現在30歳で転職を検討されている方の中には既に転職を経験しているという方もいれば、今回はじめて転職に臨むという方もいるかと存じます。

では転職に対する経験の有無はどのような違い、あるいは差を招くことになり、それらを踏まえた場合、特に転職未経験者の方が留意すべきことにはどのようなことがあるのでしょうか。

また、転職未経験の上、更に未経験の業界へ転職を果たす場合にはどのような事を心得ておくべきなのでしょうか。

今回は30歳の転職志望者の方で転職未経験、しかも経験のない業界への転職を検討している方々が留意、あるいは必要な覚悟や心得などをお伝えして参ります。

転職未経験の難しさとは

転職の履歴は少ない方が一般的に有利だが・・・

現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われており、中途採用求人数と転職志望者数共に右肩上がりで成長を続けていますが、欧米のように転職回数の多さがキャリアップや採用時の加点評価になっているかと言うとまだそうはなっていません。

転職回数が多いと「またすぐに転職してまうのではないか」と企業側の不安を招くため、むしろ敬遠される場合が多いのが現状です。

そのため、転職経験者と転職未経験者を「履歴書」上で評価した場合、転職未経験が有利に働く場合があっても不利に働くことはあまりないと考えて構いません。

そのような意味では、転職へ臨むにあたって転職経験のなさを過度にハンディと考えたり、それ程不安視する必要はありません。

ただし、だからと言って慢心して良いという訳でもありません。

転職未経験者には未経験者特有のウイークポイントがあります。

未経験者は冷静さを見失ったり、自信を喪失したりしやすい

転職経験者は程度の違いこそあれ、転職活動を通じて様々な成功や失敗の経験をしているため、上手くゆかないことが生じても、例えるなら免疫が出来ていることから動じることなく冷静に対処できる場合が多くなります。

対して転職未経験者は経験がないだけに、例えば書類選考で落とされるといった失敗に遭遇すると過度に落ち込んだり、ナーバスな状態に陥りやすい傾向があります。

これは、冷静さに少々自信があるという方にも当てはまる場合があります。

なぜなら転職活動は大変孤独な戦いであり、周囲へ軽々には相談しにくい取組みでもあるからです。

そのため、普段は冷静さに自信がある方でも転職活動特有の孤独な環境から、冷静さを見失いやすくなったり、自信を失ったりしやすくなってしまうためです。

その結果、不安や自信のなさから転職条件で過度に妥協したり、内定が得られただけで慌てて転職先を決めたりすることで、不本意な転職を遂げてしまう場合が多くなるのも転職未経験者特有の症状と言えます。

転職未経験者は転職支援サービスを利用するなど孤独にならない対策が肝要

では転職未経験者がそうした事態に陥らないようにするにはどうすれば良いかですが、転職について本音で相談できる人を確保しておくことが大切です。

更に言えばその人物は転職経験がある、もしくは転職市場に精通していることが望ましいと言えます。

しかしそうした人物は限られますし、仮にいたとしても毎回親身になって相談に応じてくれるとは限りません。

そのような意味で転職未経験の方へぜひ利用をオススメしたいのが、転職エージェント(有料職業紹介事業者)が提供している個別の転職支援サービスです。

転職支援のプロとして数多くの転職者を求人企業に斡旋してきた経験のあるアドバイザー、または転職サイトによってはコンサルタントと呼称されている方に転職に関する不安や悩みなどを本音でぶつけることができます。

しかも転職が成功するまで無料で何度でも相談に応じてもらえますので、自身で心から信頼できると思えるアドバイザーを複数の転職サイトへ登録することで見つけ出しておくことをぜひオススメ致します。

業界未経験での転職の難しさとは

転職未経験という場合には先ほどご紹介した未経験者特有のウイークポイントが生じますが、未経験の業界へ転職を行なう場合にはそれらに加わえて更に、未経験の業界へ転職する場合特有のウイークポイントが加わることになります。

ではどのようなウイークポイントがあるのか、説明して参りましょう。

不安感が色濃く表情に出やすい

未経験の業界に飛び込む以上、知らないことがあってむしろ当然です。

ところが転職未経験者の場合は、経験がないことから不安感が過度に募り、良い意味での開き直りができない場合が多々見受けられます。

例えば「あれも知らない、これも知らないと言ってしまえばやる気がないと思われるのではないか」といった不安です。

未経験であってもその業界を志望した以上、ある程度業界に対する見識も必要ですが、具体的にここまで知っておくべきであるといった明確な基準が存在している訳ではありません。

