30代・40代からのセカンドキャリアの転職

「セカンドキャリア」という言葉をご存知でしょうか?
「第二の人生」的な考えになりますが、それは定年退職後だけのものではありません。
今や、子育てから再就職を考える主婦や30代、40代からのセカンドキャリアについて考え、それを実行する人も出てきています。

セカンドキャリアを考えるメリット
  • 年齢に応じたキャリアプランから出来ること出来ないことがはっきりわかる!
  • 早期退職した場合も将来の生活に余裕ができる!
  • 子育てがひと段落した人にはどんな仕事が選べるかリサーチや対策が可能!

 

今回は、セカンドキャリアへ転職する場合や、支援機関、相談先などについて考えたいと思います。
「自分は定年まで勤めるから関係ない」果たしてそうでしょうか!?

セカンドキャリアとは

セカンドキャリアとは

セカンドキャリアは「第二の職業」と言い、会社員や公務員が定年退職後に、あるいは退職した女性が出産や育児の後に、そして、スポーツ選手が引退後などに従事する第二の職業のことを指します。

今働きながら、別の会社に転職をするケース(要は通常の転職)はこれに該当せず、「新天地を目指してこれまでとは全く違う仕事を始める」というイメージになります。

「老後」もセカンドキャリアの仕事を行うことも視野に入ります。
年金制度の今後も不透明な中で、長い人生「お金が足りなくなるかもしれない」という危機感は誰にでもあります。
それに、今いる会社が今後どうなるのかも分かりません。

出世したとしても多くの人は役員にはなれず、役職定年で給料が大幅に下がり、60歳を過ぎ定年を迎えれば嘱託再雇用されても、バイト程度の給料しかもらえなくなります。「自分はもっとお金が必要なんだ」「定年後は違う仕事をしてみたい」と思っても、通常の転職ルートではもう転職できないでしょう。

女性

つまり、まだ元気な30代や40代のうちから、実際にセカンドキャリアに就かないまでも、その準備くらいはしておいた方がいいでしょう。

「何を自分はしたいのか?」
「そのためには資格は必要なのか?」
「開業資金はいくら必要なのか?」

セカンドキャリアを実行しようとする時期が、子どもの大学進学などと重なるケースもあります。
優先順位的に子どもを後回しにはできないはずなので、30代、40代のうちから真剣にセカンドキャリアについて考えておく必要があるというわけです。

セカンドキャリアが必要なのはスポーツ選手やアスリートだけ?

セカンドキャリア

会社員をしている人は、会社が倒産したり、リストラされたりしなければ、少なくとも定年までは会社にしがみつくことができます。

しかし、プロ野球選手やプロサッカー選手は基本的に社員ではなく、個人事業主です。
また、大相撲の力士もそうですよね(○○部屋の社員ではありません)。

彼らは、40歳までできるかどうかの世界で戦い、引退後、コーチや親方としてその世界に残れる人はわずかです。多くの選手や力士は、アラフォー(早い人はアラサー)にして、いやおうなしにセカンドキャリアに就かざるを得なくなります。

しかし、野球やサッカーしかしてこなかった人が会社員になってもうまくいくでしょうか?(再就職先をあっせんしてくれる人はまだいいのですが、「お前はいらない」と放り出された場合は?)。力士もみんなちゃんこ屋を始めても成功はしません。ちゃんこは夏にはまったく売れないんです。

女性

そう考えると、セカンドキャリア必須の業界であっても、その実現のためのサポート体制は極めて脆弱だと言えるでしょう。

男性

早期退職が余儀なくされているスポーツの世界ですら、バックアップ体制が弱いことが現実ですね。

ポイント 女性

普通の会社員がセカンドキャリアを考えて、実行していくためには周到な準備が必要になります。

「早期退職制度」はセカンドキャリアのチャンス

早期退職制度

セカンドキャリアを真剣に考えている場合、会社に「早期退職(優遇)制度」や「セカンドキャリア支援制度」というものがあれば、それを利用するのもいいでしょう。

年齢制限(○○歳以上)があるところもありますが、これを利用すれば普通に退職するよりも、上乗せされた退職金をもらえることが多く、セカンドキャリアの元手にできます。

もちろん、「退職」という選択を取ってしまうと復職ができなくなってしまうわけで、慎重な判断が求められるのは言うまでもありません。

ただし、もし自社に「早期退職制度」などがあれば、セカンドキャリアを狙うきっかけにはなるでしょうね。

筆者の知人でセカンドキャリアを成功させた50歳女性の例

セカンドキャリア成功例

実は、筆者も会社員時代の先輩の中に、早期退職制度を利用してセカンドキャリを切り開いた人がいます。女性で50歳になった年の年度末に、早期退職制度(私の会社では「セカンドキャリア支援プラン」という名前でした)を利用し退職して、マンション管理会社(ア○マンショップみたいなやつ)のオーナーに転身しました。

在職当時のイメージからすると、とても成功するようには見えなかったのですが(笑)、今ではその人のお店は全国5位くらいの成績を上げているとのことで、向き、不向きを見極めてセカンドキャリアに賭けるのも悪くないのかもしれません。

