HSPの適職まとめ!おすすめの転職先や相談先も紹介

周囲に必要以上に影響を受けてしまったり、些細な事でついつい考えこんでしまって疲れてしまいがちな性格な人の事を、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン/Highly Sensitive Person)と言います。

HSPは決して病気ではなく個性の一つなので、治療は出来ませんが考え方一つで改善は可能です。

そのため仕事を選ぶ際にはHSPの適正に合った仕事を選ぶ必要があり、今回の記事ではおすすめの転職先などについて、詳しく解説していきます。

HSPの適職をジャンル別に紹介

HSP 適職 相談 転職 適正

HSPと聞くと、「難しく考えてしまいがち」や「小さな事に過敏に反応しすぎる」と言ったようになんとなくネガティブなイメージがありますが、そうではありません。

HSPならではの強みもあるので、仕事を選ぶ際にはここで紹介するような強みを活かせる仕事を選ぶことで、長く働けて活躍出来るでしょう。

正確性が求められる仕事

職業名特徴
事務ミスのない事務処理が必要
経理正確な数字入力が求められる
工場のライン作業ミスなく正確に作業をこなす能力
自動車整備士不具合を正確に修理する必要がある
バス・トラックの運転手正確かつ安全な運転が必要
検査や検品正確に不具合を見つける能力が必要
研究員緻密な検査を正確に続けられる

HSPの方は細かいところまで気配り出来たり、一つの事を黙々とやり続けられる特徴があるので、正確さや緻密さが求められる仕事に適しています。

事務や経理などのような正確なデータ入力が必要だったり、工場のラインのようにルーティンワークをミスなくこなし続ける仕事などが向いているでしょう。

またバスの運転手なども時間通りに正確に、かつ安全に運行を行っていく必要があるので、決められたルーティーンワークをこなすのが得意なHSPの方には向いています。

ただし運転などは突発的な交通トラブルなどに巻き込まれてしまう可能性もあるので、ある程度運転に慣れている方でないと対応は難しいでしょう。

人の心や体に寄り添う仕事

職業名特徴
看護師相手の痛みを感じる事が必要
介護士

人の役に立ちたいと思える人が向いている

保育士助けてあげたい・守ってあげたいと思えるか
心理カウンセラー相手の立場になって考えられる能力が必要
エステティシャン癒してあげたいという気持ちが必要
マッサージ師相手の凝っている箇所を理解して、施術出来る能力
臨床心理士相手の気持ちになって考える能力が必要

HSPの方の特徴として、他人の気持ちを敏感に察して共感する能力がとても高い事があります。

そのため目の前にいる人の気持ちを理解し、「助けてあげたい」や「力になってあげたい」という感情に優れています。

このような特徴を活かして、看護師や介護士のように人の役に立つような仕事は向いていると言えるでしょう。

そのためカウンセラーや臨床心理士の仕事も向いているのですが、共感能力が強すぎると冷静な判断が出来ない場合があるので注意が必要です。

この中で転職からでも比較的なりやすいのは介護士やエステティシャンなどで、看護師や保育士・臨床心理士などは資格を取得する必要があります。

動物や自然と関わる仕事

職業名特徴
ペットトレーナー動物の気持ちに共感出来る
ペットショップの店員動物に寄り添ってお世話が出来る
動物園スタッフ動物の些細なサインを見逃さない
トリマー犬や猫と落ち着いて触れ合える
生花店人よりも植物との触れ合いが多い
フラワーコーディネーター花が好きなだけでなく、美的センスも必要
農業・林業植物に愛着を持って育てられる

HSPの方は人間だけでなく、動物や植物に対しても高い共感能力を持っています。

普通の人であれば見逃してしまうような動物のサインを見つけたりと、コミュニケーションを取る能力に優れているでしょう。

そのため動物と触れ合う機会の多いペット関連の仕事や、動物園・水族館なども向いています。

同様に自然・植物に対しても愛着を持って接することが出来るので、農業など自然に関連した仕事もおすすめです。

ただしペットショップの店員や生花店などは、動植物と触れ合う機会が多い一方で、接客業なので多数のお客さんと対面する事も多いです。

もし人とのコミュニケーションにストレスを感じるのであれば、トレーナーや動物園スタッフなど接客の機会の少ない仕事を選びましょう。

在宅でできる仕事

職業名特徴
文字起こし・テープ起こし正確性が求められる
WEBライター読者の気持ちなって記事が書ける
WEBデザイナー繊細な感覚が求められる
You Tuber多くの人に共感される必要がある
プログラマー正確さ緻密さが必要
動画編集正確性と共感を持たれる画像編集能力が必要

