転職を繰り返す人が知っておきたい、今度こそ仕事を続けるための重要ポイント

後悔しているスーツ姿の男性

夫がまた転職すると言い出した!」「彼氏が何度転職しても辞めてしまう」というようなとき、周囲の人は本当に大変ですね。

転職を繰り返す人が、今度こそ会社を辞めないで働き続けるために、知っておきたいポイントをご紹介しましょう!

衝撃!転職を繰り返す人の末路はこうなる

「この職場が最後!」と思って転職をするのに、しばらく勤めるとまた辞めたくなってくるんです。自分でもどうしたらいいかわからなくて…
転職を繰り返してしまうことを、悩んでいるんですね。でも、転職を繰り返す人の末路がどうなるか、知っていますか?その怖さがわかると、「今度こそ長く勤めよう」という気持ちになりますよ。

転職を繰り返す人の末路はどうなるのか?

ひとつの会社で腰を落ち着けて働くことができない人は、いったいどんな末路をたどるのでしょうか?

転職を繰り返していても、最初のうちは人様に堂々と言えるレベルの職に就くことができます。日本はいま若者の人口が少ないので、若いというだけで多少転職回数が多くても、正社員として雇ってもらえるケースがあるからです。

転職4~5回目あたりから、状況が変わり始める

しかし、転職回数が4~5回を超えたあたりから、状況は変わり始めます。一貫して同じ職業でキャリアアップ転職をする場合はいいのですが、たとえば「営業職から介護の仕事に移り、その次は飲食店の店長」というように転職の理由に一貫性がない場合、まず一般的な企業からは相手をしてもらえなくなるでしょう。

正社員では転職できなくなり、契約社員や派遣社員の仕事を繰り返すようになります。正社員として働きたければ、人を人とも思わないブラック企業や、産業廃棄物の処理のように誰もやりたがらないような職業、高所作業のように一歩間違えば身の危険にさらされるような職業を選ばなければならなくなります。

転職先の仕事が辛くてまた転職する、負の連鎖が永久に続く

転職を繰り返す人の中には、深夜残業や休日出勤が当たり前のブラックIT企業で、ひたすら単純なコードを打ち続ける「IT土方」のような仕事に就く人もいます。

ITと言えば聞こえはいいのですが、所詮は何のキャリアアップにもつながらない土方仕事。締め切りに追われて深夜・休日を問わず働かされ、あまりの辛さに結局はその職場も辞め、また次の職場で辛い思いをしては辞めるという、負の連鎖が永久に続くことになるんです。

それでも、若いうちはまだ体力もあるので、IT土方でも何とかやっていけます。しかし、年齢を重ねるごとに体力はなくなり、仕事の処理速度も遅くなり、やがてはそこからも放り出されることになります。

40歳を過ぎて何のキャリアもなく、外の世界の放り出された人が行き着く先は、年収200万円にも満たない仕事しかありません。やがて50代・60代になってそれすらできなくなったときには、もはや生活保護のお世話になるしかないのです。

負の連鎖を繰り返さないよう、今度こそ腰を据えて働ける会社に転職を

このように、転職回数を重ねて負の連鎖を繰り返さないようにするためには、「今度こそ腰を据えて定職に就くのだ」という強い意思が必要です。

その上で、後から紹介するポイントをしっかりと守って、「これが自分にとってラストの転職」と言えるようにがんばりましょう!

そもそも転職を繰り返す理由は何なのか?

「転職をしたい」と思う理由には、いろいろある

転職をしたくなる理由は、人によっていろいろあります。「もうこの会社にはとてもいられない。転職したい!」と考えるのは、いったいどんなときなのでしょうか?

■人間関係の不満
上司とうまくいかない
チームの輪に溶け込めない
職場の雰囲気が悪い
パワハラに遭っている

■労働条件などに対する不満
残業が多い
給料が安い
福利厚生が整っていない
上がつかえていて昇進できない

■業務内容への不満
仕事にやりがいを感じられない
キャリアの道筋が見えない
仕事がキツい
仕事のノルマが辛い
自分の能力を認めてもらえない

■会社そのものに対する不満
社風に合わない
社長の考え方に付いていけない

このように、自分が「こういう会社に勤めたい」と思っている理想と現実のギャップがあると、人は転職を考え始めます。誰もが一度や二度は、「もう転職したい」と思った経験があるのではないでしょうか?

