最近は少子高齢化が深刻な問題となり、日本はそれによる医療業界の医師不足という大きな課題を抱えています。
そんななか、医師の「専門性だけでなく、働き方や職場環境に対する希望も考慮して、キャリアアップしたい」というニーズはますます高まっています。そこで、2004 年 4月、新医師臨床研修制度が制定され、医師の職場に対する選択肢が増加しました。

ポイント 女性

そのような背景で誕生したのが「マイナビDOCTER(マイナビドクター)」です。

男性

患者さんの症例数のほか、医療圏や医局についても、医師が知りたい情報を知り尽くしているマイナビドクター。
これを読めばマイナビドクターについて詳しく分かりますよ!

\  公式サイトはコチラ  /

⇒1分でカンタン!マイナビドクターに登録

マイナビドクターの口コミ評判


マイナビドクターは常勤だけでなく、定期やスポットなどの非常勤といった、さまざまな働き方を選ぶことのできる「医師のための転職サイト」です。医師一人ひとりの希望、キャリアステップなどを考慮したうえで、専任のキャリアパートナーが医療機関とのマッチングを行い、転職活動の支援をします。

まず、マイナビドクターの気になる口コミ情報をチェックしていきましょう。実際にマイナビドクターを利用した医師からの評判をまとめてみました。

最新設備の病院に転職できて満足

最新の医療機器が導入された環境に転職できた

前職では医療機関の設備が古かったため、最新の医療機器が用意された環境で働きたいという気持ちで転職活動した結果、マイナビドクターで満足のいく転職が実現できました。

最新の医療機器でこれまでの経験を生かした施術を行うことで、患者さんにもさらに貢献できるようになりました。また、新しい技術の導入により、医療ミスを防ぐことができるので、多くの命を救うことにもつながります。

ポイント 女性 右

その最新の医療機器の導入を医療機関に働きかけたのがマイナビドクターのキャリアアドバイザーでした。そこまでの転職支援ができるのは、やはり医療業界に太いパイプをもつマイナビならではといえるでしょう。

マイナビドクターなら医師アルバイトの紹介も!

開業資金のためのアルバイトを紹介してもらえた

開業するためには多くの資金が必要となるため、当時所属していた病院の休診日である木曜日のアルバイトを探していました。しかし、同じ診療科目の場合はほとんど木曜休診だったのでアルバイト先を見つけるのはかなり難しいものでした。そんな時、医療業界を知り尽くしたマイナビのキャリアアドバイザーが医療機関に「休診日の変更」を提案してくれたのです。
ポイント 女性 右

マイナビドクターでは本業としての転職だけでなく、副業やアルバイトといったお仕事の紹介も行っています。

この場合、休診日を変更したことで医師は副業としての入職が可能となり、医療機関側にとっても、これまで受診できなかった患者さんが来院できるようになったというメリットがありました。

マイナビドクターなら年収アップも可能!

以前よりも年収がアップした

給料の交渉などは、なかなか面と向かっては言いにくいものですが、マイナビドクターではキャリアアドバイザーの方が交渉を行ってくれました。医療業界についての経験豊富なマイナビだからこそ、きっと上手く交渉してくれるという安心感もあり納得いく給与が提示される医療機関が見つかるまで、転職活動を続けることができました。
ポイント 女性 右

他にも、マイナビドクターを利用した転職で、300万円以上年収がアップしたという声が多く挙がっています。
マイナビのこれまでの転職支援に対する医療機関からの信頼が生きているのでしょう。

マイナビドクターで勤務時間の悩みも解消

プライベートの時間が増えた

当時は心療内科に勤務していたのですが子育てで長時間労働が難しくなり、転職先をどうすればいいか悩んでいました。そんな時マイナビドクターのキャリアアドバイザーが、担当している診療科目にしばられず柔軟な提案をしてくださったおかげで産業医の仕事に就くことができました。
ポイント 女性 右

他にも親の介護という理由や、医師自身の加齢による体力不足などで、仕事の負荷を減らしたいという声も多く挙がっています。
マイナビドクターでは、多様な求人を扱っているので、希望を最大限考慮した転職先を提案することができます。

そのような、医療業界に対する知見が必要な提案ができるというところもマイナビドクターの強みといえるでしょう。

医療業界に太いパイプをもつマイナビだからこそ、医療機関も医師も両方が幸せになれる転職を実現することができるのです。現状に満足できないという医師の方は、ぜひ一度、専属のキャリアアドバイザーに相談してみてください。

マイナビドクターのメリット(特徴・魅力)


そんな時代の救世主となるマイナビドクターですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

登録1分!利用料は完全無料!


