1
結婚式という幸せの舞台をコーディネート、演出する専門的なサービスを提供している業界がブラダイル業界です。

a_085そんなブライダル業界の仕事に対して興味や関心を抱いている女性の皆さんに、ブラダイル業界にはどのような仕事があるのか、具体的な職種やその内容を徹底的に解説致します。

特にブライダル業界への転職を考えている女性の皆さんにとって必見の記事ですので、ぜひご覧になって下さい!

ブライダル業界にはどんな種類の仕事があるの?

2
ブラダイル業界には実は様々な種類の仕事がありますが、代表的な職種を中心にご紹介して参りましょう。

ウエディングプランナー

5
ブライダル業界を代表する職種と言えるのが、ウエディングプランナーです。

ウェディングプランナーとは別称「ブライダルプロデューサー」とも言われ、一言でその仕事内容を言うなら近々挙式をあげる予定のカップルの希望や意向を踏まえて結婚式の企画立案を行い、その進行をマネジメントし、二人の最高の幸せの舞台を提供するのがウェディングプランナーの仕事です。

ウエディングプランナーの仕事は前段と後段に分けて考えると理解しやすくなります。

check081まずは前段です。どのような結婚式にするか様々な案や選択肢を考えてカップルに提案しつつ、全体の予算、会場、日程、式の段取り(式の進行内容や司会者選定、衣装、料理内容、照明、音楽等の演出等々)を詳細事項に至るまでアドバイスを交えながら新郎新婦と相談し、確定することが前段の仕事です。

また、結婚式は何かと費用がかかるもの。予算に見合った会場や料理の提案は企画力だけでなく、新郎新婦に内容、費用の両面から納得させるには営業力も必要です。

check081次に後段となるのが結婚式当日です。
ウエディングプランナーは事前の決め事だけを決定するのが仕事ではありません。

結婚式当日は裏方として結婚式が滞りなく進行するようスタッフに指示を出したり、問題が生じたら速やかに解決を図ったり等々、現場監督として式を無事進行させるための役割を果たすことも大切な仕事です。

転職ナビ

つまり、前段、後段を含めてウエディングプランナーは式をあげる二人にとって大変重大な責任を負う立場であり、またプロジェクトリーダー的な立場として結婚式というプロジェクトを成功させるために尽力することを求められるのがウエディングプランナーです。

バンケットスタッフ

4
バンケットスタッフとは結婚式当日、結婚式をスムーズに進行させるためのサポートスタッフとして大小様々な実務をこなすことが求められる仕事です。

例えば料理や飲み物の配膳といった厨房と式場をつなぐ役割を担う他、新郎新婦の入退場をサポートしたり、例えば式の列席者からトイレの場所を尋ねられたり、カメラ撮影を依頼されたりした場合には、それらに応じて対応することもバンケットスタッフの役目です。

転職ナビ

つまり、結婚式をスムーズに進行させるために、新郎新婦をはじめとした式の参加者が気持ちよく二人の門出を祝福できるようにするために必要とされる仕事を何でもてきぱきとこなすことが求められるのがバンケットスタッフと言えます。

ブライダル事務スタッフ

3
ブラダイルサービスを提供している企業や、宴会場、ホテルなどのブライダル部門で勤務し、主に裏方としてブライダルに関する様々事務作業を行うのがブライダル事務スタッフです。

医療事務スタッフという医療事務専属で事務を行う職種がありますが、このブライダル業界版と考えるとわかりやすいでしょう。

転職ナビ

一般企業の事務職員に求められる事務能力が必要になってくることは勿論ですが、結婚するカップルからの問い合わせに対してブライダル部門の代表する立場としてコミュニケーションや応対する必要もありますので、高度な接客マナーや営業的素養も求められる事務職がブライダル事務スタッフです。

アテンダー(介添人)

6
アテンダーとは一言で言えば、新婦の専属的付き人のことです。ドレスの着替えやお色直しの時に新婦のそばについてお世話をしたり、式の進行中も例えば新婦が必要とする小物を新婦に届けたりする役割を果たします。

また、特に新婦は着用したドレスによっては移動しにくい場合がありますので、衣装の一部を持つなどして新婦の移動を手助けするといった仕事も行います。

転職ナビ

いわば花嫁に特化したサポーターと言えるのがアテンダーの役割です。

ブライダル業界との関わりが大きい職種

ブライダル業界にはブライダル業界だけで活躍している訳ではありませんが、特にブライダル業界との関わりが大きい職種もあります。例えば次のような職種です。

フラワーコーディネーター

7
入り口や受付を含めた披露宴会場全般を美しい装花でコーディネートすることで、会場を美しく盛り上げる役割を果たすのがフラワーコーディネーターの仕事です。

また、フラワーコーディネーターの仕事は会場に飾る花を演出するだけではありません。新郎新婦の考えや意向をしっかりと把握した上で、それぞれの両親に手渡す花束やウエディングブーケを作るのも重要な役割です。フラワー業界の仕事は見た目の華やかさ以上にハードですので、体力も求められます。

司会者

8
結婚式の司会進行役を果たす司会者も結婚式を盛り立てると共に、結婚式をスムーズに進行させる上で不可欠な存在と言えます。

軽妙なトークやコメント力で場をつなぎ、会場を沸かせつつ、常に時間配分を意識しながら式次第どおりに披露宴を進めるには司会者としてプロフェッショナルな技量と経験が問われる高難度の仕事と言って良いでしょう。