HSPの方は繊細すぎるあまり、人とのコミュニケーションが苦手な方も少なくありません。

そのため仕事を選ぶ際には、出来るだけ人との関わりが少ない在宅ワークはおすすめの職種です。

一口に在宅と言っても仕事は幅広く、単純な文字起こしからプログラミングまで様々です。

どの仕事も正確さや緻密さが必要になる一方で、人との関わりは最小限に抑えられるのでHSPの方にはおすすめでしょう。

この中でも簡単に転職出来るのは、文字起こしやテープ起こしでクラウドソーシングなどのサイトでの募集も多いです。

ただし最初はどうしても単価が安いので、稼げるようになるまでは時間がかかるでしょう。

じっくり時間をかけてスキルを磨いていき、得意な分野での受注単価を上げていく事を目指していくと良いです。

ストレスが少ない仕事

職業名特徴
清掃員人との関わりが少ない
倉庫作業一人で黙々と作業出来る
新聞配達人とあまり関わらず、一人で完結出来る
図書館司書比較的静かに過ごせる
データ入力一人で集中して作業出来る

HSPの方は些細な事でも気にし過ぎてしまって、過度にストレスを感じてしまう傾向にあるのでストレスの少ない仕事の方が向いています。

特に対人能力に抵抗のある方は、一人で黙々と作業出来るような仕事が良いでしょう。

ここで紹介している清掃員や作業員、新聞配達などは収入がそこまで良いとは言えませんが、一人での作業が基本です。

そのためストレスを感じる事無く、HSPの方でも長続きしやいでしょう。

また転職でも比較的入りやすい業種とも言えますが、会社によってはパワハラが横行しているようなブラックな職場の可能性もあります。入社する前に職場環境は出来るだけ良く確認するようにしましょう。

ITや技術系の仕事

職業名特徴
システムエンジニア緻密さや洞察力が求められる
ソフトウェア開発洞察力・創造性などが必要
インフラエンジニア緻密さ些細な変化に気づく洞察力の必要
UI/UXデザイナー

独創的な発想と共感力

グラフィックデザイナー洞察力と共感力を活かせる
WEBディレクター独自の発想と周囲への共感力が必要
WEBマーケター多くの人から共感を得られる能力

ITや技術系の仕事は正確さや緻密さだけでなく、些細なことに気が付ける洞察力や多くの人に共感できる能力なども求められるのでHSPの方にもおすすめです。

エンジニアなどのITに関連した技術職はどこの会社でも人手が足りていないので、比較的仕事を見つけやすいのも特徴でしょう。

また技術職は人との関わりもそこまで多くなかったり、在宅でも仕事が出来る職種が多いのもHSPの方にはおすすな理由の一つです。

職種的に人手の足りていないとは言え、IT系の職種はどれも専門性の高い仕事です。

そのため未経験からの転職となると、ハードルの高い仕事も多く出来るだけ若いうち、出来れば20代の内に目指すのが無難でしょう。

また有名な大手企業は競争率も高いので、成長途上にあるベンチャー企業を狙うのも良い方法です。

クリエイティブな仕事

職業名特徴
イラストレーター他の人にはないような独創性が活かせる
カメラマン風景などの些細な変化に気づける
作家・小説家多くの人に共感出来るような物語が書ける
ゲームクリエイター独創的なゲームを作れる
音楽家多くの方に共感される作詞作曲が出来る
ライター共感を呼ぶ文章を作る能力
画家独創的な絵が描ける