転職を繰り返してしまうのはなぜ?

では、一度や二度ではなく、何度も転職してしまうのには、どんな理由があるのでしょうか?

転職の回数は、20代であれば2回まで、30代なら4回ぐらいまでが限界と言われています。それ以上の転職回数を突破してしまう人には、いくつかの特徴があります。

転職を繰り返す人の特徴
  • とにかく飽きっぽい。最初だけ興味を示しても、しばらくすると興味が無くなる。
  • 転職先を吟味せずに、行き当たりばったりで会社を選んでしまう。
  • 自分が何をやりたいのかがわからない。人生の目標が無い。
  • 貪欲にスキルアップを求めていて、同じ仕事では満足できない。
  • 何でも悪い方に考えるマイナス思考。何かあると人のせいにする。
  • 自分の能力や適性を理解せず、「認めてもらえない」と嘆く。

ひとつだけ当てはまる人もいれば、複数当てはまる人もいるでしょう。自分を度重なる転職へと追い込んだ原因をはっきりと自覚し、それを乗り越えるための努力をすることが、今度こそ長く勤め続けるための王道です。

転職を繰り返すダメ夫。いったいどうしたらいいの?

昨日夫に、「今日で会社を辞めた」と突然言われました。10歳と7歳の子どもがいて、これからお金がかかる時期だというのに…。主人は結婚してからもう6回も転職を繰り返しているんです。
それは本当に心配ですね。転職の理由は何なのでしょうか?
最初の会社は8年ほど続いたのですが、転職の理由は倒産でした。夫は総合職で、そのときすでに30歳を超えていたので、いい転職先はなかなか見つからず、中小企業の総務職に就いたのですが、そこからが転落の始まりでした。

新卒で入社した会社が倒産し、31歳でブラック企業に転職

転職を繰り返す人にはさまざまなパターンがありますが、その中からひとつの例をご紹介しましょう。

Aさんの夫は、大学の文学部を卒業後、新卒で出版社の総合職に就職しました。そこでは好きな本に囲まれ、人にも恵まれて、楽しく職場生活を送っていました。

ところが入社後から本格的な出版不況の波がやってきて、7年後ついに会社は倒産。社会の荒波に放り出されたAさんは、そのとき31歳でした。特にこれといったスキルを持たないAさんに、いい条件の転職先は見つからず、仕方なく中規模の商社の総務職に転職しました。

ところがそこは今までのAさんが想像したこともないようなブラック企業で、総務とは名ばかりで雑用を何もかも任される上に、深夜残業が常態化していて、会社の雰囲気は殺伐としていました。

そこでご主人は辛い経験をされたのですね。
ええ。小学校からずっと私立で、自分を温かく見守ってくれる人しか知らない主人なので、中小企業のしんどさには耐えられなかったんです。でも、その会社を辞めたのを皮切りに、転職しても1年もたないような状態が続いてしまいました。

いったんレールを外れると、坂道を転がるように転職が続く

Aさんの妻は、そんな夫を叱咤激励して何とか仕事を続けさせようとしました。しかし、かえってそれは逆効果で、夫婦関係が悪くなるだけでした。

ほとほと困りかけたAさんの妻は、自分が社会に出て働くことも考えましたが、特にスキルのない妻が働いて家の住宅ローンを支払い、家族を養っていくことなど到底無理でした。

このようなケースの場合、最悪離婚に至ってしまうケースも少なくありません。しかし、そうなると離婚する前以上に生活が苦しくなる可能性があります。それよりは、ご主人が自分の置かれている現実を悟り、我慢をして家族を養う覚悟をするまで、妻は笑顔で励まし続けるのがベストの方法です。

パートの転職を繰り返す妻もいる

転職を繰り返すご主人がいるかと思えば、家庭によっては妻がパートの転職を繰り返す場合もあります。パートなので、転職を繰り返しても生活に支障はありませんが、年齢を重ねるごとに職場の居心地が悪くなるのが困る点です。

パートの仕事を探しているのですが、なかなかいい所が見つからなくて…。
今までパート社員として働いていた経験はおありですか?
ええ。もう10年以上パートをしていますが、1年以上同じ職場にいたことがないんです。
差し支えなければ、理由を教えていただけますか?

