仕事したくない30代は必見!辞めたい理由や対処法も解説

30代と言えば一通りの仕事も覚えて、会社の中では若手から中堅という立ち位置になりバリバリと仕事をこなす年代のイメージがありますが、

中には仕事をしたくないと考える30代もいるでしょう。今回の記事では仕事したくない30代について、紹介していきます。

30代が仕事をしたくないと思う主な理由

仕事したくない 30代 理由

30代と言えども、仕事をしたくないという方は少なくありません。

ここではどのような理由で30代が仕事したくなくなってしまうのか、紹介していきましょう。

人間関係の悩みがある

30代が仕事をしたくなくなる理由として多いのが、職場などの人間関係の悩みが要因となるケースです。

20代の頃は上司や先輩のいう事を聞いていれば良くても、30代ともなると部下や後輩がいる場合も多いでしょう。

そのため部下や後輩を見なければいけない一方で上司もいる、いわゆる中間管理職の立場になります。

このように30代になると職場の中でも人間関係が複雑になる時期でもあり、加えて仕事の責任はどんどん重たくなるので、人間関係をとてもプレッシャーに感じてしまう方も少なくありません。

このように30代ならではのプレッシャーと人間関係によって、仕事をしたくなくなってしまう方は多いです。

単純に仕事に疲れた

単純に仕事に疲れてしまって、やる気がなくなってしまう30代も多いです。

特に20代の頃から仕事を頑張ってきた方ほどこの状態になりやすく、ふとしたきっかけで疲れを感じてしまう事もあるでしょう。

30代と一口にいっても30代後半であれば、社会に出てから15年以上経っている方もおり、これまでの経歴は相当なものです。

ここまで我武者羅に仕事をしてきたのに、例えば同期の出世だったり転職だったりをきっかけにして、ふと考え込んでしまってやる気を無くしてしまう事は珍しい事ではありません。

むしろ何十年と仕事をしていく中で、このようにやる気の無くなるタイミングは多くの方が経験すると言えるでしょう。

自分の未来に希望がなく働く意欲が沸かない

自分の未来に希望が見えないことで、働く意欲を無くしてしまっている30代も多いです。

自分の未来に希望が見えないと聞くと本人に向上心がないように感じてしまうかもしれませんが、そうではありません。

今の日本はコロナ禍による不景気だけでなく、慢性的な財政赤字や国際的な地位低下など構造的な問題も多くあり、将来が明るいとは思えないでしょう。

特に最近社会に出たばかりの若者と違って、30代であればこのような日本の問題はより深く理解出来ているでしょう。

そのため本人自身にやる気があったとしても、将来に希望を持てず働く意欲が沸かなくなってしまう方も多いようです。

20代の頃から給料が上がらない

20代の頃からずっと給料が上がらないため、仕事をしたくない30代も多いでしょう。

今の30代は社会人になってからずっと不景気が続いており、日本の平均年収も長年横ばいが続いています。

そのため20代の頃から長く働いていても、給料が全く上がらないという方も少なくありません。

給料が上がらないだけならまだしも、役職が付いて責任や仕事の量だけ増えているという方もいるでしょう。

そのため20代の頃から仕事を頑張ってきても、30代になってやる気を無くしてしまう方も多いです。

休みが取れない

30代が仕事をしたくないと思う理由の一つに、中々休みが取れないという事もあります。

30代となると責任ある立場に就いている方も多く、業種によっては店舗やチームなどの運営を任されている方もいるでしょう。

不況とは言え人手不足の職場も多く、責任者として取り仕切っている方の中には思うように休みが取れない方も少なくありません。

サービス残業の禁止などによってブラックな職場は昔に比べ減りつつあるものの、企業規模によってはまだまだ過酷な職場は残っています。

そのため長時間の残業や休日出勤などが常態化しており、心身共に疲れてしまって仕事をしたくなくなってしまう30代もいるでしょう。

出世をしたくない

仕事をしたくないという30代の中には、出世をしたくない事が働きたくない理由という方も少なくありません。

社会人と言えば出世を目指して仕事を頑張るというイメージは最早古く、今は若い方を中心に出世よりもワークライフバランスを重視する方が増えています。

少し古いデータですが、2015年の株式会社クロスマーケティングの「若手社員の出世・昇進意識に関する調査」によると、30代の約7割が出世に興味を持っていないというデータも出ています。