ただ、その人の場合は下の子どもが高校生になっていたこと、夫が公務員であったこと、もともとご自身がマンションを所有していたこと、などいくつもリスクヘッジできる要因があり、失敗しても何とかなるから攻めの姿勢に出られたとも言えます。

家庭を背負っている男性が、何の考えもなしにまったく未知の分野に挑戦してしまうと、この動画のようになってしまいます。

疑問 男性

セカンドキャリアを成功させるにはある程度の経験とリスクヘッジを考えないと貧乏生活になる場合もあるってことだね。。

セカンドキャリア成功のための必要なこと

上の動画の人もそうですが、安易に特にラーメン屋や飲食店を始める人が多すぎます。誰でもできそうな分野に挑戦しても、誰でもできる以上ライバルは多いわけで、その中で生き残るのは至難の業です。

ポイント 女性

本気でセカンドキャリアに挑戦したいのであれば以下のことを準備できるかどうかで成功率も違ってきます!チェックしてみてください。

1.時代の流れ、環境変化の認識する

時流に合わないことを始めても、下り坂の業界で新しく自分の地位を築くのは難しいです。
上の動画は20年前のものですが、当時でさえ豆腐屋は右肩下がりです。今なら、もっと少なくなっているはずです。

そんな業界に参入してもうまくいくはずがありません。

ポイント 女性

今の時代、どういうニーズがあるのか10年先、20年先はどうなるのか、転職で新しく雇用される形のセカンドキャリア以外を目指す人は、ここが読めるかどうかが大切になります。

2.キャリアを生かすのか、新しく築くのか

これまでの経験を生かして、セカンドキャリアを始めるのか、過去の自分を捨てて新しいキャリアを作っていくのかで戦略も変わっていきます。

動画の男性は、まったく畑違いの豆腐作りを自己流で始めたため、こんなことになってしまいました。元の会社員時代の業務に近いことを

3.仕事や資格としてできること、できないことを見極める

キャリアを設計のためには、自分に何ができるか、どんな力があるかをしっかりと見極めましょう。

飲食店をゼロから始める場合でも、カフェやラーメン屋は何とかなるかもしれませんが(ライバル多いですが)、うなぎ屋を始めるのは無理です。「串打ち三年裂き八年焼き一生」と言われるうなぎを中年のサラリーマンが脱サラして何とかは、絶対になりません。

飲食店以外で言えば、脱サラして弁護士になる、医者になるというのは果てしない困難が伴います。
家庭を持っている人とそうでない人でもできること、できないことがあります。

男性

アラサー独身であれば、3年位勉強漬けで資格を目指すのもありかもしれませんが、40歳妻子ありでは無理ですよね。

女性

そういうことを客観的に把握できるのも、大切な能力になります。

4.年齢に応じたキャリアプランを考える

上とも関係しますが、セカンドキャリアを考えるのが35歳と50歳では全然違います。
35歳の場合、最悪元の会社員生活に戻れますが、50歳ならばかなり難しいです。

あと数十年セカンドキャリアでバリバリやっていきたい人と、70歳過ぎくらいまでやって認知症防止になればいいや、と考えている人のキャリア設計は異なるはずです。

男性

会社を興して大きくして夢を実現させたい人と、定年後、年金+副業で多少豊かな暮らしをしたい人は違って当然ですよね。

女性

30代の世界、40代のセカンドキャリア、50代のセカンドキャリアではやり方も変わってきます。

5.セカンドキャリア塾で仲間を見つける、ネットワークを作る

どういうことをするかにもよりますが、同じ目的で事業をしている仲間がいた方がいろいろがんばれるはずです。
異業種交流会などに入るものもいいでしょうし、「創業塾」のような段階で仲良くなるのもいいですね。

ビジネスにつながるかどうかはわかりませんし、最初からそれだけを目的とする仲間づくりは敬遠され警戒されます。

女性

結果的に仕事につながればいいかな、くらいの感覚で仕事の愚痴を言い合える友人作りをまずやってみると、困ったときに手を差し伸べてくれるかもしれません。

6.セカンドキャリア資金計画は妥当か?

自分で開業する場合や、フランチャイズに加盟する場合は資金が必要になります。
なるべく借り入れを減らして、自己資金で充当するのは望ましいのですが、退職金を全部つぎ込んで・・・というのは感心しません。
失敗したときにこれまでの人生何だったんだ、ということになってしまいます。

女性

開業資金が必要な場合、生活資金や運転資金を確保したうえで、余裕をもって進められるように事業計画を立ててください。

このように、セカンドキャリア実現のためにはかなりチェックしなければならないことが多そうです。

疑問 男性

これなら、普通の転職を目指した方がリスクがないかも・・

女性

これまでとは違ったキャリアを構築していくことの魅力ややりがいも多く、それに賭けてみたいという気持ちには準備と経験、資格次第では実現や成功も夢ではありませんよ!