HSPの方の特徴の一つに、感受性が豊かなことがあります。

そのため普通の人では気づかないような人の心の機微や変化に気づき、持ち前の独創性を活かして作品にするようなクエイティブな仕事も向いているでしょう。

人との共感力が高いので、多くの人に認められるような作品を作りやすいのもHSPならでの特徴です。

またこれらの職種は制作活動に没頭する事も多いので、人とのコミュニケーションが苦手な方にも向いているでしょう。

ただしここで紹介するような芸術性の高い仕事は、すぐになれる訳ではなく、また収入を安定させるだけでも大変です。

多くの方が目指して志半ばで諦めているのが事実でもあるので、経済的な事も含めて今の自分が目指せる状況かどうかを慎重に判断しましょう。

もし経済的に難しいのであれば、他の仕事をしながら副業的に行っていくのも方法の一つです。

HSPに向いてない仕事をジャンル別に紹介

HSP 適職 相談 転職 向いていない

向いている仕事に続いて、向いていない仕事を紹介していきます。

HSPと一口に言っても特徴は様々なので、ここで紹介している仕事が全員に向いていない訳ではないですが、HSPの特徴から向いていない可能性が高いと言えます。

転職する際には、自分の特性を見極めて慎重に判断するようにしましょう。

厳しいノルマや売上目標のある仕事

職業名特徴
外資系企業(フルコミッション)ノルマが厳しく精神的プレッシャーがきつい
不動産会社の営業ノルマ厳しく、会社によってはパワハラもある
保険会社の営業会社にもよるが、フルコミッションでノルマがきつい場合もある
訪問販売売上やノルマへのプレッシャーがある
小売店店舗によってはきつい目標がある
自動車ディーラー店舗によっては販売ノルマがある

HSPの方は他人の感情や周囲のちょっとした事が気になってしまい、精神的に疲れてしまう傾向があります。

そのためノルマや売上目標などが過度にきつい営業だと、社内のプレッシャーなどから精神的に良くない影響を受けてしまう可能性があります。

ノルマや目標が達成している時は良いですが、そうでない時は気持ちも沈んでしまって更に売上が落ちるという悪循環に陥ってしまいかねず、営業や売上目標のきつい小売店などは向かないでしょう。

またこれらの仕事ははどうしても社内だけでなく、社外の人とも接する機会が多いので、そこをストレスに感じてしまう方には向きません。

営業などの職種は業種を問わず転職市場でも募集は多いですし、稼げる事もありますが、内容を見極めて慎重に判断するようにしましょう。

常に不特定多数の人と関わる仕事

職業名特徴
接客業多くの人と接する機会が多い
受付業務人と接する機会も多く、丁寧に対応する必要がある
コールセンター多くの人とコミュニケーションが必要
営業職(新規開拓)会社によっては飛び込みなどもある

人とのコミュニケーションが苦手なHSPの方は、常に多くの人にかかわる仕事は向いていません。

飲食店やアパレルショップの販売などは、初対面の人と円滑にコミュニケーションを取る必要があるので特に向いていないでしょう。

また、価格帯の低めの居酒屋なども、お客さんが酔いに任せて話かけてくる場合もあるので避けた方が無難でしょう。

コールセンターも同様で、顔が見えない分横柄な態度を取られてしまう可能性があるので注意が必要です。

営業職も同様に多くの人と関わりますが、会社によってはルート営業のように決まった相手にしか会わない事もあります。

ただし営業の場合はノルマや売上目標などがある可能性もあるので、あまりHSPの方には向いていないと言えるでしょう。

会社によっては営業の方をサポートする営業事務のような職種があり、内勤でのサポート業務が中心なのでHSPの方にはおすすめです。

体育会系の仕事

職業名特徴
建設業の企業体育会気質の会社が多い
土木作業員体育会系気質の雰囲気の会社が多い
大工や鳶上司・親方との上下関係が厳しい
警備会社先輩・後輩などの力関係が強い
自衛隊・消防・警察など上下関係の規律が厳しい

体育会系の雰囲気のある職場も、HSPの方は避けた方が良いでしょう。

体育会系の職場は上下関係が厳しく、指導の一環で後輩や部下を叱責する事も多いです。

自分が言われていないにしても、周囲で大きな声で叱責されているだけでHSPの方はストレスを感じるでしょう。

またここで紹介している職種だけでなく、一般企業の中にも体育会系気質の会社は少なくありません。

IT系やコンサルなど新しい業種の会社ではあまり聞きませんが、メーカーや小売など昔からある業歴の長い会社の中には、上場しているような大手企業であっても、体育会系気質の会社はあります。