参照元:https://www.cross-m.co.jp/news/release/20150826/

出世をして仕事が忙しくなるよりも、平社員のままでプライベートも充実させる事に重きを置いている30代の方が多いのは、出世をしても給料がそこまで上がらない事が要因です。

つまり出世をしても割に合わないと考えている30代が多く、その結果仕事をしたくないという考えている方が増えています。

出世できずモチベが上がらない

先ほどの出世をしたくないとは逆の理由になりますが、出世が出来なくて仕事への意欲を失っている30代もいます。

20代の頃と違って30代となると、出世や昇給に差が出る年代です。

特に同期入社が何人もいるような会社の場合は、周りがどんどん出世をしているのにも関わらず、自分だけ中々出来ないという場合もあるでしょう。

明らかに自分よりも優秀と認められるのであれば諦めもつくかもしれませんが、どう見ても自分の方が会社に貢献しているのにも関わらず、出世が遅れて悔しい思いをしている社会人は世の中にたくさんいます。

しかしこのように悔しい思いが長く続くと次第に頑張る事が嫌になってしまい、仕事をしたくないと思うようになってしまいます。

仕事をしたくない30代が働かず生きる方法

仕事をしたくない 30代 生きていく

様々な事情により、30代でも仕事をしたくないという方も少なくありません。

しかし仕事をしたくなくても、生きるためには収入を得る必要があります。ここでは仕事をしたくない30代が、働かないでも生きていける方法を紹介します。

実家で親のお金で生きていく

まず最初に紹介する方法が、実家に戻り親のお金で生きていく方法です。

実家の親が健在で生活に余裕がある場合に限りますが、ある意味で一番楽な方法と言えるのではないでしょうか。

実家にもどれば家賃もかからないですし、毎日の食事も準備してくれるますし、何よりとても暮らしやすいです。

一方で30代になって親のお金をあてにして生きていくのは、あまり褒められた事とは言えません。

一番楽な方法ではありますが、あくまで一時的な緊急避難として実家を利用するようにしましょう。

とりあえず失業保険を受け取る

これまで仕事をしていて退職したのであれば、まずは失業保険を受け取る事も方法の一つです。

失業保険を受け取れる期間はこれまでの勤続年数にもよりますが、30代の方であれば短くても90日、長ければ240日程度もの期間受け取る事が出来ます。

金額もこれまでの賃金日額の50~80%なので、元々の収入次第ではそれなりの金額になるでしょう。

これだけでずっと生きていける訳ではありませんが、一定期間働けなくとも暮らしていく事は可能です。

一時的な解決にしかなりませんが、仕事を辞めてしまったのであれば生活資金の足しとしてとりあえず失業保険を受けると良いでしょう。

助成金が貰える田舎に引っ越す

働かないでも生きていく方法の一つに、地方への移住があります。

現在東京への人口集中を打破しようと、各自治体が施策を展開しており、県外からの移住者に対しては様々な助成金を展開しています。

このような助成金を活用しながら地方に移住して、出来るだけ人と関わらないような職業に就くことで静かに暮らして行けるでしょう。

自治体が行っている助成金の内容は実に多彩で、住宅支援が一番多いですがそれだけでなく、起業支援で最大200万というものもあります。

他にも埼玉県秩父市のように自動車の購入補助や、長崎県雲仙市のように若者向け結婚祝い金というユニークなものまであるので、上手く活用すれば生活費を押さえて暮らせるでしょう。

