22歳は転職のチャンス!転職事情や意識すべきポイントを知っておこう!

22歳

「転職したいけど、早すぎるって本当なの?」
「自分が希望する転職が実現するのか不安…。」

このように考えている22歳の方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、転職市場における22歳の立ち位置や転職を成功させるために意識すべきポイントなどについて解説します。
当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]業界トップクラスの求人数&転職者満足度No.1!公式HP
マイナビエージェントマイナビの徹底サポートで転職活動を!公式HP
ビズリーチハイクラス層に特化した転職サイト公式HP

22歳を取り巻く転職事情

「22歳で転職するって、難しそう」——こんな風に考えている方もいると思います。

では、転職を考えるとき、22歳の人材は転職市場においてはどのような立ち位置なのでしょうか?

まずは、22歳を取り巻く転職事情について見ていきましょう。

高卒は同じ22歳のなかで転職に最も有利

高卒や専門卒で就職して現在22歳という人の場合、他の22歳と比較して転職に最も有利になります。

社会人経験を4年程度積んでいるということが、この世代の転職では大きな武器となるからです。

詳しくは後述しますが、4年という歳月でビジネスマナーや仕事の進め方などを習得しているケースが多く、大学を卒業して1年未満の22歳と比較して、大きな違いとなるわけです。

高卒で22歳なら、他の求職者との差別化が図りやすいので、転職しやすいというメリットがあります。
転職するチャンスってことですね!