セカンドキャリアには支援機関や相談先をどれだけ見つけられるかがカギ!

少しでもセカンドキャリアを成功させるためには、事前に相談したり支援してくれたりするところを見つけた方がいいですね。そこで、そういうところを考えてみましょう。

アスリート、プロスポーツ選手のセカンドキャリア支援

最初に述べたように、プロスポーツ選手の場合、そのまま指導者として残れるチャンスを得られない人が多く、30代でセカンドキャリアを考えないというけません。

そのためプロスポーツ選手(アスリート)のためのセカンドキャリア支援会社は結構充実しています。
リンク先を見ていただければと思います。

例えその分野の経験がなくても、アスリートの人はいわゆる「体育会系」の頂点であり、そういう人材を欲しい企業は山のようにあります。もちろん、健康で強靭な肉体を生かせる職場も、実際のスポーツ科学を必要とする職場も、プロとして活躍した人を欲しがっています。

女性

だから、アスリートのセカンドキャリアはしっかりした会社のアドバイスを受ければ、非常に豊かなものになるでしょう。
安易に飲食店などを始めると大変なことになります。

女性や早期退職者もサポートしてくれるセカンドキャリア支援

アスリートではない人で、「転職」ではないセカンドキャリアを模索したい人向けのサービスもあります。

キャリア応援ナビ
キャリア応援ナビ

有料のサービスですが、専門家がセカンドキャリア発掘をサポートします。ライフプラン、キャリアプランの立て方から、再就職・転職活動をする際に必要なノウハウ、ツールを網羅しているので、何をしてよいのかわからない、という人でも安心です。

GAPセカンドキャリアプログラム
GAPセカンドキャリアプログラム

「女性で『夜のお仕事』に従事している人」を対象にした、セカンドキャリア支援です。やむを得ずそういう仕事をしている人も、好きでしている人も、年齢とともに求人や仕事がなくなっていくのは事実です。

しっかり根を張った仕事に就けるように支援を行っていきます。

創業塾、創業フォーラム|東京商工会議所
創業塾、創業フォーラム東京商工会議所

セカンドキャリアというよりも開業寄りですが、商工会議所の創業支援事業を受講するのもいいでしょう。コンサルタントが講師でいますので、その人に相談してもいいかもしれませんね。みなさんの近くの商工会議所でもやっているはずです。

セカンドキャリアの公的支援には定年後のシニア向けから地域密着型まで幅広い

行政や自治体が行うセカンドキャリア支援も紹介します。

地域おこし協力隊/ニッポン移住・交流ナビ JOIN
地域おこし協力隊

総務省が行っている事業で、過疎地域等に生活の拠点を移し、一定期間、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PRなどの地域振興の支援や、農林水産業へ従事しながら、その地域への定住・定着を図る取り組みです。

1~3年の活動期間中は、隊員1人あたり400万円を上限とした財政支援があり、要は国内のワーキングホリデーのようなものです。20代、30代の方が8割で、そのうち約6割が同じ地域に定住し、セカンドキャリアを実現させています。

東京都のシニア就労支援事業「東京セカンドキャリア塾」
東京セカンドキャリア塾

東京都が無料で行うセカンドキャリア塾です。ただし、対象年齢が65歳以上ということで完全にシニア向けとなっているのに注意してください。

防衛省・自衛隊:退職予定自衛官の雇用をお考えの企業様へ
防衛省・自衛

アスリート以上にセカンドキャリアを早く考えないといけないのが自衛官です。定年も早い(55歳前後)のですが、「自衛官候補生」と呼ばれる階級が低い人は、20代で人気が終わってしまうケースもあり、セカンドキャリアを何とかしないといけません。

幸い、アスリートと同じ理由で積極的にセカンドキャリア支援する企業も多く、防衛省や自衛隊のバックアップも受けられますが、一応ここにも記しておきます。

疑問 男性

全般的に見ると、アスリートのセカンドキャリア支援については、それを行うサービスが非常に多いけど、会社員の場合は通常の転職ルートか自分で切り開くしかないくらい、支援が薄くなっているね。

ポイント 女性

年齢や職業で判断する日本の現状がそこに表れているかもしれませんね。でもそれだけ早い年代の30代、40代でセカンドキャリアを考えることが成功させるポイントになってきます。

30代・40代からのセカンドキャリア転職には支援や相談先が重要!

まとめ
  • セカンドキャリアは「第二の人生」的なキャリアで転職とも少し違う
  • 30代・40代・50代など年代によってセカンドキャリアの幅が異なる
  • それまでのキャリアを生かす、それまでのキャリアを捨てて心機一転、2つの考えがある
  • 「早期退職制度」を利用すれば退職金が上乗せされ、セカンドキャリアの資金もできる
  • 現役年齢が短いアスリートや自衛官向けのセカンドキャリア支援サービスが充実している
  • セカンドキャリア実現の成功のためにはしっかりと準備をして計画を練る
  • そのために民間サービスや商工会議所を利用するのもあり
こちらの記事も読まれています↓