市区町村助成金の内容・金額URL
東京圏外への移転東京23区内に在住・通勤していた人が東京圏外へ移転した際、最大100万円https://www.chisou.go.jp/sousei/ijyu_shienkin.html
東京圏外での起業東京圏外で社会的事業を起業をした際、最大200万円https://www.chisou.go.jp/sousei/kigyou_shienkin.html
福島県喜多方市市内へ移住し住宅を取得する場合、最大400万円https://www.city.kitakata.fukushima.jp/site/iju-info/23805.html
茨木県取手市テレワークの移住で住宅取得資金最大50万円、賃貸の月2万円の補助https://www.city.toride.ibaraki.jp/seisaku/kurashi/sumai/sumai/hojoseido/telework.html
埼玉県秩父市軽自動車購入時に最大30万円の補助https://www.chichibu-iju.com/shienseido/ijushienseido.html
愛媛県宇和島市始めて漁師になる方に最大226万円の補助https://ehime-marukajiri.jp/support/support1161
長崎県雲仙市3年以上定住するカップルの結婚にお祝い金最大60万円https://www.city.unzen.nagasaki.jp/kiji0031811/index.html

生活保護を受給する

仕事をしたくない30代が生きていく方法の一つに、生活保護を受給する方法があります。

生活保護は生活が困窮している世帯向けに、国が生活費を補助してくれる制度なので、仕事を辞めてしまって収入が無くなってしまった30代でも対象となる可能性もあるでしょう。