「何でも気合で乗り切る」のような社風の会社は体育会系の気質があるので、転職の際には注意するようにしましょう。

丁寧さよりスピードを求められる仕事

職業名特徴
料理人(大衆店のような回転の速い店)スピード感に加えて正確性も必要
ER系の医療関係スピード感だけでなくミス出来ないプレッシャーもある
消防士スピード感、更に体育会系の気質
レジ打ち忙し店・時間帯だと混むのでスピードが必要

HSPの方は丁寧で正確な作業が得意な反面、スピード感を求められる作業が苦手なため、速さが必要な仕事には向いていません。

急かされてしまうと、更に焦ってしまってかえって逆効果になってしまうでしょう。

そのため多くの方にすぐに料理を提供する必要のある料理人や、救急現場での医療系の仕事などは向いていないです。

また人口密度の高いエリアにあるスーパーなども、時間帯によっては長蛇の列が出来て、素早いレジ打ちが求められます。

待っているお客さんは何とも思っていなくても、何となくイライラしているのではないかと不安になってしまうのもHSPの性格でしょう。

そのため募集の多い職種ではありますが、慎重に判断するようにしましょう。

アクシデントの多い仕事

職業名特徴
チームリーダーや管理職メンバーのトラブル対応が必要
プロジェクトマネージャープロジェクトの進行トラブルなどへの対応が必要
現場監督現場での様々なトラブルに対応する必要あり
飲食店のホールスタッフ顧客クレームにも対応する必要あり
営業職理不尽な要求に対応する場合も