マイナビドクターは登録料や紹介料といった費用が一切不要で、手厚いサポートが完全無料で受けられる医師のための転職支援サービスです。マイナビドクターの利用には、登録フォームからの登録が必要となります。
多忙な医師を考慮した、1分間で登録が完了できる仕組みもマイナビドクターの魅力のひとつ。簡単なプロフィール・経歴、希望条件などの入力のみで登録は完了し、ほかに煩雑な手続きはありません。だから、なかなか転職活動に時間を割けないという方でも、登録だけであればすぐにできるのです。

また、登録しないと閲覧できない優良な「非公開求人」が8割を占めるため、未登録では閲覧できる募集もかなり少なくなってしまいます。まずは、登録だけでも済ませておくとよいでしょう。

専任のキャリアアドバイザーがフルサポート!


登録後は、専任のキャリアアドバイザー(コンサルタント)が、医師の年収、残業時間、研修の有無といった細かい希望に対して詳細にヒアリングを行い、希望に合った医療機関を紹介してくれます。キャリアアドバイザーは、手間のかかる面接などの日程調整も行ってくれるほか、給与や休暇、残業時間などの医療機関に直接聞きにくいような内容についても確認してくれます。もちろん、条件が折り合わない場合には、交渉も代行してくれますので、キャリアアドバイザーに自分の希望を伝えるだけでよいというのは大きなメリットといえます。
そして、単なる転職支援にとどまらず、その先のキャリアステップ、キャリアアップに関しても相談することができるため、強い安心感があるのです。

実際に入職してから、事前に提示されていた条件と違うといったトラブルがあった際にも、マイナビドクターが医療機関との間に入って解決に導いてくれます。

マイナビは、優良事業者として認定されている


マイナビドクターの運営会社である株式会社マイナビは、厳しい基準をクリアした事業者のみが認められる「職業紹介優良事業者認定制度」という制度で、厚生労働省から2015年に認定を受けています。

ポイント 女性

これは、約80項目にもわたるキャリアコンサルティングの状況や利用者の満足度といった厳しい審査をクリアしないと認められないもの。

マイナビがこれまで40年以上に渡って提供してきた人材紹介サービス業のノウハウが認められた結果といえます。

マイナビドクターのデメリット


それでは、次にマイナビドクターのデメリットをチェックしていきましょう。

首都圏の求人しかないって本当?


マイナビドクターは全国に拠点をもっているので、もちろん、首都圏以外の求人についても取り扱っています。ただし、特に人気の首都圏の求人が7割以上を占めるというのもマイナビドクターの特徴のひとつです。そのため、地方での転職を検討している医師にとっては、求人数が少なすぎると感じられるかもしれません。しかしマイナビドクターは“求人の質”という面にこだわり、厳選した求人のみを掲載しているので、特に地方から首都圏への転職を希望する医師には安心なサービスといえるでしょう。

また、常勤の求人だけでなく、非常勤の求人もほぼ同じ割合で募集があります。
非常勤を希望する医師が細かい条件を設定して検索することもできるので、効率よく希望する医療機関を探すことができるのです。

求人案件のほとんどが非公開


マイナビドクターの求人はほとんどが非公開。その数は半数以上に上ります。求人があるのに閲覧できないのは、少しストレスになりそうですね。求人情報も少し分量が少ないと感じる方も多いようです。

ただし、マイナビドクターはこれまでの経験を生かして、優良求人のみの掲載を行っていますので、“質”という面では間違いないといえるでしょう。特に「転職」という人生にとっても重要な転機には、量より質の方が大切になるのではないでしょうか。

マイナビドクター独自の強みに欠ける


サービス自体の質は悪くないものの、利用者からは「マイナビドクターならでは」という特筆すべき特長がないという声も聞きます。

それでも、安心感や過不足のなさには定評があるので、そのような独自の強みは不要という考え方もあるかもしれません。今後のさらなるサービスの発展が期待されています。

マイナビドクターの使い方


マイナビドクターは登録も簡単で、とても使いやすい転職サービスです。登録した後の基本的な流れをご説明いたします。

まずは無料登録

ポイント 女性

マイナビドクターを使うには、まずは会員登録をする必要があります。1分で完了する簡単な内容になっているので、あまり時間が取れないときでも、登録だけであれば済ませられるのではないでしょうか。

パソコンが使える環境にない場合には、電話による登録も受け付けています。

専属のキャリアアドバイザーからの求人紹介

ポイント 女性

登録後はもちろん、一覧から求人を検索して応募することも可能ですが、キャリアアドバイザーからも転職先への希望や条件について、メールや電話で問い合わせがあります。

そして、ヒアリングした内容に合った求人があれば、すぐに紹介してもらうことが可能です。
その際に、求人募集に書かれている情報以外に、実際にキャリアアドバイザーが見学した時の内容など、リアルな情報が得られるのもマイナビドクターの求人紹介のメリットです。
もちろん、全てが条件を満たす求人ばかりではないかもしれませんが、絶対に外せない条件などをしっかりと伝え、アンマッチを防ぐようにすると効率よく活動をすすめることができます。
また、