ただし家や車、預貯金などの資産があると生活保護は受けられないので、その点も注意が必要です。

生活保護を受ければ仕事をしなくても最低限暮らしていける収入は得られますが、ローンやカードを作れないといったデメリットもあります。

また生活保護は事情があって本当に生活が苦しい方向けの救済制度なので、利用はあまりすすめしません。

そのためどうしても仕事をしたくない場合は、次で紹介するような対処法を試してみるようにしましょう。

仕事をしたくない30代におすすめの対処法

仕事したくない 30代 対処法

仕事を辞めたくなってしまっても、20代の頃とは違って簡単に辞められないのも30代の特徴と言えるでしょう。

そのため仕事をやめたくなってしまっても、どうにかして対処する事も必要になりますが、ここではその対処法を紹介していきます。

ストレスの発散方法を見つける

仕事をやめたくなってしまった30代への対処方法としておすすめなのが、ストレスの発散方法を見つける事です。

特にこれまで仕事に没頭してきた30代の方ほど、仕事以外のストレス発散方法が無いという方も多いでしょう。

ストレスは自覚していなくても、知らず知らずのうちに溜まっているので定期的に発散させる事が重要です。

趣味を作るでも良いですし、スポーツをしたりキャンプに行ったり、友人と飲みに行ったりなど、リフレッシュする機会を作ることで、仕事に対する意欲が沸いてくるでしょう。

新しいスキルを身に付ける

新しくスキルを身に付ける事も、仕事をやめてしまいたくなった30代への対処法です。

30代ともなると仕事でも責任ある立場の方も多く、忙しくなっているので中々新しいスキル習得などにチャレンジする機会も少ないでしょう。

しかし仕事に関連しないスキルや資格であったとしても、新しい事にチャレンジする事で新鮮な気持ちになれます。

新しい事にチャンレンジすると精神的にも高揚感が得られるので、仕事に対しても前向きに考えるきっかけになるでしょう。

副業を始めて収入を増やす

副業を始めて収入を増やす事も、仕事をしたくない30代へのおすすめ対処法です。

仕事をしたくないのに副業まで始めてしまっては逆効果のような気がしますが、そうではありません。

先ほどの新しいスキル習得にも似ていますが、本業以外の仕事を新しく始めることは、長く一つの仕事を続けてきた30代にとってはとても新鮮でしょう。

そのため精神的にもリフレッシュ出来るので、本業にも前向きになれます。

また副業によって収入が増えることで、心にも余裕が出てくるので、仕事を苦痛と感じなくなる方も多いです。

このように副業を始めてみるのも、仕事をしたくない30代の方にはおすすめの対処法です。

転職する

仕事をしたくない30代の方へのおすすめ対処法の一つが、転職です。

仕事をしたくない理由が今の会社の仕事内容や、職場環境にあるのであれば、転職によって解決する事は多いでしょう。

今は転職が当たり前となっているので、30代であっても転職先は多いどころか、これまでのスキル・経験次第では収入アップでの転職も可能です。

しかし転職を成功させるには出来るだけ多くの求人や転職に関する情報を集める事が必要なので、転職サイトの利用をおすすめします。

転職サイトであればおすすめの求人や転職活動のサポートまで行ってくれるので、転職活動に成功する確率も良くなるでしょう。

仕事をしたくない30代におすすめの転職サイト・エージェント

仕事したくない 30代 転職サイト

仕事をしたくない30代におすすめの対処法が転職ですが、転職をする際には転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトにはたくさんの種類がありますので、おすすめの転職サイトを紹介していきます。

doda

doda

まず最初に紹介するの転職サイトが、dodaです。

dodaの特徴はキャリアアドバイザーが丁寧に転職のサポートをしてくれる転職エージェントと、自分で求人情報を探す転職サイトの両方の使い方が出来る事です。

30代の転職となると初めての転職の方もいれば、何度か経験のある方もいるでしょう。

そのため自分の転職スタイルに合わせた使い方が出来るので、経験豊富な社会人にはおすすめのサイトと言えます。

またdodaは30代以降の好条件の転職に強いので、好条件を狙いたい30代の方にピッタリです。

実際に30代の求人件数を見てみると、公開されているものだけで約18,000件と豊富にあるため、30代の転職の際にはぜひ利用したい転職サイトを言えるでしょう。

また企業から直接オファーの届くスカウト機能もあるので、経験豊富な30代であれば今すぐに働く気はなくとも、登録しておくだけで良い求人に巡り合える可能性があります。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

マイナビエージェント

マイナビエージェント

次に紹介するマイナビエージェントは、新卒の就職支援で有名なマイナビが運営している転職サイトです。30代の方でも新卒就職活動の際にマイナビを利用した方も多く、馴染みやすい転職サイトと言えるでしょう。

マイナビエージェントは若者や初めての転職の方の満足度が高いので、初めて転職する30代にはおすすめです。

始めての転職や、30代の方向けなど、それぞれの属性に合わせて転職のポイントを教えてくれるので、安心して転職活動が出来るでしょう。

また求人情報も多く、30代の年収目安ともいえる500万円以上の求人情報は、公開しているもので35,000件、非公開情報はさらに25,000件と豊富にあります。

30代とは言え初めての転職で不安のある方は、登録しておくだけでも転職に関する基礎知識を習得出来るでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 様々な業種の土日祝休みの優良求人あり
  • エージェントのサポート体制が圧倒的
  • 給与交渉から退職報告、引き継ぎまで代行

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最後に紹介するのが、就職支援サービスでは最大手のリクルートが運営するリクルートエージェントです。

こちらも新卒就職活動でお世話になった30代の方も多く、馴染みのある転職サイトでしょう。

リクルートエージェントの特徴は最大手ならではの独自のパイプで、他社にはないような非公開求人が豊富にある事です。

一般的に非公開求人は他社転職サイトには出していないため、公開されている求人よりも条件が良い代わりに求められるスキルや人材の条件が高い事が特徴です。

これまで相応に経験を積んできた30代であれば、このような非公開求人の方が良い条件で転職しやすいでしょう。

今すぐに転職する気はなかったとしても、良い非公開求人に出会える可能性があるため、登録しておくと良い転職サイトを言えるでしょう。

仕事したくない30代まとめ

仕事したくない 30代 まとめ

これまでバリバリ仕事をしてきた30代であっても、周囲の環境や将来への不安、出世などの影響で仕事をしたくなくなる事もあるでしょう。

しかし30代ともなると自立している方が多いので、簡単に仕事を辞める訳にはいきません。

そのためストレス発散方法を身に付けたり、副業や新しいスキルの習得などで心身をリフレッシュさせるのも良い対処方法です。

また転職もおすすめで、スキルと経験のある30代であれば年収アップで転職を成功させる事も出来るでしょう。

転職する際には転職サイトを利用するのが良いですが、転職サイトの数は多いので今回の記事で紹介しているおすすめのサイトをぜひ参考にして下さい。