HSPの方はじっくりと物事を考える性質があるので、突発的なアクシデントに弱く、一瞬の判断を求められるような仕事は向いていません。

例えばどのような業種であっても、チームリーダーや管理職などのマネジメント職はメンバーのトラブルにも対応する必要があり、苦手な方が多いです。

同じように営業も顧客から時には理不尽な事を言われたり、臨機応変に対応する必要があるなど向いていないでしょう。

飲食店のホールスタッフも、顧客からのクレームなどを受けたり、突然の要望事項に臨機応変に対応する必要があります。

特に居酒屋などのようにアルコールを提供している店だと、お客さんも酔っているのでクレームや要望事項も多くなってしまいがちです。

飲食店などは転職でも募集が多い業種だけに、注意するようにしましょう。

ブラックやストレスの多い仕事

職業名特徴
零細の町工場

サービス残業が横行している場合がある

記者社内外からハラスメントを受けやすい
美容師労働時間が長く、休みも取りにくい

HSPの方はストレスに弱く精神的に疲れてしまいやすいので、ブラックな職場やストレスの溜まりやすいような職場は向いていません。

もちろんこのような職場はHSPの方だけでなく、誰でも向いていないですが一般の方よりもストレス耐性が低いのが特徴です。

そのため零細の工場にように繁忙期はサービス残業が当たり前だったり、美容師や記者のように過酷な仕事環境の仕事は向かないでしょう。

またここで紹介しているような職種だけでなく、環境の悪い職場はどのような業種でもあります。

大手企業であってもパワハラやセクハラはありますので、入社する前に出来るだけ職場の雰囲気は確認するようにしましょう。

自分で確認するにはどうしても限界があるので、転職サイトのエージェントを上手く活用する事で効率よく情報を集める事が出来ます。

HSPの人が適職に転職する際の選び方

HSP 適職 相談 転職 選び方

ここまでHSPの方の特徴をふまえ、向いている仕事・向いていない仕事を紹介してきました。

そのため概ねどのような仕事が向いているかのイメージはお分かり頂けたかもしれませんが、実際に転職する際にはそう簡単に仕事は決まりません。

転職に失敗しないためにも、HSPの方が適職を選ぶ方法を紹介していきます。

転職先の希望条件をしっかり決める

適職に転職するためには、転職先に求める希望条件をしっかりと決める事が重要です。

HSPの方には一般の方とは違った特徴があるので、自分自身の特徴をふまえたうえで転職先に何を求めるかを、あらかじめ自分の中で整理しておきましょう。

例えばとにかく人との関わりが少ない仕事を優先する、とか残業がない職場を優先する、などの優先順位を決めておくだけで、転職先の選び方がスムーズになります。

このように転職先に求める条件を整理しておくことで、面接の際にも「これだけは譲れない」という条件をしっかりと伝える事が出来るでしょう。

そうして希望条件を一つでも多く叶えられる転職先を見つけることで、転職に関する満足感もあがり転職に成功しやすくなるでしょう。

転職の際には、何を叶えるために転職するのか、自分の中で一度整理を行う事が大切です。

自分の苦手な仕事をしっかり把握し回避する

適職を選ぶためには、苦手な事もしっかりと把握して回避する事が大切です。

先ほど希望条件の優先順位を決める事を説明しましたが、それ以上に苦手な仕事や嫌な事、これだけはやりたくないという内容を整理しておくことも重要です。

せっかく希望条件が叶えられる職場が見つかったとしても、苦手な事や嫌な仕事があるのであれば適職とは言えません。

そのため希望条件をかなえると同じように、「これだけは嫌だ」という条件も自分の中で整理して、転職先にしっかりと伝えましょう。

このように希望条件と苦手な事をきちんと棚卸しして、どこまでを許容できるかをあらかじめ決めておけば、転職に成功する可能性も上がるでしょう。

条件だけでなく人間関係や環境も重視する

条件面だけでなく、職場の人間関係や環境をしっかりと確認することも大切です。

希望条件や嫌な仕事を整理する事はもちろん大事ですが、それだけに目がいってしまっては危険です。

いざ仕事が始まると毎日職場に行って過ごすので、職場の環境が悪ければどんなに条件が良くても、適職とは言えず長続き出来ない可能性もあるでしょう。

家からの通勤時間や休憩室などのインフラ環境、職場や最寄り駅付近の雰囲気なども重要です。

また人間関係は入社するまで分かりにくい部分もありますが、面接の際の雰囲気や、最近ではネットやSNSで情報を得られる場合もあるでしょう。

出来るだけ事前に調べて、入社後に後悔しないようにする事が大事です。

HSPの人におすすめの相談先

HSP 適職 相談 転職 相談先

HSPの方が仕事を探すにあたっては、様々な方に相談する事もあるでしょう。

相談と言えば一般的には信頼の出来る相手、家族や友人などが多いと思いますが、HSPの方は特殊な事もあり、家族や友人だけでは適格なアドバイスがもらえず解決しない場合もあるでしょう。

ここでは家族や友人以外の相談窓口について、どのような先があるか紹介していきます。

HSP対応の外来

HSPの相談先としてまず候補にあがるのが、HSPに対応している病院の外来でしょう。

HSPという言葉が浸透して以来、自分がHSPではないかと考えている方は多くなっており、HSPに対応している病院も増えています。

HSPは病気ではなく人それぞれの個性ですが、どうしてもネガティブなイメージがあるため、自分がHSPだと分かるとそれだけで落ち込んでしまう方も多いです。

HSP外来では患者さんそれぞれの状況を聞いたうえで、HSPである事を受け入れそのうえで自己肯定感を高めるカウンセリングを行ってくれます。

HSPは病気ではないので治療は出来ませんが、自分の強みなどを認識して肯定感を高めることで症状を改善する事が出来ます。

そのため転職などを考えている方にとっては、HSP対応の外来に行くことで自分に自信を付けることが出来て、良い精神状態で転職活動に臨めるでしょう。

HSPへの対応経験が豊富なカウンセラー

HSPへの対応経験が豊富なカウンセラーも、相談窓口としては良いでしょう。

最近では芸能人でもHSPを公表する人いるなど、HSPが増えている事もあり経験豊富なカウンセラーも増えています。

カウンセラーの中にはHSP専門という方もいるので、HSPならでは特徴を理解してくれて、適格なアドバイスをくれるカウンセラーもいるでしょう。

またカウンセラーの中には、自らもHSPという方もいるので病院の外来などに比べるとHSPに対する理解度が高い事が特徴です。

HSPの症状の改善を促す外来窓口と違って、カウンセラーの場合は改善に加えてどのような働き方が適しているか、適職を見つけるにはどうすべきか、というカウンセリングも行ってくれるでしょう。

