※この記事は2018年4月に追記したものです。最新の情報をお届けします。

疑問 男性

リクナビネクスト(NEXT)って、芸能人を起用したCMも有名だし、よく聞く名前だけど、いったいどんなサービスがあるんだろう…?実際に使った人の評判や口コミが気になるなあ。

女性

リクナビネクスト【NEXT】は日本最大級の転職サイト。うまく使いこなせば転職活動の成功率をぐっと上げることができます。でも確かに、実際に使っている方の評判も気になるところ…そんな方のために、今回はリクナビネクスト【リクナビNEXT】の評判についてとことん詳しく説明しますよ!

リクナビネクストの人気サービスや便利機能などはこちらのページで詳しく解説しているので、御覧くださいね!↓↓

\ 無料で求人を探す /

⇒リクナビネクスト【リクナビNEXT】の公式サイトはこちら

目次【クリックして移動できます】

年齢・現在の職業・居住地別にみる リクナビNEXTに登録しているユーザー層

リクナビネクスト登録ユーザー層画像実際にリクナビNEXTに登録しているのはどのような方なのでしょうか?

リクナビネクスト【リクナビNEXT】ユーザー層:年齢別(20代・30代・40代・50代)

リクナビNEXTに多い求人年齢層は、若干30代前半が多めですが20代・30代・40代・50代と大差はありません。これは、若者だげではなくキャリアを積んだ年代にも有利な転職サイトと言えるでしょう。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】ユーザー層:現在の職業(営業・事務系・販売・クリエイティブ・エンジニア・福祉・講師・等)

事務や企画系が一番多く、次に営業系、サービス、販売に続きます。さまざまな職業の方が利用されています。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】ユーザー層:居住地(東京都・首都圏・東海・関西・等)

過半数以上が東京もしくは東京都を除く首都圏にお住いの方です。人口の多さもありますが、その他の地域の方もまんべんなく利用されています。
⇒TOPへ戻る

リクナビネクスト【リクナビNEXT】の評判は!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】の使い方や特徴などを紹介して参りましたが、やはり気になるのは実際にリクナビNEXTを利用した方々の声ですよね。

ポイント 女性

そこで実際の利用者の声を皆様へお届けしますので、ぜひ参考にしてください!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】の良い口コミ

やっぱり求人数が豊富なのは心強い!(年齢:20代 性別:女性)

おすすめ度:★★★★★
リクナビNEXT登録を決めた理由は、求人件数の多さです。ただ多ければ良いというものではないという意見もありますが、多くの求人案件を眺めていれば求人企業側のニーズなどが段々とわかってきますし、良い求人条件や悪い求人条件などもスムーズに見分けることが出来るようにもなります。
またそのような勘所がわかってくれば、転職活動で自分をどうアピールするかの戦略も立てやすくなりました。
そのような意味で、多くの求人件数に触れることができるリクナビNEXTは、転職志望者にとって欠かせない転職サイトの一つだと思います。

オファーメールがきっかけで収入アップの転職を実現!(年齢:30代 性別:男性)

おすすめ度:★★★★★
リクナビNEXTに登録したなら、スカウト登録もしておいた方が絶対にいいですよ。
リクナビNEXTに登録していると、続々と新しい求人情報がメールで届きますのでそれらをチェックしているだけでも求人情報を得るには正直十分だと思っていました。
しかし、自分が面接を受けて最終的に転職を果たしたのは自分が知らなかった企業からのオファーメールだったのです。
非公開で求人を探していた企業だったので検索で発見できなかったのは当然ですが、企業風土や仕事内容、勤務条件全てが自分の希望通りで、転職した結果、年収も約15%アップさせることができました。
私のような経験者がいますので、リクナビNEXTに登録したら求人情報検索だけで満足するのではなく、スカウト登録も欠かさず行うことをオススメします!