22歳第二新卒も転職に有利

一方で、大学卒の22歳も転職しやすい年代といえます。

このような人材は「第二新卒」と呼ばれており、第二新卒を積極的に採用する企業が多いためです。

特に、中小企業は大手企業と比較して、新卒者の採用に苦戦しているケースがほとんどです。そのため、第二新卒をメインに採用しようとする傾向にあります。

第二新卒というのは、新卒と同じように多くに企業で必要とされているんです。
なるほど。

22歳の転職が有利な理由

高卒でも大卒でも、22歳は転職に有利といえます。その理由について見ていきましょう。

年齢的に若いこと

22歳の転職が有利になる理由の一つが「若い」ということです。

転職市場においては、年齢を重ねるごとに求職者に対して求めるハードルが高くなります。そのため、年々転職は難しくなっていきます。

22歳は、社会においては「まだまだこれから」の最若手のポジションで、これからの活躍を期待する企業が多いため、転職しやすいというわけです。

ポテンシャルに期待して採用される年齢ですので、転職できる業種や職種の幅も非常に広いんです。
若いというのは、それだけで武器になるってことか。

ビジネスマナーを習得している

22歳は一定のビジネスマナーを習得している、というのも転職しやすい要因です。

高卒の場合は4年程度、大卒者でも1年程度の社会人経験があるため、新卒者のようにイチからビジネススキルを教える必要がありません。

社員の採用と教育にコストが掛かる企業にとって、22歳を採用することは大きなメリットとなるのです。

特に、教育するための人材確保が難しい企業にとっては、魅力的といえるでしょう。
そういうことか。

柔軟性と適応力がある

22歳には柔軟性と適応力があるというのも、転職が有利になる理由となります。

社会人経験があるといっても、まだまだ若いため考え方や行動に柔軟性があるのが、若い世代の特徴です。

また、新しいことにも適用しやすいため、会社としては扱いやすくなるのです。

年齢とともに経験を積んでいくと、だんだん考え方が固まっていきやすいものです。視野が広く、会社の考え方に沿って活躍してくれる22歳は、貴重な存在といえます。

新しい会社に馴染みやすい

新しい会社に馴染みやすいというのも、22歳の転職を有利にしています。

先述したように、柔軟性と適応力が高いため、企業側から見れば育てやすい人材となります。

そのため、企業が求める人材に成長する可能性が高いというわけです。

22歳の人は、前職に染まりきっていないことが多いのも、転職が有利になるポイントです。
企業としては、貴重な存在ということですね。

キャリアチェンジも十分可能

22歳では未経験の業種や職種でも転職しやすく、キャリアチェンジもしやすいといえます。

22歳の人は、これから本格的に仕事を覚え、活躍するためのポテンシャルを秘めています。企業もそこに期待しているので、未経験者でも受け入れてもらいやすいのです。

違う仕事にチャレンジしたい人や、自分のやりたいことが見つかった人にとって、22歳というのは絶好のチャンスといえますね。

22歳で転職する際のデメリット

一方で、22歳の転職には、いくつかのデメリットも存在しますので、理解しておく必要があるでしょう。

具体的には、以下のデメリットが考えれます。

  1. 転職後の待遇が新卒と違うことがある
  2. 信頼のない状態から再スタートを切ることになる

企業によっては、中途入社の社員よりも新卒入社の社員を優遇するケースがあります。そのため、昇給や昇格のスピードなどの待遇に差がつくこともあります。

また、転職するということは、これまでに築いた人脈や信頼関係はすべてリセットされることになります。

新たな職場でイチから信頼関係を築いていかなくてはならないということを理解しておきましょう。

22歳での転職がうまくいかないケースに気を付ける

22歳が転職に有利とはいえ、うまくいかないケースがあるのも事実です。

どのような場合に22歳の転職がうまくいかないのか、詳しく見ていきましょう。

有利とはいえすべての転職が成功するわけではない

繰り返しになりますが、22歳というのは転職にとても有利な年齢です。

ですが、転職に有利というのは、「どんなケースでも転職できる」と確約されているわけではありません。

転職の進め方を誤ってしまうと、後悔が残る転職となることがあります。

特に、以下のようなケースでは転職がうまくいないことが多いですよ。
  • 何も決めずに勢いで退職してしまうケース
  • とにかく転職することが目的になっているケース
  • なんでも誰かのせいにしてしまうケース

何も決めずに勢いで退職してしまうケース

転職先を決めずに勢いで退職した場合、転職がうまくいかないことが多いといえます。

無職の期間が長いことで、次の転職先を焦って探すことになりやすいからです。

22歳で転職する場合、貯えが少ないケースも多いと思います。そのため、転職活動中に活動資金や生活資金が尽きてしまうのです。

結果として、自分が望んでいない転職先を選ばざるを得なくなるため、有意義な転職とはならなくなってしまうのです。
在職中に転職活動を行なうことが大切なんですね。

とにかく転職することが目的になっているケース

現職を辞めて転職することが目的になっている場合も転職がうまくいかないことが多いでしょう。

転職の本当の目的は「今の会社を辞めること」ではなく、「自分の求める条件が整った会社に移る」であるべきだからです。

転職にフォーカスしすぎてしまった場合、転職に対する考え方に一貫性がないため、転職活動自体がうまく進まなくなってしまうのです。

労働環境や人間関係など、今の会社を辞めたいという気持ちもあると思いますが、後悔のない転職にするためには、冷静に考えることも大切です。
転職を第一目的にしてはいけない、ということか。

なんでも誰かのせいにしてしまうケース

自分の身の回りに起きることを、何でも誰かのせいにしてしまうケースも転職がうまくいかないことが多いといえます。

このような考え方だと、転職先でも同じことが起きてしまうからです。

転職を考えたくなる要因は、実は自分で改善できる可能性があります。まずは、自分に問題がないかを考え、改善に取り組むことが大切です。

それでも改善できない場合や、転職の原因が自分以外にあることを認識できた場合は、転職することをおすすめします。
まずは自分で考えることが大切だな。

22歳の女性にとっての転職事情

同じ22歳でも、男性と女性では転職するのに何か差があるのでしょうか?

ここでは、22歳の女性の転職事情について解説します。

22歳女性に対するニーズは高い

22歳の女性に対しても、企業からのニーズは高くなるので転職しやすいといえます。

22歳の若い人材を確保したいという企業のほか、若手の女性社員を積極的に採用したいと考える企業もあるためです。

現在では、若い人材が不足している企業が増加傾向にあります。そのため、男性女性に関わらず、転職先の需要は多いといえます。

22歳というのは性別に関係なく転職がしやすいということです。
やっぱり、いいタイミングなんですね。

非正規社員になる人も多い

派遣社員や契約社員といった、非正規の雇用へと転換する人が多いというのが、20代女性の特徴といえます。

実際には、正社員から転職する20代前半の女性のうち、約25%が正規雇用から非正規雇用へと転換しているというデータがあります。

もちろん、派遣社員や契約社員にもメリットはありますので、前向きな理由を持って雇用形態を展開することには問題はありません。

ただし、転職しやすいなどの理由で非正規雇用を選択するのはおすすめできません。将来的なことを考えた場合、正社員であることのほうが、メリットが大きいからです。
目先だけではなく、先のことも考えて転職したいですね。

22歳はブラック企業への転職に要注意

22歳の人が転職する場合は、ブラック企業に転職しないように注意しなければなりません。

ブラック企業に転職してしまうと、体力的にも精神的にも激しく消耗してしまうからです。

具体的にどのような点に注意すべきか解説します。

22歳高卒での転職では特に注意

高卒で就職した22歳の人が転職する場合は、特に注意が必要です。

社会人経験が4年あるため、自分のキャリアアップを本格的に考えるようになるためです。

ですが、現職よりも給与待遇がいい会社を見つけたと思ったら、実はブラック企業だったよいうケースは案外多いものです。

というのも、ブラック企業は転職しやすいうえに、相場よりもいい給与水準となっていることが多いのです。

高卒の社会人は、このような会社とって格好の獲物といえます。結局は安い給与で厳しい労働を強いられることが多いといえるでしょう。
何としても、ブラック企業への転職は避けなければなりませんね。