このようにHSP経験豊富なカウンセラーはとても頼りになりますが、費用が割高になってしまうのと、カウンセラーによって質の良し悪しに差がある点はデメリットと言えるでしょう。

臨床心理士・公認心理師

心理カウンセラーよりも社会的評価も高く専門資格を持っている、臨床心理士・公認心理師も相談窓口としては適切でしょう。

広くカウンセリングを行っている人をカウンセラーと呼ぶのに対し、臨床心理士は権威ある民間資格を、公認心理士は国家資格を所得している心理学の専門家です。

例えHSPの専門ではなかったとしても、心の症状であるHSPに対しては有効なアドバイスをしてくれるでしょう。

臨床心理士や公認心理師の役割の一つに、「臨床心理学的な技法を使って、精神の回復援助をする。」という項目があります。

カウンセラーと違って大学レベルの高度な心理学を習得しているのが臨床心理士や公認心理師の特徴なので、カウンセラーとは違ったアプローチで精神的な回復を支援をしてくれるでしょう。

仕事探しならエージェントに相談もおすすめ

転職に関する相談であれば、転職サイトのエージェントも相談窓口としては適切でしょう。

HSPや心理学は詳しくありませんが転職に関してはエキスパートなので、本人の適正や希望に合わせた職種の紹介という点ではプロです。

エージェントは転職活動先般のサポートを行って、転職を成約させることが最大のミッションなので転職する方にとっては味方です。

そのため自分の希望や、嫌な仕事・これまでの職歴・経験などを隠すことなくきちんと伝えましょう。

そうする事でエージェントとの信頼関係も築く事が出来て、自分に合った求人を紹介してくれます。

これまで何人もの転職者や、企業の採用担当と面談してきている事がエージェントの強みなので信頼関係を築くことで、自分でも気づいていない強みや弱みなども引き出してくれるでしょう。

また求人情報だけでは分からないような企業の詳しい情報も持っているので、転職前の職場の情報集めの際にも役に立ちます。

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★☆☆
ハイクラス・高年収に特化!確実に年収アップしたい方に最適
公式HP

HSPの適職探しにおすすめの転職エージェント

HSP 適職 相談 転職 サイト

今回の記事ではHSPの方の転職について紹介していますが、先ほども紹介したように転職の際には転職サイトのエージェントに相談するのが良い方法です。

そのため転職にあたってはエージェント型の転職サイトを利用する必要がありますが、転職サイトの数はとても多く利用するサイトに迷う方も多いでしょう。

ここでは数あるサイトの中でもおすすめのサイトを紹介していきます。

doda

doda

まず最初に紹介する転職サイトが、大手転職サイトのdodaです。

dodaは登録すると担当のキャリアアドバイザーがフォローしてくれるエージェント型のサイトですが、求人を自分で探せる求人サイトとしても利用出来るのが特徴の転職サイトです。

そのためHSPの方でも転職活動経験者で自分で活動したい方や、人の意見にあまり左右されたくない方にもおすすめのサイトと言えるでしょう。

HSPの方でも応募しやすい求人も多く、例えば「在宅」をキーワードにした求人件数だけでも、何と66,000件と豊富にあります。

そのため今回の記事で紹介したような、HSPの方に向いている職業の求人がきっと見つかるでしょう。またdodaには、障がい者向けの転職支援に特化した「dodaチャレンジ」というサービスもあります。

HSPは障がい者ではないので直接は関係ありませんが、同じ会社で運営をしているので配慮が必要な方の転職支援には慣れてると言えるでしょう。

このようにdodaはHSPの方にとっても利用しやすい、おすすめのサイトと言えるでしょう。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

マイナビエージェント

マイナビエージェント

次に紹介するサイトも、dodaと並んで転職支援サイトでは大手の一角をしめるマイナビエージェントです。

マイナビの特徴は担当してくれるキャリアアドナイザーの質が高いことで、ITやクリエイティブ系など各業界に精通しています。

今回の記事で紹介したようにHSPの方はIT系や、ペット関係、人を癒すような仕事との相性が良いので、それぞれの業界に詳しいキャリアアドバイザーがきっと転職の力になってくれるでしょう。

