17
30代以降の人生に大きな影響を与えるといっても過言ではない、20代の就活。

日本ではまだまだ新卒一括採用が主流というイメージがありますが、近年では、人材難の影響から第二新卒市場や既卒市場も活発化しているのです。

転職ナビ

20代の挑戦や再出発を応援するインターン支援サイトを活用し、社会人としてのデビューを飾ってみてはいかがでしょうか?

社会人への橋渡しとなるインターン

18
インターンは「インターンシップ」の略語で、学生が本格的な就職をする前に、企業で一定期間の就業体験を積むことです。

check081本格的な就職へ向けた、「お試し期間」と考えればよいでしょう。インターンは、実際の職場の雰囲気や仕事内容、人間関係を学び、自分の適性を見つめなおす絶好の機会です。

また、企業側も人材とのマッチングを確認できますし、相性の良さや人柄、適正などを評価されれば、正式な就職に繋がりやすくなります。

履歴書や面接だけでは見えてこない情報が、企業側と人材側双方にもたらされるからです。若く将来性のある20代の力を必要としている企業は数多く存在します。
前述したように、今後は少子高齢化の影響で労働人口自体が減少し、人材獲得難が続くと考えられています。

転職ナビ

つまり20代なら、インターンを通じて自分の能力ややる気、ポテンシャルをうまくアピールできれば、就職のチャンスは十分にあるといえるのです。

インターンを利用するならここ!20代の就活を支援するサイトランキング

では実際にインターン先の紹介や求人情報の提供、面接対策や書類添削などを通じて、20代の就活を支援している就職サイトを紹介していきます。就活は単独で行うよりも、専門家のサポートを受けたほうが何かと有利です。

コンサルタントが一種のメンターのような役割を果たしてくれることもありますし、たくさんの情報に触れることができますからね。

1位:マイナビ新卒紹介アドバンス

就職情報サイトの老舗であり、人材紹介サービスも手掛けているマイナビグループが運営する就職サイトです。新卒向けの求人情報を多数掲載しており、その質や量は圧倒的といえるでしょう。
また、全国各都道府県で就職セミナーを開催しており、インターンシップの受付情報なども検索可能です。
企業検索からフリーワード検索で「インターン」と入力すれば、インターンシップを受け付けている企業が見つかりやすいでしょう。さらに、業界研究や自己分析、エントリーシート対策、面接対策などの情報も豊富で、20代の就活には欠かせないサイトのひとつです。実際に筆者も学生時代に、マイナビのお世話になった経験があります。上場企業や優良企業の求人情報を収集するには、マイナビの活用が欠かせませんでしたね。毎日のようにチェックしていました。

  マイナビ新卒紹介の公式サイトを見る

2位:インターンナビ2017

logo

インターンナビは20代の就職希望者それぞれに専任の担当者がつき、カウンセリングやアドバイスを実施してくれます。特になかなか内定にたどり着けない学生に向けた「後期就活特化型」をうたっているだけあって、まだ募集枠のある優良企業の情報が豊富です。

独自の選考ルートを構築しているので、トントン拍子に就職やインターンが決まってしまうこともあるでしょう。
就活戦線が山場を超えたとしても、「内定がない」と嘆くにはまだ早いのです。スタートの遅れはインターンナビで取り戻しましょう。

3位:ハタラクティブ

img_hataractive-304x202

20代の第二新卒、既卒者への就職支援に特化しているのがハタラクティブです。入社後3年前後で退職した第二新卒や、既卒者へ向けた就職サポートを展開しています。
職歴が浅かったり、就職経験自体がなかったりといった20代の人材は意外と多いもの。筆者もそのような期間を経験しています。ハタラクティブでは、独自のノウハウとサポート体制で、初めての就職や転職を手厚くサポート。未経験歓迎の求人が常時1000件以上といいますから、いかに経験の浅い若手への支援に特化しているかがわかりますよね。最近では海外留学を終えて帰国した若者向けに、正社員として就職するためのインターンシッププログラムを提供しています。カナダの企業「PDI」と提携したプログラムで、海外での語学研修やインターンシップ、正社員就職を総合的にサポートしたプログラムです。留学や海外経験を積んでいても、就職戦線に乗り遅れることない画期的なプログラムといえそうですね。

20代なら再出発がしやすい!

