IT業界に30代未経験で転職成功するコツ!失敗する人の共通点も紹介

IT業界に転職した30代男性

IT業界に30代未経験で転職はできるの?

結論から言うと、30代未経験でもIT業界への転職は十分に可能です。

実際、30代未経験からIT業界への転職を考える人は増えており、実際に成功している人も多数いるからです。

大手転職サイトのdodaによると、異業種転職をしている人の内58.7%がIT/通信系への転職をしており、年齢の内訳も約56%が30代以上というデータがあるからです。

30代_未経験_IT

30代_未経験_IT_2枚目

出典:doda 異業種転職を受け入れる可能性の高い業種は?

ただし、30代未経験でIT業界への転職をする場合、ある程度のコツやポイントを抑えておく必要があります
無策で転職をしてしまうと、失敗したりヤバメなブラックに転職して後悔する可能性が高いので、当記事を参考にして下さい。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

IT業界に30代未経験でも転職成功するコツを解説!

30代未経験でもIT業界への転職を成功させるためのコツについて解説していきたいと思います。

自己分析ができるようになる

30代でIT業界に転職を行う場合、自己分析をしっかり行うということが転職成功のカギを握ります。

30代は未経験であっても前職での経歴や実績などが重要視されます。業種が違っても過去の経験がどのように転職に活かされるのか、それが転職先にどのような利益を生み貢献できるのか。

それを自己分析によりしっかりと導き出し、アピールできる人は面接を突破しやすいでしょう。

自己分析はインターネットで提供されている自己分析シートを使用したり、転職エージェントの担当コンサルタントにお願いすることをおすすめします。

また、自己分析をしっかりできる倫理的な思考ができるというのも、IT業界においてはかなり重要な要素の一つですから必ず行うようにしてください。

必要なスキルをしっかり身につける

自己分析を行ないながら、転職に必要なスキルを身につけるのも転職を成功させるポイントです。

例えばIT系でも特に人気の高いエンジニア職は、給料が高い分専門的なスキルが必要になります。

最低限1つの言語でコードを書ける、不明点があればGoogleで自ら検索して答えを見つけられる、情報のキャッチアップができるといったスキルは必須でしょう。

また、マーケターとして転職をするならGoogleAnalyticsなどを筆頭に、複数の解析ツールを使い数字を伸ばせるスキルがほしいです。

可能ならGAIQなどのwebで取得可能な資格でいいので、所有していると転職が成功しやすいです。

一時的に年収が下がることを許容する

30代未経験でIT業界への転職を成功させるためには、年収が一時的に下がってしまうことは我慢しなくてはいけません。

IT系は特に顕著なのですが、年収は年齢じゃなく自身のスキルや実績で決まります。

そのため、未経験で転職をするとどうしても年収は下がってしまいます。

ただIT系はスキルさえ身につければ年収4桁も目指せるチャンスのある業種ですので、勉強を怠らなければ以前の業界以上の年収を得ることも難しくはありません。

IT業界に対する知識を深めておく

未経験30代でIT業界への転職を成功させるためには、転職活動をする前に業界に対する知識を深めておくことも大切なポイントです。

IT業界といっても、エンジニアからコンサルタント、営業、マーケターなどさまざまな職種があります。

また、企業や提供しているサービスによって、システムやソフト、アプリなどさまざまなものを取り扱っています。

そのため、転職を志望する分野の基礎的な知識や専門用語、トレンドなどについては常に押さえておくようにしましょう。

ブラックもあるので転職先の企業は慎重に選ぶ

IT業界にはブラック企業も多いので、転職先の企業を慎重に選ぶことも成功の大切なポイントとなります。

特に30代の未経験で入れるIT企業は残念ながらブラックが多いのが実情ですので、求人をよく確認したり、エージェントに内情を聞くなどしてなるべく回避しましょう。

ただ、ホワイト企業は応募が複数人いれば当然未経験よりも経験者を選ぶので、30代未経験でホワイトに転職するのは難易度が高いのも事実です。

そのため、最初はブラックを覚悟で比較的まともそうな企業に入社し、そこで短期間でいいので実務経験とスキルを身につけてから、ホワイトに経験者枠で応募するのも一つの手でしょう。