そのため、ブラダイル専門で司会業を営んでいるフリーランスも決して少なくはありません。

ドレスコーディネーター

9
お色直しを含めた新郎新婦の衣装、特に新婦のウエディングドレスなどをコーディネートするのがドレスコーディネーターです。

近年花嫁衣裳はレンタルが主流ですので、数あるウエディングドレスの中から結婚式のコンセプトや新婦の希望、考えなどを踏まえて新婦を引き立てる最高の一着を選び出し、コーディネートできるかどうかはドレスコーディネーターの選球眼にかかっており、その役割は極めて重要です。ドレス関係でもWBJ「認定ドレスコーディネーター」など、ウェディング専門の認定資格があります。

音響スタッフ(ブライダル音響スタッフ)

10
音響スタッフの仕事とは結婚式をはじめとした各種イベントを盛り上げるための音や音楽を組み合わせることにより音響の側面から演出することで、イベントを楽しく、華やかに、そして感動的に盛り上げることにあります。

なかでも結婚式の音響を専属的に担っているスタッフのことをブライダル音響スタッフと言いますが、ブライダル音響スタッフは単に音楽知識や音楽機器の操作に熟練しているだけで務まる訳ではありません。

新郎新婦との入念な打ち合わせを通じて、結婚する二人が希望している抽象的なイメージを読み取り、そのイメージで音で再現することが求められますので、高度なセンスも求められる仕事です。

カメラマン

新郎新婦の幸せの瞬間を記録する大切な役割。主な仕事は、前撮りや結婚式場、披露宴会場でのスナップ写真撮影、親族が集まっての記念撮影、式から披露宴までのビデオ撮影など。結婚式後はその編集作業もあります。

カメラの腕前以外にも、式中のプログラムの急な変更や予想外のハプニングにも素早く対応できる冷静な判断能力も求められそうです。ウエディングプランナーとの連携など、人間関係も円滑にすすめられる人が重宝されるでしょう。

特別な資格が必要というよりは、確かな技術と経験値が求められます。

ブラダイル業界へ転職を果たす場合の諸条件とは?

では女性の憧れの的でもあり、大変な人気業種とも言えるブラダイル業界へ転職を果たすにはどのような条件や素養が求められるのでしょうか。

業界の代表的職種と言える「ウエディングプランナー」を事例として、同業界に転職をはかる場合の例えば年齢条件など、具体的な条件で確認してゆくことにしましょう。

年齢での条件は?

11
年齢の条件は基本的にないと考えて構いません。何故ならウエディングプランナーでは年齢以上に「経験」と「実力」が問われるからです。

結婚式のプロデュースには様々な経験や感性、企画力、提案力、営業力など豊富なビジネススキルが問われることから、こうした多様なビジネススキルを習得し、豊富な経験を有している年配の転職者も大いに歓迎されます。

その一方、一般的にウエディングプランナーは体力勝負といった側面があります。そのため、体力に自信がある20代から30代といった若い年齢のプランナーの方が多いのも事実です。

また、全くの未経験なら厳しいですが、経験が多少乏しくとも式をあげる二人に年齢的に近いプランナーは二人の気持ちに寄り添いやすいというメリットもあります。

そのため、年齢上の有利不利はほとんどなく、実力や経験勝負の世界と考えて構いません。

転職における経験の有無は?

ブライダル業界そのものが就職、転職において人気のある業界である中、とりわけ「超」がつく人気を誇る職種がウエディングプランナーです。そのため大変狭き門という実情になっています。

一昔前なら「見習い」として未経験者が「ウエディングプランナー補」として採用される場合もありましたが、条件の良い大手企業や一流ホテルにはプランナー経験者が殺到するため、近年では未経験ではほとんど転職が難しい状況にあります。

check-c021従ってウエディングプランナーを目指すには、ウエディングプランナーに最初からこだわるのではなく、職種を限定せずにブライダルサービスを提供している企業やホテルの部門に入社し、様々な業務経験を積みながらウエディングプランナーを目指すという方法が堅実と言えます。

性格的な向き、不向きは?

性格が暗い人、空気が読めない人、感情がすぐに顔に表れる人、忍耐力がない人はウエディングプランナーのみならず、ブラダイル業界全般の職種で不向きと言えます。

ブライダル業界、特にウエディングプランナーに向いているのは次のような性格の人です。

・礼儀やマナーを重視し、大切にする人・人からの要望やリクエストに応えること、他者へ奉仕することに喜びを感じることが出来る人

・何かトラブルが生じた場合でも笑顔を失わず、冷静に対処できる落ち着きと冷静さを備えた人

・何より「人が好きだ」といえる人

必要な資格もしくは学歴は?

12
ウエディングプランナーは職種の名称であって資格ではありません。そのため、特別な資格を必要とする訳ではありません。

また学歴としてブラダイル系の専門学校を卒業していると就職時に有利になる企業もありますが、ブライダル系の専門学校を卒業することが必須とまでは言えません。

学歴面では大手企業や一流ホテルでは、ブライダル系の専門学校より他の一般企業同様高学歴者が好まれる傾向があります。

しかしながら、「転職」の場合には学歴以上にものを言うのが経験やキャリアです。

その他、ブライダル業界で働く心得は?

土日祝日はホテルや結婚式場にとって書き入れ時。ブライダル業界で生きていく上では土日に休暇を取ることは難しいと心得ておきましょう。

人との関わりが避けては通れないこの業界。違う業界からの転職の場合は営業経験や接客経験が大きなポイントとなるでしょう。

 

★こちらのページもよく読まれています