ブラック企業を避けるために特徴を知っておこう

ブラック企業への転職を避けるためには、ブラック企業の特徴を知っておく必要があります。

具体的には、以下のような特徴があります。

ブラック企業の特徴
  • 当然の長時間労働
  • 残業代未払いは当たり前
  • 常に求人広告が出ている企業は離職率が高い可能性あり
  • 目標やスローガンが具体的ではない
  • ハラスメントが常態化している社内
  • 給与水準が異常に高い
  • 応募条件が緩すぎる場合も要注意

求人情報を検索している際に「怪しい」と感じた場合は応募を見送り、その企業について調べてみることをおすすめします。

それでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

当然の長時間労働

当然のように長時間労働が常態化している企業は、ブラック企業である可能性が高いといえます。

ブラック企業は運営コストを抑えるために、人員を少なく見積もるケースが多く、仕事量に見合った人員が配置されていないことが多くなります。

そのため、長時間の労働を強いられることになるのです。深夜までオフィスに人がいる気配がある企業は、ブラック企業である可能性大です。

もし、応募したい企業が近所にある場合は、一度確認しに行った方がいいかもしれません。
注意したいですね。

残業代未払いは当たり前

ブラック企業では、いくら残業をしたとしても残業代が支払われることはありません

また、みなし残業手当(固定残業代)として、数時間から数十時間の残業をすることを前提にした給与を提示している場合もあります。

このような場合、残業代を請求しても支払われることはほぼありませんし、みなし残業手当の場合は支払っていることを主張され、相手にされない可能性もあります。

求人情報には、固定残業代やみなし残業手当などについて記載されています。応募する前に必ず確認しておきましょう。

常に求人広告が出ている企業は離職率が高い可能性あり

転職サイトなどに常に求人情報を掲載している企業は、社員の離職率が高い可能性がありますので、ブラック企業であることを疑うべきといえます。

このような企業では、社員は使い捨てのコマのように扱われているため、社員がどんどん辞めていってしまいます。

また、採用する時点である程度の人数が辞めることを想定しているため、常に求人情報を掲載し、新しい人材を確保しようとしているのです。

いつも見ても求人情報が掲載されている企業は、応募する前に冷静になるべきです。離職率が高い企業は仕事を継続することが難しいため、再度転職しなければならなくなる可能性が高いです。
若いうちに転職回数が増えるのは、もったいないですよね。

目標やスローガンが具体的ではない

企業が掲げている目標やスローガンが具体的ではない場合も、ブラック企業が多い傾向にあります。

特に、精神論的なスローガンを掲げている企業は要注意です。

  • 情熱で乗り越えろ!
  • 社員はすべて家族
  • お客様に感動を与える
  • 努力すれば必ず報われる!

上記のような文言は、聞こえはいいかもしれませんが、「そのためにどうするのか」という具体策が明示されないことが多いといえます。

つまり、自分で何とかしろ!ってことですか?
そのようなケースが多いのが現実です。こと仕事に関しては、精神論ではなく、あくまでも具体的な目標設定や方策が必要です。こんな文言が求人情報やホームページにたくさん記載されている場合は注意が必要ですね。

ハラスメントが常態化している社内

ブラック企業では、ストレスを抱えた社員や、誰かに対して攻撃的に接している社員が多いものです。

その理由は、その社員も同じ扱いを受けてきたからです。

このような企業は、もはや改善することは難しいといえます。そのため、最初から転職先の候補に入れないようにすることが重要です。

社内の実情については口コミサイトで評判について調べておくことをおすすめします。求人情報では見抜けない、企業の本当の姿を確認できるかもしれません。
自衛するためにも大切なことですね。

給与水準が異常に高い

求人情報に記載されている給与水準が、同業同職種よりも明らかに高い場合も、ブラック企業である可能性が高いといえます。

このような企業では、残業や休日出勤が多いケースや、仕事内容そのものがハードであるケースが多くなります。

また、営業などのノルマが厳しく設定されているケースもあります。

常識的な仕事の範囲内で、適切なインセンティブが支払われる場合を別として、職場環境や労働条件が厳しいと感じられるなら、転職先の候補から外すことをおすすめします。
怪しい場合は要注意ですね。

応募条件が緩すぎる場合も要注意

「未経験者大歓迎!」「学歴不問!」といったように、応募条件が緩すぎる場合もブラック企業であることを疑ったほうがいいもしれません。

もちろん、すべての企業がブラックというわけではありません。ただし、誰にでもできる仕事を低賃金で任せたい企業があることも残念ながら事実なのです。

このような企業では、社員が大切に扱われない可能性が高いため、収入アップやキャリアアップを見込むことは難しいでしょう。

応募条件のハードルが低い場合、それだけ多くの求職者が集まりやすいということになります。このようなケースで若い人材を確保するのは、企業側が悪い意味で「安い賃金で長く働いてほしい」と思っている、とも考えられます。
やはり、転職先を探す場合は慎重にならないといけませんね。