あまりにも提示した条件が厳しすぎる場合には、希望するような求人がないというケースもあります。そのようなことにならないように、希望の優先順位を決めておき、希望条件の取捨選択をするということも考えておきましょう。

職場見学、面接など

ポイント 女性

紹介された求人のなかで、気になるものがあれば、現地を見学に行ったり、面接を受けたりすることができます。

その際の面倒な日程調整はキャリアアドバイザーが行ってくれます。待遇面などの、なかなか聞きにくい内容についても、アドバイザー経由でしっかりと確認することができるので安心です。また、書面上の条件面だけでは分からないようなことも、経験豊富なアドバイザーが現場にヒアリングしてくれるので、有用な情報を得ることも可能となっています。

細かい業務内容や現場の空気感、担当者との相性など、事前に見極めておくべきことはいろいろとあります。少しでも不安がある場合には、キャリアアドバイザーに相談してみるとよいですね。

希望する医療機関へ転職

ポイント 女性

待遇面や福利厚生、仕事内容などに納得できる医療機関が見つかれば、いよいよ転職です。いざ入職してから、「面接の時の話と違う」といったことが起きないように、条件面などについてはキャリアアドバイザーがしっかりと確認してくれます。

ただし、内定が出たら、必ず入職しなくてはならないのかというと、そういうわけではありません。少しでも懸念や、他に気になる求人があるのであれば、さらに転職活動を続けることもできます。その際の内定辞退の連絡も、キャリアアドバイザーに伝えるだけで良いので、心理的な負担が軽減されるでしょう。

また、マイナビドクターでは「転職して終わり」ではなく、入職後のフォロー体制も万全です。何かあれば、すぐにキャリアドバイザーに相談することができるので安心なのです。

マイナビドクターのネットワークはなぜ太い?


マイナビドクターは、医療業界のネットワークに対するパイプの太さにも定評があります。やはり、転職支援サービスのなかでも、トップクラスのマイナビが運営しているというのが一番の強みとなっているのでしょう。マイナビには看護師、薬剤師、医療介護の転職サイトを運営してきたという実績があり、これまで「メディカル領域の実績」と、「医療機関との関係性」を築き上げてきました。
そのため、過去の医療機関との取引実績は10,000社を超えており、そのことからも深い信頼を得られているのです。

ポイント 女性

マイナビドクターの最も大きな強みといえば、この医療業界とのパイプの太さでしょう。

ドクターズコラムとは?


マイナビドクターには、現在、第一線で活躍中の医師へのインタビューや、医療に関するコラムが掲載されています。そのコンテンツが、「ドクターズコラム」です。開業した医師の体験談や、医師にとって関心の高い患者さんとのコミュニケーションの取り方についてのハウツーなど、実際の仕事にも役立つ情報が満載。エリア別の平均収入や、診療科目別の満足度といった気になる情報を収集し、分析したリサーチ記事や、環境による医師の働き方の違いといった、現場の取材をもとにして作られたインタビュー記事などは、転職を考える方にとっても、次のキャリアステップのための良いヒントになるでしょう。
また、「ドクターズニュース」という、医療系の最新ニュースをまとめたコンテンツも配信されています。
医療業界に関するありとあらゆるニュースが集められているので、自分で最新情報を探し回らなくても、このコンテンツを毎日チェックするだけで良いのが便利。

ポイント 女性

このように、マイナビドクターでは直接的な転職支援だけでなく、医師にとって有用な情報や役立つコンテンツを発信することで、キャリアアップの支援も行っているのです。

マイナビドクターの利用をおすすめしたい方


ポイント 女性

全国に拠点をもつマイナビドクターですが、なかでも特に力を入れているのが、東京、神奈川、埼玉、千葉といった首都圏の求人で、都心部の転職には圧倒的な強さを発揮します。

そのため、地方から都心部への転職を希望する場合にも、おすすめできるサービスです。
また、企業との太いパイプをもつマイナビのサービスなので、医療機関以外の企業で産業医として働きたいという医師にもおすすめ。産業医の求人は、医療機関の求人のなかでは、数が少ないといわれていますが、マイナビドクターには比較的多くの産業医の求人が用意されています。
ポイント 女性

つまり、マイナビドクターは、今後の日本の医療を支えるための「医師と医療機関のマッチングサービス」といえるのです。

\  マイナビドクターを使ってみる  /

⇒公式サイトはコチラ

こちらの記事も読まれています