またマイナビエージェントは転職に役立つコンテンツを豊富に提供してくれており、業種毎の転職市場を分析してくれていたり、職種や年代別の平均年収も知ることが出来ます。

このように役に立つコンテンツが豊富にあるので、転職に慣れていないHSPの方にとっても、安心して転職活動に取り組みやすいサポートをしてくれるでしょう。

特にマイナビエージェントは他の転職サイトと比べても、20代~30代の若手向けの転職支援に強い傾向があります。

そのため初めて転職するという若いHSPの方であれば、ぜひ利用してほしいおすすめサイトと言えます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 様々な業種の土日祝休みの優良求人あり
  • エージェントのサポート体制が圧倒的
  • 給与交渉から退職報告、引き継ぎまで代行

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最後に紹介するのが、転職支援サービスでは最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの特徴は、最大手というネットワークを活かした求人件数の多さで、公開している求人で27万件、更に非公開の求人でも27万件という圧倒的な件数を誇っています。

そのため今回の記事で紹介したようHSPと相性の良い求人も多く、例えば事務系の求人では公開している求人で約15,000件、更に非公開で約17,000件もの件数があります。

このように他社転職サイトと比べても圧倒的に求人件数が多いので、職種や勤務先がどうしても絞られてしまうHSPの方の転職であっても、希望に合った条件の求人を見つけられるでしょう。

リクルートエージェントは求人の件数もさることながら、質のより好条件の求人が多い事も特徴です。

特に非公開求人は他社にはない求人も多いので、HSPの方であっても好待遇の求人に出会える可能性があるのがリクルートエージェントの魅力です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント_公式
年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大規模の総合型転職エージェント!
  • 求人数の合計が20万件以上!
  • 知名度が高くサポートも充実なので登録必須

HSPの人が仕事で無理なく働くコツ

HSP 適職 相談 転職 無理なく働く

転職によって適職に巡り合えたとしても、それで終わりではありません。

転職の成功は転職先を見つける事ではなく、転職先で長く働いて活躍出来る事です。

HSPの方は一般の方ではあまり気にしないような些細な事で精神的に疲れてしまいやすい傾向にあるので、長く働くには無理しないことが大切です。

ここではHSPの方が、無理せず長く働くためのコツを紹介していきます。

ストレスを感じたらしっかり解消する

HSPの方が無理せず長く働くには、ストレスを感じたら溜めないでその都度しっかり解消する事が大切です。

一般の方であっても仕事をしていればストレスは溜まりやすく、ストレスが原因で会社に行けなくなったり体を壊してしまう方は少なくありません。

特にHSPの方は些細な事が気になってストレスに感じてしまい、知らない内にストレスを溜め混んでしまうので、都度発散するようにしましょう。

発散方法は人それぞれなので何でも良いのですが、何か好きな事を見つけてリフレッシュする時間を積極的に取ることが大切です。

ストレスを完全に溜めないというのは現実的には難しいかもしれませんが、日常の中にリラックスする時間や、好きな事をする楽しみな時間を積極的に組み込んでいく事を心がけましょう。

一人で抱え込みすぎない

悩みや仕事上のトラブルを一人で抱え込みすぎない事も、無理せず長く働くコツです。

仕事をしていれば失敗やトラブルは付き物で、何もないという仕事はまずないでしょう。

どんな仕事であっても予定外の事やトラブルは起きますが、そんな際には必ず職場の同僚や上司、誰でもいいので話しやすい人に話すようにしましょう。

その場で解決しなくても話しておくだけで、心の負担は全然違います。

プライベートな悩みも同様で、解決を求めるのではなく誰かに話すことを目的にすると良いです。

悩みを話すには勇気がいるかもしれませんが、誰かに話すだけで心の負担を軽くする事が出来ます。このように何かあっても一人で抱え込まない事で、精神的に良い状態がキープ出来て無理なく働きやすくなるでしょう。

