【保存版】Uber Eats (ウーバーイーツ)を東京で始める配達全エリアと報酬完全ガイド

【保存版】ウーバーイーツ【Uber Eats】を東京で始める配達全エリアと報酬完全ガイド

新しい料理の宅配サービス「Uber Eats (ウーバーイーツ)」、その最先端を行くのが東京です。
現在、東京都内の繁華街やオフィス街を中心に、Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーが急増しています。

東京エリアは、Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナー上級者の場合1日2万円くらい稼げて、しかも、自分に合ったスタイルで好きな時間に好きな場所で働くことができます。

今回はUber Eats (ウーバーイーツ)最大の市場である東京エリアでの働き方について完全ガイドいたします。

東京のUber Eats (ウーバーイーツ)を知るメリットはこれ!

  • 東京都内の配達エリアを知ってかなり広いことを確認できます
  • 他のエリアと報酬体系がまったく異なることを知ります
  • なぜ東京エリアは稼げるのか知ります
  • 稼ぐためには高需要エリアに小回りの利く自転車で待機するのがいい理由を知ります
  • 報酬システムを理解し、「配達距離」よりも「配達回数」が大切なことを理解します

Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーとしての働き方を整理します

ウーバーイーツの働き方

Uber Eats (ウーバーイーツ)は、配達員のいない(用意できない)お店の料理を、単発の配達契約で「配達パートナー」と呼ばれる登録した人が運ぶサービスです。

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーで働く人の感想や口コミ評判を徹底的にまとめてみた
に働き方について詳しくまとめています。

要約すると、

  • 「時給○○○円」ではなく、配達した件数によって「1件○○○円」という報酬制
  • 「雇用」ではなく「業務請負」で個人事業主として働くため、労働法の範疇の外になる(社員やバイトではない)
  • 配達件数に応じて、「○件で+○○○円」のインセンティブが発生する
  • 配達は自分のバイクや自転車が基本だがレンタルも可能、経費は自己負担
  • 業務開始、報酬管理、配達先の指示などすべてUber Eats (ウーバーイーツ)のアプリ上で完結する

スマホと自転車か原付バイク(125cc以下)さえあれば、今すぐ、誰にでも働くことができるまったく新しいお届けの仕事です。

待っていても時給制ではないので稼げません。
いかに効率よく、配達を受けて件数をこなせるかが、稼ぐカギになります。

ほぼ東京23区全体が配達エリア!どこに待機しても大丈夫です!

最新の(2019年3月4日現在)の東京エリアの配達可能区域は以下の通りです。
このエリア内ならば配達の仕事ができます(エリア外に配達することはできません)

東京エリアの配達可能区域

地図を見ていただくとわかりますが、東京23区ほぼ全体と、市川駅~船橋駅周辺(総武線)の一部千葉県が配達エリアになっていますね。

東京23区で配達エリア外なのは

  • 足立区北部
  • 羽田空港周辺
  • お台場臨海地区

くらいです。

つまり、都心部のオフィス街や歓楽街はすべて配達エリアであり、ここでかなり稼げそう、というのがわかります。

東京23区の報酬は高く、2件配達すれば余裕で最低賃金越え!

それでは東京23区エリアの報酬体系を見ていきましょう。
現在、東京23区、さいたま市、船橋市と市川市の一部(千葉県)が同じ料金体系になっています。

<報酬の計算式>
お支払い = ①基本料金 × ②ブースト + ③特別キャンペーン[不定期] – ④サービス手数料(35%)

それぞれの報酬を詳しく見ていきます。

基本料金

ウーバーイーツの基本料金

配達距離に応じた基本配達料です。
これは必ずもらえます。

a:受け取り料金:300円

レストランにて商品を受け取った時に発生します。

配達先が2か所の場合でも、受け取り場所が1回につき1か所の場合は300円のみになります。
配達が終わり、再び同じ店に取りに行く場合は、また300円プラスされます。