スマホでの使い勝手が抜群に良い!(年齢:20代 性別:男性)

おすすめ度:★★★★★
「多くの転職活動者は複数の転職アプリを使っていると思いますが、私もその一人でした。
転職アプリを色々と使ってみての率直な感想ですが、スマホでの使い勝手が抜群に良かったのはリクナビNEXTですね。
スマホユーザーの視点で、サイトデザインやボタンの配置構成などが巧みに計算されて作られていると思います。
会社のデスクトップPCで転職サイトは堂々と開けませんので、転職活動は外での移動時間などを有効に使う必要があります。
つまり、スマホ画面上での機能や使い勝手というのは転職志望者にとってすごく大切なポイントになると思います。
その点でリクナビNEXTは文句なし。スマホだけで転職活動に安心して取り組めました。

たくさんの求人に出会えた(年齢:30代 性別:女性)

おすすめ度:★★★★☆
リクナビネクストが有名だったので登録しました。やはり求人数がとても多いのが良かったと思います。前職と同じ職種で探しやすく、たくさんの求人を見つけることができました。メールでも希望の条件に合った求人を送ってきてもらえたので合計するとかなりたくさんの希望条件に合った求人に出会うことができ、その中から気に入った企業に転職できました。利用してよかったです。

スカウトで転職できました(年齢:20代 性別:男性)

おすすめ度:★★★★★
大手だったのでリクナビネクストに登録しました。自分の条件に合った求人を探すことができるのが良かったです。求人数もとても多いように感じました。企業からのスカウトメールが来て無事転職することができました。使って良かったと思います。

プライベートオファーが魅力的(年齢:30代 性別:男性)

おすすめ度:★★★★★
企業数が他の転職サイトと比べても多かったと思います。検索機能もたくさんあり希望の条件に合った求人を探すのにとても便利で使いやすかったです。特に良かったのはプライベートオファーで、経験のある職種以外でもプライベートオファーが来たことで未経験の職種に転職できたことです。普通に探していたのではこんな事はないと思うのでリクナビネクストを使って良かったです。

大手が多い(年齢:20代 性別:女性)

おすすめ度:★★★☆☆
サイトは見やすく求人も探しやすいです。でも都市部が多く田舎の方になると求人数がぐっと減ります。まあ仕方ない事なのですが。大手企業が多い印象です。大手企業に転職してみたい人にはいいんじゃないでしょうか。

使いやすい(年齢:20代 性別:女性)

おすすめ度:★★★★☆
担当エージェントがつかないのがよい。メールでのやりとりだけです。自分で検索したりスカウト登録したりしてサイト上で応募。求人数も多いし使いやすいと思います。自分のペースでゆっくり探したい人にはいいんじゃないでしょうか。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】の悪い口コミ

同じ企業がでてくる(年齢:20代 性別:男性)

おすすめ度:★★★☆☆
求人数は多くて良いと思いますが、検索で探したときに同じ企業が何回も出てきたりして探しにくかったです。改善してほしいです。

地方が少ない(年齢:30代 性別:女性)

おすすめ度:★★★☆☆
使いやすく、見やすく、探しやすかったんですが、私の住んでるところが地方なのでなかなか自分の希望の条件の求人を見つけることができなかったです。

スカウトされたのに断られた(年齢:20代 性別:男性)

おすすめ度:★★★☆☆
スカウト登録をして企業側からスカウトメールがきたのですが、応募したら断られました。スカウトした時点ではあまりこちらの情報を見ていないのでしょうか??断るならスカウトしなければいいのにと思いました。それ以外はとても使いやすかったです。

転職に強い!リクナビネクスト【リクナビNEXT】の使い方とそのポイント

img_010

リクナビネクスト【リクナビNEXT】は、数ある転職サイトの中で日本最大級の求人情報を得られる超メジャー転職サイトであり、就職・転職でお馴染み、リクルート系列の「株式会社リクルートキャリア」が運営しています。

多くの求人情報を掲載しているリクナビネクスト【リクナビNEXT】。転職をスムーズに行うために知っておきたいポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。では早速リクナビネクスト【リクナビNEXT】の使い方を説明して参りましょう。

ポイント 女性

求人情報を検索するだけの目的で使用するなら特に手続きは不要ですが、サイト上からの応募手続きや気になった案件の登録等々、リクナビネクスト【リクナビNEXT】の便利な機能を活用するには登録手続きを行う必要があります。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】会員登録方法

