car5

男性

転職って若い人がするイメージが強いけど、最近ではキャリアが豊富な人も、より高みを求めて転職活動する傾向にあるみたいだね。

女性

近年の労働市場は空前の転職ブームで、エグゼクティブ層やハイクラス層、ハイキャリア層とも呼ばれる経営幹部や管理職層の人材の流動化も欧米並みに盛んになってきていますね。

疑問 男性

そういう人はどういう転職サイトを使えばいいのかな?

ポイント 女性

ハイキャリア層を主要ターゲットとした転職支援サービスを専門的に提供する転職サイトもたくさんありますが、その中からキャリアをお持ちの方々に特にオススメしたいハイキャリア層中心の転職サイトが、今回ご紹介する「キャリアカーバー(career carver)」です。

\エグゼクティブの転職に/

⇒最短5分でキャリアカーバー(career carver)に登録

キャリアカーバー(career carver)の特徴

cari1

キャリアカーバーは「ハイキャリア層」向けの転職サイト

car6

キャリアカーバーは就職でお馴染みのリクルートグループ企業であるリクルートキャリア社が手掛けている転職サイトで、ハイキャリア層を主要対象とし、敏腕ヘッドハンターを通じた転職支援を行なっています。

経営幹部や管理職のヘッドハンティングと聞くと、社会経験豊富な年配の現役幹部の方々が対象となるイメージがあるかも知れませんが、キャリアカーバーが対象としているのはそうした年配の現役幹部の方々だけではありません。

次世代の経営幹部候補としてまだ管理職や経営幹部としての経験がない、乏しいという20代、30代の若手、中堅ビジネスマンも対象として積極的にキャリア形成支援を行なうことをポリシーに取り組んでいます。

そのため、キャリアカーバーに登録すれば、実務経験や実績はあっても、ポストがないために役職に恵まれなかったといった中堅サラリーマンの皆さんでも次世代の幹部候補や管理職として転職を果たせるチャンスが広がります。

キャリアカーバーはヘッドハンターとの相談が転職の第一歩となる

キャリアカーバーの大きな特徴は「ヘッドハンター」の存在です。

ポイント 女性

キャリアカーバーにはヘッドハンターが多数が登録されていますが、登録されているヘッドハンターはリクルートキャリア社の社員ではなく、リクルートキャリア社が厳選した外部企業のプロヘッドハンターばかりです。

こうした外部のヘッドハンターが登録されている意味について、皆さんはおわかりになるでしょうか。

ヘッドハンターは、卓越した交渉力や人材を見抜く力などが求められる大変高度な仕事ですが、そうした優れた素養だけがあれば良いという訳ではありません。

ヘッドハンターには人材を斡旋する業界に精通している必要があることに加え、何より幅広い「人脈」も求められます。

幅広い人脈や交渉力に長けたプロのヘッドハンターに依頼

経営幹部を求める企業の立場になって考えれば容易に理解できますが、一般社員と異なり、経営的な責任も負うことになる経営幹部の人選を失敗すればその企業は採用に失敗しただけでは済まず、最悪経営そのものが傾いてしまう畏れすらあります。

また、特に経営幹部を外部からヘッドハンティングするということは極めてデリケートな人事となる場合も多く、例えば上場企業なら株価を左右しかねない場合もあるだけに、情報の取り扱いも含めて慎重にも慎重さを重ねて取り組む必要があります。

多くの企業から信頼を寄せられているヘッドハンター

それだけに、経営幹部を欲する企業はただ腕が良いだけのヘッドハンターではなく、”心から”信頼を寄せることができるヘッドハンターにヘッドハンティングを依頼することになります。

こうした信頼=人脈は一朝一夕には築けません。また、そうした人脈はヘッドハンターが個別に有する仕事上の資産とも言えます。

そこでキャリアカーバーでは人脈という資産を有するベテランヘッドハンターを厳選し、登録者の転職支援を行ってもらうことを重視したからこそ、外部のヘッドハンター登録制度を採用している訳です。

ハイキャリア層がキャリアカーバーで転職する優位性

よく、転職するなら35歳までと言われていますが、実際に応募条件を35歳までとしている企業も少なくありません。
そのため、スキルやキャリアを積んだベテランは転職する機会が少ないのではと感じるかもしれません。

厚生労働省の平成28年雇用動向調査によると、転職する人の年齢は25~29歳をピークに年齢が上がると共に転職者数は減少していきます。
しかし、40代~50代でも6%前後の数値を保っており、キャリアを重ねた人にも転職の機会が必要なことを示しています。
また、転職する理由として、「会社の将来が不安だった」「給料等収入が少なかった」などを挙げている人も多く、長く務めた会社であっても、待遇や会社の状態が働く人の要望に沿わない場合には転職を決意するきっかけになっています。

参考:厚生労働省/平成28年雇用動向調査結果の概要

キャリアカーバーの登録に年齢制限はない!