パート先が決まると、最初は何もかも新鮮で楽しいのですが、半年以上経つと毎日が単調でつまらなくなってしまうんです。

職場内の人間関係など、それなりに問題も見えてきますし…。それで「どうせパートだから」と思って転職を重ねていたら、最近歳をとったせいか、新しい環境に馴染みづらくなってしまいました。

パート社員も、転職を繰り返して歳を重ねると、居心地が悪くなる

パート社員は若い頃はどこに行っても通用しますが、だんだん歳を重ねていくと、そういうわけにはいかなくなってきます。

ずっと同じ職場で働き続けていれば、リーダー格になって若いパートさんから信頼される存在になることもできますが、あちこちを渡り歩いていると、何歳になっても新人の状態から抜け出せません。

でもパート先には、先住民のようにずっと働いている同年代のパート社員がいいます。当然ながらそこには上下関係が生まれ、若いパートさんがテキパキと働いたりすれば、「〇〇さんはどんくさいわねぇ」などとイヤミを言われてしまうこともあるでしょう。

こうして、職場の居心地は歳を重ねるごとに、どんどん悪くなっていきます。終いには新たにパートの面接を受けても、「もっと若い人の方がいいんだよねぇ」などと言われ、パート先を探すのにも苦労するようになってしまいます。

パート社員といえど、長く勤め続ける努力は必要
たとえパート社員といえど、「50代以降も働きたい」と思うなら、ひとつの職場で長く働く努力は必要です。

正社員ではないので、「今度こそ長く働きたい」と思うなら、40代・50代になってからでも遅くはないでしょう。自分の適性に合った働きやすい職場を見つけて、ある程度の我慢もしながら勤め続け、職場内で信頼される存在になることが大切です。

転職を繰り返す女性には、特徴がある

いま24歳です。転職先を探しているんですけど、楽でお洒落でアフターが楽しい会社はありませんか?
え?い、いま何て…?

先ほど転職を繰り返す人の特徴についてご紹介しましたが、こと女性に限ると、それ以外に女性ならではの理由で転職を繰り返してしまう人もいます。

たとえば「女だから」ということで仕事に対する甘い考えを持っていたり、お洒落な都会でかっこよく働くイメージを追いかけていたり、そもそも生活のために働かねばという意識が薄い人さえいます。

転職を繰り返す彼女に、愛想をつかした元恋人の事例

<会社に勤めても、1年足らずで辞めてしまう彼女>
Bさんは27歳。ついこの間までは、3年前から付き合っている彼女との結婚を、真剣に考えていました。彼女は25歳で、最初は家電メーカーで新商品のデモンストレーターをしていましたが、わずか1年で退職。彼女曰く、「上司が気に入らないから辞めたい」とのことでした。そのときはBさんも「大変だったね」と励ましていたのですが、彼女が次に転職したのは中堅商社の事務職。ところがBさんの彼女は、この会社も1年弱で退職してしまいました。理由は「仕事がつまらないから」とのことで、さすがのBさんも、このときはちょっと呆れました。

それでも「飽きっぽいところはあるけれど、優しい性格の子だから」と思って付き合い続けたBさんですが、ついにそんなBさんも、彼女に愛想をつかす事態が起きました。なんと彼女は、3回目の会社まで辞めたいと言い出したのです。

<3回目の会社を辞めると言い出したときは、さすがのBさんもプッツン>
Bさんの彼女が3回目に選んだのは、中小企業の経理事務でした。経理部の部長はとても大らかな人で、2年足らずで2度も転職をしている彼女を、「今度はがんばって続けてくださいね」と言って採用してくれました。

それにも関わらず、彼女は「あんな昭和チックな職場にはもう行きたくない。私はもっとお洒落な街の洗練されたオフィスで働きたいの」と言い出したのです。今まで甘え上手で可愛い女性と思っていた彼女。でも本当は、ただの我が儘なお嬢さんだったということを、Bさんはそのときに思い知らされたのです。

<自分勝手な彼女に愛想をつかし、自ら別れを告げたBさん>
「なんて自分勝手な女だ。オレはこんな女を好きだったのか!」と、Bさんは自分が情けなくなりました。実はBさんの彼女は資産家のひとり娘で、欲しいものは何でも買ってもらい、お金で困ったことがない女性でした。