求人企業によってはかなりシビアに業界知識を求める企業もあれば、中途半端な知識なら一切不要とする企業だってあります。

つまり、業界に対する見識を深める努力は必要ですが、これで十分、大丈夫といえる明確な基準がある訳ではありませんので、どこかの時点で良い意味で開き直る必要があります。

ところが転職未経験者はそうした判断が適切にできない場合が多いために不安感が募りやすく、それが面接の場面において色濃く表情として表れやすくなるのです。

そうした不安感が表情に表れていては、面接でどんなに立派な回答ができても採用する側にとっては「自信のなさ」として映りますので、良い結果が得にくくなります。

外部からみた「自分のセールスポイント」に気付きにくい

同じ業界での転職というケースなら、これまでの職務経験をかなりストレートに活かせますし、また同じ業界ゆえ、求人企業側からも職務経験を理解してもらいやすいと言えます。

ところが未経験業界の求人企業なら、求人企業側も住職者が属している業界用語や職務内容について詳しく知らない場合は大いにあり得ます。

そのため、同業界を前提とした言葉で職務経験上のセールスポイントを伝えることはセールスポイントになるどころか、「わかりにくい」ということでマイナス評価になる場合すらあります。

また、この点は多少判断が難しい点でもありますが、自分で考えた職務上のセールスポイントが求人企業側の業界ではセールスポイントにならない、あるいはそれほど魅力的には映らないという場合もあります。

例えば緻密さや正確性が特に重視されている業界に対して、ルール度外視でがむしゃらに頑張った職務経験上のエピソードをセールスポイントとして披露されても、魅力的なセールスポイントにはなってきません。

従ってその業界から見てセールスポイントとして評価される点を自分の経験から探し出し、業界のことを知らない人でも理解できるよう、わかりやすく伝える努力も必要です。

わかり易くいえば、自分がセールスポイントだと思っていることを優先するのではなく、未経験の業界がセールスポイントと認めてくれることを優先すべきだということです。

しかしこうした勘所は転職経験者でもなかなか難しい面がありますので、まして転職未経験者が専門家からのアドバイスや意見を何ら得ることなく、自身の知見や判断だけで考えても未経験業界にフィットしたセールスポイントを考案することは更に難しいことと言えます。

意地悪な質問をされる覚悟が必要だが、そうした質問に対し窮しやすい

求人企業側の中途採用における本音で言えば、「即戦力かどうか」という評価ポイントがとても重要です。

その点で業界の未経験者は即戦力とはなりにくい面があります。

もっとも、未経験であっても20代であるなら若さゆえの吸収力に加え、年齢から言ってもそれほど高い年収が必要とされないという長所があるため積極的に採用してくれる場合があります。

その点で30歳というのは微妙な年齢と言えます。

未経験の業界へ転職する場合には著しいハンディになるとまでは申しませんが、大歓迎される年齢でないことも確かです。

その結果、かなり突っ込んだ質問や意地悪な質問が20代の求職者以上に数多く浴びせられる可能性が高まります。

それは何も悪意からではなく、求人企業としても応募者の強い覚悟や熱意を確かめておく必要があるからです。

ところが中途採用独特の面接の雰囲気になれていない転職未経験者の方は、特に意地悪な質問や否定的な質問をされた場合、雰囲気に呑まれることもあって窮しやすくなってしまいます。

マニュアル的知識だけでなく、プロフェッショナルな指導が大切

30歳の方が転職未経験、しかも未経験の業界へ転職を果たすことは決して無理ではありません。

事実、成功した先輩方も多数います。

しかしながら確実に言えることは、マニュアル的なノウハウや理屈を自助努力によって身につけるだけで乗り切れるほど、甘くはないということです。

転職は孤独な戦いであることに加えて、適切な戦略も求められるからです。

30歳・転職未経験・業界未経験というハンディの多い転職を果たそうと考えるなら、転職および転職しようとしている未経験の業界に対するプロフェッショナルな知見を有している専門家の力も上手に利用することが成功を得るためには不可欠といって良いでしょう。

★こちらもあわせて読まれています!