会員登録方法は次にご紹介する3ステップの作業で済みますので、とても簡単です。

img_002

1.メールアドレス登録

最初のステップはメールアドレスを登録するのみ。たったこれだけです。

2.仮登録メールの確認

登録したメールアドレスに仮登録メールが届きますので、そのメールに記載されているURLをクリックします。

3.プロフィールの入力

指定のURLをクリックしたら自分の名前、住まいなど必要事項を入力する画面が表示されますので、それらに必要事項を入力したら会員登録完了です。

女性

これで求人案件の応募をはじめとした、リクナビネクスト【リクナビNEXT】の会員向け機能を利用できるようになります。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】の求人件数は豊富!「気になる」ボタンでリスト化を

リクナビネクスト【リクナビNEXT】の基本的な使い方はトップの求人画面で所定の条件、例えば「職種」「勤務地エリア」の他、キーワードなどを通じ、取引件数5万社以上、週2千件近く新着更新される求人案件の中から希望する求人情報を探し出すことにあります。

疑問 男性

といっても、これだけ多くの求人案件が日々更新される中で希望の求人案件を絞り込むのは大変だし、慌てて求人企業を絞ったり選んだりすると失敗しそうだなあ。

気になるボタンを押すそこでオススメしたいのが、リクナビNEXT会員専用のブックマーク機能と言える「気になる」ボタンの活用です。

求人案件を検索していて、応募するかどうかはまだ決められないけど「この求人は気になるなあ」という案件はとりあえず「気になる」ボタンを押しておけば、マイページに登録されます。

そうすれば後で探し出す手間が不要になりますし、他の気になる求人案件とじっくり比較検討を行えるようにもなります。

2017年からはこの「気になる」ボタンがより一層便利に進化!ますます転職活動がサクサク進められるようになりました。
⇒進化した気になるボタンの詳細はコチラ

リクナビネクスト【リクナビNEXT】は求人への応募方法もラクに行える!

では応募したい求人が確定した場合、応募手続きはどうすれば良いかですが、この点も操作は簡単です。

各求人案件ページの画面右上に「応募ページへ」というボタンがありますので、このボタンをクリックすれば応募ページが表示されます。

応募ページヘのボタンはここから

その応募ページに必要事項を記入することになりますが、例えば経歴や氏名、住所等、どの求人企業に対しても同じ情報となる項目を毎回入力するのは大変です。

しかし御安心を!
登録時に入力した情報は応募ページにも反映されますので、訂正不要の個人情報については念のため間違いがないかを確認するだけでOKです。

このように一度登録を行っておけば、その後は効率的な応募手続きが行えるようになっています。

男性

必要事項の記入を全て済ませたら送信内容を確認して送信ボタンをクリック!
これで企業への応募手続きは完了してあとは企業からの連絡を待つのみなんだね!

⇒TOPへ戻る

リクナビネクスト【リクナビNEXT】は既卒の転職におすすめ?

既卒は実際に検索したところ極端に需要が下がって約150件

疑問 男性

第二新卒がある程度のビジネスマナーを身につけているのに対し、既卒は社会人としての経験がない。そのことから企業側から既卒への期待感がどうしても薄くなってしまうんだね…。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】はニートの転職におすすめ?

リクナビネクストはもちろんニートにも対応した求人が探せます。しかし数としては既卒よりボリュームが下がり求人件数は一桁。ただし、これは公開求人の場合。事項でご紹介しますが、「スカウト」に登録すれば非公開求人を紹介してもらうこともできますので、求人件数も可能性も一気に広がります。そして、レジュメを充実させて「社会人経験」が無くともあなたしか出来ない「ウリ」をアピールしましょう。「気になる」リストもフル活用すれば、求人を見つけられる可能性はますます増えるでしょう。

女性

ニートや既卒など実務経験のない方は転職サイトで「求人を探す」方法と並行して、キャリアアドバイザーからしっかりとアドバイスをしてもらえる「エージェント」に登録することもおすすめします。
第二新卒・既卒・ニートの転職・就職に強い転職エージェントランキング

⇒TOPへ戻る

リクナビNEXTなら転職サイトと転職エージェントの同時登録も!