キャリアカーバーには登録するための条件などはなく、年齢制限もありません。
そのうえで、検索できる求人情報の年収は600万円以上となっており、年齢に関係なく高いスキルやキャリアを持った人が転職しやすい土壌が用意されています。

キャリアカーバー(career carver)の使い方と活用法

無料で使える!まずは会員登録とレジュメ登録

ca5ではキャリアカーバーを利用するには具体的にどうすれば良いか説明しましょう。

キャリアカーバーを利用する場合にはまず「会員登録」と会員登録後に行う「レジュメ登録」の二つの手続きが必要です。

会員登録はメールアドレスやパスワード、氏名や現在の業種等簡単な情報登録を行なうだけでできます。

しかしながら、会員登録が済んだ段階ではキャリアカーバーが提供しているサービスや機能はまだ利用できませんので会員登録後、メール等で案内された指定のURLにアクセスし、画面に従ってレジュメ登録を次に行います。

ポイント 女性

レジュメ登録とは職歴や業務実績、保有資格や自己PR情報等々、言ってみればエントリーシートを作成するようなものです。

レジュメ作成を詳細に丁寧に行えばスカウトも増える

少々時間を要するかと思われますが、ハイキャリア層を欲する求人が基本なので、キャリアについて詳しい情報が必要になります。レジュメはできるだけ丁寧に熱意を持って作成することをオススメ致します。[/char]

レジュメ登録が完了すれば、手続きは全て終了です。匿名のレジュメを閲覧したヘッドハンターからのスカウトメールが届くようになったり、登録されているヘッドハンターへ個別相談を行なえるようになったりします。

キャリアカーバーは基本的には無料で利用できるので、ビズリーチなどの有料のサイトと比較してみてください。

キャリアカーバーはヘッドハンターへの相談が転職プロセスの第一歩

ヘッドハンターを通じての応募となる

他の一般的な転職サイトでは求人情報を検索し、応募したい企業が見つかったら応募手続きを行うといった流れが一般的ですが、キャリアカーバーでは求人企業を担当しているヘッドハンターへ相談することが転職実現の基本的な第一歩となります
※求人企業から直接スカウトメールが届く場合もあります。あくまで「基本的な流れ」として御理解ください。

求人情報の検索も可能

キャリアカーバーでも他転職サイト同様求人企業の検索を行なうことはできますが、応募したい求人企業が見つかった場合にはその企業へ直接応募するのではなく、担当しているヘッドハンターへまずアプローチし、相談を行なうことが前提となるからです。

アプローチを受けたヘッドハンターはレジュメを確認後、依頼企業の諸条件にマッチしている場合には応募者と面談を行い、そこで両者の意志が確定したら、ヘッドハンターを通じて求人企業側へ応募を打診してもらいます。

その後、求人企業側が関心を持ったら求人企業と面談と実施し、互いに合意となったら内定・入社という運びになります。

ヘッドハンターと良好な関係を築くことが重要なポイント

基本的な流れでおわかりになったと思いますが、ヘッドハンターは求人企業側と信頼関係を築いている立場ですので、ヘッドハンターと良好な関係を築き、ヘッドハンターから好印象や信頼を勝ち得ることが転職を成功させる上での大きな鍵となってきます。

ポイント 女性

そのためにもヘッドハンターからのスカウトをただ待つだけでなく、自分から積極的にヘッドハンターの経歴を閲覧をし、この人に相談したいと思えるヘッドハンターを見つけて相談を行なうようにすることをオススメします。

口コミでも評判!キャリアカーバーを通じたハイキャリア転職の成功例

ではキャリアカーバーでは具体的にどのようなハイキャリア転職を成功させているのか、具体的な実例をいくつかご紹介することにしましょう。

30代男性A氏/安定した営業成績と後輩の指導力が評価されて営業部長へ抜擢!