そのため、「職場でイヤなことはあるけれど、生活のためにがんばらなくちゃ」というような謙虚な気持ちはどこにもなく、自立心もありませんでした。結婚すれば、当然親に甘えてお金をせびり、豊かな暮らしを続けるつもりなのでしょう。

Bさんは「そもそもオレと君とでは、住む世界が違っていたのかもしれないね。さようなら」という言葉を残し、二度と彼女と連絡を取り合うことはありませんでした。

転職を繰り返す人生からサヨナラしたい人が、知っておきたいポイント

もうこれで4回も転職を繰り返してしまいました。こんな履歴書じゃ、まともな転職なんてできないのではと不安です。
残念ながら、自分が歩んできた履歴は消すことができません。でも、本気で「今度こそ長く勤めたい」と思うのなら、採用を勝ち取るためのポイントをお教えしましょう!

転職回数が多くても、ひと捻りすれば採用を勝ち取ることはできる!

昔と違って、今は転職をする人を特別視しない世の中になってきたので、転職回数が多い人も諦めることはありません。確かに現実問題、転職回数が多いことは選考の段階で不利に働きますが、そこをひと捻りすることで採用を勝ち取ることは可能です。

採用担当者が転職回数の多い人を敬遠するのは、たとえばこんな理由があります。

「人間関係を築くのが下手な人なのではないか?」
「ちょっと何かあるとすぐに放り出してしまう、我慢の足りない性格ではないか?」
「メンタル面の不調があるのではないか?」

転職回数が多いということで、このような懸念を抱かれてしまうのです。逆に言えば、このような心配が無く、社会人として立派に通用する人材だということをわかってもらえれば、採用につながる可能性が高まるということです。

転職回数が多い人が、採用を勝ち取るためのポイントとは?

■転職回数が多くても、社会人としての要素がしっかりと備わっている点を伝える

転職回数が多くても、社会人としての要素が備わっていることを伝えるための手段が、職務経歴書の内容と面接での自己アピールです。

「この応募者は、転職回数は多いけれど、コミュニケーション能力や協調性には問題なさそうだ」とわかってもらえるように、志望動機や自己PR文を工夫しましょう。場合によっては、長年続けている趣味や特技があることなどを伝えることで、短絡的な性格ではないことをアピールできるかもしれません。

応募書類にどういう書き方をしたらいいか、面接でどんな風に伝えたらいいかは、通常の転職パターンと違って求職者一人ひとりが背負う難しさがあるため、かなり考え抜いて応募する必要があります。けっして自分一人で悩まずに、転職エージェントのキャリアコンサルタントなどに相談することをお勧めします。

■転職の理由を、過去も含めて一連のストーリーにする
採用担当者や面接官は、「なぜこの人は前の会社をやめて、うちに来ようとしているのか?」を明確に知りたいと考えています。そしてそれ以前の会社を転職した理由も、きちんと知っておきたいと思っています。

その際に、毎回の転職理由がバラバラで一貫性がないと、「やっぱりこの応募者は、人格的に問題があるのでは?」と思われてしまうので、十分に注意が必要です!

たとえ転職回数が多くても、「そうか、なるほど。そういうことで転職に至ったんですね」と納得してもらうためには、過去から現在までの転職を、できればつじつまの合う一連のストーリーにする必要があります。

■転職を繰り返した人にしかないメリットを武器にする

そのための大きな武器となるのが、転職を繰り返した人にしかない「いろいろな業界・職種を知っている」というメリットです。

たとえば「営業・販売・カスタマーとさまざまな職種を経験し、またIT・建築・家電と日本の主要な業界を実際に経験することで、より広い視野で社会を見つめることができるようになりました。

今後はこの経験を活かして、御社の業績アップに貢献したいと考えています」といった前向きな言い方にすることで、転職回数が多いことの印象もだいぶ変わってきます。

そして必ず、「今までは自分にとって充電期間でしたが、今後はそれをアウトプットする時期だと思っておりますので、御社に腰を落ち着けてがんばりたいです」といったように、そう簡単に会社を辞めるつもりはないことも、伝えておくことが大切です。

転職を繰り返すことで悩んでいる人は、転職エージェントに相談しましょう!