ブラック企業を避けるためには転職エージェントを利用する

ブラック企業かどうかを見極めようとしても、自分一人では限界があると思います。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを利用するということです。

転職エージェントでは、企業の内情に詳しいアドバイザーが担当してくれます。どんな企業なのか調査したうえで転職先を紹介してくれるため、ブラック企業に当たる確率が低くなるのです。

また、ブラック企業をもとから排除したうえで転職支援を行なっている転職エージェントもあります。このようなサービスを利用すれば、安心して転職活動を行なうことができるでしょう。

転職エージェントの詳細については後述しますが、ブラック企業を紹介される可能性はかなり低いといえるので、利用をおすすめします。
これなら、安心ですね。自分一人で転職活動を進めるのもいいけれど、困ったときや不安がある時は転職エージェントを利用することを検討してみてもいいかな。

22歳が転職するときに意識すべきこと

最後に、22歳の人が転職する場合に意識すべきポイントを紹介します。

具体的には、以下のポイントを意識するようにしましょう。

意識すべきポイント
  1. 転職に何を求めるのがはっきりさせる
  2. 転職が決まる前に退職しない
  3. 面接では反省していることも示す
  4. 長く働きたいということをアピールする
  5. 転職エージェントを必ず活用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職に何を求めるのがはっきりさせる

転職する場合は、転職に何を求めるのかはっきりさせることを意識しましょう。

転職の目的が明確になることで、転職活動の軸を作ることができるからです。

応募する企業や面接の受け答えに一貫性が生まれることになるので、転職したいという気持ちが相手にも伝わりやすくなるのです。

一方で、転職の目的がわかっていない場合、適切な応募先を見つけることも、転職理由を語ることもできないでしょう。

先述したように転職を目的にしてはいけません。転職することで何を実現したいのかをじっくり考えることが大切です。

転職が決まる前に退職しない

転職が決まる前に退職しない、ということも意識すべきポイントです。

退職してから転職活動を始めてしまっては、生活に余裕がなくなり、転職条件を妥協することになりやすいからです。

先述したように、22歳で十分な貯蓄があるという方は少ないでしょう。継続的な収入を断ってから、「いつ決まるかわからない」転職活動を始めるというのは、危険であり無謀であるといえます。

在職中に転職活動を行なうというのは、転職の鉄則でもあります。自分の希望するキャリアを歩みたいのであれば、仕事を辞める前に転職先を見つけるようにしましょう。
本当に大切なことですよね。

面接では反省していることも示す

22歳の方が転職する場合は、面接で反省の気持ちを示すことも大切になります。

というのも、世間では22歳の転職が早すぎると捉えられることがあるためです。

そのため、採用する企業から「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と懸念されるかもしれません。

早期退職について反省していることも述べたうえで、どのようになりたいのかをアピールすれば、採用担当者からの印象は少しでも良くなるでしょう。

面接では退職理由について質問される可能性が高いので、根拠を持って説明できるよう準備しておきましょう。

長く働きたいということをアピールする

22歳の方が転職する場合は、面接で長く働きたいことをアピールすることを意識しましょう。

これも、先ほど述べた通り、若すぎる転職では早期退職が懸念されることに関係しています。

前職では何が足りなかったのか、ということを述べたうえで、長く働きたいという姿勢を表明することで、企業にとっても安心材料となるでしょう。

若い人材を採用したい理由の一つは、長く働いてほしいと企業が考えているからです。その点をしっかりアピールしていきましょう。

転職エージェントを必ず活用する

22歳の方が転職する場合は、転職エージェントを必ず活用しましょう。

自分が希望する業種や職種への転職が成功しやすくなるからです。

転職エージェントでは、担当者との面談を通して、企業の紹介や選考対策、内定後の交渉代行など、転職活動に必要な支援を受けることができます。

担当者は多くの求職者の転職支援を経験しているプロフェッショナルですので、安心してサポートを任せることができます。

また、ほとんどの転職エージェントは無料で利用できるのもうれしいポイント。実際多くの求職者が利用していますので、あなたもぜひ登録してみてください。

複数の転職エージェントに登録しても構いませんので、気になるエージェントはとことん活用しましょう!
利用にお金がかからず、無料はいいですし、転職の強い味方ですね!

22歳は転職しやすい時期!希望の仕事にチェンジしよう!

今回は22歳の転職にフォーカスして、転職事情や意識すべきポイントを紹介しました。

転職しやすいタイミングは人生でそう多くはありません。これを機に自分の希望する仕事に挑戦してはいかがでしょうか?