成績上位ながら昇進できない環境にあった

男性
A氏は毎月安定した売上を出せる、有能な営業マンでした。ノルマを切った事は一度もなく、常に上位クラスの売上を上げていましたが、トップセールスマンになったことはありませんでした。

A氏の職場ではトップセールスマン経験者が昇進の条件になっていため、10年以上の営業職のキャリアがありながらA氏の昇進は難しい状況にありました。

キャリアカーバーで能力を正当に評価してもらい営業次長として採用

そんな中A氏はキャリアカーバーでベテランのヘッドハンターと出会います。ヘッドハンターはA氏が絶えず安定して売上を出せていることに加え、面談を通じ、成績不振で悩んでいた後輩営業マンを短期間で安定した成績を出せる営業マンに成長させた実績があることを高く評価し、営業職の幹部を求めていたある企業へA氏を紹介します。

その企業はA氏のことを大変気に入り、A氏は新規事業部の営業次長職として採用され、なんと1年後にはその事業部の部長に昇進しました。

つまりA氏は営業成績だけでなく、潜在的に営業マンの育成能力があると評価されて転職が実現した訳ですが、A氏のセールスポイントを見抜いたヘッドハンターの存在抜きでは語れない成功事例だったと言えます。

40代女性Bさん/転職歴の多さをものともせず大手ホテルのシニアマネージャーとして採用!

年齢や転職回数でなかなか採用されない日々

女性
Bさんは航空会社の客室乗務員から海外のホテルのフロント係へ転職を果たし、以後海外のホテルを数社渡り歩き、フロント業務の経験を積み重ねていました。

ところが、個人的事情により急遽帰国しなければならなくなったため、最初は自力で転職先を探していましたが、年齢や転職経験の多さがネックとなってなかなか転職が果たせずにいました。

経験やスキルを認めてもらい大手ホテルに転職

そこでBさんはキャリアカーバーへ登録しホテル業界に強いヘッドハンターへ相談したところ、シニアマネージャーを求めていた大手ホテルをすぐに紹介し、その後とんとん拍子で内定・採用に至りました。

ヘッドハンターも採用を決めた大手ホテルも、Bさんが客室乗務員として身につけた高度な接客マナーや語学力、更には海外ホテルのフロント係としての経験を高く評価したからですが、その際、転職歴の多さは全く問題にならなかったと言います。

こうした転職成功例が数多くあることも、キャリアカーバーの強みと言えます。

30代女性Cさん/営業職ながら新商品企画・開発のリーダーへ転身を果たす!

商品企画の夢を諦めきれないまま営業を続ける

女性
Cさんは学生の頃から商品開発の企画や開発に携わることを志望していたいのですが、新卒採用時には営業職以外で内定を得ることができませんでした。

しかしながら、Cさんは商品開発への夢を捨てきれず、自分で様々な商品のアイデアや企画を考え、それらをずっとノートなどに書き込んでいました。

Cさんはこのまま営業職を続けるのは嫌だと決断。キャリアカーバーへ登録し、女性の商品開発リーダーを募集しているヘッドハンターに相談を持ちかけました。

未経験ながら能力や努力を買われて企画部門で採用!

Cさんは商品開発の経験はなかったのですが、営業マンとして商品開発部と密に連絡を取り合い、商品の良さを売り込むことにも努力していたことや、長年新しい商品アイデアを考えることを諦めることなく続けてきたことがヘッドハンターと求人企業側の目に留まり、その企業へ未経験ながらリーダーとして採用されることになったのです。

企業としては過去に経験に囚われない斬新な発想で商品のアイデアを考えることができる人物、とりわけ女性の目線や感性を持った人物を欲していたという背景もあっても良縁となった訳ですが、キャリアカーバーに登録した場合、未経験であったとしても企業側から高く評価される点があればハイキャリ転職も可能であることを証明した一つの事例となったと言えます。

キャリアカーバーならほかの転職サイトでは難しい採用が可能

転職が成功するかどうかは多くの場合、履歴書や経歴書から読み取るデータのみで判断されます。
しかし、本人の能力や人格、努力など見えない部分が仕事で生かされることも多く、才能を持て余してしまう人も多いのが現状。

キャリアカーバーなら、データや書類だけでなく、転職希望者の行動や考えなどをヘッドハンターが熟知して企業に掛け合ってくれるので、一人で応募するよりもはるかに大きい力添えを得ることができ、望みの薄い状況でも希望部署へ転職することが可能になるのです。

\ハイクラス転職なら/

⇒キャリアカーバーに登録してスカウトを待とう

転職を考え始めたらキャリアカーバーに登録しよう

キャリアカーバーは、まだ開設されてから間もないサイトで、ほかの転職サイトに比べて求人数は少な目です。
しかし、ヘッドハンターの質の高さは折り紙付きで、多くの人が望みの企業や部署への転職を成功させており、大幅な年収アップを果たした人もたくさんいます。

何しろ、無料で利用できるのが大きなメリットですので、「ほかにいい企業ないかな・・・」「転職したいけど難しいかな・・・」と思い始めたなら、まずは会員登録とレジュメ作成をしてみてください。

ポイント 女性

あなたのスキルに目を付けたヘッドハンターが、きっとあなたにふさわしい活躍できる企業を探し出してくれるでしょう。

★こちらのページもよく読まれています!

こちらの記事も読まれています