転職を繰り返す人が、今度こそ長く勤め続けられる転職先を見つけるためには、相談役となるキャリアコンサルタントのサポートが欠かせません。

なぜなら、転職を繰り返すのには「人間関係がギクシャクした職場ばかり選んでいる」「自分の適性に合わない職種を選んでいる」など、何らかの理由があり、誰かに教えてもらわなければ求職者自身にはわからないからです。

今まで転職を繰り返してきたのがなぜなのか、そして今度こそ長く勤めるためには、どんな企業・どんな職種がいいのかを、共に考えてくれるプロの存在が必要です。そこでお勧めしたいのが、「転職エージェント」です。

転職エージェントって、いったい何?企業の回し者か何かじゃないの?
いえいえ、とんでもない!転職エージェントは、仕事を探す求職者と企業をマッチングをさせるためにある会社なんですよ。インターネットで転職サイトを見かけることがあると思いますが、そのリアルバージョンです。
へ~!そうなんですか。でもインターネット上に転職サイトがあるなら、わざわざ転職エージェントなんて使わなくてもいいんじゃないですか?
そう思って誤解している人、けっこう多いんですよねぇ。転職エージェントは転職サイトと違って、キャリアコンサルタントと求職者が直接やり取りをするんです。このやり取りが、実はとっても重要なんですよ!

「転職エージェントと転職サイトって、何が違うの?」と思っている人も多いのですが、両者の違いは、まさにこの「キャリアコンサルタントとのやり取りがあるかないか」にあります。

転職サイトの場合は、インターネット上にある募集企業を見て、興味があれば自分で応募しますが、そのときに応募先の企業を探すのは自分だけ。だから自分に向かない会社に応募してしまっても、そのことに気付く人は誰もいません。

でも転職エージェントは違います。まずは1回エージェントに出向いて、専属のキャリアコンサルタントのカウンセリングを受けます。そしてその担当者のアドバイスを受けながら、今後の転職先を一緒に探すという仕組みになっています。

そのため、もし求職者が自分に向かない企業を選ぼうとしたり、適正に合わない職種を選んでしまったりすると、キャリアコンサルタントが適切に軌道修正を促してくれることもあります。逆に自分が気付かなかったような企業を、提案してくれることもあります。

でも、そこまでしてくれるとなると、登録料も高いんでしょう?
それが、無料なんです。
え!無料?
ええ。登録も利用も無料ですし、転職が決まっても成約料などは一切必要ありません。転職エージェントは人材を募集する企業からお金をもらっているので、求職者からいただく必要はないんです。

つまり、求職者にとってのデメリットがほとんどないのが、転職エージェントというわけです。「ダメもとで1回行ってみよう」というつもりで転職エージェントに登録しても、自己負担はゼロですし、登録時には適性検査などを行うので、そのときに自分の仕事の適性に気付く人もいます。

そして何より、転職のプロであるキャリアコンサルタントが、自分の転職についてさまざまな点でサポートをしてくれるのが、最大のメリットです。

今まで転職を繰り返してきた人も、「もしかして自分は職種そのものの選択が間違っていたのかもしれない」など、腰を落ち着けて働くためのヒントをもらえることもあるでしょう。

転職を繰り返す人にお勧めの転職エージェント

キャリアコンサルタントが親身になってサポートしてくれる「doda」

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • キャリアコンサルタントの対応の良さで定評がある
  • 仕事に対する希望をきちんとヒアリングしてくれる
  • どんな仕事の適性があるかについて、一緒に考えてくれる
いま27歳なんですけど、新卒で入った会社を3ヶ月で辞めてから、転職を繰り返すようになりました。ひとつの会社で働き続ける自信もなくなってしまったし、いったいどうしたらいいのか…。
そうなんですか。転職を繰り返してしまったことで、「次もまたそうなるかもしれない」と思うようになってしまったんですね。その場合、じっくりと相談に乗ってもらえる転職エージェントに相談をするのがベストですよ。

転職を繰り返す人が、こんどこそ長く勤め続けられる転職先を見つけるためには、相談役になる人の丁寧な対応が欠かせません。そこでお勧めなのが「doda」です。

dodaは、キャリアコンサルタントの対応の良さで定評のある転職エージェントです。求職者の仕事に対する希望をきちんとヒアリングして、どんな適性があるのかについても、求職者の気持ちに寄り添って一緒に考えてくれます。