リクナビNEXTならリクルートエージェントの同時登録も可能。より確実に求人を探したい、アドバイスをもらって転職活動を確実に足固めしたいという方にはぜひこちらの同時登録をおすすめします。

ポイント 女性

ここでリクナビNEXTからリクルートエージェントへの同時登録を勧められた方の口コミをご紹介します。

やはり業界最大手。非公開求人やスカウトが続々と届きました (O様 20代 男性)

元々リクナビNEXTに登録していて転職の確率が上がりますよとサイト内でオススメされてリクルートエージェントにも登録しました。やはり業界最大手のリクルートグループ運営という事もあり求人数そのものは比較的多かったように思います。非公開求人も多くこんな所があるんだという企業からも求人の案内やスカウト等が届きました。電話面談についても事前に伝えておけば夜遅い時間にも対応してもらえました。

実は非公開求人が多いリクナビネクスト【リクナビNEXT】!

img_011リクナビで、年々増えている非公開の求人案件です。実は、非公開の求人案件には魅力的な内容の企業が多いのです。

企業側が非公開にする理由は、他社に求人内容を知られたくないことが1番に挙げられます。
例えば、新しい事業を始めようとしている場合、求人内容によってライバル社に新事業を知られてしまう可能性が出てきます。
非公開の求人案にし、ピンポイントで声をかけられるスカウト制度を利用することで、それを防ぐことができます。

また、求めている人とかけ離れた人の応募が多数あると、無駄な選考に時間を取られてしまいます。

男性

だから来てほしい人に自ら声をかけられるスカウトが企業側に人気があるんだね!

ポイント 女性

その通り!スカウトに登録することで、非公開求人オファーの対象となります。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】で職務経歴書作成など就職活動応援してもらう!

自分の市場価値を知ることができる「スカウトレポート」も見逃せない!

オファーを受けた数や企業からの検索回数をもとにリクナビ登録者のデータをランキング。オリジナルの個人レポートが月に一度更新され、自分の転職市場での価値がどの程度か知ることが出来ます。自分のレジュメに興味を持ったのはどんな企業かを確認することも出来ます。

転職準備は「転職成功ノウハウ」が強い味方!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】サイト内の「転職成功ノウハウ」のページには、職務経歴書・自己PR・志望動機・履歴書など書類選考を勝ち抜く為のアドバイスや、面接対策・内定・退職の準備に至るまで、とても詳しく丁寧に紹介されています。

ポイント 女性

見事内定を勝ち取って採用されるためには、こちらも大いに活用されることをおすすめします。

勝ち抜くための職務経歴書作成ポイントはキャリアの棚卸し!

職務経歴書といった自分をアピールする資料は、転職を成功させるために、完璧なものを用意する必要があります。そのためにも自ら経験した職業などのキャリアの棚卸しをすることがポイントです!「たいしたキャリアなんて、もっていない…」なんて思っている方も必ずあるはずです。自分では、誰もができる作業と思っていても、必ずしもそうではありません!

女性

まずは、じっくり時間をかけて、ひとつひとつ書きだすことから始めていきましょう。

リクナビネクスト【リクナビNEXT】では無料で自己分析やアピールポイントを診断してくれます!

また、職務経歴書の作成に役立つのが、自己分析アピールポイントです!自分でも気づかないグッドポイントを、リクナビネクスト【リクナビNEXT】では無料で診断してくれます。質問に答えるだけでOK!気に入った会社へ応募する際に簡単に診断結果を添付する機能もあります。

女性

実際の面接にも役立つ内容なので、不安解消のためにも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

リクナビネクスト【リクナビNEXT】で無料診断する!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】が強い求人とは!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】は転職サイトでダントツ!と言える豊富な求人件数を誇っています。そのため、リクナビNEXTは多種多様な業種や職種の求人をカバーしており、むしろカバーされていない業種や職種を探す方が難しいと言っても過言ではありません。