b:受け渡し料金:170円

注文した人に商品を渡した際に発生します。

配達先がいくつあるかで変わります。
例えば3か所に配達した場合、それぞれ「受け渡し料金170円×3=510円」になります。

お店(商品を3つ受け取る) → 配達先A → 配達先B → 配達先C

報酬は170円×3か所=510円

c:距離料金:150円/km

レストランから配達先までにかかった距離に応じて受け取ります。

距離はUber Eats (ウーバーイーツ)のアプリで自動的に計算されます。

「お店→配達先」までの距離で計算され、1度に複数に配達先した場合は、それを合算します。

1㎞    500m
お店 → 配達先A → 配達先B

このケースの場合は、150×(1㎞+0.5㎞)=225円
が距離料金として報酬になります。

②ブースト

忙しい時間帯(ランチライムや土曜夜)、注文が多い時間帯に支払われるインセンティブ報酬です。

配達需要が多くなるので早く配達してほしく、その分ボーナスがつきます。

基本料金×(ブーストの値-1)=ブースト料 となります。

ブースト値は1.1~2.0くらいになります。(ブーストがない時間帯もあります)。
また、自転車の人と原付バイク(125cc以下)の人でも倍率が異なります。
ブースト値については地図アプリで、わかりやすく確認することができます。

③特別キャンペーン[不定期]

キャンペーンボーナスが支払われることがあります。
メールやアプリで案内されるので、しっかり確認しておきましょう。

4回配達したら+400円、8回配達したら+1200円といった回数ボーナスが設けられることが多いようです。

④サービス手数料(35%)

Uber Eats (ウーバーイーツ)に支払うシステム手数料です。
東京の場合、他の地域(5%)と比較してかなり割高になっています。

かかるのは「基本料金」の35%、つまりブーストや特別キャンペーン報酬には手数料がかからず、そのまま全額受け取れます。

⑤実際に受け取る報酬を計算してみましょう

それでは、実際に報酬を計算してみましょう。以下の事例で計算してみます。

『あるお店から料理を受け取り、1㎞先の配達先AとAから500m先の配達先Bに届けます。その時間帯のブースト値は「1.6」です。キャンペーンはありません』

  • a)基本料金 300円+(170円×2か所)+(150円×(1㎞+0.5㎞))=865円
  • b)ブースト 865円×(1.6-1)=519円
  • c)手数料  865円×35%=303円

a)+b)-c)  865円+519円-303円=1081円

1回の受け取りでしたが、1000円越えです。
もちろん、東京都の最低賃金(985円)も上回っています。

他地区と比較してみたら東京はやはり倍近く稼げるのは事実!

1回の受取報酬比較

Uber Eats (ウーバーイーツ)は東京23区以外にも、「横浜川崎」や「大阪市」で配達パートナーを募集していますが、実は報酬体系(基本料金や手数料)が大きく異なります。

以下で「1つのお店から1㎞先の1か所に商品を届けた。
ブーストや特別ボーナスがない」ケースの1回の受取報酬の比較表を作ってみました。

東京23区横浜・川崎大阪市、名古屋市、神戸市、京都市、福岡市
受取/1件¥300¥130¥136
配達/1件¥170¥70¥63
距離/1km¥150¥60¥45
手数料35%5%5%
ブーストなし
1回の受取報酬¥403¥247¥232

ブーストも何もない状態でも、1㎞配達すれば東京(+埼玉+千葉)は1回につき約400円、一方他のエリアは232円~247円。

手数料が高くても、基本料金も高い東京の方がおすすめということがわかります。

稼げるエリアはどこ?ブースト値の高いエリアを狙おう

以下の表は、報酬に大きくかかわってくる「配達先までの距離」と「ブースト値」の違いと報酬額を表にしたものです。

A「1つのお店、1か所の配達先、ブーストなし、距離を変動させる(距離:独立変数)」

距離(km)0.511.522.533.544.55
報酬額¥354¥403¥452¥501¥549¥598¥647¥696¥744¥793

B「1つのお店、1か所の配達先、配達距離1㎞、ブーストを変動させる(ブースト値:独立変数」

ブーストなし1.11.21.31.41.51.61.71.81.92.0
報酬額¥403¥465¥527¥589¥651¥713¥775¥837¥899¥961¥1,023

配達距離が「1㎞→5㎞」で5倍になっても報酬は「403円→793円」で、倍にもなりません。
「1㎞→2㎞」で2倍の場合は、報酬は「403円→501円」で、わずか1.25倍です。

