいという動機もありますよ。

秘書の求人の種類

秘書の求人の種類

秘書の求人には、正社員・派遣・アルバイト・新卒があります。

しかし、これらの求人の種類によって、求人の数や業務内容に差があるので注意が必要ですよ。

正社員・派遣・アルバイト・新卒の秘書の求人について、その特徴を説明していきます。

正社員の求人はあるが、経験者のみが多数

秘書には、正社員の求人もあります。

しかし、秘書経験者のみの募集がほとんどですね。

そのため、未経験でいきなり正社員の秘書になるのは難しいと考えておきましょう。

派遣やアルバイトの求人もある

派遣やアルバイトの秘書求人もありますよ。

ただし業務内容は、秘書仕事の中でも事務がメインである傾向が強いです。

つまり、上司に同行してクライアントと会い、バリバリ仕事をこなすというよりは、パソコンでの資料作りや書類のコピー、エクセルの入力などが主な仕事になりますね。

「秘書」と求人にあっても、派遣やアルバイトの場合は、本当にあなたがやりたい仕事かどうか、しっかり確認するようにしましょう。

新卒の求人はほぼない

秘書に新卒の求人は、ほぼないです。

なぜなら、先ほども述べた通り、秘書には実務経験が必要不可欠だからですね。

ただし例外として、大手の法律事務所などでは、稀に新卒の秘書の求人が出ることもありますよ。

中には、新卒を積極的に採用している法律事務所もあります。

もしも、あなたが新卒で秘書の仕事に就きたいと考えるなら、大手の法律事務所の求人を探してみるのがおすすめです。

秘書に必要不可欠な5つのスキル

秘書になるにはどんなスキルが必要なのでしょうか?
秘書を目指すなら、次のようなスキルがあると有利ですよ!
  • コミュニケーション能力
  • 一般社会常識・マナー
  • 上司の仕事の業界や業務内容についての知識
  • 事務処理能力
  • 素早く的確な判断力

上記にの5つのスキルは、秘書になる上で必要不可欠です。

一つずつ、しっかり確認していきましょう。

コミュニケーション能力

秘書に不可欠なスキルの1つ目は、コミュニケーション能力です。

なぜなら秘書は、上司のクライアントや要人と会って話したり、電話で対応したりといった仕事を任されることがあるからです。

どんな相手ともうまくコミュニケーションを取ることは、上司の仕事を円滑に進める上で大切ですよ。

秘書を目指すなら、様々な立場の人と交流できるコミュニケーション能力を磨きましょう。

一般社会常識・マナー

一般常識や社会常識、マナーについてしっかり知っておくのも、秘書になるためには必要不可欠です。

先ほども書きましたが、秘書は上司の仕事に関係する様々な人と接する機会があります。

そのような場合に、常識やマナーを知らないと、上司に恥をかかせてしまうこともありますよ。

秘書になるなら、一般常識マナーもしっかり身につけておきましょう。

上司の仕事の業界や業務内容についての知識

秘書に必要不可欠なのは、上司の仕事の業界や業務内容についての知識です。

上司の仕事をサポートするのが、秘書の仕事。当然、その業界や業務内容に関する知識がないと務まりません。

秘書になるなら、上司の業界で実務経験があることが望ましいですね。

もしも実務経験がない場合、その業界の知識を身につけられる資格を取ると良いですよ!
求人応募の際、知識そのものはもちろん、やる気もアピールできます!

事務処理能力

事務処理能力も、秘書になる上で必要不可欠な能力です。

なぜなら、書類の作成やあらゆる手続き・手配などの事務仕事をてきぱきとこなすことも、上司の仕事をスムーズに進めるために重要だからです。

秘書を目指すなら、効率を考えて事務仕事をこなせるようにしましょう。

また、WordやExcelを使いこなすスキルや、パソコンのブラインドタッチ入力も身につけておくと良いですよ。

すばやく的確な判断力

秘書になるなら、すばやく的確な判断力も必要不可欠ですね。

上司の仕事には、時に急な変更や不測の事態が起こることもあります。

そのような非常事態に、できるだけ速く正しい判断を下すことで、上司の仕事をうまくサポートできますよ。

秘書に転職するなら、どんな時でも落ち着いて冷静に判断できるようにしておきましょう。

秘書への転職を成功させよう!

ここまで、秘書になる方法や求人の種類、必要不可欠なスキルについて見てきました。

最後に、まとめて振り返っておきましょう。

まとめ

<秘書になる主な方法>
① 転職サイト・エージェント
② コネクション・紹介
③ 正社員として業務経験を積む
⇒未経験で秘書になる人が大半

<秘書の求人の種類>
① 正社員…経験者のみが多数
② 派遣・アルバイト…事務仕事メイン
③ 新卒…ほぼない 例外:大手法律事務所

<秘書に必要不可欠なスキル>
① コミュニケーション能力
② 一般社会常識・マナー
③ 業界や業務内容についての知識
④ 事務処理能力
⑤ 素早く的確な判断力

秘書の仕事は、実務経験や職歴を活かして働けます。

その業界の第一線で活躍する人のサポートをしながら、日々刺激の多いやりがいのある仕事ですよ!

あなたもぜひこの記事を参考に、秘書への転職にチャレンジしてみてくださいね。

ビズリーチ[BIZREACH]評判│即戦力人材の年収は?ハイクラス採用の転職

外資系企業に転職したいなら、絶対に抑えておきたい転職エージェント・サイト13選