ポイント 女性

その上で、リクナビネクスト【リクナビNEXT】が「特に」どのような求人が強いかと言いますと、次のような求人です。

職種では:「営業」

職種として特に強いのは「営業」で全体の求人件数の約25%程度を占めています。

業種では:「サービス系」「流通、小売」

業種についてはIT、メーカー、商社、建設等々幅広いジャンルの掲載会社がありますが、特に件数が多いのが「サービス系」「流通、小売」の分野となっています。従って営業職での転職を志向している方や、サービス系企業への転職を検討している方にとってリクナビNEXTは必須の転職情報サイトと言って良いでしょう。

派遣の求人は?

img_006転職の一つの選択肢として「派遣」がありますが、派遣社員に対する求人情報についてリクルート社では「リクナビ派遣」という専用サイトにおいて3万件以上の求人情報を紹介しています。そのため、派遣社員として働きたい場合にはリクナビ”NEXT”の方ではなく、名称が似ていますが、リクナビ”派遣”の方を利用することです。この点は間違えないよう留意してください。

リクナビNEXT「はじめての転職フェア」もおすすめ!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】では全国各地で、求人を出している企業の社員と会うことができる「はじめての転職フェア」のイベントが開催されています。企業の方と実際に会うことで、転職サイトの情報だけではわからない部分を知ることができます。

男性

複数の企業説明を聞くことができたたり面接を受けられる可能性もあって、内定をもらった方もたくさんいるみたいだね!

「はじめての転職フェア」参加者の感想や評判をご紹介!

「はじめての転職フェア」に参加した人たちの評判はどうなのでしょうか?
実際の参加者に聞いた感想をご紹介します。

「まさか転職フェアで転職先が決まるとは思っていませんでした」30代男性

おすすめ度:★★★★★
リクナビNEXTで「はじめての転職フェア」が行われることを知り、参加してみることにしました。
当日行ってまずビックリしたのは参加者の多さです。とにかくすごい数で、人気がある企業のブース前は人だかりができていましたね。
そんな中、ある企業のブースがちょうど説明が終わった直後だったようなので、話を聞いてみることにしました。
その企業のことは全く知らなかったのですが、大変可能性に満ちた事業に取り組んでいる急成長中の企業で将来性にとても魅力を感じたことと、話をしてくれたのは社長だったのですが、社長の情熱や人柄にもすっかり魅せられてしまいました(笑)。
その結果、話が大いに盛り上がってしまい、気付いたら談話スペースに移動し二人で話し込んでいたのですが別れ際に「うちの会社に来い!」と「内定」まで頂けたのです。
さすがにその場で入社までのお約束はできませんでしたが、1日置いて冷静に考えてみた上で自分の気持ちが変わらなかったので入社を決断しました。
レアなケースかも知れませんが、転職フェアに参加すれば私のように全く知らなかった企業と運命的な出会いすることもあるかも知れませんよ。
参加して本当に良かったと思っています。
男性

全く知らない企業と出会えることも転職フェアのメリットのひとつだね!

女性

この方のようにブースで社長と意気投合して入社する方も珍しくないようです。

「マンネリ化していた状況を好転させることができた」20代男性

おすすめ度:★★★★★
私がはじめての転職フェアに参加しようと考えたのは、たまにはフェアに参加するのも悪くないといった程度のことでそんなに期待していませんでした。
しかし転職を検討している多数の参加者の真剣な様子や、こちらが少々クールな感じで話を聞いていたとしても、熱心に自社の良さを訴え続ける企業担当者の方々の熱意に触れている内に、自分が失いかけていた転職への情熱を取り戻すことができたように思えます。
転職フェアに参加する前は、応募しても思うように結果が出なかったことで転職に対して投げやりな気持ちがあったように思いますが、そんなたるんだ気持ちを転職フェアが吹き飛ばしてくれた訳です。
転職フェアに参加した効果だと思いますが、その後応募した企業は全て面接まで進み、複数の企業から内定を得ることもできました。
もし転職活動で行き詰まっている方や転職活動にマンネリを感じている方は、一度転職フェアに参加してみてください。
きっと自分の現状を打破できるきっかけを得られるはずです。
ポイント 女性

いろんな企業と出会い担当者の熱意に触れることも転職のモチベーションアップにつながるいい機会ですね!

男性

転職フェアにはそんなメリットもあるんだね!
転職活動も長くなるにつれてモチベーションも下がりがちだもんね。行き詰まったら転職フェアでモチベーションアップ&内定まで獲得できたら一石二鳥だよ!