しかし、ブーストが「なし(1.0)→2.0」で2倍になると、報酬は「403円→1023円」で2.5倍になります。

つまり、遠くまで料理を配達するよりも、ブーストが高いエリアで、短距離の仕事を数多くこなした方が絶対に得になるということがわかります。

例えば、ある日の東京23区のブーストは以下の通りです。

東京23区のブースト

出典:UBER EATS配達員 リアル情報 ウーバーイーツ

周辺区よりも都心区、渋谷、目黒、丸の内、六本木あたりのブースト率が高いことがわかります。もちろん、この辺はレストランやオフィス、高級マンションなどが多く、Uber Eats (ウーバーイーツ)の需要が多いのでしょう。

Uber Eats (ウーバーイーツ)の登録説明会で配られる資料によると

特に高需要エリアは「渋谷」「六本木」「恵比寿」「麻布十番」周辺で、注文が非常に多く、近辺で待機できればブースト率が高い仕事を数多く行うことができそうです。

高需要エリア

東京23区エリアでの口コミ、評判をまとめてみた

23区でUber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーをして、実際に稼げているのか、稼げる場合いくらくらいなのか、SNS上の口コミをまとめてみました。

日給10000円以上みなさん普通に稼いでいますね。
2つ目のtwitterの人は25000円超え(!)。
週休2日で20日稼働でも、50万円になります。
稼げる人は、会社員をするよりもはるかに儲かりそうです。

稼ぐためには原付バイク(125cc以下)よりも小回りの利く自転車がいい!

東京23区エリアは小型自転車!

上の口コミで一番稼いでいる「ウーバーイーツ東京Mr.k」さんのアイコン写真を見ると、折り畳み式の小型自転車に乗っています。ほかの方も原付バイク(125cc以下)よりも自転車、それも大型のサイクリング用ではなく、小型自転車の方が多いです。

つまり、遠くまで原付バイク(125cc以下)で行くのではなく、近場を小型自転車で小回りしながら回数を稼ぐスタイルの人が多いんです。

実際、渋谷や六本木の高需要エリアでは、原付バイク(125cc以下)で待機するスペースの確保が大変です。小型自転車を折り畳めばどこでも待つことができます。

他のエリアはどうか分かりませんが、東京23区エリアの場合

  • 原付バイク(125cc以下)よりも自転車
  • なるべく小型で小回りが利くもの
  • 高需要エリアで待つ

というのが稼ぐ条件と言えそうです。実際に稼いでいる人もそうやっています。

まず、仕事が多い東京23区でウバ活を始めてみるのをおすすめします。
他のエリアで登録した方でも、共通のライセンスなので東京23区エリアでも活動できるので安心してください。

注意したい!東京でも「現金決済」システムが導入!?

Uber Eats (ウーバーイーツ)の支払いは、利用者が登録しているクレジットカードで行われるので、配達時に現金の授受は発生しないのですが、大阪と名古屋エリアで試験的に「現金払い」制度が導入されています。

現金の授受は時間がかかり、小銭(おつり)の用意も自分でしなければならず手間です。
これまで東京はカード払いのみでしたが、東京23区エリアでも「現金払い」を導入するという話があります。

詳しくは登録時に、サポートセンターから説明があるはずですが、配達時間がかかるようになるので、配達件数に影響が出ます。現金払い案件を受けるか、受けないかはドライバーが選べるようなので、これまで通りにもできますが、注意しておいてください。

【保存版】Uber Eats (ウーバーイーツ)を東京で始めるガイド まとめ

まとめ

  • 東京都内は23区のほとんどでUber Eats (ウーバーイーツ)の仕事ができる
  • 報酬体系は他のエリアと比べて高単価、高手数料である
  • 普通に仕事ができれば他のエリアの倍近い報酬を得ることができる
  • 遠くまで配達するよりも近場で回数を稼ぐのが高報酬への近道
  • ブースト値が高い渋谷や六本木周辺で待機するのも1つの方法
  • 小回りの利く折り畳み自転車等を持っているとよい
  • 稼ぐ人は1日25000円くらい稼ぐ

こちらの記事も読まれています