大手企業より中小企業を狙うのがおすすめ

安定性や福利厚生からつい大手企業に応募したくなるところですが、ネームバリューがあるとそれだけ多くの応募が殺到するので、未経験だと受かるのは至難の業になります。

そのため、確実に転職を成功させたいなら中小企業も視野に入れるべきです。

また、中小のIT企業は意外とホワイト企業も多いので、立ち回り次第では未経験でも良い条件で働くことも可能です。

今後も成長しそうな会社を選ぶ

IT業界は移り変わりの激しい世界ですので、せっかく入社してもあっさり潰れたり事業買収・売却が行われることが多いです。

そのため、転職先の企業には将来性がありそうで、今後も成長していきそうか見極める必要があります。

せっかく入社した企業なのに業績の悪化ですぐにリストラにされたり、酷いときは倒産するなんて事がザラにありますので、事業内容や企業のビジョン、方針などをしっかり確認するようにしてください。

プログラミングスクールに通う

人によってはスクールに通ってもあまり意味がないのですが、独学でスキルを身につけるのが厳しそうな方はプログラミングスクールに通うのも手です。

プログラミングスクールに通うことで、入社前にITスキルを身につけつつ「スクールを卒業している」という実績が手に入るので、未経験でも転職で有利に働く可能性があります。

現在では、さまざまなプログラミングスクールが開設されており、ITスキルを身につけやすくなっています。

また、スクールによっては、転職支援サービスを合わせて提供している場合があり、未経験からスキルを身につけたあなたにとって働きやすい転職先を紹介してもらえるチャンスがあります。

転職の成功率もアップする可能性高いので、ぜひ利用してみてください。

面接でのアピール方法を工夫する

未経験でIT面接対策を十分に行なっておくということも、転職を成功させるポイントの一つです。

未経験の場合、スキルや実績をアピールできないので面接が選考における最難関と言っても過言ではありません。

そのため、業界は未経験でも実績があることをアピールすることが重要です。大手プログラミングスクールを卒業していたり、個人での制作物があれば積極的にポートフォリオなどにまとめるべきです。

個人の十石も一切ない場合は、過去のキャリアや経験からIT系に活かせそうなものを面接官に上手く伝えましょう。

例えば仕事のスピードや正確性、スケジュール管理の経験などは、IT系においても役立つ経験ですので、伝え方次第では選考突破の確率を底上げしてくれます。

転職サイト・エージェントは必ず利用する

30代未経験でIT業界への転職をする場合、独力では絶対に無理です。転職サイト・エージェントを必ず利用しましょう。

本来は企業の求人ページやハローワークで転職活動をすると思いますが、残念ながら30代未経験で応募しても面接前に落とされるか、使い潰せれば誰でもいいと思ってる超ブラックしか採用してくれません。

一方、転職サイトはハローワークと違い掲載料がかかるのと、ブラック企業は掲載が停止されるので未経験OK案件でも比較的好条件な求人やホワイトな企業が多いです。

そして転職エージェントはプロのコンサルタントにより面接や採用のサポートを受けることができるのと、コンサルタントから「この人を採用しませんか?」と紹介してもらえるので、個人で申し込むよりはるかに採用率が上がります。

個人で申し込んでも面接以前で即落とされてしまう人でも、転職エージェントからの紹介であれば「◯◯さんが紹介してくれるなら、とりあえず面接だけでもしてみるか」となるからです。

転職サイト・エージェントはIT系に強い所を利用しよう

ただし、転職サイトやエージェントを利用する際は、適当に選ぶのでなくITの転職に強いサービスを選ぶようにしましょう。

というのも、営業求人に強い代わりにIT系にあまり強くないようなサービスだと、30代未経験で応募できる求人がほとんどないからです。

そこで、以下では30代未経験のIT系転職に強い転職サイトとエージェントを紹介していきます。

30代未経験でIT業界に転職できるおすすめ転職サイト・エージェント

最後にIT業界に転職したい30代の方におすすめする転職エージェントを紹介します。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