転職フェアに参加する意義やメリットとは

「はじめての転職フェア」にかぎらず、転職フェアに参加すれば次のようなメリットが得られます。

求人企業の担当者と直接会って話ができる

転職フェアに参加する最大のメリットと言えるのが、求人企業の担当者と直接会って話ができることです。

転職求人サイト上で得られる情報は文字情報が主体です。

文字情報では伝えられる情報に限りがありますし、文章による説明だけでは理解しにくいことも多々あります。

求人企業の担当者と直接会って話ができれば、サイト上の文字情報だけでは理解しにくかった求人企業への理解を深める上で大いに役立ちます。

また、担当者と直に接することで企業側の求人に対する熱意など、肌でしか感じることができない感覚的な情報も得ることができます。

求人検索だけでは探せない”運命の企業”と巡り会える場合がある

転職フェアによって参加企業数は異なりますので多少の違いはありますが、転職フェアには自分の希望条件だけで検索を行っている限り決してヒットしない、つまり存在すら知ることができなかった求人企業が少なからず参加しているものです。

転職フェアに参加すれば、そうした求人企業を目にする機会が必然的に生まれますし、ブースに立ち寄って説明を聞くことも容易にできます。

その結果、たまたま立ち寄った見ず知らずの求人企業に大変魅力を感じ、その求人企業が自分の転職先となったという方も決して少なくありません。

つまり転職フェアに参加すれば、PCやスマホ画面を眺めているだけでは決して巡り合うことできなかったであろう企業と運命的な出会いをする可能性があるのです。

短時間で複数の求人企業の説明を聞くことができる

転職活動の一環として、応募を検討している企業が説明会を行っていたらできるだけ参加した方が良いことは皆様も十分理解されていると思います。

しかし現職で忙しい状況の中、各企業が実施する説明会にそれぞれ参加することは容易ではありません。

転職フェアであれば、会場を回るだけで複数の求人企業の説明を効率的に聞くことが可能になります。

場合によってはその場で面接、内定を得られる場合もある

転職フェアに参加している求人企業の本来の目的は、「説明」をすることではありません。

一人でも多く優秀な人材に自社をアピールして「採用に漕ぎ着けたい」から参加している訳です。

そのため、ブースで行われている説明に参加した際、担当者と意気投合した場合には即席で採用面接が行われる場合もあります。

更に、面接を行った担当者が会社の社長や人事権を有する責任者だった場合なら面接の結果次第でその場で内定を貰える場合もあるのです。

当サイトにも「転職フェアに参加したら面接まで進み、会場で内定までもらえた」という報告が多数届いています。

こうしたチャンスは転職フェアへ参加した方だけが得られます。

会場の雰囲気やライバルの存在などが刺激となる

特に東京や大阪の大規模施設を利用して行われる転職フェアは、場合によっては当日入場するだけで数十分から数字時間待たなければならないほど多数の求職者が来場しますので、会場は大変な熱気に包まれています。

また、人気のある求人企業のブースではブース内に用意されたイスだけでは座り切れず、周囲には立ったまま真剣な眼差しで担当者の説明に耳を傾ける来場者であふれる状況となりますが、そうした状況をあちこちで見ることができます。

そうしたライバル達の様子を目の当たりにすれば大きな刺激になりますし、良い意味での緊張感や転職に対する意欲を高める機会にもできます。

セミナーや相談会も無料で利用できる

転職フェアは参加企業の説明をブースで聞けるだけでなく、セミナーや相談会も同時開催されています。

転職フェアによっては、有名タレントをゲストに招いてトークショー形式で行われるセミナーなどを開催している場合もあります。

しかもこうしたセミナーや相談会への参加費用はごく例外的な場合を除き「無料」となっていますので、無料でライブセミナーを受けたり、転職支援のプロに転職相談にのってもらえたりします。

転職フェアをうまく利用するコツは?