HSPの方は、とにかく何事も一人で抱え込まない事を心がけて下さい。

苦手な人間とは距離を取る

苦手な人とは距離と取って、あまり話さないようにする事も無理なく働くためのコツです。

HSPだからとかは関係なく、人間ですから合わない方、苦手な方はいて当然ですし、いない方が珍しいでしょう。

しかし職場だからと言って無理して仲良くする必要はなく、距離を取ることでストレス防止に繋がります。

ただし勘違いしてはいけないのは露骨に避けるというのではなく、表面上は大人の対応をしつつ必要以上に我慢しなくても良い、という点を認識しておきましょう。

HSPの方は周囲のちょっとした事が想像以上のプレッシャーになる場合が多いので、苦手な方や合わない方とは極力付き合わない方が自分のためにもなります。

対人関係があまり得意でない方は在宅中心など、出来るだけ人と触れ合わない働き方を選択するのも良い方法でしょう。

自分でストレスのない環境を整える

HSPの方が無理せず働くためには、自分でストレスのない環境を整える事も大切です。

HSPと一口に言っても対人関係が苦手だったり、早い作業が得意でなかったりなど症状は人それぞれです。

一度自分の特徴や気持ちを整理して、何が自分にとってストレスに感じるかを確認したうえで、ストレスに感じる事を避けるようにすると良いでしょう。

もちろん職場なので嫌な事やストレスに感じる事を全て避けられる訳にはいきませんが、このように日常的にストレスのない環境を意識しておくことで、良い精神状態を長くキープ出来るでしょう。

もしストレスが溜まったと感じたら、先ほど説明したようにその都度発散することも忘れてはいけません。

とは言うもののストレスは知らず知らず溜まっていくものなので、定期的に長めの休暇を取るなどして良い精神状態キープできるよう心掛けましょう。

ミスをしても自分を責めすぎない

ミスや失敗をしても、必要以上に自分を責めすぎない事も無理なく働くためのコツです。

仕事にはミスが付き物なので、一度もミスをしないという人はいないでしょう。会社は組織ですから、時には自分のミスで周囲のメンバーに多大な迷惑をかけてしまう場合もあるかもしれません。

ミスを起こした際には、ミスを起こした要因はしっかり反省して再発防止に努める必要がありますが、自分を責める必要はないです。

大切なのはいつまでもクヨクヨするのではなく、同じミスを繰り返さないように気をつけつつ通常業務に戻ることです。

ミスを気にするあまり、以前よりも業務効率が落ちてしまうような事態は避けましょう。このようにミスはしても必要以上に気にしない心がけが、無理せず働く際のコツです。

同じようにHSPで働いている人と交流する

同じようにHSPで働いている方と交流することも、無理せず働くためのコツです。

ここまで説明してきたようにHSPの方が無理せず働くにはいくつかコツがありますが、自分一人では中々続かない事もあるでしょう。

しかし自分と同じようにHSPの症状がありながら仕事をしている方と交流していれば、気持ちも分かり合えるしモチベーションの維持にもつながります。

また自分では気づかなかったような方法なども情報交換出来たりするので、同じ境遇の方と交流するのはとても重要です。

同じようにHSPで仕事をしている方を見つけるのは大変かもしれませんが、最近ではSNSなどで繋がる方法もあるでしょう。

出来るだけ同じ境遇の方と情報交換を行うことも、無理せず働くためのコツの一つです。

HSPの適職や転職まとめ

HSP 適職 相談 転職 まとめ

HSPの方は周囲の影響を受けやすく、些細なことを気にしすぎてしまったりして疲れやすい反面、人に共感する能力や正確に作業を行っていく能力に長けています。

HSPの方が転職をする際には、このような特徴を活かせる職業を選ぶと良いでしょう。

例えば今回の記事で紹介しているような、事務や経理などは正確さが求められる一方であまり人と接しないので向いていると言えます。

向いている職業が見つかっても安心という訳ではなく、ストレスを溜めないようにしたり、ミスやトラブルを一人で抱え込まないようにしたりして、無理せず働けるようにする事も大切です。

困った際にはカウンセラーや、HSP専門外来、また転職に関する事であれば転職サイトエージェントなどに相談すると良いでしょう。

また転職の際には、今回の記事で紹介しているような転職サイトを利用すれば、適職も見つかりやすくなるので参考にして下さい。

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★☆☆
ハイクラス・高年収に特化!確実に年収アップしたい方に最適
公式HP