サービス名公開求人非公開求人対象年代対応地域
マイナビエージェントIT6000件2万3000件全年代関東・関西・北海道・愛知・福岡
doda(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
TechClipsエージェント非公開非公開20~40代首都圏
TECH::EXPERT非公開非公開全年齢東京・大阪

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

マイナビエージェントIT

最初に紹介するのは「マイナビエージェントIT」です。

転職業界最大手の株式会社マイナビが運営する、IT・WEB業界への転職専門の転職エージェントとなっていますので、30代未経験でも応募可能な求人が多数あります。

マイナビエージェントITの特長は、好条件の求人情報が豊富であること。業界大手のネットワークの強みを活かして、さまざまなIT企業の求人情報を取り扱っています。また、非公開求人数が多いので、登録することにより転職サイトで見つけられないような転職先を見つけられる可能性が高いといえます。

さらに、2人の専門アドバイザーがチームを組んで転職活動をしっかりサポートしてくれます。どちらもIT業界に精通しているので、話が通じやすく、安心して利用することができるでしょう。

IT業界への転職を目指すなら、マイナビエージェントITを利用してみましょう!

IT・webの転職ならマイナビITエージェント

マイナビITエージェント
年代全年代雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職経営企画/管理事務その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職業界最大手の株式会社マイナビが運営するIT業界に特化した転職エージェント!
  • 好条件の求人情報が多く、非公開求人も多い!
  • 2人のアドバイザーが転職活動をしっかりサポートしてくれるので安心!

doda(デューダ)

次に紹介するのは「doda」です。

dodaは転職エージェント以外にも、転職サイトやスカウトサービスとして利用することも可能な総合転職支援サービスです。

無料会員登録後、「dodaエンジニアIT」という専用窓口があるので、IT業界への転職を目指す人が利用しやすい工夫もされています。

dodaの特長としては、求人数の多さが挙げられます。IT系は公開求人だけで3万4千件以上(2021年8月時点)と、かなり豊富な求人案件を取り扱っています。

また、担当するコンサルタントの質が高いことも高い評価につながっており、転職活動における種類添削や面接対策などをしっかり行ってくれます。

幅広い活用が見込めるdodaなら、あなたの転職成功が近づくかもしれません。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職サイトやスカウトサービスとしても利用できる総合転職支援サービス!
  • 求人数が多いので、希望に合った転職先を見つけやすい!
  • 質の高いコンサルタントによる手厚い転職活動サポートを受けられる!

Techclipsエージェント

次に紹介するのは「Techclipsエージェント」です。

こちらはIT・WEBのエンジニアの転職に特化した転職エージェントとなっており、IT企業が運営しているため、現役エンジニアによるカウンセリングを受けることができます。

特徴としては、求人情報の質が高いことが挙げられます。特に高収入・高待遇の求人にこだわり、紹介されているのは事業会社の求人のみ。元請けでの仕事を担当することになりますので、プロジェクトの成果が見えやすく、下請けと比較して年収も高くなりやすいのです。

実際に、求人の8割以上が年収500万円以上の募集となっているので、収入アップやキャリアアップのために転職したいと考えている方におすすめです。

Techclipsエージェント

TechClipsエージェント
年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・派遣社員・その他
対象エリア首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
業界SE/Webエンジニア
おすすめ度
ポイント
  • IT企業が運営する特化型転職エージェント!
  • 現役エンジニアによるカウンセリングを受けることができる!
  • 求人は事業会社ばかりなので、転職後も働きやすい!

TECH::EXPERT

最後に紹介するのは「TECH::EXPERT」です。

こちらは、未経験からエンジニアの内定を勝ち取るまでのサポートを行なう有料プログラムとなっています。

大きな特長は98.5%を誇る転職成功率の高さ。これまでに250名を超える未経験者がエンジニアとしての転職を成功させています。

600時間のプログラム学習を行い、修了後には専門コンサルタントによる転職支援を受けることが可能。もし転職できなかった場合は、受講料を全額返金していることもからも、同エージェントの自信を感じられるでしょう。

未経験からエンジニアになりたいと考えている人には、ぜひおすすめのサービスとなっていますので、利用を検討してみてください。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア東京・大阪
業界SE/Webエンジニア
おすすめ度
ポイント
  • 未経験からエンジニアとして転職できる転職支援つきプログログラミングスクール!
  • 転職成功率は驚異の98.5%!
  • 600時間のプログラム学習で十分なスキルを身につけることができる!