エントリーは当日でもできますが、できれば事前にweb上でエントリーしておくと当日の入場もスムーズに済みます。

その際、サイトをチェックして出展企業や会場での位置を把握しておくと良いでしょう。訪問したいブースを決めておくことで効率的にまわることができます。

企業によっては時間を区切って質疑応答やイベントを行うところもあるでしょう。事前にある程度計画を立てておけば、せっかく会場に行ったのにお目当ての企業のイベントが終了していた、などという残念な事態も防ぐことができます。

「はじめての転職フェア」の特徴やメリットについて

転職フェア自体の参加メリットをご理解頂いたところで、リクナビNEXTが主催する転職フェア「はじめての転職フェア」ならではの特徴やメリットをご紹介致します。

特徴その1:参加している企業が魅力的である!

「はじめての転職フェア」には成長著しいベンチャー企業から、東証一部上場の大企業まで魅力的な求人企業が多数参加します。

中には就職企業人気ランキングの常連企業なども参加していますので、「はじめての転職フェア」に参加すればそうした人気企業の担当者による説明を各企業まで出向くことなく、その場で聞くことができる訳です。

具体例として2017年7月9日に東京(国際フォーラム)で実施された「はじめての転職フェア」参加企業の一部をご紹介しておきます。

 

(東京会場の転職フェア参加企業例)
・旭化成

・オムロン

・オリエンタルランド

・セイコーエプソン

・大和ハウス工業

・日本政策金融公庫

・日本郵便

・みずほ銀行

・三菱自動車工業 等

 

無料で転職力向上セミナーを受講できる!

転職フェアではセミナーや相談会も開催されるとご紹介しましたが、はじめての転職フェアでも勿論「参加費無料」でセミナーが行われています。

「はじめての転職フェア」(2017年度7月以降)で開催予定のセミナーのタイトルと内容は次のとおりです。

「探す ~自分を活かせる・自分に合う仕事を見つける方法~」

自分にとっての「適職」を探す方法や考え方、視点などについて、参加者曰く「目からウロコ」のポイントを紹介してくれるセミナーです。

「伝える ~「会ってみたい」を引き出す職務経歴書の書き方~」

中途採用の書類選考を突破する上で鍵になってくるのが「職務経歴書」ですが、マニュアル的な職務経歴書の書き方ではなく、採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の要諦を事例などを元にわかりやすく紹介してくれます。

「掴み取る ~「一緒に働きたい」を引き出す面接テクニック~」

面接する側は「目の前にいる応募者が仲間として一緒に働きたいと思えるか人物かどうか」を一つの基準として応募者の評価を行っています。
どんなに口先で立派なことを語ったとしても、「一緒に働きたい」と思ってもらえなければ採用には至りません。
このセミナーではマニュアル的な質疑応答法ではなく、面接担当者に「一緒に働きたい」と思わせる面接テクニックを伝授してくれます。

お得な来場者特典がある!

はじめての転職フェアに参加した場合、次のような「お得」な来場者特典があることも同フェアならではの魅力です。

その1:QUOカード千円分がもらえる!

はじめての転職フェアは当日の入場は自由に行なえますので、事前登録の必要はありませんが、事前登録を行った上で来場すると「QUOカード千円分がもらえる」という特典を受けられます。

尚、具体的な事前登録方法については、こちらで紹介されています。

QUOカード引き換え方法

ご紹介されているページにアクセスし、所定の手続きを実施した上で「事前登録履歴画面」を当日会場で受付担当者へスマホ画面で提示するか、プリントアウトしたペーパーを提示することでQUOカードをもらえます。

その2:プロのカメラマンが無料で履歴書用写真を撮影してくれる!

履歴書用写真は写真館などでプロのカメラマンに撮影したもらった方が、スピード写真機で撮影したものより断然品質が良くなりますが、スピード写真機の5~6倍以上もの撮影料がかかってしまいます。

はじめての転職フェアに参加すれば、なんとプロカメラマンが履歴書用の証明写真を「無料」で撮影してくれます。

ただし、こちらは大変人気のある無料サービスである上、撮影できる人数に限りがありますので、当日は整理券配布となり、整理券を受け取れない場合には残念ながら利用できない可能性もあります。

履歴書用写真の無料撮影サービスを受けたい方は、できるだけ早い時間に会場へ行って受付け手続きを済ませておくことをオススメ致します。

その3:シールラリーに参加すると豪華プレゼント商品をもらえるチャンスがある!