20
大学進学率の上昇に伴って、20代前半で社会人デビューを飾る方が増えました。
20代はそれ以降の人生に大きな影響を与える貴重な期間です。

社会人としての基礎的なスキルを磨き、実績を積んでいくことで30代、40代への道筋となるでしょう。それだけに、一度つまずいたとしてもあきらめず、再出発に向けて動き出すことが大切。

20代はポテンシャルを評価されやすいため、未経験であっても新しい分野に挑戦しやすいですからね。しかしながら、そのための第一歩をどう踏み出したらよいのかわからない、という方も多いのではないかと思います。

確かに「とっかかり」は何事においても重要ですし、0から1を目指すためには、それなりのエネルギーやノウハウが必要になってきます。

a_085-1実際に筆者も大学卒業後、一度はIT系ベンチャーに就職したものの、その会社が翌年倒産して途方にくれたという経験があります。当時はブラック企業という言葉もありませんでしたが、入社式で組体操をやらされたり、会長の話を翌朝まで聞かされたりと、なかなか貴重な体験をしました。しかしその後、社会に絶望し、1年間は何も行動することができなかったのです。今思えば、本当にもったいないことをしたなと感じます。

しかし、当時は動きたくても何をどうしてよいのかわかりませんでしたね。
「新卒で失敗したからもうダメだ」という思いが強かったからです。30代となった今、冷静に当時のことを振り返ってみると、ひとりで考え込まずにしっかりと専門家のサポートを受けるべきでした。

転職ナビ

就活や就職は決して難しいものではありません。社会は20代の力を必要としています。
しかし、社会人経験が乏しいうちは、希望する会社や業界の実態をうまく把握しにくく、不安や焦りがありますよね。そこでおすすめなのがインターンです。

インターンで自分の可能性を見出そう!

21
今回はインターンシップを中心として、就職支援サイトを紹介してきました。

筆者も学生時代、官公庁や民間企業でのインターンに参加した経験があります。そこで重要なのは、やはり自分の適性や可能性を見出すこと。自分が想像していた以上にできること、できないことが見えてきます。これは実際に企業で働いてみないことには見えにくいでしょう。業界や職種によって必要とされる能力、適性は本当にさまざま。

そもそも「社会人」という言葉自体が大きすぎるので、本当の意味で社会に適合できない人材は稀なのではないかなと感じます。営業職、エンジニア職、企画職、バックオフィス系など、世の中には本当にいろいろな人々が、それぞれの適性を活かして仕事をしているからです。

転職ナビ

インターンを通じて自分を見つめなおし、転職サポートをうけながら自分の道を見出してみてください。

将来性やポテンシャルが評価される20代においては、「道が一切残されていない」という可能性のほうが、圧倒的に少ないのですから。

★こちらのページもよく読まれています!

就職情報&NEWS

2017卒の方にラストチャンス!!

転職NEWS

「マイナビ新卒紹介」で、2017卒の方を対象に4月限定サービスがあります!
大学卒業後の就活の方法が分からず悩んでいる方や、「新卒」ではなく「既卒」になってしまったことへの不安を抱えている方は、ぜひ参加してみてはいかがですか?
東京と大阪でそれぞれ研修と選考会が行われます。キャリアアドバイザーがあなたの悩みを解消して、自分でも気付かなかった自分ならではの強みを見出す手助けをしてくれるでしょう。

日程

東京
研修 選考会
第7回  4/17(月)〜4/19(水)  4/20(木)
第8回  4/19(水)〜4/21(金)  4/22(土)
最終回  4/24(月)〜4/26(水)  4/27(木)
大阪
 研修  選考会
第5回  4/18(火)〜4/20(木)  4/21(金)
最終回  4/25(火)〜4/27(木)  4/28(金)

 

開催時間

・東京 14:00-15:30

・大阪 15:15-16:30

開催場所:東京

〒163-1519
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー19F
03-5909-1649

開催場所:大阪

〒530-0011
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 30F
06-4802-1365

マイナビ2017卒・4月限定サービスはこちら