30代未経験でIT業界転職に失敗する人の特徴

ここからは、30代でIT業界への転職に失敗してしまう人の特徴について解説していきたいと思います。
転職サイトを利用する前に確認して、同じ行動をしないようにして下さい。

自社のサービスに対して熱意が感じられない人

IT企業は、自社が提供しているサービスに並々ならぬ熱意を持っていることが多いです。

そのため、自社のサービスについてよく把握しており、方向性や方針に共感しているかどうかは選考でかなり重要視されます。

例えば筆者は過去にゲーム系のIT会社に転職しようとしたことがあるのですが、サービスについてコーポレートに記載されているレベルの事しか把握しておらず、その会社のゲームやサービスを日常的に利用はしていませんでした。

そして面接時にその会社のゲームやサービスをしっかり利用している人しか知らないであろうことを次々と聞かれたため、落とされてしまったという経験があります。

そのため、「なぜ入社したいのか」「入社して具体的に何がしたいのか」「自社が提供しているサービスを通じ、世の中をどうしていきたいのか」など、自分自身の考えや思いがハッキリしていない場合、選考に通過できる可能性は低いと理解しておきましょう。

未経験の業種に転職した明確な理由を説明できない人

未経験業種への転職に対し考えが浅い場合も、転職に失敗してしまうことが多いです。

30代未経験でIT企業に転職する場合、必ず「なぜ今までのキャリアや経験を捨ててわざわざIT系に転職したのか」聞かれます。

ここで未経験転職の目的や今後のキャリアについて明確な説明ができなければ、企業側から採用したいとは思われないでしょう。

企業の面接においては、転職理由や応募理由について「具体性」が求められます。ポテンシャルが重視される20代と違い、30代の場合はなおさらです。

希望年収が高すぎる人

転職先で希望する年収が高すぎる場合も、転職に失敗してしまうことが多いでしょう。

先程も説明しましたが、IT系や年齢じゃなくスキルや実績が重視されるので、未経験で転職すると大半の人は年収が大きく落ちます。

にも関わらず、希望年収が高い場合、企業からすると「なんだこいつは」となり問答無用で落とされてしまいます。

どうしても年収を下げたくないというのであれば、転職そのものを考え直した方がいいかもしれません。

もちろん、前職や独学での経験を活かせそうな場合は企業側が今より高いの年収を提示することもあるでしょう。

基本的なマナーが身についていない人

IT業界は社外の人と接することは少ないですが、それでも30代になって基本的なビジネスマナーが身についてない方は選考に落ちてしまうケースが多いです。

今まであまり転職をした事がなく、社外の人とちゃんと接する自信がない場合は、ビジネスマナーや面接での振舞い方について勉強しておくべきといえるでしょう。

勉強をする習慣がない人

普段から勉強をする習慣がない方は、30代未経験での転職に失敗する可能性が高いです。

先述しているようにIT業界は常に新しい技術やモノが生まれていますので、少し前に習得して使っていたスキルや技術はすぐに古くなってしまいます。

また、新しい物事はビジネスチャンスがあるので積極的に取り入れることが多いです。

そのため、常に勉強をしておかないと仕事についていくことができず、結果的に社内で取り残されてしまう可能性もあります。

現状維持を求めている、もしくは業務に対して基本的に受け身という場合は、未経験でIT企業で働くと苦労するかもしれません。

IT業界で働いていくためには、常に自分から勉強する姿勢が大切になるということを理解しておきましょう。

現職に対する不満を表明する人

これは30代未経験に限った話ではないのですが、面接で前職に対する不満を表明する人も転職で失敗しがちです。

なぜなら、企業側は文句を言うような人を採用しても、自社でも文句を言ってすぐに辞めてしまうだろうと考えるからです。

もちろん、転職をする方の多くは前職に何らかの不満があることは否定しません。

ただ30代では社会人や組織人としての振舞いが求められることになるので、伝え方にも注意する必要があります