企業ブースをまわるとシールを貰うことができますが、そのシールを一定枚数以上集めると枚数に応じて豪華なプレゼントを抽選でもらえるチャンスがあります。

ちなみに、プレゼント商品となっているものは

  • ダイソンのコードレス掃除機
  • コーヒーメーカー
  • amazonギフト券

などです。

「はじめての転職フェア」のデメリットとは

はじめての転職フェアにはたくさんの参加メリットがありますが、次にご紹介するようなデメリットもあります。

  • フェアそのものには費用がかからないが、会場までの交通費は自己負担となる。
  • 開催日時が限られている。それほど頻繁に開催されていないため、開催当日都合がつかない方は遠方で行われる他の日程のフェアに参加するか、参加を諦めるしかない。
  • 開催場所も東京、名古屋、大阪、福岡と大都市に限られている。遠方の県に住んでいる方は参加しにくい。

現職を抱えている求職者の方々にとって、こうしたデメリットは決して軽視できるものとは言えません。

開催曜日は土日中心ですが、それでも参加するにはスケジュールの調整が必要でしょうし、特に遠方にお住まいの方にとって交通費負担は馬鹿になりません。

しかしながら、そう何度も参加できるチャンスがある訳でもありませんので、できるだけ前向きに参加を検討されることを推奨致します。

【最新情報】「はじめての転職フェア」2018年・冬

いよいよ待ちに待ったリクナビネクスト【NEXT】はじめての転職フェアが各地で開催されます!
大阪・東京・名古屋の順で順次開催されますので、最寄りの方はぜひ参加して、耳寄り情報をGETしましょう!

はじめての転職フェア 大阪

リクナビネクストはじめての転職フェア大阪
このイベントは終了しています
2018年11月16日(金曜日) 15:00~21:00

2018年11月17日(土曜日) 11:30~18:00

開催地:大阪(グランフロント大阪)

はじめての転職フェア 東京

リクナビネクストはじめての転職フェア東京
このイベントは終了しています
2018年11月24日(土曜日)25日(日曜日)

11:30~18:00

開催地:東京(東京国際フォーラム)

はじめての転職フェア 名古屋

リクナビネクストはじめての転職フェア名古屋
2018年12月7日(金曜日) 15:00~21:00

2018年12月8日(土曜日) 11:30~18:00

開催地:名古屋(ウィンクあいち 8F 展示場)

女性

ジョブシフトでは新たな情報が入り次第、迅速に皆様にお伝えいたします!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】はアプリもスゴイ

アプリをダウンロードするとすぐに希望条件の項目が出てきます。希望の職種や勤務地などを選択して最終的にもっとも重要視する条件を2つ選ぶと、すぐに求人の画面に。そのままでも求人を見ることはできますが、既にリクナビネクストのIDをお持ちならよりスムーズ。ログインをクリックすれば、サクッとログイン画面に行きます。

ログインをしておけば、利用者一人一人のニーズに合わせて一覧が変わるので、希望の求人がより簡単に見つけられます。外出先や空いた時間にスマホでチェックしておけば、WEBと同期されているので気になった求人はあとでゆっくり大画面でより詳しくチェックできます。

男性

忙しいビジネスマンの転職にとって、アプリは本当に心強い味方だね。

img_012⇒リクナビネクスト【リクナビNEXT】の公式サイトで見る!

リクナビネクスト【リクナビNEXT】以外にもリクルートグループは就職・転職活動を応援する為、ニーズに合わせた就活サイトや転職サイトを運営しています。

自分にあったサイトを探してみてください!
 
就職・転職活動をエージェントがサポート:⇒リクルートエージェント
新卒・既卒向け就活サイト:⇒リクナビ
経営幹部クラスの転職支援サイト:⇒キャリアカーバー
豊富な職種から選べる求人サイト:⇒はたらいく
派遣・紹介派遣・アウトソーシングの求人サイト:⇒リクルートスタッフィング
派遣の総合サイト:⇒リクナビ派遣
女性特化型転職サイト:⇒とらばーゆ