転職を繰り返す人が腰を落ち着けて働ける職場を探すのは、けっして簡単なことではありません。だからこそ、親身になって転職について一緒に考えてくれる人の存在が欠かせません。

ハローワークにも相談員はいますが、転職エージェントのキャリアコンサルタントほどの企業情報や転職に関する情報を持っていない場合も多く、そのつもりで相談をするとガッカリすることもあるでしょう。

それよりは、親身になって相談に乗ってもらえる転職エージェントのキャリアコンサルタントを一人見つけ、その人にしっかりと付いて転職活動を行うのが、ベストの方法です。

面談希望者を断らない「Spring転職エージェント」

Spring転職エージェント

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国+海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 企業の人事担当とキャリアコンサルタントが直接やり取りをしている
  • 面談希望者を断ることなく、必ず応対してもらえる
  • キャリアコンサルタントが企業の情報に詳しく、ミスマッチが起こりにくい
実は転職エージェントに登録を申し込んだんですけど、転職回数が7回もあるので、まともに取り合ってもらえなかったんですよ~。
それはショックでしたね。確かに転職回数が多いと、転職エージェントも企業に紹介しづらいということはあるかと思います。でも「Spring転職エージェント」なら大丈夫!

転職回数が多い人の中には、転職エージェントに登録を希望したものの、まともに取り合ってもらえなかったというケースも少なくありません。その点「Spring転職エージェント」は、面談希望者を断らず必ず応対してもらえるので、登録しておく価値の高い転職エージェントです。

キャリアコンサルタントが企業の人事担当と直接やり取りし、会社の内情にも詳しいので、ミスマッチが起こりにくいというのも大きなメリットでしょう。転職を繰り返す人の場合、自分に合わない企業を選んで失敗しているケースが多いので、そういう点でもSpring転職エージェントは安心です。

求人数に関しては、「マイナビエージェント」や「doda」などの大手転職エージェントに比べて少なめですが、求職者に合った求人をセレクトしてもらえるのは嬉しい点です。

職歴に自信が無くても、丁寧にサポートしてくれる「リクらく」

リクらく

リクらく
年代20代・フリーター・既卒第二新卒雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 職歴に自信がなくても、キャリアコンサルタントが丁寧に対応
  • フリーターから正社員への転換も可能。アフターフォローも手厚い
  • 20代の転職に特化した転職エージェント
転職を繰り返してしまい、結局今はフリーターをしてます。もう自分はまともな職業になんて、就くことはできないのかなと、半ばあきらめ気分なんですけどね~。
そんなことを言わないで!年齢は何歳ですか?
27歳です。
それなら、「リクらく」に相談してみてはどうですか?

リクらくは20代の転職に特化した転職エージェントで、転職回数が多い人やフリーター・高校を中退した人も、就職する意欲があれば手厚くサポートしてもらうことができます。

「今まで転職を繰り返してきたけれど、結婚をすることになったし、これからは絶対にひとつの会社に勤め続けたい!」というように、転職回数が多くても「長く勤めたい」という固い意思があれば、キャリアコンサルタントがしっかりと就職支援をしてくれるでしょう。

キャリアコンサルタントが企業の内情に詳しく、入社後も定期的にヒアリングをしてもらえるなど、アフターフォローまでしてもらえるのも嬉しい点です。転職後にまた「会社を辞めたい」と思うようなことがあっても、ヒアリングの際に相談できるので、退職を踏みとどまることができるかもしれません。

20代の転職に特化した転職エージェントには、他にも「ハタラクティブ」や「就職shop」「第二新卒エージェントneo」など、さまざまあります。

ひとつの転職エージェントだけにこだわらず、複数の転職エージェントに登録して、比較検討しながら転職活動を行うのがお勧めです。

転職を繰り返す悩みに関するまとめ

転職を繰り返す人が、今度こそ長く仕事を続けるためのポイントについて紹介しましたが、いかがでしたか?

「長く勤められる転職先が、もしかしたら見つけられるかもしれない」と、思っていただけたでしょうか?

今度転職活動を行うときは、自分に本当に合った応募先を吟味し、内定を勝ち取るための準備もしっかりと整えて、採用試験に臨みましょう!