ネガティブな退職理由を、人生のキャリアプランのため、将来性の高い企業で働きたかったなど、ポジティブな言葉に言い換えて述べられるようにすることが大切です。

自分の市場価値やレベルを理解していない人

転職市場において、30代未経験の自分がどれくらい市場価値があるのか、自分のスキルがどのレベルなのか理解していない人も転職に失敗します。

30代未経験のIT業界への転職は、残念ながら多くの求職者が企業の考えるレベルに到達していません。

エンジニアであれば、プログラミングスクールの出身者でさえ、即落とされてしまうような企業も多いのが現実です。

そのため、転職を成功させるには自分がどれくらいのレベルにいて、応募したい企業が求めるレベルはどれくらいなのか、しっかり把握した上で応募する必要があります。

自分のレベルと企業の求めるレベルがある程度合致していなければ、いくら応募して書類を送っても面前払いをされて終わりでしょう。

転職エージェントがいると面接が受けられる確率が上がる

ただ前述した通り、転職エージェントによる推薦を受けることで、本来なら面接以前に落とされるレベルの方でも、面接までたどり着ける可能性が上がります。

これはエージェントの推薦であれば「レベル低そうだけど、マイナビエージェントの◯◯さんが推薦するなら面接だけでもしてみるか」、となるためです。

大手エージェントも自分の信用のため、人格やマナーに問題がない方を推薦するので、普通に応募してきた人よりも推薦された時点で有利になります。

面接後に採用されるか自分のアピール次第ですが独自に応募するよりは確実に可能性が高いです。

30代未経験におすすめのIT業界の職種

IT業界の仕事の中でも、30代未経験の求人が比較的多いおすすめの職種を紹介します。
  • 自社開発したサービスを運用する「運用エンジニア」
  • 自社開発したサービスやソフトをテストする「評価エンジニア」
  • 自社のサービスやソフトを使う顧客をサポートする「テクニカルサポート」
  • 各プロジェクトの進行を管理する「プロジェクトマネージャー」

上記の仕事はプログラミングをしない技術職として、多くの企業で募集されている職種です。

未経験であっても入社後の研修でITスキルを身につけることができる場合があります。

研修制度が充実している企業を選択すれば、未経験からIT企業に転職することも十分に可能というわけです。

未経験での転職は30代がラストチャンス

未経験30代でもIT業界への転職ができる業種は多いですが、30代は正真正銘ラストチャンスということは知っておいて下さい。

これはIT関連の基礎知識を柔軟に習得し、その後の知識の習得もスムーズにできるのが30代が限界な人が多いからです。

40代になると一部の方を除いて新しい知識をどんどん取り入れ、柔軟に対応していくのは厳しいですし、求人に募集してもIT業界の経験者や、同じ未経験者でも20代の若い世代の方が有利になので転職は困難を極めます。

IT業界以外も30代を超えると未経験職への転職は難しくなりますが、IT業界は覚えることが多いので特に難易度が高くなると覚えておいて下さい。

だからこそ、30代未経験でIT系に転職する場合はサイトやエージェントの利用や、1日でも早い行動が重要になってきます。

この記事を読んでいる方は、とりあえず今から転職サイトやエージェントへの登録と、どんな求人があるのかだけでも確認しておくことをおすすめします。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

IT業界に30代未経験で転職成功するコツまとめ

今回は未経験でIT業界への転職を考える30代の方に向けて、転職を成功させるコツやおすすめのサイトについて解説してきました。

人手不足のIT業界とはいえ、30代で転職する場合はそれなりのスキルや実績が求められることが多いです。

そのため、未経験の場合は転職サイトやエージェントを活用したり、独学でもいいのでできる限りスキルを身につけることが重要になります。

本記事を参考に、30代でIT業界への転職を成功させましょう!

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心